1 | 2 次ページ >> ▼ /
テーマ:
2005-06-29 00:23:25

センセイの鞄

著者: 川上 弘美
タイトル: センセイの鞄

遅ればせながら読んだ。

ebitamaさんの 記事に出てきて、気になったので。

読み終わっても、主人公の名前がいつまでも耳に残る。
題名に出てくるセンセイが呼ぶのだけど、

ツキコさん、

ツキコさん、、、

ツキコさん、、、、、

といつまでも離れなくなる。

そしてebitamaさんも書いている通りだった。
お酒のシーンがいい。


ひたひたと、滑らかに過ぎていく時間。

他の本も読んでみたい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
テーマ:その他2
2005-06-27 21:01:11

初公開!私の歯の画像

※お食事中、お食事前の方は見ない方がいいかも

 

念の為、画像は下の方に載せるので、
見る時は腹をくくって見て下さいませ。

 

!!決してきれいな画像ではないです!!

 

特に心配なのは読者登録頂いてるco-cakeさんや
kazehikaruさん 。繊細なイメージなので、キツいかも。

 ご訪問頂いたとしても、今回は無理しないで下さいね!

 

前置きが長くなりましたが、下の写真をご覧になれた方、
前歯の左の奥に、一本余計な歯があるの、見えますか?

 

そうなんですよー。一本多いんです。
というか、八重歯の裏バージョンで、
生える場所がない苦肉の策で、一列引っ込んで生えてるんです。

 

奥ゆかしいというか、涙ぐましいというか、
「いいんです。場所がなければ私ここで。」
と歯が言ってるようで、不憫でなりませんでした。

 

虫歯体質で年中、歯医者さんのお世話になってたのに、
この歯だけは、この磨きにくさにもかかわらず、
一回も虫歯になったこともなかった。

 

ありがとう、一生大事にするからね、
と思ってたのに、おととしの6月、
思い立って抜いてしまいました。

 

これは2003年6月7日の画像です。
抜く前に記念に写しました。

 

噛み合わせが悪いと体全体に影響するので、
歯には悪いけど抜いて良かった。
口も閉じやすくなったし。

 

抜いた後の歯は、女性陣は見たがって、
手の平でコロコロする人も居たけど、
(抜いた後の穴を見たがる女子もいた)
男性陣は悲鳴か、露骨に嫌な顔をするか、でした。

面白いですね。

 

 ha

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:
2005-06-25 12:46:19

今夜、すべてのバーで

著者: 中島 らも
タイトル: 今夜、すべてのバーで
 
故 中島らもさんを初めて知ったのは、
新聞に載っていた「明るい悩み相談室」でだった。
 
新聞の中でそこしか読んでいなかった気がする。
 
明るい悩み相談室は、悩んでいても明るい。
みんな悩んで大きくなった。
 
村上春樹の「ノルウェイの森」に、
「自分をかわいそがるのは、愚劣な奴のすることだ」
というようなセリフがあったと思う。
 
同情するより、悩みとガップリ四つで。
ともすれば暗くなる時も、明るく切り抜けたい。
 
だから東海林さだおのこの本なんて、
題名を思い出すだけで、ちょくちょく笑える。
ばかだなぁ、と思えてうれしい。
  
 
著者: 東海林 さだお
タイトル: 明るいクヨクヨ教
 
 
「今夜、すべてのバーで」は、読んでいてつらかった。
著者が生きていれば、心持は違ったかも。
読む端から、「でもこの人はもう死んでしまったんだ」と思うと、
とても悲しかった。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
テーマ:徒然
2005-06-24 20:12:24

図書館のできごと

school8

 

忘れないうちにアップ。

 

さっき図書館であったこと。

 

感想はいろいろあるけど、
できごとがいいも悪いも自分次第なんだな、
と思った。

 

図書館に行き、検索用PCを使っていた。
(ちなみにお気に入りブログnaoxさんのところで 読んだ、
「オテルモル」を探すため。
ヒットしたけど貸し出し中だったので、リクエストしてきた。

届くのが楽しみ♪)

