テーマ:サッカー
2008-05-28 13:13:41

いよいよあと10日!!

首、元気になりました!


ナイターテニスをしたところ、

肩が前より回るようになっていてビックリ!

サーブの精度は1割以下でしたが。。


さて、6/7(土)は中田英寿さん主催の

チャリティーマッチ、TakeAction!2008


ついにあと地球が10回転すると当日でっすーーにひひ


早く回れと地面を蹴りつけているのは私だけではないはず。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:その他2
2008-05-22 12:41:12

その後の首


kubi


月曜の朝から始まった、首の痛み。

木曜の今日もまだ骨がズレるような激痛が続いてる。

 

幸い、呼吸の苦しさは月曜の夜には収まり、

腕も上に上がるようになった。

 

首も痛いけど、少しは稼動する。


さて、首が痛くてもっとも困ったこと。

 

それは、


寝返り!!


人間の体というのは、首に力を入れない限り、

絶対に寝返りを打てない、ことがわかった。


というか、普段布団に入って意識が無くなるまでが

わずか数秒なので、「寝返り」自体、あんまり打ったことなかった。

 

それが、痛みで夜中に何度も目が覚める。

目が覚めて、その都度考える。

 

「どうやって体の向きを変えよう?」

 

試しに右、、グキっドンッ あっ こっちはダメだ。


じゃあひだ、り、、ピキっむかっ こっちもダメ。


両肘付いてみて、膝を曲げて上体少しずり下げて、

体を丸めるようにして、ヨコに転がったり、


反対に首を反るのは比較的できるので、

思い切り反ってから、背筋でよいっしょーっとヨコになったり。

 

寝返りそのものを諦めたいけど、

同じ姿勢だとそれはそれで痛みが増してくる。

それは起きてる時も同じ。

厄介だなぁ。

 

でもお陰で、なんと、右手で背中をかけるようになったーーー!にひひ

今まで左手しか届かなかったのに。


まだ首が痛むということは、

これからも動いて変化があるということ。

楽しみでっすドキドキ




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:その他2
2008-05-19 12:40:35

く、首が痛い、息が苦しい

わたし、死ぬかも、、と思いそうなくらい、

痛い。痛い、


痛い。 首が、クビが、くーーーびーーーが!ショック!


そしてもっと困るのは、呼吸がうまくいかない。


普段、息をすることに全身全霊かける人は

あんまり居ないと思うけど、今日の私は結構そうです。


2,3日前から、

「右に首が回りにくいな」と思ってた。


もっと言えば、この一ヶ月、

右腕がいつも付け根から痺れる感じがあった。


そして今朝、起きた瞬間、

首と両肩の上に重みと痛み。


まるで上からパイプ椅子で誰かが押してるみたい。

または、すごく体重の軽い人がからみついて、

関節技をグイグイ決めてるみたい。


まあ、背骨がこんなだしダウン

これが背中のレントゲン


ヨガという名の自分整体やってるから、

良くなる過程で、首が痛くて回らないなんて、

ままあること。

慌てないし、驚かない。


なので普通にシャワー浴びて、

朝飯食べて、おべんと作って、

自転車乗って、出勤して、

こうしてお昼にはブログの更新してます。


でも喉元過ぎれば、、でこの症状を忘れてしまうのも

勿体無いので、今朝からの状態をリポート。


・出来なかったこと。

瞑想(座ってる姿勢だと空気が吸えない)

頭を洗う、拭く、乾かす(腕があがらない)

Tシャツを着る(首が前に倒れないので前開きに交換)

ご飯を食べる(同上。腰からまげて、机に覆いかぶさらないと

食べ物に届かない。背筋をまっすぐにして、食べ物を口に運ぶと、

その角度では噛んで呑めない。)


・ちょっとは痛いけど意外とできたこと。

鼻うがい。

洗濯(洗面器で手洗い)

料理。

自転車に乗る(横を向けないので音で判断の安全運転)

パソコン使う。


というわけでオシゴトに支障がなくてよかったニコニコ


夜はヨガのレッスンなのだけど、

なぜか昔から先生に会う頃には治まっていて、

「こんなに痛いから、筋トレしなくていいですか?」

という手が使えない。(痛くてもやりなさいって言われるだろうし)


 


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:インドの旅
2008-05-08 12:29:12

手ぶらでインド ~お皿拭き~


sara

アシュラムでは色々なお手伝いをさせてもらう。

 

ボーっと立っていると、どこかから係の人がやってきて、

「あなたヒマなの?あっちでアレやって」

と連れ去られることもあるが、

 

自分から作業場に近づいていって、

「ここいいですか?」

と言って参加する方が多い。

 

初日は勝手がわからず、

そういったシステムも良く知らず、

 

ドキドキしながらお皿を拭いてる集団の元へ行き、

「手伝っていいか」と聞いた。

 

周りの人々の見よう見まねで、

布巾を借りて、上図のような、

木の葉を貼りあわせて作ったお皿を、

サッサカサーと乾拭き。

 

拭くと云うか、自然のものなので、

ホコリを軽く落として終わり。

 

20枚一束にして、ビニール袋に包んで、

1セット終了。


並んで地面に座って屋外での作業で、

50人くらいがやっている。


通路を歩いて人々の合間を縫って、

子ども達が、拭き終わった皿を回収に来る。

別の子が新しい皿をくれる。

 

たぶん5才から10才くらいの子供たちが

国籍も性別もまぜこぜでいる。

拭いた皿を集める子達は

「クリーン?クリーン?」と言いながら歩き回ってる。

 

彼らの働きっぷりが気持ちがいい。

キビキビ、堂々としていて、

大人と対等に話す。

 

「拭き終わったから新しい皿をくれ」

という大人に、

「私は回収係だから、他の子に頼んで」

とキッパリ断ったりする。

 

あんまり日本の子どもにはこういう子はいない、

と思ったけど、良く考えたら大人でも居ない。

文化の違いだけど、なんか見ていて気持ちが良かった。

 

 


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。