妊娠できた! かぷりこの不妊治療

35歳から不妊治療はじめました
2014. 1月~ 人工授精5回
2014. 8月~ 体外受精1回
2014.12月  新橋夢クリニックに転院
       採卵2回、内膜掻把術、移植1回
2015. 9月  新橋夢クリニック卒業
2016. 4月  女児出産
現在38歳、育休中です。


テーマ:
本日も娘はあうあう言ってます。
元気です。


昨日あたりから、おっぱい飲むのに集中しないときがあります。
飲みかけて、ぺっと乳首吐き出して、顔面シャワー浴びてたり。
くわえながらしゃべって飲んでなかったり。
こちらをチラ見しつつ笑ってたり。


ちょっと、飲んでー!

と、本気で赤子に迫りました。
保育園行かなきゃいけなかったので、焦りました。

余裕出てきたんでしょうか。


さて、バウンサー。

ベビービョルンの、あれ。

旦那が職場の先輩から
「すごいよ!置いたらすぐ寝るんだよ!」
と言われたらしく、私以上に期待してたようです。


が。


娘にまったく効力なし。


初日、Maxで泣いたときに置いてみたところ、ピタッと泣き止んで。

私「すごー!!」
旦「ほんとだ!!」

喜んだのも束の間。

眉をひそめて様子をうかがっていて。
徐々に不機嫌になり、足をばたつかせ始めたと思ったら、置く前より激しく泣きました。

5分も持たず。


それから、何度チャレンジしても、ご機嫌で乗ってくれません。

「何これ?」な顔から。
「なんか嫌ー!」と体をねじり。
「嫌!嫌!!嫌ーーー!!!」と泣き叫んでます。

たぶん、一番激しく泣く。

足を動かし過ぎるのか、踵が赤くなる始末。

ベビーシッター。
我が娘のシッターならず。

旦那は懲りずにチャレンジしてます。
いつか慣れるんでしょうか。


昨日、夜中の授乳後に今後の予定を考えていたら眠れなくなりました。

離乳食はじまるなー、とか。
こんなんじゃ、あっという間に復帰だわ、とか考えてるうちに。

次の治療と、断乳が気になって、目が冴えた。


復帰した後、仕事と育児と採卵の三つ巴はかなり厳しいと思うと、できれば育休中に数ヵ月通院したい。
断乳したからって、すぐ生理が始めるわけじゃないし。


今月、娘の予防接種と同時に、私が風疹ワクチンを打ってもらいました。

風疹ワクチン3回目。

結局抗体がつかないかもしれないけど、また治療するときに「ワクチン打ちました」と言えるように。


もともと、結婚直後は「3人くらい欲しいね」と旦那と話していました。
こんなに治療することになるとは思わなかった頃の話。

体外受精以外で望めないことが分かっても、2人欲しいと言い合って。
もう一度治療することは、旦那と私両方の希望です。


旦那は45、私は38。

旦那の年齢と、私のAMHでは、できるだけ早く採卵しなければ。


娘が産まれてくれたことは、奇跡。

夢クリの2回の採卵で、10個の卵子のうち成熟卵は5個、うち受精したのは3個。

胚盤胞まで育ってくれたのは、娘だけ。

それでも、2回の採卵と1回の移植で授かれて、かなりラッキーだったと思う。


もう一度奇跡を望むのは、ぜいたくなことだとも思うんですけどね。



去年の7月29日。

娘を移植した日。


この1年は、私の38年間で一番幸せな1年でした。

あの日、画面で娘の融解胚を見て。
私の子宮に置かれたのも見て。

あの卵が、今こんなに大きくなってる。
おっぱいを必死で探したり、私を見て笑ってくれたりする。


治療の間の苦しい思いもたくさんの涙も、娘に会うためだったんだな、と何度も思います。


次は、もっともっと、厳しい戦いになるかもしれない。

頑張っても、授からないかも。

そんな不確定なことに挑むために、大切な娘との授乳を諦めていいのかと、気持ちは揺れます。


せめて1歳まで授乳したって、いいじゃない、と思ったり。

いや、できるだけ早く治療しなくちゃ、と思ったり。


復帰と同時に、時短しつつ通院で遅刻も、なんてちょっと欲張りすぎ?とか。

いや、どう思われても、家族のこと優先させたい、とか。

どうにもならなかったら、仕事辞めても構わない、とか。

家族優先と言いつつ、娘を犠牲にしちゃうことになるんじゃないか、とか。

際限なく、ぐるぐるぐる。



いいから、寝ろ!

って話です。



あーあ。

本当にコウノトリが運んできてくれたらなあ!

もしくは、桃とか竹からでもいい。



あ、竹だと月に帰っちゃうか。

じゃあ、桃希望しときます。
AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。