応援に駆けつけてくれた魂

テーマ:

まだまだみんなが帰ってきてないけど


漏れ聞こえてくる話に、なんかにやけちゃう。


も~~~~~~~~行きたかったよ!大阪!もう!もう!もう!

んふふ。




わたしが遊女だった時の前世の話で進展があったのだ。


昨日突然かかってきた電話では、懇親会中という大騒音の中からの電話だったので、何が何やらって感じだったけど

そんななかでも、話を聞いてぞぞったので、間違いないのは確信した。



私は、遊女前世で、病気になった紗依さんに頼まれて、紗依さんの首を絞めて殺したことがあるんだけど。


花魁(おいらん)前世 (紗依さんのブログから再掲)

涙が止まらず (わたしのブログから)



そのとき、私がおなかに宿していた子供は、ちーさんだったってことがわかったんだ。

男の子だったんだって。


ちーさんは、おなかの中から、私が紗依さんを殺すのを見ていたみたい。


私がとても辛い思いをした分、子どもであるちーさんも相当辛かったんじゃないかと思った。

あの時、一緒にわたしの心を感じて

ずっと、寄り添ってくれていたんだ。

健気で、可愛い、可愛い、私の子ども。

どうしても、おろすことができなかった、私の子ども。



そのあと、私はちーさんを産むことなく、自殺したのだけど。



私はこの時、ちーさんが自らこの役を買って、私の子どもとしてでてきてくれたのではないかと思っている。



ちーさんは、金沢前世でも関係があって、私の乳母だったことがあるんだ。

兼六園ファミリー追加情報

ちーさんは、紗依さんとも魂のつながりが深い人でね。

きっと、「この二人のお手伝いするよっっ」って

つらいの承知で来てくれたんだよね?w



この悲しい物語の、大きなカギともなる子供としてちーさんが関わってくれていたことに、心から感謝します。

ちーさんの魂の、優しさに、つながりの深さに、じんわりあったかくなって

なんか、ありがた泣き。


ちーさんありがとうね。

産むことができなくてごめんね。

あなたがいたことで、わたしはとても深い学びができました。

産めなかった子どもと、こうやって、現世で出会えるなんて、本当なんだね!!!

すごく、すごく、うれしいよ~



AD

コメント(2)