1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2006年08月31日(木)

区切り

テーマ:ひとり言

今日は原稿執筆に没頭・・・。



おかげさまで「アメーバ図書館」のメンバーの方の数が1,000人を越えました。(1,000人目のメンバーの方はこの方 。)




僕自身、丁度「区切り」を意識していたところでタイミング良く1,000人。




なんだかとても感慨深いです。




以前「日本人のうち、一年間で本を一冊でも読む人は二割もいない。恒常的に本を読む人は多分数%もいないだろう。」という話を聞きました。




もし、これが正しいとしたら・・・。




日本全国のたった数%のうちの1,000人が、こうして一つの「つながり」をもっているって結構すごいことかも!?





この場を借りて、メンバーの方々には心からお礼申し上げます。



本当に本当にありがとうございます。



今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。





感謝!





さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2006年08月30日(水)

「その先」を見つめる ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は三越前の顧問先でミーティングとか・・・。


新たな同志も加わり、プロジェクトが具体的に動き出した。


嬉しい限り。




さて、今日の出会いはこれ。



P・F・ドラッカー, 上田 惇生
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる

一昨日、昨日とドラッカー先生の本を読んだので・・・。



◎日本では誰もが経済の話をする。だが、日本にとって最大の問題は社会のほうである



◎日本の社会的な制度、政策、慣行は1990年頃までは有効に機能したが、今や満足に機能しているものは何もない



◎今日、若年人口の減少に見舞われていない先進国はアメリカだけである



◎そのアメリカさえ、出生率は人口を維持できる水準にない



◎先進国社会で最も急速に増加している労働力はサービス労働者で無く知識労働者である



◎IT革命は現在までのところ、IT革命の前から存在していたもののプロセスを変えたに過ぎない



IT革命が行ったことは昔からあった諸々のプロセスをルーティン化しただけだった



◎今後20年間に相当数の新産業が生まれる



◎しかもそれらのほとんどはIT、データ処理、CP、ネット関連とは関係ないところで生まれる



養殖であり、バイオであり、マイクロマシン、ロボットである



◎アメリカは確かに財の貿易では赤字である。しかしながら、サービス貿易では黒字である



◎商品貿易とサービス貿易をあわせるならば、アメリカは若干の黒字である



最も起業家精神に溢れる国はアメリカではない。それは韓国である。2位は台湾であり、3位は日本である。アメリカは4位に過ぎない



多くの起業家が市場よりも自分を信じたために消えていく



◎利益は第2である。第一はキャッシュフローである



◎日本を軽く見ることはできない。一夜にして180度転換すると言う誠に信じがたい能力を持つ国である



◎日本の指導層は政治や議会にでは無く、官僚にある




まったくドラッカー先生の慧眼には恐れ入る。


「知性」とはこういう方のことを言うのでしょうね。



本当に本当に惜しい人を亡くしました・・・。




ネクスト・ソサイエティ。


次なる社会。




それはどんな社会なのか?




いったい自分はそこでどんな役割を担うのか?担うべき役割はなんなのか?




来るべき次なる社会で自分にしか出来ない事はなんなのか?




そして自分にしか出来ないことを実現するにためには今日何をしたら良いのだろう?





色んな質問が湧きでてました。




感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年08月29日(火)

成功=陳腐化の第一歩 ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は明日の顧問先とのミーティング準備とか・・・。


割りに落ち着いた一日。



さて、今日の出会いはこれ。




P・F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!

