コンプリートランの勝利を知らされたとき、ピンとくるものがあった。

16番人気のシンボリルドルフ産駒。

新馬戦で掲示板に載り、その後注目するも全くダメ。

近走も壊滅状態だっただけに驚きの勝利である。


これはもしかするとバブルの有力産駒が集結する今日、いいことがあるのではないかと…。

そして実際その通りになるのである。



直後の紅梅S。

まずはコウエイハート

好スタートから他馬を先に行かせて先団に控え、危なげなく抜け出して快勝!

前走阪神JFシンガリ負けの嫌な流れを一気に断ち切った。


現状は1400までがベストなんだろうか。

何とかあと1ハロン克服して桜花賞までつなげてほしい。



続いては京成杯。

離れた2番手から堂々と抜け出したアーリーロブストは、ゴール前猛追してきたナカヤマフェスタを封じてそのままゴールへ。賞金的にクラシック出場を確定させた。


この勝利は父バブルガムフェローにとって嬉しい芝重賞及び中央重賞初制覇!

しかし案の定、フジテレビ「みんなの競馬」でこの点に触れる者はおらず…。



種牡馬入りした1998年から早10余年。

産駒が芝の重賞を手にするのに思いもかけぬ長旅を強いられた“遅咲き”のバブルガムフェロー。

暮れに予言?した通り、ここにきてようやく飛躍の糸口をつかんだようだ。


一過性のバブルですぐにはじけてしまってはたまらない。

まずはこの2頭、無事にクラシックへ!そして新たな候補生の登場を待つ。

父親(骨折でクラシック断念)の二の舞は御免こうむりたい。




しかし何ということか。

両方とも馬券に組み入れておきながら的中を逃す体たらく…






AD

後続を寄せ付けない鮮やかな逃走でエリカ賞を勝ったアーリーロブスト。

強豪揃いという訳ではなかったものの、2才のこの時期に短距離ではなく2000Mを克服したことに意義がある。クラシック戦線への展望が少し開けただろう。


この馬、バブルガムフェロー産駒ということで注目してレースを見ていた。




淡粧 ~競馬よ今宵も有難う~-バブルガムフェロー




才能溢れる走りで朝日杯を勝ち、

ダンスインザダーク、ロイヤルタッチと同期ながら骨折によりクラシック戦線を離脱するも、3歳にしてサクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーを封じて天皇賞を制覇。

女帝エアグルーヴとの死闘…。


その実績はもちろん、スマートな走り、優等生的な風格からサンデーサイレンスの優良後継馬としての期待は大いに高まった。自身が立つことも叶わなかったクラシックの舞台を賑わす産駒が当然出てくるのだろうと…。


しかしふたを開けてみれば、、、


代表産駒

マイネルボウノット(佐賀記念)

アッパレアッパレ(名古屋グランプリ)



これでは寂しすぎる。

バブルガムフェローのカラーとは余りにもかけ離れている…。

その他もダートに活路を見出すタイプが連なっているのである。



芝での産駒と言えば、

ゼンノジャンゴ(プリンシパルS2着、ダービー5着 残念なことに6戦2勝)

ワイルドスナイパー(函館記念3着)



何とか芝で活躍する孝行息子、娘が一頭でも多く出ることを期待したい。





淡粧 ~競馬よ今宵も有難う~-バブルガムフェロー






今年の2才世代が何かやってくれる、いいきっかけになってくれる予感はある。



まずコウエイハート。

オープンを勝ち、小倉2才Sで2着。

阪神ジュベナイルは惨敗したが、1200Mで再度見直したい。

2才戦とはいえ、バブル産駒が芝のオープン競走に勝ち、芝の重賞で連対したのは初めてではないか?