 

私の横にはコピー機があった。
そこへ図書館にしてはめずらしく地声で話す、
大学生風の男の子二人が来た。

 

図書館の担当者が二人に近づき、
先にコピー機使用の届出書を出して、
というようなことを話していた。

 

その時点で何か不穏な空気が流れてた。
学生の一人がブツブツ、文句っぽいことを言ってたから。

 

その後コピー機が、ボタンを押しても動かないらしく、
学生Aはさっきの担当者に向って、
「ねえ、ちょっと。」と声をかけ、
「なんか動かないから直してくれない?」と言った。

 

言い方も表情も、明らかに担当者を挑発している、
笑いを含んだような感じ。
案の定担当者はムッとしたらしく、
デスクに戻りながら、何か聞こえよがしに言ったらしい。

 

学生AはBに向って怒りを含んだ声で言った。
「おい。今あいつが言ったの聞こえた?
”口の聞き方”がどうのこうのって。
俺らのこと?まじありえなくね?」

※この最後の一行は、今時の若者にありがちな、
尻あがりな感じ。

 

このやり取りを横で聞いていて、
とっても心が寒かった。救いようがない感じ。
大したことではないのに、学生も担当者も、
今ものすごく頭の中は怒りや憎しみが、渦巻いてる。

 

その後、本を借りようとしてカウンターに行ったら、
なんとさっきの学生Aが、別の担当者二人に、
「すごく失礼な対応をされた」と、直訴してるではないか。

 

状況を知らない二人は、謝りつつ「注意しておきます」と
言ってるのが聞こえた。
私が後ろで順番を待っているのはお構いなしに、
学生はしつこく食い下がる。
「俺なんにもしてないのにですよ。ありえねっしょ。」

 

思わず、言葉が口をついて出た。
「”直してくれない”じゃなくて、
”直してくれませんか”って言えばよかったんじゃないですか」

 

3人ともこっちを見た。
しまった。ヨガをやってるのに、何て軽率な私。
小心者なのだから黙っていればいいのに、ついつい。

 

学生Aは突然割って入った私に何のギモンもないようで、
「あっちがいきなりタメグチ聞いてきたんだ」と言い返す。
「あなたもね」と私も更に口答え。

 

その後、彼が何と言ったか忘れた。
結局担当者のお二人が適当にとりなしてくれて、
学生達はコピー代の領収書を受け取って去っていった。

 

その後、借りる本をカウンターに置いたけど、
私は手足も声も震えが出そうなのに気付いて、
慌てて丹田に重さをおろす(ヨガで言われてること)

 

もう一冊検索しようとPCに戻ったら、
コピー機の真ん中に、取り終わったコピーが一枚残ってた。
さっきの学生のだ。

 

取り出して周りを見回したら、まだ帰ってなかったようで、
こっちに向って歩いてくるのが見えたので、
上に振って教えたら、「あ」と言って受け取りにきた。
「どーも」くらいは言ってたかも。

 

その後、PCに座ったら、横に領収書があった。
。。。。彼らのような気がする。。。

 

もう出口の方にいる二人の背中にもう一回、
「すみません!」と声をかけた。

自信がないので、領収書を上に掲げて、
「これ?」と聞いたら、
Aの方が歯をむいて笑いながら、
「すいません、オレっす」と言って取りに来た。

 

緊張で足がまだ硬直してたけど、
こみあげる笑いを、口を手で押さえて我慢しつつ、
「がんばってね」という言葉が出た。

 

口うるさいおばさん化現象。
でも最初の印象で「今時の若者は、、」と思ってた時より、
全然すっきりした。

 

「口は災いのもと」だから、
これからは気をつけないと。

 

 
画像は小学校の体育館シリーズ「ステージ」
私は学芸会で劇をやった記憶がない。
やったのかなあ?