昨日の「 イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか 」の続編なので・・・。




◎もはやマネジメントは専門能力では無く一般教養となった



企業の目的の定義はただ一つ。それは「顧客を創造する」こと



顧客が購入しているものは「効用」すなわちメリットである



マーケティングの究極の理想は「自ずから売れるようにすること」すなわちセールスを不要にすること



◎エスキモーに冷蔵庫を売ることは簡単である。「これは凍結防止機能付きの貯蔵庫だ」と言えば良い



◎この例えは技術的にはイノベーションではないが、経済的にはイノベーションである



企業活動とはマーケティングとイノベーションによる顧客の創造のことに他ならない。これ以外の定義はない



◎「我々の事業は何か?」を考え続けるのがトップの仕事である



◎その問いに答えるには「顧客は誰か?どんな人たちか?」の問いに答えなければならない



◎「顧客はどこにいるか?」も重要な問いである



成功しているときこそ「我々の事業は何か?」を問わなければならない



成功とは陳腐化の第一歩である



◎市場において目指すべき地位は最大ではなく「最適」である



最も影響力を持つ消費者は「教育を受けた共働きの女性」である



顧客の利益になることならば行われてしかるべきである。その収支を合わせるのが我々の仕事である



◎情報は他の資源と異なり希少性の原理に従わない。ダイヤモンドと異なり、情報はあまねく広がれば広がるほど、その価値を増していく



◎情報を出し惜しみする人は、このことを理解していない愚か者である



◎変化は顧客からではなく「非顧客」から始まる。だから数%の「好ましくない客」が必要



これも何度読んだかわからない。


でも、読むたびに毎回ハッとさせられる。



企業の目的は利益創出。





なんかじゃない。





利益は「顧客を創造し増やす」ための(不可欠な)手段。





目的じゃなくて手段。





でも、それがあまりにも不可欠だから、いつのまにか利益創出が目的にすりかわってしまう。





最近のガス給湯器や家庭用シュレッダーの例に限らず、そうした企業の不祥事が起きるたびに感じることですが、目的と手段を混同してしまう企業が多いのはなぜなのでしょう?





改めて自分の目標、目的、手段を再確認できました。




感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年08月28日(月)

絶えざる混乱と挑戦の世紀 ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は日曜日恒例の終日ルーティンワーク。


その合間を縫って来週の出張の準備とか・・・。



さて、今日の出会いはこれ。



P.F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
はじめて読むドラッカー“社会編” イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか


昨日再読した「はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術 」を本棚に戻そうとしたら、またしても自然に目に付いた。



「イノベーター」に「社会の絆」か・・・。




・・・まったく『出逢い』というのは本当に不思議なものですね。




人の社会生活は「社会」無くしてはありえない



◎社会を定義することは生命を定義すること同様に難しい



◎しかし、社会を定義することはできなくても、それを理解することは可能だ



何を目的とし、何を犠牲にするかを考えない限り効率には意味がない



◎軍国主義とは経済の軍事化のみならず、社会のあらゆる関係を「上下関係」に変えることを意味する



◎知識社会において最も中心的な問いは「持つべき知識とは何か?知識の組み合わせとは何か?学ぶこと、教えることの質とは何か?」といったものになる



我々は「教育ある人間」を定義しなおさなければならなくなる



◎恵まれない国と言うのはありえなくなる。あるのは「無知な国」だけである



◎知識労働者は「専門家」たらざるを得ない



◎そして「専門家」は他の「専門家」と組織されなければ意味を成さない



◎よって知識社会とは組織社会である



◎それゆえ知識社会にあって必要とされるのは、組織を適切に運営できる「マネジメント」である



マネジメントの本質は知識を「生産的」にすることにある



◎知識社会とはかつてなかったほど多くの人が勝利する社会であり、同時に敗北する社会である



◎知識労働者は、自分の本業に満足すればするほど、それとは異なったコミュニティーを必要とする



21世紀は絶えざる混乱と挑戦の世紀となる



従業員に忠誠を求めることは許しがたいことであり正当性を欠く



◎自らの仕事に集中することで社会のニーズを満たすとき、初めて社会的に責任ある行動となる



◎重要なことは消費者が買ってくれると言うことだけである



◎知識社会においては大学までに学んだことは5年しか持たず、それ以降は急速に陳腐化する



成人の継続学習のための機会、場所が益々求められてくる



◎知識労働者にとって必要なコミュニティーは「意志と思いやり」に基づく



自己実現とは、できないことをできるようにすることではなく、既にできることをより上手にできるようにすることである


耐えざる混乱と挑戦か・・・。



きっと、というかやはり3年間というのは一つの区切りなのですね。


学生のうちは自動的に3年経つと中学生が高校生になったり、高校生が大学生になったり、混乱と挑戦を強制される機会がありますが、起業家はそういうわけには当然行きません。



自己変革。


自ら混乱と挑戦の機会を作りだしていかないとならない。




でも、21世紀がドラッカー先生の仰るような「絶えざる混乱と挑戦の世紀」ならば、もしかしたら21世紀は起業家にとっては生きやすい世紀なのかもしれないですね。





自己を積極的にスクラップ&ビルドする。


目的のために何かを犠牲にする。




それには今持っているものを手放さないとならない。




さて、どうしよう?