そして直線一気の末脚で新馬勝ち(芝)したコルサージュ。

こちらの方が奥がありそうだろうか。


何より芝で生きのいい産駒が出ているのが嬉しいところだ。



3歳世代にはプリンシパルSで2着になりダービーにも駒を進めたアグネススターチがいる。

準オープンを突破し、中距離の重賞での活躍を期待したい。

数少ない芝実績のある馬だから、ダートに転向する姿はなるべく見たくない。




そろそろバブルのDNAを受け継ぐ正統派が現れてもいい頃だろう。




AD
弱肉強食…

シアトリカル(女傑ヒシアマゾンの父)の半弟。

530kgを超す雄大な馬体。

ターフと平行なぐらいグッと首を下げた独特のフォーム。

勝ち切れないもどかしさ。

「タイキ&藤沢&岡部」の象徴。

名手をアメリカに導いた馬。

ようやく手の届いた重賞のタイトル。

3度目の正直、最後のチャンスで見せた世界的良血馬の意地。


「タイキ」を語る上で欠くことのできない存在。
想い出深い岡部馬の1頭、タイキブリザードが不完全燃焼のまま種牡馬を引退する。

今ではタイキと言えばまずタイキシャトルだが、その歴史的偉業の成された背景にはタイキブリザードの存在がある。米国遠征での苦すぎる経験が生かされたことは想像に難くない。


しかしツキに見放されたら第2のステージを生き抜くことはできない。メイショウボーラーや最近気まぐれに爆発するウインクリューガーといったGⅠホースを輩出し、前途洋洋な後輩シャトルに対し、ブリザードの成績は散々である。代表産駒と呼べる馬は、当時鳴り物入りで地方からくしくも父と同じ藤沢厩舎に移籍してきたヤマノブリザードのみ。


初年度産駒の同馬は地方所属の身ながら札幌2才Sに勝つも、朝日杯では猛追及ばずアドマイヤドンの2着。皐月賞では岡部騎手が一期一会の手綱をとるも見せ場なし。ダービーでもシンボリクリスエスやマチカネアカツキといった純正藤沢厩舎のエリートを前にしては脇を固めざるを得なかった。その後の勝利は昨年のエイプリルS1勝のみと苦闘を強いられ、2才時の輝きはとうに色あせて、いつの間にか藤沢厩舎からも姿を消していた。


しかし先週のオパールSで僅差の3着に健闘!
朝日杯以来のコンビとなった四位は、鋭利な切れ味を誇っていた頃のヤマノブリザードを知るジョッキー。14才の若さで種牡馬生活に見切りをつけられた父の無念を、何とか重賞の一つでも獲ることではなむけになればと思う。

この世界的な血筋を持ってしても実績が伴わなければ駄目なのか・・・。
最初の数年でパッとしなければ、以後の種付け頭数の保障などない。
世界的な良血とはいえ、ボールドルーラー系というのが今の日本の血統地図に合わないのだろうか?応援していた馬がこうも早くに追い詰められるとは、何とも寂しい。

AD

11日の岩手競馬青藍賞エアウィードが勝ち、父エアダブリンに初の重賞タイトルをもたらした。同レースは中央交流重賞ではなく岩手競馬における重賞という位置づけだが、数年前韓国に飛ばされたエアダブリンにとってはどんなものであれ息子の活躍は励みになるだろう。


このレース。逃げたのが何とトキオパーフェクト

岡部騎手が、それまで逃げ一辺倒だった同馬を鮮やかな脚質転換で新たな可能性を引き出したのは、もう今から5年半前の銀嶺S…。

当時で5才ということは、今は10才!ということになる。

決して晩成タイプだったわけではなく、むしろデビューからクリスタルCまで圧倒的なスピードで4連勝するなど、どちらかといえば早熟タイプ。それが今の今まで走り続けているとは…。成長曲線も、どうひいき目に見ても下降線だろうに…。同期「エルコンドルパサー」がこの異常事態を全て物語る。


エアウィードは先行勢3頭を見るような4番手のイン。最終コーナーで3頭の外に回り、ダブリン譲りのしぶとい末脚でハナだけかわして勝利をつかんだ。


今度は交流重賞で孝行息子の走りを見たい。


⇒ ブログランキング にほんブログ村へGO!