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
テーマ:その他2
2005-06-24 10:58:58

若いって、ノリがいいことだと思う

school10

 

若い人って、年齢と関係なく、ノリがよくてイキがいい。
ヨガをしている方達を見ていると特に思う。

 

60歳を過ぎても、スクワット100回とか、
どんどんやっちゃう。

 

とても上品な奥様だけど、仮装パーティーやりましょう、
という時は、ハイジの格好で来てくれて、
シビれる程チャーミング。

 

ノリがいいって、キャピキャピしてるって意味じゃなくて、
未知のことにも貪欲で、
自分の中の可能性を大切にしていて、
勇気と決断力があること。

 

反対に年は若いのに、言うこと為すことノリが悪くて、
消極的で後ろ向きな人に出会うと、
「心は年寄りだなー」と思う。

 

このブログをしてても時々思う。

 
書いてる人は年齢的に若そうなのに、
「自分はバカだから」とか「大したことは書けない」とか、
内容以前に言い訳ばかり書いてあることがある。

 

どんなことでも自己表現だから、やらないよりはいいと思う。
でも同時に、なんか寂しい気もする。

 
クサいけど、「若さは可能性」なんだから、
ウソでもホラでもじゃんじゃん書いちゃえばいいのに。

 

「生き方上手」の著者のおじいさん(お名前忘れた。。)、
あの人なんて、80歳過ぎてると思うけど、
本を読む限りピッチピチの若人だ。

 

反対に「負け犬の何とか」を書いた30過ぎの女(名前忘れた。。)
あれは年寄り組に入れたい。
ああいうのってほんとにガッカリする。
(私の周りには熱烈に支持する人が多かった。なんでやねん)

 

年齢だけが若い場合の「若さ」だと、
バカだったり無鉄砲だったり人に迷惑だったりするけど、
年齢がいっていて尚且つ若い、というのがやっぱり理想だ。

 

達観しつつ、挑戦し続ける。
かっこいいっすね。

 

 
写真は、大人のバレーボール大会。
社会人に「バレーボールやろう!」と言った時の、
反応の違いも面白い。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
テーマ:ヨガ
2005-06-22 13:16:57

ヨガでアンチエイジング

volley

ヨガには若返りの効果がある。

私の周りでヨガをやっている人々は、
師匠を筆頭に、実年齢より10才、
下手すると20才若く見える方がばりばりいる。

私自身も、若く見られる。

但しもともと童顔で、「大人っぽい」と言われたことは、
30数年間で一度しかない。
(言ってくれた彼女を一生忘れない)

実際ヨガの効果には、

・肌のつや、はりが良くなる。
・疲れがとれる、疲れにくくなる
・血行がよくなる、むくみがとれる
・頭も体も柔らかくなる
・寝つきも目覚めもよくなる
・視力がよくなる
・食欲が増える

などなど、、、まだまだあるけど、
これは全部「若返り」と言えるものばっかりだ。

じゃあ何でヨガをやると、こういう効果が出るのか。

ヨガそのものが深すぎて、ぜんぜん私にはわからない。
あえて一個、私の浅はかな頭で思いつくのは、
ヌカヅケ効果だ。

お漬物のヌカ、のように、ヨガをやって、
日々体の中をかき混ぜることで、人間が腐らない。
鮮度が保たれるんじゃないかなーと思う。

どうなんでしょうか。
論より証拠。
やれば効果を感じるので、どうして何故には別によかとです。


上の画像は何でしょう?
誰もが一度は目にしたと思われるもの。


答え:
小学校の体育館の壁にある木の棒。
何であるのか、使ったことあったか不明。

 

この頃はみーんな若かったよね!!

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
テーマ:徒然
2005-06-21 13:18:46

割り勘て難しい

beer

 

常々、思っていたけれど、
飲んだ席の「割り勘」てよしあしだと思う。

 

私はあまりお酒を飲まない。
お酒は好きだけど弱いので、だいたい1、2杯飲んで、
後はお茶や水を飲む。

 

ところが外で飲むと、
一杯千円近くもする日本酒を、
7杯も8杯も飲んだ人や、

 

ビールを4、5杯飲んだ後、
ウイスキーを何杯も飲んだ人とかで、

 

全員「割り勘」を主張する人がいる。

 

曰く、「飲んでない人も雰囲気や会話を楽しんだでしょ」。

 

これは良く分からない。
お酒を飲んだ人も同じく楽しんでるはずなのに、
何故飲まない人だけが、「雰囲気代」をお金で支払うのか?