僕は何を捨てたら良いのだろう?





走りつつも、何を捨てるか、何をやめるかをじっくり考えてみる気になりました。





感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年08月27日(日)

情熱と冷静の間 ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は土曜日恒例の終日ルーティンワーク。



さて、今日の出会いはこれ。



マイケル・E. ガーバー, Michael E. Gerber, 原田 喜浩
はじめの一歩を踏み出そう―成功する人たちの起業術

昨日読んだ「五体不満足―完全版 」を本棚に戻そうとしたら、目に飛び込んできた。



きっと五体不満足に書かれていた『今こそ手を取り合って動くべき時だ』が頭にこびりついていたからだと思う・・・。





今がその時。





ならば、初めの一歩を踏みだそう。




成功する人・企業は名もないころから大成功した一流の人や企業のように振舞っていたからこそ一流になれた



◎起業家のイメージはあまりにも美化されてしまったと思う



◎多くの人が美化された起業家たちのサクセスストーリーに騙された結果、財産を失い、人生を棒に振ってしまう



◎起業熱にうなされる人たちは、必ずと言うほど誤った「仮定」をおいてしまうようだ



◎後に彼らが苦難の道を歩むのは、この「仮定」が致命的に誤っているからなのである



◎その「仮定」とは『事業の中心となる専門的な知識や能力を有していれば、事業を経営する能力も充分ある』ということである



事業の中でプロフェッショナルとしての仕事をこなすことと、その能力を生かして事業を経営する事は完全に別の問題であるにもかかわらず、それらを混同してしまうのだ



◎事業の幼年期を見分けるのは簡単である。事業=オーナーの時期が幼年期である



◎事業の青年期を見分けるのも簡単である。人手が足りなくなった時が青年期の始まりである



◎全ての事業は、例外なく「手ごろなサイズ」を超えて成長する運命にある



◎よって経営者の仕事の核心とは自分自身と自分の事業が成長するための準備をすることなんだ



◎事業を成功させるということの意味とはこのことであり、これ以外の意味は無い



◎どんな事業も成長するか縮小するかの二つに一つしかない。そして縮小はいずれ間違いなく死を迎える



◎事業の成熟期は企業の成長段階のおける第三段階に当る



◎IBMは初めから会社の将来像をはっきり描いていた



◎そして、そうした企業ならどう行動するかを常に考えて行動していた



◎はっきりした顧客像を持たない限り、どんな事業も成功しない



◎あなたの事業はあなたの人生では無い



起業することの最終的な目的はなんなのだろう?それは事業を売却することである。株式公開も広義の「売却」に他ならない




自分が3年前に起業を最終的に決意した時に読んだ本。


あれからそろそろ3年を迎え、今改めて「その時」が来たような気がしています。




そうした気持ちが湧き立つ一方、より冷静な分析が必要であることも気付かせてくれました。



感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年08月26日(土)

手と足が無い理由 ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は某製薬会社さまのプロジェクトに関しての仕込とか・・・。


参考資料の読み込みに没頭。


10冊以上の専門書を一気に頭に無理やり押し込んだ割には疲れなかった。




さて、今日の出会いはこれ。




乙武 洋匡
五体不満足―完全版


言わずと知れた大ベストセラー。


でも、未読だった。



それがどういうわけか、いつの間にか本屋さんの棚から手に取っていた。




◎校長先生を初め多くの人の善意により僕の道は開けた。僕が出来るたった一つの方法。それは「学校生活を楽しむ」ことだった



真の厳しさとは真の優しさである



◎みんなと同じように出来なければ、その他のことで補えば良い



「できること」と「できないこと」をしっかり区別しなければならない。このことは社会に出て職業を選ぶ時に非常に重要になってくる



◎僕には誰にも負けないものが一つある。それは手と足が無いこと



◎苦し紛れに発した言葉では決してなかった。僕は手と足が無いから僕なんだ



◎そして誰も「僕」にはなれない



◎障害を持っている子がクラスにいると、そのクラスは必ずといって良いほど素晴らしいクラスになるようだ



◎目の前にいる相手が困っていれば何の迷いもなく手を貸す。常に他人よりも優れていることが求められる現代の競争社会の中で、僕らはこういった当たり前の感覚を失いつつある



