1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /
2005年08月31日(水)

ハイテク&ローテク

テーマ:

今日は某企業の人事制度改革関係の資料作成とか・・・。


没頭した。



夜はいつもどおりのルーティンワーク。



今日の出会いはこれ。


大竹 慎一
ハイテクバブルとローテク投資―ニューヨーク・トップファンドマネジャーが見た

最近、本屋に行くと「株で○億円!」みたいな本や雑誌で溢れてる。


一冊も読んでいないので分からないのだけど、資産額をいくら公開したところであんまり意味はないんじゃ・・・。


簿記や会計の知識がある人ならすぐに判ると思うけど、資産なんて自己資本+他人資本の合計なんだから、株で○億円稼いだって言ったって負債の額が○億円あるかもしれないですよね。


そもそも株の信用取引自体が借金だし・・・。


ま、読んでないから、あんまり言うのはやめておきます。



でも、株で○億円みたいな話は、改めて言うまでも無いかもしれませんが、話半分、面白半分に受け取っておいた方が良いと思いました。




これは昨日の「ライオンは眠れない」に触発されて読んでみた。




◎余りにも出来すぎている一致と言うのはこわい



◎ニューエコノミーですら、所詮はオールドエコノミーと同じサイクル、同じ基準で動いている



◎ヴァリューの計り方にオールドもニューもない。同じ計り方でヴァリューを見なければならない



eコマースのほとんどはカタログ通販の代替物に過ぎない



◎IT革命は、革命ではないとは言わないまでも、その規模は産業革命の比ではない



◎人間の実質的な本質は古代エジプト、古代中国の時代から変わっていない



◎NTTグループはドコモを含めて斜陽産業である



◎経済的予測、株の予測をする時はマネーサプライから目を離してはならない



経済と言うのは風が吹けば桶屋が儲かるシステムなのである



◎どこかに、そのシナリオを書いて「なるほど、ありえるな」と思わせる存在がいる



◎日本の銀行を潰さない限り本格的な日本の景気の回復はない



◎銀行は助けるよりも潰すほうが市中に金が回るようになる



◎円安は短期的には輸出を喚起し株高を演出するが、金利が上昇するレベルまで円安が進行すると、国債が暴落し、それを溜め込んだ銀行は死ぬ



◎日本の銀行にどう考えても明日はない。ならばなるべく早急に安楽死させてやるべきだ



◎株式投資は値段のコントロールよりも分量のコントロールの方が余ほど大事



株式投資もイメージトレーニングとリハーサルが大事なのである



◎予想していたことが起こればイメージトレーニングでリハーサルしていた通りに実行するだけである


過激・・・。



でも、大筋としては僕の好きなドラッカーさんの言うことと近いこともあるような・・・。


ちょっとトンデモ本的においもするけれど、これはこれで参考になりました。


感謝!

て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年08月30日(火)

龍と鷲と鼠

テーマ:

今日は落ち着いた一日。


久しぶり・・・。



新たな仕込を中心に、溜まっていた雑務をバンバン片付けた。


やっぱり仕事が片付いていくのは爽快!



今日の出会いはこれ。


サミュエル・ライダー, 葉 夏生
ライオンは眠れない

以前、ライオン=小泉さんのことだと話題になっていた本。


遅ればせながら、衆院選の前なので・・・。



◎この国では100年に一度のすさまじい大変動が起きようとしている



◎「この国を立て直すためにこの国を壊します。痛みを伴いますが我慢して」とライオン王は言いました



◎タカ長官は翼を広げてライオン王を迎えました



◎「竜」の国も「鷲」の国もどちらも「鼠」の国をなめている



◎しかし、どちらの国も一旦「鼠」の国がまとまったらすごく怖いことをよく知っている



◎ただし、「鼠」の国がまとまるのは外からの危機が迫ったときだけ



◎一頭のライオンに率いられた100匹の鼠は、一匹の鼠に率いられた100頭のライオンより強し



問題は次の将軍



◎わが国は勝負どころにある。そして危ういところにある



◎「竜」「鷲」「鼠」の三国のバランスが狂ってきている



◎「鷲」の国の力に陰りが見え、「竜」の国の力が拡大し、わが国の脆弱さがはっきりしてきた



「竜」の国は「鼠」の国を飲み込もうとするが、その前に「鷲」の国とぶつかる



◎「鷲」は「鼠」が好きだから、必要だからではなく「自分が一番」じゃないと許せない国だから、まもなく「竜」を恐れて情報操作を始める



◎社会がどうしようもない停滞や腐敗に陥ったとき、天から舞い降りるように現れてそれを打破するもの。それが破壊



◎皮肉なことに日本は戦争に負けてアメリカに占領されることで民主主義と資本主義を一挙に手中にして、短期間で世界2位の繁栄を身につけた。代償は大きすぎるくらい大きかったけれども・・・



