1 | 2 次ページ >> ▼ /
テーマ:徒然
2006-09-29 13:17:21

昨日のヨガのあと

060921_7

レッスン後の憩いの場となっている飲み屋さんが

移転&新装オープンしたので、お祝いに行った。

板さんの腕と、ママさんのお人柄で、

お店はいつ行っても盛況。

お酒一杯+定食の私達はすみっこで

ゴニョゴニョ食べてた。

奥のお座敷には30名クラスの宴会。

平日なのに三本締めが聞こえてきた。

と思ったらサラリーマンのオジサマ達が

ドヤドヤ帰り支度。

以前のお店ではお座敷のあがりがまちの下に、

靴がズラリと並んでいたが、

新しいお店では、床下に引き出しがあって、

開けると6,7足ずつ靴が並んで入っていた。

お店の中居さん達が足元に並べてくれる靴を

じっと見つめるサバ目のオジサマ達。

後から後からオジサマは増えてきて、

靴下のまま下に降りてくる人も居た。

そう。

みんな自分の靴がどれだかわからないのだ。

改めて見ると、どれも似たような靴ばかり。

25、6センチで黒で、形の違いもせいぜい

ローファーかバックルついてるかの違いくらい。

頭をかいたり、履いてみて「違うなあ」と言ったり。

オジサマの大群が右往左往する姿が

見ていておかしかった。

「困っちゃったよ。どうしたら区別つくかな?」

と話しかけられたので、

「ニオイ嗅いだらわかるんじゃないすか」と言った。

女物と違って男物は、靴も傘もカバンもコートも、

バリエーションが少ないもんね。

もっとカラフルに変わっていけばいいのに。

 

 


ブタにエサ


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:徒然
2006-09-28 13:22:54

ガーン

060921_6

なくてはならないものの一つに、想像力がある。

限られた情報から頭でイメージを思い描く。

ときには自分の想像と現物の

あまりのギャップにびっくり仰天ということがある。

水族館で初めてマンボウを見た時、

ずっと手の平サイズの魚と思い込んでいたので、

畳のような生き物が縦向きに泳いでくるのを見て、

腰が抜けそうになった。

逆に小さくて驚いたのは、ルーブル美術館のモナリザ。

1m以上はあると思っていたから「ちっちゃ!」と声が出た。

小学校で明日草刈だから「軍手」を持って来いと言われて、

鎌のような物を想像し、母が「下駄箱の上に出してある」

と言うのに、「手袋しかない!」と言って怒ったりした。

でも一番ギャップが激しく、ショックの度合いが強いのは、

やっぱり人だ。

電話で声だけ知ってた人、

手紙やメールで文字だけ知ってた人の、

実際の顔を見て、唖然愕然呆然自失、

心身虚脱お先真っ暗明日からどうすりゃいいか、ということもある。

今日で言うなら、それは村上春樹氏。

ノーベル賞候補のニュースで、初めて見たご尊顔。

ハンサムを想像するほど、ウブではなかったが、

まさかちょい老け目の爆笑問題太田光氏とは夢思わず。

お二人ともお顔自体はいいのだが、

あまりの衝撃に一句。

この顔で 書いていたのか ノルウェイの森

おうちで一人クレープフェア


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:その他1
2006-09-27 13:05:40

電車で席に座るとき

060921_4


女性にはさまれて座れるとラッキー。

彼女達は幅をとらないので、

お互いに悠々と座れるし、

たまにいい香りなんかも漂ってきて、

快適な数十分が過ごせる。

これがオッさんとおニイさんの間だと違う。

彼らの胴体は自分の席からはみ出し気味な上に、

やり場に困るほどの長さでもない足を、

こちらに広げていたりする。

居眠りして寄りかかってくる場合も、

女性ならさほど重くなければ寝かせておくが、

男性なら肩をわしづかみにして真っ直ぐに戻す。

特に酔っ払い。

個人的に恨みはないし、

男性嫌いではないけれど、

どあつかましいんじゃボケ

おみやげのぶどー。

一粒一粒がソフトボールくらいの大きさになればいいのに



AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:ヨガ
2006-09-26 13:15:34

竹林伐採ヨガのアドレナリン効果

060921_3

竹林を伐採した。

直径2センチくらいの細い竹を

のこぎりでギコギコ切る。

切る。

切る。

ひたすら切る。

どんどん視界が開けて、

足元に切った竹が積まれていく。

気持ちがよくて、何も考えなくなり、

頭の中で何かプツプツ出ている気がする。

靴下の汚れは二回洗っても落ちないほど

どろんこになった。でも全然疲れない。

私だけじゃなくて、一緒にいった人は

みんな意気揚々と元気に帰った。

子どもの頃は日常でやっていたドロ遊び。

たぶん大人も本当は好きなんだろうな。

やってる時は大変だけど、終わると清々しくて

心地よいのがヨガを同じ効果。

なので、竹林伐採ヨガ。

食卓をさりげなく彩る、、なると


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:ヨガ
2006-09-22 13:10:04

夏のヨガ

060921_5

夏が終わった。

ヨガをやってると暑さに強くなる、と以前書いたけど、

やっぱりそれなりにつらかった。

終わってよかった。

なんといってもヨガをやってる時が

一番暑かった。

体の芯から搾りきって二時間なので、

玉の汗が体中から滴りおちる。

ホットヨガじゃなくて常温

フェイスタオルがずっしり重くなり、

それでも拭いても拭いても汗が出てくる。

最後は拭くところがなくなり、

下に敷いてるバスタオルに顔をこすったりしてた。

当然くさいが、シャワー等はない。

着替えてそのまま帰るか、次の用事へ。

電車で隣り合わせた皆様、

夏中くさくて本当―――にごめんなさい。

夏が終わってよかった祝日

桃が食べられなくなるのは悲しいしょぼん


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:徒然
2006-09-21 12:45:17

コメダ珈琲で蹴っ飛ばす

060921_2


 