◎助け合いが出来る社会が崩壊したといわれて久しい。そんな「血の通った」社会を再び構築しうる救世主となるのが、もしかしたら障害者なのかもしれない



◎重要なのは「傷害を言い訳にしないこと」だと僕は思う



◎「どうせ俺は障害者。周りには同情を寄せる女性ばかり。こんな俺にはまともな恋愛なんて、出来はしないよ。」これでは手繰り寄せられる恋も、自分から追い返してしまっているようなものだ



◎さすがに「障害者だからこそ魅力を感じる」という人は余りいないと思うが気にする事は無い。結局はその人の魅力しだいなのだ



◎自らの障害が恋のバリアになっていることもあるかもしれない。だが、それ以上に障害に対する自分自身の捉え方、考え方が妨げになってはいないだろうか?



◎大切なのは「社会において何をしたいのか」だと思う。そのことさえしっかり把握してさえいれば道は開けてくるはずだ



◎その「やりたいこと」を実現するにはどんな職業があるのだろう



◎そのような職業なければ自分で作ってしまえ



◎それくらいの気持ちがなければ仕事としてやっていけないだろうし、また、仕事の内容に納得できなければ自分の職業に「誇り」はもてないだろう



◎社会はそんなに甘くないのかもしれないが、「仕方なく」仕事をするなんて絶対に御免だ



◎大学は一応行っておいた方が良いと薦められたが、その「一応」がいやだった



◎これはもしかしたら想像以上のことが起こるのかもしれない。とてつもないストーリーの始まりなのかもしれない



◎「どう生きていくのか」という問いは、そのまま「どのような人間になりたいのか」「何を最も大切にしていくのか」という問いに繋がって行った



◎他人や社会のためにどれだけのことが出来るのか。周りの人にどれだけ優しく生きられるのか。どれだけ多くの人と分かり合えるのか。どれも難しいことではあるけれど、これが実践出来れば僕の人生は幸せだったと胸を張れる気がする



◎ただ、どれを目指すにせよ、絶対に譲れない大前提があった



◎それは「自分を最も大切にしながら・・・」というものだ



◎どうして僕は障害を持って生まれてきたのだろう。そこにはきっと意味がある



◎障害者には出来ないことがある一方、障害者にしか出来ないこともあるはずだ



◎せっかく与えてくれた障害をいかしきれていない。言ってみれば「宝の持ち腐れ」なのだ



◎ただ障害を持っているというだけではダメだ。それではお門違いの特権意識になってしまう



自分にしか出来ない事はなんだろうか。この問いに対する答えを見つけ出し実践していくことが「どう生きていくか」という問いに対する答えになるはずだ



◎この流れはなんなのだろう。恐ろしいほどの力が働いているとしか思えない



◎特に宗教を信仰しているわけでも無い僕でも、神の存在を信じざるを得ないほどだった



社会の流れは確実に変わってきている



今こそ手を取り合って動く時



◎アメリカの障害者はオシャレだ。車椅子の老紳士はダンディだったし、オペラで隣の席になった車椅子の女性も綺麗に着飾っていた



◎障害者の親の多くが過保護になるのは「かわいい」という気持ちよりも「かわいそう」という気持ちの方が強いからのように思う



親が子供のことを「かわいそう」と思ってしまえば、子供はそのことを敏感に感じ取る



◎欧米では他人と違うといった理由で人を否定していたらきりが無い。「多様性」という観点から、障害をその人の「特徴」と受け入れている



他人を認める心の原点は「まず自分を大切にする」こと



◎健常者として生まれてもふさぎ込んだ暗い人生を送る人もいる。そうかと思えば手も足も無いのに毎日ノー天気に生きている人間もいる



関係ないのだ。障害なんて



◎「障害は不便である。しかし、不幸ではない。」ヘレン・ケラー




なんとなく、僕がどうして発売当時ではなくて、今このタイミングでこの本を読んだのかわかったような気がしました。


それはきっと、まさしく今が手を取り合って動く「その時」だから・・・。



自分にしか出来ない動き方、そうした動きをもっと加速させます。




大変素晴らしい気付きをいただけました。



感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年08月25日(金)

見せ方 ☆☆☆☆★

テーマ:

今日は午前から夕方にかけて長時間のミーティング。


大きな案件を二つ続けて・・・。




さて、今日の出会いはこれ。




アレン カー, Allen Carr, 阪本 章子
女性のための禁煙セラピー―読むだけで絶対やめられる


先日読んだ「読むだけで絶対やめられる 禁煙セラピー 」の女性版。





◎洗脳=本当は正しくない事実や考え方を正しいと信じ込ませること



◎子供から無理やりおもちゃを取り上げるとどうなるか?医師の弱い子供はすぐに諦めるが意志の強い子供はいつまでも忘れない。おもちゃもタバコも一緒。意志が弱い方がタバコをやめるには好都合ともいえる



◎ニコチンの罠の仕組みを理解すること。そうすればタバコを吸いたい気持ちはなくなります



◎医者は「タバコをやめると肉体的な禁断症状が起きます。」と言いますが、それはウソ



禁断症状は起こりません。肉体的苦痛なんてありません



◎精神力で禁煙しようとするときの問題は、やめようとする本人が「疑問」と「不安」を持っていること



◎そして「自分は犠牲を払っている」と感じていること



◎罠から開放されるには罠の仕組みを正しく理解するのが近道



◎人はタバコを吸うから習慣になるのであって、習慣だから吸うのではありません



◎「罠にかかっている」という自覚がなければ罠から逃げたいとも思いませんから、禁煙できる可能性はゼロです



◎スモーカーがタバコを吸い続ける唯一の理由は「空虚で不安な感覚を消すこと」にある



◎あなたのシミや肌の乾燥は歳のせいではありません。ご存知のとおりタバコのせいです



◎ゴールドのぴかぴかのライターやおしゃれなパッケージは不潔極まりない行為をクールなしぐさに見せるための罠です



妊娠がきっかけで禁煙できる人なんて少数派なのです



タバコを吸ってもダイエットにはなりません。逆に確実に太ります



どんな病気よりも交通事故よりも、そして戦争よりも多くの人の命を奪っているもの。それがタバコ



◎「タバコを吸うと集中力が増す」これが本当ならば、どうして電車の運転手や飛行機のパイロットや外科医に喫煙を義務付けないのでしょうか?



要するにスモーカーはパブロフの犬なのです。自分の意志で行動しているように思っていても、自分以外の何かに人生を支配されているのです



◎しかも、そのことを認めようとしないばかりか気付いてさえもいないのです



◎ニコチンガムは効果はありません。麻薬中毒患者に別の麻薬を与えても麻薬中毒は治らないことは明らかです。ニコチンガムはその名のとおりニコチン、すなわちタバコです



◎大切なのは「自分は今からノンスモーカーになるのだ。そして既にノンスモーカーである。」と正しい決断をしたことを知ること



◎そしてその決断に疑問を持たないこと




女性向けと言いつつも、内容はあんまりかわらないかも。(90%以上一緒?)


でも、「女性のための」って書いてあるから、きっと女性はこちらを買うんでしょうね。



そしてただの「禁煙セラピー」では買わなかった女性も・・・。




こうしてあえて「女性のための」とアピールすることで、そうじゃないときよりも合計の売上は上がっているのではなかろうか?




良いことを教えていただきました。


その意味では大変参考になりました。




感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年08月24日(木)