世界全体で破壊による世直しが始まっている



◎破壊は痛みを伴うが、その向こうには必ず再生が待っている



◎「破壊」に伴い、金持ちほど大きな苦痛を味わう



◎預金封鎖がやってくる。それはある日突然に起こる



◎同時にデノミを断行し100円は1円となる



◎新円との交換時に国は「財産税」をかけてくる



◎富裕層ほど厳しい税率となる累進課税となる



◎税務署も掴みきれていないアングラマネーが日本には1400兆円ほどある。これは個人金融資産とほぼ同額である



◎預金封鎖とデノミにより、このアングラマネーが表にあぶりだされる



◎財産税の課税率の平均が30%ならば個人金融資産とアングラマネーの合計2800兆円により約850兆円の税収となる



◎これにより日本の国債、財政、金融問題はあっという間にチャラになる



◎個人金融資産の1400兆円は実は完全に不良債権化している



◎近い将来に日本の国債は間違いなく暴落する。そしてデフレから一転して超インフレ時代に突入する



◎実はアメリカと日本は直結しており一体である。なので、どちらが先にこけても同じである




預金封鎖とかデノミとか財産税とか、なかなか空想たくましい・・・。


でも、大筋の流れとしては大体こんな感じで来ているかも。



さて、これから龍と鷲は本当にここで語られているような関係になっていくのか?


その時鼠の国はどう行動するのか?



意外とキャスティングボードを握るのは鼠の国だったりして・・・。



余裕があったせいか、僕まで空想・夢想にふけってしまいました。


でも、面白かったです。



感謝!



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月29日(月)

口説き

テーマ:

長かった「真夏の死のロード」も今日で大体ひと段落・・・。


明日からは少々落ち着くみたい。



なので、少々「仕込み」をしたいと思っています。



どうなることやら。



さて、今日の出会いはこれ。


朝倉 千恵子
不思議と説得力のある「セールストーク」の秘密―「お客様がうなり、ハッとし、感心し、契約したくなる」魅惑の言葉が次から次へと出てくる口説きの魔術!

これも妻の新規事業がらみ。


セールス≒口説きというのは良く言われていることだけど、著者があの「地獄の特訓」を最も多く企業に売り込んだトップセールスと言うのが引っかかった。



◎後悔するのは絶対嫌!だから今行動するんです。過去は生ゴミと一緒。堀返したって全然良いことない



◎悔い無く生きましょう。そしてやるからには絶対(絶対ですよ!)ダントツしかありえないと心に誓いましょう



◎そうしないと揚げ足を取られます。ダントツになれば何をやっても「あの人は特別」と言われます



◎ダントツならばなんだって良いんです。ダントツのスケベで社長になる人って多いんですよ



◎スケベでもぐうたらでもバカでも、本当に良いですからとにかく「日本一」を目指しましょう



◎いつも頭に置いておかなければいけないことは「相手のメリットは何だろう?」ってこと。サービス、サービス!



◎メリットを感じてもらったら次にすることは、「混乱」を起こさせることです。つまり「ん?」と思ってもらうこと



◎「混乱」を起こさせるのに良い方法があります。例えや比喩を使うことです



◎エステの法則ってご存知ですか?エステにいくのは「エステに行かなくても充分綺麗な人」で、お前、一度エステ行け!って言いたくなる人はエステに行かないって法則です



◎教育も同じですね。できる人ほど身銭を切って研修に参加し、本当に研修が必要な人ほど研修になんか興味なし!



