2006-09-30 23:05:56

写真撮影ツアー

テーマ:グアテマラ撮影

9月20日より26日まで大手旅行会社主催の「グアテマラ写真撮影紀行」ツアーが実施された。

一行25名様で、プロの写真家の先生の指導の下、各村でインディヘナ(先住民)の人物写真を撮影された。

二科展へ出展するため、皆様、気合が入っておられた。

しかしながら、グアテマラのインディヘナ達は写真を撮られることを嫌がったり、写真撮影の際、チップを要求するので、思う存分、写真が撮れなかった。持参されたフィルムも半分しか使わなかったという報告も受けた。

グアテマラは、他の国と違って、36年間続いた内戦の影響や、インディヘナの性格で、写真が撮りにくいお国柄ではある。

個人的に仲良くなったインディヘナ達は笑顔で写真を取らせてくれるが、いきなり写真を撮ると顔を隠したり、物陰に逃げ込んだりと、追いかけっこ状態となる。

写真を撮影する前に、ジェスチャーで「あなたが素敵だから写真を撮りたい!」という意思表示をしてから、写真を撮ると、いい写真が撮れるかもしれない。

しかし、今回は当地での写真撮影の難しさを痛感したツアーだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-04-11 06:36:38

絶景!世界遺産の宿撮影

テーマ:グアテマラ撮影

宇梶さんと松本眞吾 宇梶さんと撮影隊

3月24日に放映された「絶景!世界遺産の宿スペシャル」のビデオがテレビ制作会社から届いた。早速、宇梶剛士さんが旅人となったグアテマラ編を見た。

番組作りは12月から企画され、1月にデレクターが下見、そして本番の2月の撮影隊を迎え入れるまで、様々な調整や交渉を行ってきた。

スタッフの方々も並々ならぬ苦労をされた。

カリブ海の下見では、白い砂浜を探すこと2時間、帰りは日もとっぷりと暮れ、波が荒く、みんなずぶ濡れになってボートでリビングストンまで辿り着いたこともあった。

ティカル遺跡では日の出が見れるかどうかが最大のポイントだったが、霧の中で、朝日の幻想的なシーンが撮れたことも今回の番組のハイライトとなった。

いろいろな思いの中で、番組を改めて見てみると、グアテマラの名所がポイント的に、きれいな映像でまとまっていて、感慨深くなった。

番組はグアテマラ編が一番視聴率も良く、評判も良かったそうだ。

上の写真は宇梶さんとコーディネートを勤めた松本眞吾。

したの写真はキリグアの撮影を終え、宇梶さんを囲んでスタッフ一同、記念写真を撮ったもの。

中央にぴょん太(犬)を抱いているのが、キリグアの宿のオーナー真幸さん。

今回の撮影ではいろいろと真幸さんへも無理を言って迷惑をかけた。

宇梶さん、真幸さん、そしてスタッフの皆さん、ご苦労様でした!


強行軍の撮影で疲れ気味ながら、一緒に番組作りをしているすがすがしい笑顔が印象的。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-05 00:46:01

宇梶剛士さんと従業員

テーマ:グアテマラ撮影

宇梶さんと従業員 ブログランキング

宇梶剛士さんを囲んで、わがマサラの従業員と一緒に記念撮影。従業員のフリエッタ(中央)と宇梶さんの背の高さ違いにご注目!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。