2005-02-17 11:42:15

グアテマラのオーケストラ

テーマ:グアテマラ
グアテマラはクラッシック音楽ファンも意外に多く、オーケストラの歴史も古いのです。36年間もの内戦が続き、国が疲弊してきた時代はほとんど、グアテマラ国立交響楽団は活動していなかったのですが、1996年12月に政府とゲリラの間で和平調停が結ばれると、その後「国際音楽祭」を主催するなど活発に活動しています。
日本からも小松一彦指揮者が1999年より毎年1、2回グアテマラに来られ、グアテマラのオーケストラの客員第一指揮者を4年間勤めるなど、オーケストラ指導、オーケストラ活性化に大いに貢献されました。
一度オーケストラのメンバーになると、定年までなかなか辞めないご老人が多く、音感が狂っていることもありますが、最近は若い団員も多く入ってきて、活気付いています。
オーケストラのコンサートがよく開催される国立大劇場は収容人数2千人ですが、この会場が満席になることもあり、根強いクラッシックファンが多いことがうなづけます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-02-12 02:58:59

zi-PANG桶太鼓公演 in Antigua

テーマ:フェリア(お祭り)
ご無沙汰していました。ここのところ仕事が忙しくてブログ記事をかけず、ジレンマに陥っていました。
先週の日曜日にここユネスコの世界遺産にも指定されているアンティグアで日本大使館、国際交流基金とパイス財団(スーパーデパートの大手)との共催で桶太鼓zi-PANGの公演が開催されました。週末には外国人ツ-リストやグアテマラ・シティからたくさん人が集まる中央公園の大聖堂(カテドラル)の前で元気な桶太鼓の音が鳴り響きました。
日本の文化の奥深さや太鼓のエネルギッシュさに異国の地で酔いしれていました。日本にいてもなかなか日本文化の良さを見出せないのに、海外にいると身震いをするほどの感動を覚えたりします。
中央公園に桶太鼓公演を聴きに来た聴衆は2,000人以上!パルケ(中央公園)が人人、、、で一杯になりました。最終曲が終わっても、「オトラ、オトラ(もう一回、、、)」とアンコールを求める聴衆の声が続きました。
翌日はレコレクション教会遺跡に舞台を移し、700名もの学生を対象に第二回目公演が開催されました。太鼓旋風を巻き起こしたzi-PANGの皆さんはこれからコロンビア、ベネズエラ、エクアドルと巡回公演に行かれます。
お疲れ様でした!
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。