2006-09-30 23:05:56

写真撮影ツアー

テーマ:グアテマラ撮影

9月20日より26日まで大手旅行会社主催の「グアテマラ写真撮影紀行」ツアーが実施された。

一行25名様で、プロの写真家の先生の指導の下、各村でインディヘナ(先住民)の人物写真を撮影された。

二科展へ出展するため、皆様、気合が入っておられた。

しかしながら、グアテマラのインディヘナ達は写真を撮られることを嫌がったり、写真撮影の際、チップを要求するので、思う存分、写真が撮れなかった。持参されたフィルムも半分しか使わなかったという報告も受けた。

グアテマラは、他の国と違って、36年間続いた内戦の影響や、インディヘナの性格で、写真が撮りにくいお国柄ではある。

個人的に仲良くなったインディヘナ達は笑顔で写真を取らせてくれるが、いきなり写真を撮ると顔を隠したり、物陰に逃げ込んだりと、追いかけっこ状態となる。

写真を撮影する前に、ジェスチャーで「あなたが素敵だから写真を撮りたい!」という意思表示をしてから、写真を撮ると、いい写真が撮れるかもしれない。

しかし、今回は当地での写真撮影の難しさを痛感したツアーだった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-02 03:01:53

道路工事で渋滞

テーマ:グアテマラ

今、グアテマラは道路工事ラッシュだ。

グアテマラ・シティから18キロ程アンティグア方面に行ったところから、アンティグアとグアテマラ・シティの中間地点、サン・ルーカスの間でアスファルトを敷き直す工事をしている。

片側は全面通行止めで、片側の道を交代で通行させているので、通勤時間には大渋滞。

運が悪いと30分はそこで待たされる。

特にアンティグアから空港に向かう人は余裕を持って、シャトルバスや専用車の手配をしておいた方が無難だ。

日本と違って、グアテマラでは人が活動している時間帯に、じゃんじゃか道路工事をしている。

日本では、早朝や夜中といった人の寝ている時間に、主要幹線道路の工事をするものだが、ここは工事現場の人もこの時間帯はしっかり休む。

交通量が多い時間帯でも平気で工事をして、何キロにも亘る車の渋滞が起こってしまう。特にカーブの多い道での渋滞なので、カーブを曲がるといきなり、渋滞で車が止まっているという危ない状況になる。

また道路の真ん中に、折られた枝が置かれているのが時々見受けられるが、これは、「前方に故障した車がありますよ。気をつけて下さい」というサイン。ここの人は三角灯等の非常グッズを持っていないので、こうして、近くの木の枝を折って、サインを送る。そんなことを知らない外国人運転手はいきなり前に故障した車が止まって、驚くケースがあるとか。

それぞれの国にはそれぞれの流儀があるのだなと思う。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-01 06:08:27

グアテマラ国立考古学民族学博物館

テーマ:マヤ文明

マヤ王座の台座

グアテマラ・シティにある国立考古学民族学博物館には。ティカル遺跡を初めとした、たくさんのマヤ遺跡から発掘された石碑や土器、器、台座、各地の民族衣装などが陳列されている。

しかし、各陳列作品に説明書きがないので、一体どこから出てきたもので、何世紀のものか皆目検討もつかない。

また博物館の地下の倉庫には所狭しと、貴重なマヤの発掘品が眠っている。

今まではマヤの逸品が倉庫の床に転がっていたり、管理がなっていなかったのが、日本政府の援助で陳列台や保管・整備に必要な機材を供与したため、煩雑さは解消された。

メキシコの人類学考古学博物館とまではいかなくても、少しは見栄えのする博物館として、ツーリストが訪れたくなるような博物館となってもらいたい。

マヤ文字 倉庫の中に眠る遺産 写真は倉庫の中に眠るマヤの遺品の数々。日本政府の援助で陳列台が設置されて、保管がしやすくなった。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。