◎でも、これはお金にも当てはまるんです。お金なんて必要ない人のところにお金がうなって集まってくるのに、お金が死ぬほど必要な人、切羽詰っている人のところにはお金は集まってこないんです



◎これくらい社会の法則って、意外とシンプルなんですよ



◎相手の関心を引きたいときは「そうそう、そういえばちょっと面白い話を聞いたんですけど」って前振りすると、結構乗って来ますよ。小ざかしいテクニックですけど・・・



1、2回面談すれば契約する会社かどうかは分かります。分からないようだと問題ですね



◎初めに契約できると思ったところはできますね。時間が掛かるか掛からないかの違いはありますけど



◎チャンスを逃したからってあんまりこだわっちゃ駄目ですよ!チャンスは必ず巡ってきます



◎悔しかったり後悔したりすることってありますけど、どうってことはありません。あなたの生き方は完全に正しいんです



◎あなたまだ生きてるでしょ?生きてるってことは「あってる」ってこと。本当に「間違った」生き方なら、あなたは死んでるはずなんだから



◎もし人から相談されることがあったら、まずは口を挟まないで最後まで聞いて



◎相手が沈黙して、全てを出し切ったら「もし良かったら、どうしたいか教えてくれない?なにか役に立てることがあるかも・・」って聞いてみて



◎お金がない、自信がないから夢がもてないって言うの間違いなの知ってる?



◎全ては「夢」を持つことが出発点なんですよ



◎夢が無いから目標が無く、目標がないから計画が無く、計画がないから行動が無く、行動がないから成果が無く、成果がないから自信が無く、自信がないから夢がない



◎今は大変な時代です。勘違いしないで下さいね。ツライ時代って意味ではなくて、大きく変化する時代って意味



◎おんなじ様に、変人は「変な人」って意味ではなくて、「変える人」って意味ですよ



ナチ収容所で生き残ったのは「強い人」じゃなくて「生きる目的があった人」と「過酷で急激な変化を読んで、適切に行動した人」なのです



◎必要なのは「その気」にさせるってこと。「その気」にさせられたら「脱いで・・・」の一言だけで、苦も無く目的を達成できるの知ってるでしょ?



◎鈍感な人は話題がない、ネタがない。暑苦しいし面白くないから会いたいと思わない



◎営業は究極的には「この人素敵!もてるだろうな」って思われるような女性であったり男性でないと駄目ですね



◎あなたは「自分が女(男)だったら、この人と付き合うかな?」この問いにYesと即答できないとまずいです



◎「来たお客さんをお姫様にしてあげる」これですよこれ!



◎人の能力の差なんて、思っているほど大きくないんです。だから早く気づいてこつこつ努力した人が勝つんです。あのイチローだって松井だってそうなんですよ



◎何のコネも知り合いもいない人ができることは、必死で新規開拓すること以外ないですよ



◎お気付きですか?時代は既に人を蹴落とす「弱肉強食型競争時代」から、「恋愛型競争時代」に変わってしまったんですよ



◎幸せになるための第一歩は今の状況の原因は全て自分にあるって心から思えるようになること



◎この世の中に偶然なんてないです。起きたことは全て意味があって、あなたにも必ず責任があるのです



◎だから不平不満を言ってるオヤジはなるべくしてああなってるんです




な、なんだこれ?


あんまり期待していなかったけど、自分にとっては大ヒット!



やられた!先を越された!!って感じ・・・。




営業やセールスに関係のある方には是非お奨めしたいです。


いい本です。


感謝!



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月28日(日)

次の社会

テーマ:

今日は終日デスクワーク&ルーティンワーク。それに経理関係とか・・・。


8月の数字も大体見えた。夏枯れの8月とはならず、なかなかいい数字。


これもひとえに皆さまのお陰です!




さて、今日の出会いはこれ。


P・F・ドラッカー, 上田 惇生
ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる

言わずと知れたドラッカーさんの名著。どういうわけか、本棚から「読んで!」って言われているような気がして再読した。(これで10回目くらい?)



