2006-03-27 00:39:11

コバンの野生蘭

テーマ:

リカステ・ルシアニ ブログランキング

グアテマラ・シティから車で4時間半のアルタ・ベラパス県の県都コバン周辺にはたくさんの野生の蘭が見れる。

写真はリカステの仲間で、ルシアニと呼ばれる蘭。

自然交配種でできた新生の蘭。

コバンはグアテマラ国内でもっとも雨量が多く、森林も多いことから、蘭の育成に適した環境だ。

蘭好きの方はぜひ、コバンへ行かれてみせんか?

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-03-26 23:26:11

織物ツアー

テーマ:民族

ソロラのインディヘナ ブログランキング

現在、日本のマヤ協会の先生方の織物ツアーを続行中だ。

グアテマラのオーソドックスなコースではなく、キチェ県のイシル族のネバフ、サン・ファン・コツァル、チャフル、そしてウェウェテナンゴ県のマム族のコロテナンゴ、サン・ペドロ・ネクタ、イシュタワカン、ナワラなどを回っている。

この一帯はまだ民族衣装を着ているインディヘナも多い。

マヤ協会の先生方はグアテマラのリピーターで、10年ほど前、東京家政大学でグアテマラ・ウィピル展を開催する際に、「五色のきらめき」というグアテマラ全土の民族衣装の写真集を発行した。

マヤ協会の先生方は年齢が80台、70台の方々がほとんどだが、地方のドサ周りでも、好奇心が旺盛で、お元気で旅を続けていらっしゃる。

年を重ねても、好奇心を失わず、元気で旅を続けたいと思う。

(写真は、ソロラのインディヘナ。写真提供:「地球サポーター」テレビ番組・原ディレクター)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-21 22:20:53

コロニアル様式の建造物

テーマ:アンティグア

ポサダ・ドン・ロドリゴ ブログランキング

アンティグアは1543年、スペイン人がグアテマラに作った最初の本格的な首都である。

その当時の正式名称は「La Ciudad de Santiago de los Caballeros de Guatemala」、グアテマラ聖ヤコブ騎士団の町-。

サンチアゴとはスペインの守護聖人であり、戦いの神様でもある。

アンティグアは大地震に見舞われる1773年まで230年間、中米を統括する総督府をして栄える。

18世紀がアンティグアの最盛期であった。建築部実ではバロックが最高潮に達した時代で、グアテマラ人の建築家ディエゴ・デ・ポーレスがたくさんの代表的な建造物を建て、今でもアンティグアの町に残っている。

上の写真は18世紀のアンティグアの邸宅で、当時のねじれ柱の建築様式を用いていて興味深い。現在はポサダ・デ・ヂン・ロドリゴホテルとなっている。アンティグアの中央公園から1ブロック半なので、大変便利な立地条件にある。

余談となるが、このホテルのオーナー家族が日本食好きで、よく我がレストラン「マサラ」にも食べにきてくれる。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-18 01:23:22

アンティグアの銀行情報

テーマ:アンティグア

日曜日も開いている銀行 ブログランキング

アンティグアの中央公園付近には、1ブロックに何件も銀行がある。

旅行者にとって、とても便利な銀行。でも週末や月末になると、ディズニーランドの人気のあるアトラクションのようにものすごい行列ができる。

グアテマラでは防犯上、お給料を小切手で支払う場合が多い。日銭で生活している労働者にとって、小切手をもらったらすぐに銀行に直行し、現金化しないと、その日の生活費もままならない。

グアテマラではお金持ちは別として、貯金をするという習慣があまり定着していないようだ。

どんなに並んでも、2時間でも3時間でもかけて、小切手を現金化する人々を見ていると、並んでいる無駄な時間を働いている時間に回せば建設的なのに、、、と思ってしまう。

写真の銀行は「バンコ・ケッツァル」。グアテマラの国鳥ケッツァルの名前を付けた銀行だ。

グアテマラでは唯一、日本円が両替できる銀行とされているが、「円からケッツァル(グアテマラの通貨)のレートはいくら?」と銀行員に聞いても、「???」。「上司に確認してきます」。と言ったきり、なかなか戻ってこない。万事がこんな調子のグアテマラ。

でもこの銀行は日曜日も午前中まで開いているので、重宝しているのです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-15 12:50:19

宮川久美ピアノリサイタル

テーマ:グアテマラ

2月にカナダ在住の宮川久美さんによるピアノコンサートがグアテマラ・シティとアンティグアで開催された。今回は中米を代表する作曲家ホルヘ・サルミエントス氏の生誕75周年記念事業として彼の作曲したピアノの作品を久美さんが演奏し、そして全曲をCD録音するという大変な労力をグアテマラと日本の文化交流のためと、久美さんがかってでてくれた。

