どーもー。


久しぶりすぎてブログの書き方を
忘れてしまったんじゃないかと思うぐらい書いてません。


足流療術師 一彩でございます。


書きたいけど書いてない。
会いたいけど会えない。
みたいな謎の現象が起きてまして。



書こうかなーって思っても重い腰が
上がらない。
ちょっと若年寄りになってました。


さっ、エンジンかけて行きますよー!
よっこらしょ(笑)
では、行きます!



ちょっと前にYouTubeでみたんですが
ゴルゴ松本の命の授業って知ってますか?


めっちゃすごいっすよね。
漢字を使って授業をするんですが
ゴルゴ松本さんの授業もすごいのですが
漢字を考えた先人の人達が本当にすごい。


まぁ見ていただけたらわかるのですが
すごい!!



では一つ例を。


人生にはいろんな「難」がありますよね。

「苦」をつければ「苦難」
「困」をつければ「困難」
「災」をつければ「災難」

色々な「難」がありますね。
人生を苦しめる奴らです。


こんなヤツらは無いほうがいいですよね?
無いほうがいい人生を送れるはず!

「難」が「無」い人生を
「無難」な人生といいます。

無難な人生、、、
どんなイメージですか??
無難な人生送りたいですか?


それは人それぞれなのでご自由に!


では、ヤツらがある人生はどんな感じに
なるのでしょう。

ヤバイ感じ?
辛い感じ?


「難」が「有」る人生。

「有難」な人生。

この漢字なんて読むと思いますか?

ゆうなん?
ありなん?

違いますよね?
皆さんならもうわかってるはず!!


そう「有難う」
ありがとうと読みます。


難が有ってはじめてありがとうが生まれる。


とゆう事は僕たちが今直面している
ヤツらは(苦難、困難、災難)は
感謝を忘れた僕らにありがとうを言わせるために
怒ってるのかもしれないですね。


ヤツらと直面してる時感謝するのは
むずかしいかもしれない。


けどその不安やモヤモヤを感じきったあとは
感謝してありがとうと言える自分になりたいと
思う今日この頃です。


それではこのへんで!
ありがとうございました!!





AD