◎日本では誰もが経済の話をする。だが、日本にとって最大の問題は社会のほうである



◎日本の社会的な制度、政策、慣行は1990年頃までは有効に機能したが、今や満足に機能しているものは何もない



◎今日、若年人口の減少に見舞われていない先進国はアメリカだけである



◎そのアメリカさえ、出生率は人口を維持できる水準にない



◎先進国社会で最も急速に増加している労働力はサービス労働者で無く知識労働者である



◎IT革命は現在までのところ、IT革命の前から存在していたもののプロセスを変えたに過ぎない



◎IT革命が行ったことは昔からあった諸々のプロセスをルーティン化しただけだった



◎今後20年間に相当数の新産業が生まれる



◎しかもそれらのほとんどはIT、データ処理、CP、ネット関連とは関係ないところで生まれる



養殖であり、バイオであり、マイクロマシン、ロボットである



◎アメリカは確かに財の貿易では赤字である。しかしながら、サービス貿易では黒字である



◎商品貿易とサービス貿易をあわせるならば、アメリカは若干の黒字である



◎最も起業家精神に溢れる国はアメリカではない。それは韓国である。2位は台湾であり、3位は日本である。アメリカは4位に過ぎない



◎多くの起業家が市場よりも自分を信じたために消えていく



利益は第2である。第一はキャッシュフローである



日本を軽く見ることはできない。一夜にして180度転換すると言う誠に信じがたい能力を持つ国である



◎日本の指導層は政治や議会にでは無く、官僚にある


・・・何度読んでも、ドラッカーさんのご卓見には驚くばかり。


さて、果たして本当にこうなるのか?


興味深深です。



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月27日(土)

胆力

テーマ:

今日は前職の会社の最後の直属の役員で、僕の恩人の一人であるMさんにご挨拶に伺った。


Mさんは最近人事異動があって、管掌する業務が変わったばかり。


なので、それが落ち着いた頃を見計って近況報告にお伺いした。



Mさんに退職の報告をしてから、早いもので2年が経とうとしている。



けれども、あっという間の二年間だった・・・。




大変お忙しいのに1時間半もお時間を頂戴してしまい恐縮するばかり。




お話を伺って、Mさんの人間力に大げさでは無く感動した。



ここには詳しく書かないけれど、本当に人間と言うのは「わからない」と思いました。





ふぅ・・・。色んなことを考えてしまった。






誰も人間は「業」を背負って生きるしかないのですね。



「誰もが善人であり、かつ悪人である」みたいなことを深く深く考えさせられた一日でした。



感謝!




て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月26日(金)

チェンジリーダー

テーマ:

今日の東京は台風で荒れ模様。


皆さんのところは大丈夫でしたでしょうか?



今日は新たな企画の土台つくりとか・・・。年内には形にしたいと思います。



今日の出会いはこれ。


P・F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
チェンジ・リーダーの条件―みずから変化をつくりだせ!


一昨日の「イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか 」つながり。



◎もはやマネジメントは専門能力では無く一般教養となった



◎企業の目的の定義はただ一つ。それは「顧客を創造する」こと



顧客が購入しているものは「効用」すなわちメリットである。商品やサービスではない。



マーケティングの究極の理想は「自ずから売れるようにすること」すなわちセールスを不要にすること



◎エスキモーに冷蔵庫を売ることは簡単である。「これは凍結防止機能付きの貯蔵庫だ」と言えば良い



◎この例えは技術的にはイノベーションではないが、経済的にはイノベーションである



◎企業活動とはマーケティングとイノベーションによる顧客の創造のことに他ならない。これ以外の定義はない



◎「我々の事業は何か?」を考え続けるのがトップの仕事である



◎その問いに答えるには「顧客は誰か?どんな人たちか?」の問いに答えなければならない



◎「顧客はどこにいるか?」も重要な問いである



◎成功しているときこそ「我々の事業は何か?」を問わなければならない



◎成功とは陳腐化の第一歩である



◎市場において目指すべき地位は最大ではなく「最適」である



◎最も影響力を持つ消費者は「教育を受けた共働きの女性」である



顧客の利益になることならば行われてしかるべきである。その収支を合わせるのが我々の仕事である



◎情報は他の資源と異なり希少性の原理に従わない。ダイヤモンドと異なり、情報はあまねく広がれば広がるほど、その価値を増していく



◎情報を出し惜しみする人は、このことを理解していない愚か者である



◎変化は顧客からではなく「非顧客」から始まる。だから数%の「好ましくない客」が必要だ



妻に触発されて、ここ最近ずっと読み返しているマーケティング、CRM、One to One関連書籍の更に上を行く内容。


こりゃ、リーダー論と言うよりもマーケティングの本って感じがする。


ドラッカーさんって、マーケティングの世界の人ではないのに・・・。



やっぱりすごい。


感謝



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月25日(木)

いつでも会える

テーマ:

今日は就寝前に妻が絵本を読んでくれた。



8月に入ってからキツキツのスケジュールになっていて、その刺々しさを解消しようとしてくれたのだろうか?