父 子

NHKマイルカップの本馬場入場でバブルエスティームを見たとき、父親そっくりの外見に懐かしくなった。結果は振るわなかったものの・・・。しかしまだこれからの馬。2勝の勝ち鞍はいずれも芝のレース。“ダートだけじゃないんだ!”と、定まりつつある父の評価を覆したいところである。



サンデーサイレンスの2世代目として1995年にデビューしたバブルガムフェローは、朝日杯や天皇賞制覇の他、女傑エアグルーヴとの激闘など、中身の濃い競走生活を送った。98年に種牡馬入り。


3世代目の産駒がデビューした2003年。バブルは年間のリーディングサイアーランキングで大きく飛躍する。前年から10以上も順位を上げての13位。更に2004年には9位と、念願のベストテン入りを果たす。この結果にはひとまず拍手を送らなければならない。



だが素直には喜べない。ベストテンのサイアーにしては地味過ぎるのだ。逆に、1年先に種牡馬入りした同期のダンスインザダーク2001年に13位まで来ると、その後は9位→3位→2位とバブルより高いレベルで上昇し、ついにはサンデーサイレンス亡き後の頂点さえ見えてきた。


2004年の成績で両者を比較すると、ダンスの産駒成績が1381戦116勝に対し、バブルは897戦68勝。馬の数も勝利数も勝率も、全ての面で同期の“先輩”には敵わない。そして決定的な差がこれ。デルタブルースやツルマルボーイでのGⅠ勝利に代表される密度。これがバブルに最も欠けるところでもある。



ベストテンのサイアーにざっと目をやると、質より量で稼ぐツワモノが確実にいる。99年以降連続してベスト10入りを果たすアフリート昨年も7位と堅実だ。しかし過去の代表産駒は桜花賞馬プリモディーネを除けば、プリエミネンス、ビッグウルフ、スターリングローズといった「ダート交流重賞組」が目立つ程度。ビッグネーム不在の手駒にもかかわらず上位をキープできるのは、「量」で太刀打ちしているからに他ならない。今年も現在のところ9位。極めつけは「平均勝距離(芝):0」。この半年間芝のレースとは全くの無縁だったということか・・・。


我がバブルガムフェローが“アフリート化”しやしないか少し心配になってきた。悲しいかな、昨年のベストテンサイアー中、重賞勝ち馬を輩出しなかったのはこの両者だけだ。



そうでなくても近年はサンデー2世で溢れかえる、この種牡馬時世。前述のダンスインザダークの躍進に加え、同タイプのスペシャルウィークの本格参戦。さらには今年デビューのアグネスタキオンも近い将来確実に上位に名を連ねてくるだろう。その先にはディープインパクトという最強ライバルの登場も控えている。


この身内同士の熾烈な生き残り合戦を勝ち抜くためには、サンデーサイレンスに群がっていた魅力ある繁殖牝馬を少しでも多く自分のものにする必要があるだろう。そのためにはまず、アフリートになってはいけない。もっと良いイメージの「バブルガムフェロー」になるべきだ。現在のバブルに不足する“華やかさ”を補う手っ取り早い方法は、何よりも産駒の芝重賞制覇。それも己の歩んだ基幹路線ならば言うことはない。

所変わって海外では今春、バブル産駒のGⅠ制覇が成された。豪GⅠブラッドストックブリーダーズS(芝1600)をロッカバブルが制したのだ。



今週日曜函館のマリーンSには、バブル産駒の筆頭株アッパレアッパレが2年ぶりに登場する。交流GⅡ名古屋GPを制して、GⅠ川崎記念でも1番人気(4着・・・)に支持された実力馬。ネーミングセンスが余りにも??だったので軽視していたが、バブルを応援するためにも注目していこうかと思う。