2005-11-28 23:38:27

ベロニカは死ぬことにした

テーマ:
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 江口 研一
ベロニカは死ぬことにした

作者は「アルケミスト 」と同じ。

ベロニカは死ぬことにしたが、
自殺は未遂になり、精神病院で気がつく。

物語の大半はそこにいる人々と自身の変化。

人が「狂う」とはどういうこと?

他人を無闇に傷つけること?
社会のルールを守らないこと?
意味不明なことを口走ること?

だとしたら、憲法に背いて他国に派兵するのは、
狂っていることになる。

人間はあまりにも哀しい精密機械だから、
誰も誰にも理解できない。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-11-27 21:41:32

冬は鍋!

テーマ:その他2
AD
コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-26 11:09:36

母のポット

テーマ:その他2
AD
コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-11-26 00:34:27

高円寺 天すけ 再訪

テーマ:徒然

前に行ったのは 1月だった。
あっという間に一年。早い。

前回は画像がなかったので、
今回はお店にお断りして写真を撮らせて頂きました。

「イタリア在住のお友達にみせたいので」
といったら、職人さんが「光栄です」と喜んでくださった。

まずは玉子を崩す前。

tensuke

崩した後。

tensuke2

これとは別にお皿に乗って、7,8種類の天ぷらが出る。
味が深くて、これ以上のものはないな、という気になる。


甘さも辛味もちょうどいい。
ふわふわサクサクじんわりパリッ

1月の記事には1,050円とあるが、
今回は玉子定食1,200円なりだった。

こんなに至福の1,200円の使い道はそうそうない。


行こうと思えば毎日行かれる距離だけど、
たまに行くのが、この幸福感の源かも。

看板はキッチュ

tensuke3

高円寺北口、サンジェルマンの脇の道を入り、

「うりずん」とかを越えて少しいくと、

右側またパン屋さんがある。そこを右に入るとすぐ右にこの看板。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-11-19 21:42:43

夜泣きスイートポテト

テーマ:ヨガ

suitepotato

 

大学時代、酔っ払って食べる
夜泣きラーメンがうまかった。

 

今はカロリーや内臓脂肪のことを考えると、
とてもじゃないけどやる気になれない。

 

この前、夜、泣きながらスイートポテトを作った。

 

画像の通り、30個作ったわけで、
平日の夜だったので作り始めたのが22時。

 

さつまいもの皮を剥いて茹でたものに、
バター、玉子、砂糖、生クリームをどんどんぶちこんで練る。

 

うちはオーブントースターしかないので、
一回に8個焼くのに30分かかった。

 

てことで寝たのは1時半。
私は夜更かしは苦手なので、


途中で眠くて、疲れて、泣きながら、
イモの表面に卵黄をヌリヌリしてた。

 

 

 


今日は沖縄黒酢サワーで酔っ払ったので、
もう寝ます。おやすみなさいめんそーれ。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005-11-18 13:10:26

土壇場で賢く男をえらぶには

テーマ:
マリアン キーズ, Marian Keyes, 部谷 真奈実
土壇場で賢く男をえらぶには―キャサリン・ケーシーの場合
 
↑この題名を見て、
「なに?!読みたい!」と思った乙女のみなさま、
これは小説なので、この方法が本当に
書いてあるわけではないので、あいすみません。
 
にしても、
こんな本を読んでどうするのだ、わたし。
 
図書館で借りるときも、
電車で読むときもカバー無しで
まったく恥ずかしくない。
 
神経野太く産まれてよかった。
 
小説としては普通。
ロンドンの妙齢の男女数人が繰り広げる、
人間模様、恋模様。
 
イギリス特有の斜にかまえた皮肉や言い回しがたくさん。
 
「わたしなんてロシアのルーブルほども価値のない女よ!」
とか。
この本のおかげでここ数日電車に乗るのが楽しみで、
降りる駅では「もう着いちゃった」という状態だった。
夢中になれる本があるしあわせ。 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-01 13:18:10

シンシティ

テーマ:映画

juso4


「好きな映画は?」と聞かれたら、
「ローマの休日」と答える。

でも「レザボアドッグス」も「パルプフィクション」も好き。
昨日レイトショーで「シンシティ」を観た。

21:45開始で136分という長さなのに、
瞳孔ひらきっぱなしであっという間に観終わった。
おもしろかった。

暴力シーン満載で、望月三起也ワールドだけど、
スピード感ときれいな映像で○。

子ども時代にこんな映像ばかり見て育つのは問題だから、
R15指定はうなづける。
というか親が見せなきゃいい話。

映画側に判断を任せるんじゃなくて、
子どもがどういう映画を観たがっているか、
親が興味を持つことが肝心なんじゃないか。
 

 
1955年生まれのブルース・ウィリスが、
60~68才の役を演じてる。

19才の女の子に「オレは年寄りだから」というシーン。
「いやいや全然だいじょうぶだから。」
と女の子といっしょになって私も思った。

 


 

上の画像はうちのやかん。磨く前。

 

重曹でパック中。

juso5

 

 

奥さん!見て!見て!!こんなにピーーッカピカ~~

juso6

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。