多分そうなのでしょう。



僕は動物はみんな大好きで、子供の頃、シロというワンちゃんを飼っていた。


妻が読んでくれたのは、シロというワンちゃんが主人公の話。


菊田 まりこ
いつでも会える

涙が止まらなかった。


ほんの2~3分の話だけど、ストーリーにはこれほどの力があることを実感できる絵本です。



人と動物のつながり、生と死の一体性、条理と不条理の意味・・・。


質の良くない映画を見るよりも多くのことを、考えるきっかけになりました。



しかも感動とともに・・・。


大感謝!




て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月24日(水)

イノベーター

テーマ:

今日は、いつものルーティンワークに加えて某企業の人事制度改革の資料作成も・・・。


一筋縄には行かないけれど、一山越えた感じがする。



先が見えてきた。



やっぱりゴールが見えてくるとホッとしますね。



さて、今日の出会いはこれ。


P.F. ドラッカー, Peter F. Drucker, 上田 惇生
はじめて読むドラッカー“社会編” イノベーターの条件―社会の絆をいかに創造するか


ドラッカーさんの名著。某企業の人事制度改革のゴールが見えてきたのを機に、今一度「マネジメント」とは何か確認したくて読み返してみた。



◎人の社会生活は「社会」無くしてはありえない



◎社会を定義することは生命を定義すること同様に難しい



◎しかし、社会を定義することはできなくても、それを理解することは可能だ



◎何を目的とし、何を犠牲にするかを考えない限り効率には意味がない



◎軍国主義とは経済の軍事化のみならず、社会のあらゆる関係を「上下関係」に変えることを意味する



◎知識社会において最も中心的な問いは「持つべき知識とは何か?知識の組み合わせとは何か?学ぶこと、教えることの質とは何か?」といったものになる



◎我々は「教育ある人間」を定義しなおさなければならなくなる



◎恵まれない国と言うのはありえなくなる。あるのは「無知な国」だけである



◎知識労働者は「専門家」たらざるを得ない



◎そして「専門家」は他の「専門家」と組織されなければ意味を成さない



◎よって知識社会とは組織社会である



◎それゆえ知識社会にあって必要とされるのは、組織を適切に運営できる「マネジメント」である



マネジメントの本質は知識を「生産的」にすることにある



◎知識社会とはかつてなかったほど多くの人が勝利する社会であり、同時に敗北する社会である



◎知識労働者は、自分の本業に満足すればするほど、それとは異なったコミュニティーを必要とする



◎21世紀は絶えざる混乱と挑戦の世紀となる



◎従業員に忠誠を求めることは許しがたいことであり、正当性を欠く



◎自らの仕事に集中することで社会のニーズを満たすとき、初めて社会的に責任ある行動となる



◎重要なことは消費者が買ってくれると言うことだけである



◎知識社会においては大学までに学んだことは5年しか持たず、それ以降は急速に陳腐化する



成人の継続学習のための機会、場所が益々求められてくる



◎知識労働者にとって必要なコミュニティーは「意志と思いやり」に基づく



◎自己実現とは、できないことをできるようにすることではなく、既にできることをより上手にできるようにすることである




なるほど・・・。



さすがに現代有数の知性です。(ちょっとわかりにくいところもあるけれど)


感謝!


て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月23日(火)

未来

テーマ:

今日は業務を早く切り上げて、Fさんと情報交換を兼ねて会食。


Fさんは3ヶ月前にシルバー関連業界に転職を成功させていて、お互いの近況報告を中心に情報交換。



昨日からやっと夏休み(と言っても3日間)が取れたとのこと。



大変お忙しくされている割にはお元気そうで、僕も嬉しい限り。




さて、今日の出会いはこれ。


ダイヤモンドハーバードビジネス編集部
「顧客学習」のマーケティング―個客とのリレーションシップ戦略

顧客と企業間の相互の学習関係がもたらす競争力は比類がない



◎企業と顧客の間のリレーションシップは、これほど重要性が叫ばれているにも拘らず、概して上手くいっていない



◎普遍的な友情のルール、精神的な支えとなること、プライバシーを尊重すること、信頼関係を大切にすること、自分のほかにも友達がいるからといってやきもちを焼かないこと



◎マーケターは企業の代表であると同時に、顧客の代弁者でなければならない



◎顧客の知恵や顧客の表明するニーズよりも、顧客が言いたがらない問題にこそ焦点を当てよ



◎経営トップが顧客のために日々勤しむならば、それは二重に報いられる



◎まず感性が磨かれ、直観力が増し、ビジネスチャンスのヒントが生まれる



◎そして具体的な行動が誘発される



企業の未来は顧客が決める



「企業の未来は顧客が決める」


全くその通りだと思う。(会員のみなさん、これからも宜しくお願いしますね!)