人生の真の喜び ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は明日のミーティングの準備とか・・・。



さて、今日の出会いはこれ。




スティーブン・R. コヴィー, Stephen R. Covey, ジェームス・J. スキナー, 川西 茂
7つの習慣―成功には原則があった


ちょっとあることがあって読み返したくなった。




◎原則は不変・普遍である



◎原則に則った生活が信頼を生み信頼は小手先のテクニックに勝る



世界に変化を望むなら自らがその変化になれ



◎状況を変えたければ物の見方そのものを変える必要がある



◎自分自身を改善せずに他の人との関係を改善しようとすることは無意味なこと



まず自分自身に誠実たれ



◎真の効果性には二つの側面がある。目標を達成することと、目標を達成する能力だ



顧客満足を謳うなら一番重要な顧客に接するのと同様に従業員に接しなさい



◎現代の組織では従業員が率先垂範し熱意と知恵を自発的に活かしてもらう以外に成功する方法はない



◎効果性で大切なことはバランスにある



◎バランスを維持することは難しいが、それこそが効果性の本質である



◎それは短期と長期のバランスをとることである



◎誰も説得によって人を変えることはできない。その扉は中からしか開けられない



◎人間は刺激と反応の間に選択の自由を持っている



◎主体性を持つということは率先力を発揮することだけではなく人生に責任を持つということ



◎私たちの行動は周りの状況からではなく、自分の選択の結果である



◎あなたの許可なくして、誰もあなたを傷つけることはできない



◎自分で投げ捨てない限り、誰も私たちの自尊心を奪うことはできない



◎自分の身に起こることで傷つくことはありえない。自分がその状況を容認することを選択したから傷を受けるのだ



心底から今の状況は今までの自分の選択の積み重ねの結果だと言えるまで次の段階にはいけない



◎自分の身に何が起こるかではなく、それにどう反応するかが重要なのだ



◎人生のつらく厳しい経験によってこそ、人格は形成され内的な力が育成される



◎人生の最後の姿を描き、それを念頭において今日という一日をはじめる



◎ためらうことなくノーといえるようになる秘訣は自分の中にもっと強い燃えるようなイエスを持つこと



◎人に対しては効果性を考え、物については能率を考える



◎自分でやる場合は能率を考え、人に任せる場合は効果を考える



真の自尊心は自らを支配する力、真の自立から来る



◎人間関係におけるほとんどの問題は役割と目標をとりまくあいまいな期待、あるいはお互いの期待像の相違に端を発している



影響を与えるには影響されなければならない



◎良い弁護士は自分の主張を書く前に、相手の弁護士から見た主張文を書いてみる



◎新しいものを試行錯誤しながら作るほうが、古いものを読むより有意義である



最も個人的なことは最も一般的なことである



◎運動しなくて良いほどの暇はない



◎真の教育とは人生のプログラムそのものを、より大きな疑問、目的、様々なパラダイムに照らし合わせる能力である



自らの価値観に従い、自らが偉大と認める目的のために働くことこそが人生の真の喜びである



◎成長を続けるためには学び、決意し、実行することを永遠に繰り返さなければならない



僕の人生を変えた「運命」の本です。


大袈裟ではなく、この本を読んで人生が変わったと思います。




副題を見ると、いわゆる成功法則を扱った本のように見えるかもしれませんが、むしろ「徳のある人になるための本」と言ったほうが良いように思います。



本当に良い本です。


未読の方には強くおすすめいたします。




感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年08月23日(水)

3つのポジション ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は複数の仕掛かり案件に関して、今後の方向性や関与の仕方の整理とか・・・。


昨日に引き続きデスクワーク。



土、日以外で終日机に向かいっぱなしは久しぶり。



さて、今日の出会いはこれ。



M.トレーシー, F.ウィアセーマ, 大原 進
ナンバーワン企業の法則―勝者が選んだポジショニング

関与先に日本では文句なく1位、世界でも有数の業績を上げている企業様があるので、その参考として再読・・・。




今後企業の分類の仕方は「オペレーショナル企業」「製品リーダー企業」「顧客密着企業」の3つになる



◎一次、二次、三次、四次産業といった分類は意味を成さなくなる



◎あらゆる企業はこの3つのどれかに属することを選択しなければならない



オペレーショナル企業とは顧客の「総コスト」を最低にする企業



◎総コストとは価格が最低であることはもちろん、待ち時間、煩わしさといったあらゆるマイナスを最小にすることで信頼を得ようとする企業である。マクドナルドみたいに



製品リーダー企業とは長きに渡って「常に」自社製品が世界一であることを本気で達成しようとしている企業である。ソニーのように



顧客密着企業とは、顧客に「特別仕立て」の経験をさせ、お互いに切磋琢磨する幼馴染のように「かけがえのない」存在になることに喜びを感じる企業である。エアボーンみたいに



これら以外の企業は生き残れない



◎なかでも顧客密着企業は他の2グループに一歩先んじると予想される



◎顧客密着企業は「費用対効果」という概念から最も遠いところにいるからだ



◎しかし顧客密着企業を目指すなら、顧客はまばゆいばかりの、恐れ入るほどのサービスを受けて当然であり、それ以下のサービスはありえないと心得よ



◎要するに、顧客密着企業は顧客と一緒に世界の名所を旅し続ける「信頼できるガイド」に似ている



成功し続けるとは、顧客のために価値を創造し続けることに他ならない



◎誇りとは、顧客に接することからしか生まれ得ない



なるほど・・・。


少々事例は古いですが、今でも参考になります。




さて、関与先企業様は、ここであげられている3つのポジションのうちのどれなのか?