 







コメダ珈琲に行った。




愛知県の人にはマクドナルドよりも


なじみの深いこのコーヒーチェーン店、


いつの間にか関東にもできてた。




ファミリーレストラン並みの広さの店内、


昭和レトロな赤いベルベットの椅子、


コーヒーを頼んだら何故か付いてくる豆、


パンの上にソフトアイスが乗ってる名物シロノアール、、




関東者のハナタレには、


「なんで?なんで豆?なんでアイス?」


と不思議がいっぱい。




でも、なぜかわからないけどいい。


コーヒー一杯飲むのに、カフェだモカだトールだラテだと


ゴタクを並べず「ホット」で済むのがいい。




外人きどりにスコーンだなんだー(もう思いつかない)とか言わなくて、


サラダのメニューに、ハム・卵・ミックスと並んで「野菜」とあるのがいい。




コメダに行ったあと、○タバやタ○―ズを通りかかると、


そこにいる人も含めて「ケッ」と思うのはなぜ?








これがホットに付いてくる豆。


なんとコメダ珈琲のファンサイト
もあった!





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:
2006-09-20 13:08:45

本の探偵

H.C.アンデルセン, 赤木 かん子, 高野 文子
火打ち箱

読売オンラインに「本の探偵」というコーナーがある。

昔読んだ本のうろ覚えの記憶を書いて送ると、

赤木かん子さんという本の探偵さんが、

「それはズバリこの本では」と、探し出してくれるのだ。

見つかった実際の本よりも、

依頼文を読むのがおもしろい。

「にわとりが一人で種を蒔く話」

「どろんこを探すブタの話」

「子ぎつねがこたつぶとんを買う話」

のような動物系から、

「白菊の中に捨てられた女の子の話」

「ロケットで死の星に旅立つ妹の話」

「片手が不自由な少年の恋の話」

という不幸もの、

「ラーメンを少ししか食べない客の話」

「いつもドジばかりの女の子の話」

「殺人にオランウータンを使う話」

といった、???なんじゃそりゃ?なものまで。

子どもの頃のワクワクした気持ちが甦る。

弟が寝る前に母に本を読んでもらっているのを、

二段ベッドの上から乗り出して聞いていた。

童話はゲームより面白いと思うんだけど。安いし。


アンデルセンの火打ち箱。

挿絵が切り絵の実写版で不思議な印象。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:その他2
2006-09-19 13:08:55

暮らしにナルトを取り入れる


naruto

最後にナルトを見たのはいつのことだったか。

全然思い出せない。

だから久しぶりに行ったラーメン屋さんで、

どんぶりのまんまん中に、ぷかーんと浮いてる

ナルトを見た時、感動した。

ぎざぎざの縁取りに、ピンクの渦巻き。

デザインで考えると、これ以上ばかばかしい

食べ物ってない。

ひきこもりの人や、乾ききった夫婦は、

一度ナルトと正面から向かい合ってみて欲しい。

シリアスが似合わない、緊張感が漂わない、

平和の象徴。

生まれて初めて、ナルトを買ってみた。

1本150円。

切ってそのまま食べられる。

まな板の上の、クルクル渦巻き。

見ているうちに気持ちが和んでくる。

うまくいかないこともイロイロあるけれど、

なんとかナルと。

平和主義国家にはこれ!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
テーマ:徒然
2006-09-15 13:03:26

ドイツ・イタリア・日本

ドイツで行われたサッカーのワールドカップで、

イタリアが優勝した。

この2カ国と日本で同盟を組んで、

第二次世界大戦を戦い、敗れた。

現代史には全然詳しくない。

学校では3学期の終わりに、

先生が駆け足でプリント配って終り、という印象。

ペリーが来たら原爆が落ちたくらいの勢いは大げさだけど、

満州事変とか、真珠湾とか、断片的な記憶しかない。

なんでドイツとイタリアと日本だったのか、

ポツダム宣言てどんな内容だったか、

戦後日本が、侵略したアジア各国に

どれだけの賠償をしたのか、

学校で教えないなら自分で調べろということか。

歴史の授業は近い方から教えていって、

最後にネアンデルタールとかをすればいいのに。

画像は検索したら勝手に出てきた本。

ダメっぽさがよいので採用。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:
2006-09-11 14:04:34

進化するコンサート “ゴスナイ”

gosunai


これはヤマハのゴスペル教室が1年に1

生徒さんの発表会として行うコンサート、

“ゴスペルナイト”の略。

今年はパシフィコ横浜で行われた。

素人さん達とはいえ、一度に数百人が

声をそろえて歌う歌は、想像を超える迫力がある。

しかも年々どのチームも上手になっていて、

5年前に初めて聴いた時とはレベルが段違い。

特に今回オープニングを飾った一番目のチームは、

各地に散らばる10チームくらいの混合なのに、

歌声だけでなく、拍手の音から体の揺れまで、

ピタリと息が合っていた。

日本人は音楽に合わせて体を動かすことが

決して得意ではない。私も全然ダメ。

でもこのチームが歌に合わせて、

腕をガツンガツンとあげる度に、

体の芯まで直接響いてくる強烈なパワーがあった。

体の中がザワザワして、いてもたってもいられない。

ちょっと涙も出た。

毎年5時間もかかる長丁場だけに、

スタッフの皆様が少しでも楽しく、早い進行をと、

工夫をこらしてくれているのも伝わってくる。

「もっといいものを」という気持ちがてんこもりのコンサートです。

 

 


画像は去年の写真。吉祥寺&有楽町のクラス。

今年はマイケルジャクソンのHEAL THE WORLDがよかった


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。