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年08月22日(月)

サービスラバー

テーマ:

8月に入ってから、なんだか急激に仕事が増えた。


僕の場合、それは良いことなのか、悪いことなのか・・・。



本当に本当に理不尽な会社が多いと思う。



堪えなくても良い仕打ちに堪えている人が本当に多い。(いままでの事案では、「それはあなたの方がおかしいのでは?」ということは皆無。)



そろそろ9月がみえてきた。



ということは多くの会社では半期も終わりに近づいてきたと言うこと。



夏の終わりともに、少し今後のことを考えるには良い機会かもしれませんね。



さて、今日の出会いはこれ。


ダイヤモンドハーバードビジネス編集部
顧客サービスの競争優位戦略―個客価値創造のマーケティング


99%において顧客が100%正しい



◎顧客サービスは利益貢献の最大のファクターであるばかりか、従業員満足度や社員ロイヤリティまでも高める



◎社員を最もエナジャイズするのは「顧客の笑顔」なのだ



◎顧客サービスはお客様にとってわかりやすくないと意味がない



優れたサービスに必要なコストと、その見返り(報酬)を計測しさえすれば、優れたサービスこそが「現金印刷機」であることが誰の目にも明らかになる



◎自分の仕事を愛している人から受けるサービスを「最上のサービス」と言う



◎今やビジネス=顧客サービスである



◎ミッションとは組織が抱く夢であり、価値とはその夢の表現である



◎基礎を固めずして未来は結実しない



◎そして、未来を描かずして戦略が生まれることはない



◎サービス企業とそうでない企業の差は従業員にあるのではない。それはトップの差以外にありえない



「顧客を喜ばすこと」以外の目標は立てずとも良い。顧客を喜ばすことさえ出来れば、多くの「それ以外」の目標は自ずと達成の方向に向かう



◎より次元の高いサービスになればなるほど、それは「非定型」のものとなる



◎ケースバイケースの柔軟な対応、つまりは「思いやり」が感じられるものが「高次元のサービス」である



◎それには「どうしたらお客さんはもっと喜んでくれるだろうか?」と四六時中自発的に考え続ける社員が必要である



◎彼らはトップの「オーラ」によって作られる。それ以外に彼らが「サービスラバー」になるはずがない



◎顧客満足度計測で唯一かつ最も信頼のける指標は「リピート率」である



◎アンケートでいくら高い顧客満足度が出ても、そうした対象者のリピート率が計測されていないなら、そのアンケート結果は信頼に値しない



こりゃ、CRMやOne to Oneだけではなくて、組織マネジメントにまで言及した「これからの企業経営の決定版!」って感じですね。


良い本です。


感謝!



て、明日はどんな素敵な出会いがあるのかな?


楽しみ!




☆お知らせ☆

8/15に新たなメルマガを発行しました。


会社勤務の悩みを克服した先にある『真に豊かで優雅な生活』に、普通の人がゆっくり、けれども着実に近づいていくための方法をお知らせしていきたいと思います。



自分では何がいけなかったのかわかりませんが、発行申請が繰り返し却下され、5回目の修正申請でやっと承認されたと言う「発禁」メルマガ(?)です。


読んでみてつまらなければ、いつでも簡単に解除できますから、まずは今すぐご登録を!!




「Slow But Steady・・・優雅洗練生活入門」


お申込はこちら!無料です。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 |最初 次ページ >> ▼ /

AD





☆PRESIDENTに川端裕の記事が掲載されました☆

川端 裕の出会い日記







☆ワンプラスワンに川端裕の記事が掲載されました☆







☆月刊 人事マネジメントに「メンタルヘルスに手を出すな!!」が紹介されました☆

人事マネジメント 2007年8月号






☆ジョブステに川端裕の記事が掲載されました☆

ジョブステ 2007年6月号





☆AERAに川端裕の顧問先が掲載されました☆

AERA 07.3.5号






☆BIGtomorrowに川端裕の記事が掲載されました☆




BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2006年 12月号 [雑誌]




☆DIMEに川端裕の記事が掲載されました☆








☆AERAに川端裕の記事が掲載されました☆

AERA

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。