そして、今後もそのポジションを維持するのか?




それとも・・・。




じっくり考えるヒントを頂きました。






感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年08月22日(火)

企業の未来 ☆☆☆☆☆

テーマ:

今日は一週間のスケジュール作成とか、細々した雑務を・・・。


割りに落ち着いた一日。



さて、今日の出会いはこれ。




ダイヤモンドハーバードビジネス編集部
「顧客学習」のマーケティング―個客とのリレーションシップ戦略


昨日読んだ「顧客サービスの競争優位戦略―個客価値創造のマーケティング 」とワンセットなので・・・。



顧客と企業間の相互の学習関係がもたらす競争力は比類がない



◎企業と顧客の間のリレーションシップは、これほど重要性が叫ばれているにも拘らず、概して上手くいっていない



◎普遍的な友情のルール、精神的な支えとなること、プライバシーを尊重すること、信頼関係を大切にすること、自分のほかにも友達がいるからといってやきもちを焼かないこと



マーケターは企業の代表であると同時に、顧客の代弁者でなければならない



◎顧客の知恵や顧客の表明するニーズよりも、顧客が言いたがらない問題にこそ焦点を当てよ



◎経営トップが顧客のために日々勤しむならば、それは二重に報いられる



◎まず感性が磨かれ、直観力が増し、ビジネスチャンスのヒントが生まれる



◎そして具体的な行動が誘発される



企業の未来は顧客が決める




やっぱり類書を合わせて読むと、より理解が深まりますね。





感謝!




さて、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!  






☆お知らせ☆


大変ご好評いただいております『会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』ですが、アマゾンさんには掲載されていない『本のメリット』を下記に記載するように致しました。


ご参考まで・・・。




ビックリマーク会社を辞めて成功する人失敗する人―2時間でわかる 』を読み

はじめて2時間たつと・・・


OK 本当に今会社を辞めて良いのか、今が本当にそのタイミングな

のかがわかる!


OK 実際に会社を辞めることになった時の、絶対に外せないポイン

トがわかる!


OK 退職を「成功への1ステップ」にしてしまう人たちの共通の特徴

がわかる!


OK 会社勤務にまつわる「7つの常識」の間違いがわかる!


OK 将来「この判断」が正しかったのかどうか二度と迷わなくなる!


OK あなた自身が気付いていない「本当にあなたがしたいこと」が

何なのかわかる!


OK それを確実に実現するための最短距離がわかる!


OK 最高の退職計画の作り方と、その重要ポイントがわかる!


OK みんなが知らない「綺麗」に会社を辞めることの圧倒的メリット

がわかる!


OK 上司、同僚に実際に退職を切り出す際のベストタイミングの

決め方がわかる!


OK 「なるほど。それなら応援するよ!」と周囲に言わせる退職

理由のヒミツがわかる!


OK 引き止められてしまった時の間違いのない対処方法が

わかる!


OK 「さすが!」と唸らせる引継マニュアルを簡単に作るコツ

わかる!


OK 年金、保険で絶対に悔しい思いをしないための最低限の

チェックポイントがわかる!  etc





とても「お買い得」な内容です。


「どうしよう・・・」とお悩みの方にはきっとお役に立てる内容だと思います。


是非、お買い求め下さい。




※本の基になったガイドブック「たった60分で会社の辞め時がわかる!」 は引き続きお配り致しております。


本を買うほどではないけど、ちょっと気になると言う方はこちらをご請求ください。(無料です)



ただし、PDFファイルのみの配布とさせて頂きますことをご了承願います。



申し訳ありません・・・。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD





☆PRESIDENTに川端裕の記事が掲載されました☆

川端 裕の出会い日記







☆ワンプラスワンに川端裕の記事が掲載されました☆







☆月刊 人事マネジメントに「メンタルヘルスに手を出すな!!」が紹介されました☆

人事マネジメント 2007年8月号






☆ジョブステに川端裕の記事が掲載されました☆

ジョブステ 2007年6月号





☆AERAに川端裕の顧問先が掲載されました☆

AERA 07.3.5号






☆BIGtomorrowに川端裕の記事が掲載されました☆




BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2006年 12月号 [雑誌]




☆DIMEに川端裕の記事が掲載されました☆








☆AERAに川端裕の記事が掲載されました☆

AERA

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。