 

飲めない人からしてみれば、
たくさん飲む人こそ飲む量を増やさずに、
その分雰囲気や会話で楽しんでくれれば、
格差が広がらずに気持ちよく会計できるのだ。
 

一方で、まったくお酒を飲めない人で、
「いいよ、割り勘で。その分私食べてるから」
と言ったりもする。

 
でも料理一皿が千円したとしても、一人で6、7皿を
独占して食べる人なんていない。
酒と料理を比較しても、あまり意味がない気がする。

 

「一回の食事の満足度が同じなんだから、みんなで均等に払おう」
というのが、彼らの”割り勘”の主旨なんだろうけど、
ウーロン茶しか飲んでなくて、7千円も取られたら、
その会計方法で満足度が台無しになると思う。

 

もちろんそれぞれの収入や立場や、
お店の雰囲気等にもよるので、
一概に「割り勘が悪い」とはいえない。

 

でも、飲めない人が飲んだ人の分を「奢ってあげてる」
状況が多々ある事は間違いない。

 

ところで「割り勘」を今辞書で引いたら、
「割り勘:
費用を各自が均等に分担すること。
また、各自が自分の勘定を払うこと。」

と出てきた。

 

割り勘=均等割り、だけではなく、
自分の飲んだ分を払うのも「割り勘」なのだ。

 

傾斜して払うのが、「均等割り」の意に反してるとは
限らないので、たくさん飲む人は少し考えてみて欲しい。

  

そうは言っても、お酒をたくさん飲む人で、
「飲めない人と行くと、飲む量をセーブするので、気を使う」
というのも聞いたことがある。

 

飲めない人でお金に余裕がない人は(今の私)、
豪快に飲んで当然割り勘と思う人とは、
同席を敬遠する様になる。
 
どっちもどっちだけど、せっかく楽しく飲むのだから、
状況に応じて、うまく乗り切っていけたらと思う。

 


 

画像は、台湾のコンビニで撮ったビール。

一番搾りや黒ラベルもありました。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
テーマ:徒然
2005-06-19 10:51:31

事実を知っていること

orange

 

もう明日で終了なんだけど、
新宿でフォトジャーナリズムの写真展やっています。

 

コニカのDAYS JAPAN
「地球の上に生きる2005」

 

東口出てすぐなので、通りかかる方、
5分でいいから是非行ってみてください。
入場無料です!

 

イラク、パレスチナ、アフガン、
911やアフリカの難民キャンプ等々、
世界各地で起きた、起きていることの写真の数々。

 

私は普段新聞も読まないし、ニュースもネットで見る事が多い。
通りいっぺんの情報しか知らないからこそ、
こういう機会に少しでも見ることが出来てよかった。

 

写真は分かり易い。
もちろん一瞬を閉じ込めた画に、真実の全てが現れるわけじゃないけど、
かの地に生きる人々の、強烈な目の光だけは本物。

 

「こんな悲惨な状況に比べたら、日本に暮らす私達は幸せだ」
という安堵感を得るためではなくて、

 

ただ「事実の一つを知る」、ということがよいことだと思う。

 

 

写真は2月、NYのセントラルパークで行われたイベント。
アーティストが公園丸ごと使って布をはりめぐらせた作品。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
テーマ:
2005-06-18 12:08:15

タイガー&ドラゴン占い

tshirt

 

ヨーロッパ在住の方には申し訳ないが、
ドメスティックな話題です。

 

今やってるテレビドラマ「タイガー&ドラゴン」が面白い。
ストーリーは公式サイトにお任せするとして、
このドラマの何がいいって、いい男がザクザク出てくる。

 

最近の日本のテレビドラマは、人気タレントを適当にちりばめて、
ありがちな話を適当にくっつけてるのが多いから、
ぜーんぜん見る気がしないけど、この番組は違う。

 

