2011-10-10 05:38:19

マヤと阿含宗合同法要開催のお知らせ

テーマ:グアテマラ文化

マヤの長老達(200名から300名による)と阿含宗(11名)の合同法要がティカル遺跡とイシムチェ遺跡で執り行われます。
2つの護摩を焚きながらのマヤの伝統儀式などをご覧いただけます。

①ティカル遺跡での法要
日時:10月10日(月)09:00より
場所:ティカル遺跡のグランプラザにて

②イシムチェ遺跡での法要
日時:10月12日(水)09:00より
場所:イシムチェ遺跡の広場にて


グアテマラにちょうどこの時期、いらっしゃる方、是非ご参列ください。

マヤの大長老主催、弊社でもコーディネートをお手伝いさせていただいております。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2009-06-19 03:28:26

グアテマラのビクトリア合唱団訪日公演

テーマ:グアテマラ文化

グアテマラのビクトリア合唱団が日本公演≪中米グアテマラの歌声~ラテン音楽のひととき~≫を開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。
是非、ご来場ください。

・尾道公演:7/23(木) 18:30開演(18:00開場) 広島県尾道市 しまなみ交流館(テアトロ シェルネ)
・名古屋公演:7/26(日) 14:00開演(13:20開場) 名古屋市中区 三井住友海上しらかわホール
・東京公演①:8/1(土) 18:00開演(17:30開場) 東京都港区 増上寺三縁ホール
・東京公演②:8/2(日) 14:00開演(13:30開場) 東京都北区 北とぴあ さくらホール
グアテマラ便り-Coro Victoria
指揮:フリオ・サントス
全席自由:2,500円
演奏プログラム:Requiem de Cuna(ゆりかごのレクイエム)、El Guayaboso(うそつ
き)、Take Five(テイク・ファイブ)、赤とんぼ、島唄、その他グアテマラ、中南米
、カリブの作品など。
主催:ビクトリア合唱団日本公演実行委員会
協賛:徳倉建設株式会社
後援:外務省、在日グアテマラ大使館、グアテマラ・マヤ文化協会、日本合唱指揮
者協会

総合問合せ:事務局 victoria_info@yahoogroups.jp、田川048-225-8264/宮崎
090-2745-0045
公演HP: http://coro-victoria.sakuraweb.com/japantour2009/






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-08-13 11:48:41

サンアントニオ・アグアス・カリエンテス村のイレーネおばあさん

テーマ:グアテマラ文化

イレーネおばあさん

アンティグア近郊の村、サンアントニオ・アグアス・カリエンテス村に行ってきた。

イレーネおばあさんと織物研修のツアー講習会やTV取材の撮影の段取り等を打ち合わせるためだ。

イレーネおばあさんの家は、壁はサトウキビの茎で作り、床は土間になっていて、1つの部屋にベッドと机、釜のある簡素な作りだ。

土間の家

土間の家の中央に機を設えており、きれいな織物を後帯機で織っている。

サンアントニオ・アグアス・カリエンテスの織物

この村の織物はグアテマラ一と言われるほど精巧で織も細かくてきれいだ。

1枚のウィピル(貫頭衣)を織るのに2ケ月かかるそうだ。


イレーネおばさんの初孫が最近生まれたばかりだが、名前を「ひろみ」とつけた。なぜ「ひろみ」と聞くと、響きがいいからとの回答。私の名前もひろみだが、イレーネおばあさんから織物を習っている私の日本人の友人達からひろみの名前をよく聞いて、この名前が気に入ったそうだ。

広美は「Gran Bonita(とても美しい)」という意味だよと教えると、喜んでいた。

ひろみちゃんの写真を撮ってきたので掲載したい。

これからのひろみちゃんの人生が楽しみだ。

Hiromi
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-05-29 08:48:31

絵描きの街コマラパ

テーマ:グアテマラ文化

5月27日、アンティグアよりバスを乗り継いで2時間、絵描きの街、サン・ファン・コマラパに行って来た。

1900年代初めにサンアンドレス・クルチッチというコマラパ出身のインディヘナが、先住民の生活を描き、素朴な原始的な絵を世界的に広めた。

クルチッチの恩恵を受けて、その後、この村は多くの絵描きを輩出し、現在では街全体がギャラリーのようなかわいい街になっている。

カーブの続く山道をどんどん登っていくと、とうもろこし畑に囲まれたのどかなコマラパに到着。

村の入り口近くにある墓地の壁にも楽しい絵がたくさん描かれている。

下の写真は自転車修理屋さんの壁。自分達で、独創的な絵を描いて、客寄せをしている。

コマラパの自転車修理屋

下の写真は私がいつもコマラパに行くと、このおじいさんから絵を買う。

看板も何もない普通の民家で、ひっそりと絵を描いているおじいさんだ。

6年ぶりの再会だったが、今は白内障にかかり、絵を描くことができない。

コマラパの絵描き

おじいさんのギャラリーを覗くと、自分で書いた残り少ない絵を売っていた。

小さいもので3,000円ほど、大きい絵は1万円以上する。

彼らの宗教儀式や生活様式を描いた素朴な作品がほとんどだ。

我が家の居間にもおじいさんが描いた2枚の絵が飾ってある。(下の2枚の写真)

子供が描いたような稚拙な、でも味わいのある絵で、私はコマラパの絵が大好きだ。

コマラパの絵No.2 コマラパの絵No.1


いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。