1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-10-23 08:37:25

エボラ

テーマ:ブログ
拡大と、脅威を拡げているエボラ出血熱に、世界中の研究者が
立ち向おうと戦っている。
日本でも、富山化学工業が研究した、ファビピラビルがエボラに
効果がある可能性があるとして、患者への臨床試験が始まった。

医学の研究は、たくさんのリスクが伴う。
何億、何十億をかけて研究しても、その結果か路頭に終わる事も、
少なくない。

1875年にノルウェーのアルマウェル・ハンセンがハンセン病の
病原菌を発見して以来今日まで、マラリア・コレラ・ペスト・赤痢
など、たくさんの伝染病の病原菌を、たくさんの研究者たちが、
日夜、必死にその命をかけ研究し、なかには、自分の体を実験台にし
時には、その病原菌に侵され亡くなった研究者もたくさんいるが、
そうした偉大な研究者によって、人類は多数の危機を乗り越えてきた。
そして、今回も必ず乗り越えられるはずである。

僕たち便利屋は、偉大な研究者のように、たくさんの人を、助ける事は、
出来ないが、一人の人を、助ける事は出来る。
だから今日も、一人でも多くの人を助ける為に、がんばってゆく・・・

エボラよ、人間の知恵と努力をなめるなよ!  




AD
2014-10-22 15:37:24

危険ドラッグ

テーマ:ブログ
今日もまた、危険ドラッグにかかわる、死亡のニュースが流れた・・
今年になって、もう100人近くが、危険ドラッグにより
命をおとしたり、他人の命を奪っている。
使用者は、僕と同じ40代が一番多いらしい・・
その多くは、ストレスを抱えていたから使用したと言うが、
仕事や家庭、子育て、将来、親の介護など、確かに一番、
悩みや、ストレスを抱える年代だが、だからと言って
危険ドラッグをやる言い訳にはならない。

僕は今まで便利屋として、たくさんの人の、どんなお困り事も
お手伝いしてきた。
しかし、唯一お手伝い出来ない困り事がある。
それは、人の心の困り事だ。

人間生きていれば誰だって、いろいろな悩みもストレスも
あるし,皆、頑張って乗り越えようと、必死に努力をして
生きているんだ。
だから
どんなに辛くても、ドラッグに逃げない生き方をしてほしい・・
AD
2014-10-21 18:37:56

恐怖の依頼

テーマ:ブログ
ありがたい事で、今月も、たくさんの依頼で、一日も休みなく
朝早くから、夜遅くまで、毎日バタバタ仕事をこなしている。

便利屋の仕事は、毎日変化もあって、自分にむいているので
楽しく仕事をしているが、今日の依頼は本当に厳しかった!

本来、こういった依頼は、若い社員かアルバイトに行ってもらうのだが
急な依頼で、私しか空いていなく、行くことになった。

その依頼は、4歳の女の子2人、5歳の女の子1人、4歳の男の子2人
合計5人の子供達を、サンリオピューロランドで遊ばせ、面倒を見る事だ。

お母さん達は、近くのアウトレットモールでお買い物、4時間の依頼だ。

お母さん達は、皆シングルマザーで、日々、仕事に、子育てに
疲れている事だし、少しの時間でも、自分の時間を持つことによって
ストレス解消になればと引き受けたのだ。

集合場所に行き、さっそく渡されたものは、各自の、着替えや、タオル、
ハンカチにティツシュ、おむつに、おやつ、が入った大きなバック5つ
水筒が5つ、はたまた、写真を撮って欲しいと、デジカメ4台。
まるで、コメディ映画のように、前と後ろに2つのリュック、両手に
3つのバック、首に5つの水筒をぶら下げて、恐怖の依頼が始まった。

当然の事ながら、決して事故や、怪我をさせてはいけない・・・
結果は、想像どうり・・・
あっちに走るは、こっちに走るは、おしっこだ、うんちだ、
のどが渇いただ、お菓子が食べたいだ、シャツに飲み物をこぼして、
着替えをさせたり、眠いだ、疲れたと、おんぶに、抱っこに、肩車
最後は、5人全員をだき抱え、お母さん達にバトンタッチ・・

もともと、子供は大好きなので、楽しかったけど、
人生で、一番長く感じた4時間だった。
お母さん達・・
Tシャツのプレゼントありがとうございます。
でも、今度は、Lじゃなく、3Lでお願いします。

子供達・・
また、一緒に遊ぼうな・・
でも、今度は、自分で歩いてくれよ・・
AD
2014-10-20 17:37:31

政治家

テーマ:ブログ
小渕経済産業相が、公職選挙法、政治資金規正法に問われ辞任をした。

松島法務大臣も、誰もがうちわに見えるものを、うちわみたいなものと、
子供でも言わない様な、訳の分からない言い訳を言って問題になっている。

山積する、政治課題がある中、本来、国民のために、努力する人たちが、
自分たちの事で、必死になり、政治問題が先に進まないことは、嘆かわしい事だ。

どの党がなろうが、誰が大臣になろうが、消費税をはじめ、医療、教育、福祉の
充実を図るなど、国民のほうに目を向け、努力してくれる政治家はいないのだろうか?
























2014-10-19 09:37:31

カジノ

テーマ:ブログ
カジノ法案が賛否両論を呼んでいる。
カジノは好きだが
日本のカジノについては個人的にはあまり良いとは思わない。

僕も外国のカジノに何度か行ったことがあるが、その建物内の楽しく、華やかなイメージとは裏腹に、一歩外に出ると
その街の治安は悪くなり、犯罪や、ギャンブル依存症の人が増えるなど負の部分が多いからである。

ある調査によるとカジノで使える金額、使おうとした金額を超えてしまった人の割合は91%もいて、それは結局生活の中の他のお金を使ってしまうことになるので、当然いろいろな歪みが出てしまう。

カジノ法案をつくろうとしている人たちは何千億もの経済効果があると言うが、例えば給料が上がる、消費税や税金が下がる、教育・子育ての支援が増える、公共料金が下がる等、私たちの生活が少しでも豊かになることがなければ、何の意味もないのではと思う。




[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>