暖かくなったり、また寒くなったり・・・
インフルエンザも広がっているので注意しましょうね。
ソーシャルメディアサラリーマンのイッシーです。

◆公園に集まる子供たちのように・・・SNSも「楽しい」は集まるのだ

まだ、引きづっているSNS祭りだった「一平ちゃんチョコソース」。
3名の人から一気に広がりTwitterで盛り上がったのだ。


詳しくはこのブログをクリック
【完】一平ちゃんの乱~全国の勇者たちへ贈る物語~


一つは、参加メンバーのひとりひとりの影響力がある。
その積み重ねが多くの人に繋がった。
ちょっとしたねずみ講だ。(笑)

もう一つは
「楽しんでいる」ってこと
そばにいる人が楽しい事をやっていると
はやり関心がいく。
いや、めっちゃ気になる。
で、参加したくなる。

大人になると
余計な事を考えるようになる。
私もやっていいのか?
こんなことをしていいのか?
相手に嫌な顔をされたら・・・
中には嫌な人がいたらどうしよう・・・
など

中には
そういう事を全く考えない人がいる。
そういう人は遊び仲間が多い。
僕の近くにいるが
小4の息子だ。

アイツは誰とでも仲良くなる。
年上でも年下でも
顔見知りしないのか?ってくらいに。

誰に似たのか?(笑)

でも、子どもの多くは
大人ほど余計な事を考えない。
あなたの子どもの頃もたぶんそうだったでしょう。



ソーシャルメディアでも
リアルの場でも
「楽しい」所には人が集まってくる。

その人達が「輝いて」いれば
自然に人が寄ってくる。

匿名がOKのTwitterでも
その人の投稿を見ていれば
なんとなく人柄が見えてくる。
Facebookなんてもっと透明だ。

子どもの頃、
学校から帰るとランドセルを放り投げ
公園へ走って行ってみんなで遊んだように。

SNSという公園はどこにでもあるのだ。
あとは
あなたが誰かにボールを投げるのか?
あなたがある子が回している大縄跳びに入ろうとするのか?
あなたがゴム飛びしようって誰かを誘うのか?
あなたが何かを行動しないといけないのだ。

ただ、木の陰でみんなが遊んでいるのを見ているだけではダメなのである。


いろんな心配事?

心配事の98%は、
取り越し苦労だ。

そんな事を
僕の師匠の藤村正宏先生は言っていた。

そうでしょう、
あなたの心配事ってほとんど当たらない。
僕もそうだしね。

だったら
行動して楽しんだ方がいいよね。
子どもの頃のように。

ブログランキングに参加してます。

是非、がんばれ~って

応援クリックしてね。

           ↓ ↓ ↓


AD