次々出てくるいい役者さんが、役のキャラクターとあいまって、
輝いて味が染み出て、この人こんなに素敵だったんだ、
と眼から鱗が落ち、ハートがチカチカ点滅しちゃう。

 

若手のイケメン君達はもちろん、自分がこんなに西田敏行や
笑福亭鶴瓶や阿部サダヲにときめく日が来るとは思わなかった。

 
いきなりですがここで問題。
今パッと思いつく、四字熟語を二個、頭に思い浮かべて下さい。
前にやったことがある人は、思い出して。

 

そう言われてもなかなか出て来ないよねー。
でもがんばって!
国語のテストじゃないので、思い浮かべば何でもいい。
ただし「焼肉定食」とかはダメ。

 

思い浮かぶまで、続きは読まないくださいね。

 

 

 

 

 
もういいかい?

 

 

 
はい、終了~~
一個目はあなたの人生観、二個目は恋愛観、らしい。
どすか?

 

さて私の友達で、二個目の恋愛観を「孤軍奮闘」って言っちゃった人がいた。
あっちゃ~という感じで、私はよっぽど回答を言わないで、
そのまま電話を切ろうかと思った。

 

ここでドラマの話に戻る。
タイガー&ドラゴンには二人、主人公がいる。
長瀬智也演じる、ヤクザで、落語家に弟子入りする虎児と、
岡田准一演じる、挫折した天才落語家の竜二。

 

虎児は孤児として育ち、男前だけど無骨でぶっきらぼう。
竜二は落語家一家の次男で、頼りないけど、優しくて面白い。

 

私は岡田准一の顔が好きなのもあるけど、
ドラマを見ていて惹かれるのも、感情移入するのも、断然竜二だ。

 

ところが先の友達は、圧倒的に長瀬智也の役を支持している。

彼女は長瀬智也のファンではなくて、
純粋にあの役どころの彼を好きなのだ。

 

うーん、やっぱりと思った。
劇中でヒロインの伊東美咲が指摘するとおり、
女には二通りの種類がいると思う。

 

ちょっと危なくて冷たい、虎児のような男に惹かれるA子さんと、
愛情いっぱいで大切にしてくれる竜二のような男を選ぶB子さん。

 

どっちが幸せとか、いい女とかでは別になくて、
どっちでもいいと思うけど、A子さんのような人が、
孤軍奮闘して傷だらけになるのは自明の理の様な気がする。

 

ドラマそのものは人情ものコメディだけど、
そんなことを思いながら見るのも楽しみ。
いよいよ最終回迫る!!

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
テーマ:その他2
2005-06-15 14:02:12

あれから2ヶ月

cake3

4/12の記事 で、甘いものを食べないと
書いてから2ヶ月が経った。

 

今ウエストを測ってみて、殆ど変化なし。
すこーし(1cmくらい)減ったかなという気もする。

 

なんでこんな曖昧なのかというと、
ウエストなんて、測り方や測るタイミングで、
どうとでもなるとわかったから。

 

甘味とウエストはあまり関係ないのかな?
運動してるし。
とりあえず見た感じはそんなに変わらない。

 

食べないと言いつつ、食べてるし。
自分で買って食べるのを禁止してるだけで、
もらい物や、誰かと食べる時は食べる。

 

前回の記事の画像にも載せたけど、
今私の周りではちょっとしたロールケーキブーム。

 

週末は前回写真のカット状のケーキ二種類と、
ホールのロールケーキ一本
(アンリ・シャルパンティエ”のの字ロール”)
を丸ごと一人で完食した。

 

甘いものならいくらでも入るこのお腹。

 

メイプルシフォンケーキを、ホールで一人で食べたり、
自由が丘ロール屋のロールケーキを一本食いしたり、
森永ムーンライトを一箱食べきったり、
したいなあ。

 

紅茶とケーキと本とソファがあれば、もうなんにも要らない。
 

 

 

写真はNYのケーキ屋さん

右から一個ずつ買ってホール食いしたい。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。