サルミエントス氏は内戦時代からも反政府的なメッセージ性の強い現代曲を作曲し続け、何年間かは牢獄へぶち込まれたこともある苦労人。グアテマラ国立交響楽団の指揮者もかって務めていて、その厳しい指導振りに団員もついていけなかったという話を聞く。今でも敵が多い。

私も久美さんとサルミエントス氏のCD録音に何日間かお付き合いさせていただいたが、楽譜が手書きで、シャープとフラットなどが明確に書かれておらず(抜けていたり、変なところでついていたり)、その楽譜を読むのも一苦労で、久美さんがピアノで一つ一つ弾きながら確認作業を行っていくという、CD録音に辿り着くまでに大変な労力を裂いた。

写真は2回めのピアノリサイタルが終了し、観客満員で、久美さんのピアノ演奏も叙情的で完璧で、大変満足しているサルミエントス夫妻(右から2人目と3人目)の写真。久美さんも演奏会を終えてほっとしているところ(写真右)。久美さんお疲れ様。そして素敵な演奏会をありがとう。                                                 宮川久美ピアノリサイタル終了 ブログランキング

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-14 13:28:24

グアテマラは多民族国家

テーマ:アンティグア

ガリフナの踊り ブログランキング

グアテマラは他民族国家だ。

マヤ系の先住民族が50%近くを占め、混血が42%、欧州系白人が8%、そしてカリブ海に面したリビングストンに住むガリフナと呼ばれる黒人達まで様々な人種が日本の四国と九州をあわせたほどの小さな国グアテマラに住んでいる。

マヤ系先住民は言語によって更に22の部族に分けられる。

写真はツアーでリビングストンのレストランでガリフナ音楽をアレンジした時のもの。

アフリカからの移民と言われているガリフナ達の奏でる音楽は、グアテマラの伝統楽器マリンバとはまた違った陽気な音色とリズムだ。

行く先々によって違った顔を見せてくれるグアテマラ。

そんなグアテマラの魅力に惹かれてグアテマラに何度も再訪していただくリピーターのお客様も多い。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-06 08:56:58

ジャカランダの季節

テーマ:アンティグア

ジャカランダ ブログランキング

2月から3月にかけて、グアテマラの中央高原地帯は、この紫の花の美しいジャカランダの季節となる。

この季節は乾季の真っ只中で、透き通るような青い空とこの紫の花、ジャカランダが目にまぶしい季節となる。また、マスキリグアテと呼ばれる桜に似た木の花もこの時期に咲き、そしてセマナ・サンタ(聖週間)の季節になり、あちこちで花じゅうたんを作り、ここアンティグアの街は色彩豊かに彩られる。

グアテマラレインボーと呼ばれる織物の色彩感覚も、原点はこうした花々の色から生み出されたものではないかと思われてくる。

ここグアテマラは草花、木、蘭など、植物の宝庫だ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-03-06 04:04:20

サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス村のイルラさん

テーマ:民族

イルラさん ブログランキング

アンティグア近郊にサンアントニオ・アグアス・カリエンテスという先住民の村がある。(バスで20分)

ここの織物はグアテマラ一すばらしく手が込んでいると言われている。

後帯機で織るこの村独特の織物を教えてくれる女性がいる。

イルラさん(写真)、30歳。

習得までは2ケ月以上かかるトいわれるが、体験レッスンで彼女から織物を習ってみてもおもしろい。ただし、スペイン語でのレッスンになります。(ご希望の方は弊社より日本人ガイドを同行させることもできます)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-05 00:46:01

宇梶剛士さんと従業員

テーマ:グアテマラ撮影

宇梶さんと従業員 ブログランキング

宇梶剛士さんを囲んで、わがマサラの従業員と一緒に記念撮影。従業員のフリエッタ(中央)と宇梶さんの背の高さ違いにご注目!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-03-05 00:28:38

TV撮影無事終了

テーマ:グアテマラ

宇梶剛士さんと ブログランキング

2月20日から3月1日までTV東京「世界の絶景の宿スペシャル」のグアテマラ編の撮影が無事終了した。

今回はキリグアの宿を一から作った桑田真幸さんと俳優の宇梶剛士さんのグアテマラ旅紀行がドキュメンタリー式で撮影していった。

宇梶さんは昔2,000人を率いる暴走族のトップで、下積みの時代も長く、とても男らしくて、気さくな、そして人間的にも体格的にもとても大きな方。

最後の夜、わが日本食レストラン「マサラ」で打ち上げを兼ねて、スタッフ一同を飲んでいるところをツーショットで写真をお願いした。

放映日は3月24日(金)全国放送で、夜9時から。

世界遺産のアンティグア、キリグア、ティカル遺跡の他にカリブ海やキリグアの村の人達との交流などもでてきて、映像的にも必見です。お見逃しなく。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。