磯山亮オフィシャルブログ「きっと未来は、なぜから始まる」Powered by Ameba

磯山亮オフィシャルブログ「きっと未来は、なぜから始まる」Powered by Ameba


テーマ:
本日より、小平市議会3月定例会が開催です。
初日の冒頭より、小林正則市長の不信任決議についてが、議題になりました。
{F4BE2131-4AE3-43D6-A028-B49CB33F67D9}


提出者は、橋本議員、伊藤議員、佐野議員、そして政和会の代表の私、磯山です。提出者代表を私がさせていただきました。
結果ですが、
賛成8
(政和会5、緑の党小平の会1、ムサシ1、都民ファースト小平1)
反対13
(フォーラム小平6(民進党5、社民党1)、共産党4、生活者ネット3)
退席6
(公明党6)
で、否決されました。

地方自治法上、定足数は3分の2以上、可決要件は、出席議員数の4分の3以上です。

自ら議会で多選自粛宣言を行い、3期12年を限度に市政運営を行うと明言したのが12年前。
昨年の12月議会が閉会した、同日中に記者会見で、自らの宣言を破る4期目の出馬を表明し、いまは、変化と進歩の会という確認団体の車を回したり、朝駅にたったりと、選挙モードまっしぐら。
2月には予算説明のための全員協議会、3月定例会まえには、幹事長会議、そして不信任決議の審査の段階でも、弁明の機会も求めることもせず、不信任決議の審査終了後も、多選自粛宣言=市民との約束=公約を破ったことについて、議会に一言も説明がありません。
今回の不信任決議の内容は、小林正則市長が、選挙で公約し、議会で宣言し、議会で公約実現を果たしたと発言し、その後も議会での質問に際し、宣言の有効性を認める発言をしながら、突然4期目の出馬を決めておきながら、一言も議会を通じて、市民に説明を行わないことが、議会軽視であるというものです。

詳細については、後日配信されます本会議場初日の議会中継をご覧いただければ、と思います。

明日からは、一般質問、予算審議、各常任委員会、特別委員会と続いていきます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
明日、2月28日から、小平市議会3月定例会が開催されます。
9時から開会されますが、すぐに小林正則市長の不信任決議について、議論されます。
こちらが、決議の内容です。↓
{4D1DD7BF-AFDA-4013-8792-C5A75CEF842C}


と、以前から、議会の質疑でも取り上げてきた多選自粛宣言についてが、メインテーマになっております。

結局、いままで、小林市長は、議会を通じて、宣言を破ったことの説明を一切しませんでした。
そして、これからもしないおつもりのようです。
このような市長の態度は、あまりにも議会制民主主義の根幹を揺るがすものです。

議会では、小林市長を次期選挙で応援することを決めている会派もあり、不信任決議の可決要件である、定足数3分の2、賛成4分の3に達することは、困難が予想されます。
黙って見過ごしても結果は同じだ、と言われることもありますが、私自身言うべきことはしっかりと訴えるべきと判断し、提出者に名前を連ねました。
お時間があれば、明日9時からの市議会の傍聴に足をお運びいただき、主張をお聞きいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。


不信任決議は、地方自治法にこのように規定されています。
第178条
  1. 普通地方公共団体の議会において、当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をしたときは、直ちに議長からその旨を当該普通地方公共団体の長に通知しなければならない。この場合においては、普通地方公共団体の長は、その通知を受けた日から十日以内に議会を解散することができる。
  2. 議会において当該普通地方公共団体の長の不信任の議決をした場合において、前項の期間内に議会を解散しないとき、又はその解散後初めて招集された議会において再び不信任の議決があり、議長から当該普通地方公共団体の長に対しその旨の通知があつたときは、普通地方公共団体の長は、同項の期間が経過した日又は議長から通知があつた日においてその職を失う。
  3. 前二項の規定による不信任の議決については、議員数の三分の二以上の者が出席し、第1項の場合においてはその四分の三以上の者の、前項の場合においてはその過半数の者の同意がなければならない。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース