資金難・・・


なけなしの5000円をPAT口座に入れ、土日で爆発させよう計画。



結果、7000円プラスの12000ほどになった(汗)


公開予想以外にも3連単や3連複がチラホラ当たったものの配当がイマイチ・・


穴っぽい狙い馬がきっちり仕事をしてくれる裏で、人気馬もそれはそれは丁寧な仕事をしてくれるわけで・・・・・・・・・・




悔やまれるのが日曜中山の若潮賞。


リビアーモの名前に惹かれて参戦を決意したのに、悩みぬいた挙句評価を下げてしまった・・・


結果は目の覚める様な大外一気!!!


ここで8000円の損失・・・




まあメインのAJCCで狙いのゴールデンダリア@ヨシトミが伸びかかったままで終わってしまったものの

押さえで万馬券をゲット。これが実に2008年の暮れ以来のこと・・・・・


負けなかっただけよしとしておこう。




AD
マイネルキッツがまさか勝つとは…



◎ドリームジャーニーが圏内に来た喜びなど軽く吹き飛んでしまう…



プリキュア、スルタン、シルク…

二転三転した先行争い。これがレースに及ぼした影響を無視できない。


シルクフェイマスは10歳。引退しろとは言わないまでも、軽々しくGIに出てもらいたくない。

レースを撹乱された気分になってしまう…



賞金で涙をのんだナムラクレセントあたりを出してもらいたかったよ…
AD

ブルーメンブラットの勝利は十分に予想できた。

そして、前走でウオッカをねじ伏せたスーパーホーネットの凡走もまた、考えにくかった。

当初はこの2頭の3連複総流しの予定だった。

しかし…。



◎○にかなり自信のあった今回、予算極少の身ながら3連単でのハイリターンという悪魔の誘惑にのってしまったのだ。。。結果、多くは買えずにヒモ抜け…。




ブルーメンブラット



武豊騎手の落馬負傷は、GⅠシリーズ真っ盛りの中だけに残念。

凱旋門賞の無念を晴らそうとウオッカではなくメイショウサムソンを選んだものの、まさか乗ることすら叶わないとは…。


以前こういうことがあった際、当初の予定を大幅に早めて復帰し重賞を連勝したような記憶がある。

全治○ヶ月かは分からないが、超人的な復帰を待つしかない。


この流れの中、サムソンは石橋に戻った。

個人的にジャパンカップはウオッカ=武、サムソン=石橋の図を期待していたものだが、何とも後味の悪い…。




AD


府中牝馬S的中!



冴えない条件戦を経て、勝負のメインで的中!!

大きい配当ではないが、財布をふくらませて帰途に着くのと、しぼませるのとでは雲泥の差である。



しかし数分の後、秋華賞3連単1000万馬券……

よしんばブラックエンブレムとムードインディゴは買えたとしても、、、だ。

まあこの2頭を2、3着でなく1、2着に持ってくるのがまた大変なんだが…。


3着のプロヴィナージュは関東オークスでユキチャンに8馬身の溝を空けられた馬!!!

芝はこれまで1戦して着外。


3連複なら総流しという手もあるが、3連単だと点数が増えすぎて実現不可能。

この馬券を獲った人たちは一体何点で仕留めたのか?

2、30点程度なら最早神業と言わざるを得ない。



ブラックエンブレムとプロヴィナージュは共に小島茂厩舎。



「ユキチャンに借りを返したい」



GⅠ初制覇の陣営としては借りどころか、ユキチャンから話題をかっさらうお株奪取。



しかし3連複でも180万か…。

狙うならこっちかな。



さて今週の菊花賞は皐月賞馬もダービー馬もNHKマイル馬も不在の凡カード。

またまた大波乱の予感が?!





ウオッカ



馬券の結果は1勝2敗。

しょっぱなの8Rで幸先よく決めるも…。


逃げ馬不在な上にあの好発なら逃げるのは仕方ない。

事実、直線では二の脚で後続を寄せ付けない。さすがの脚を見せた。

これなら大丈夫だろうと安堵するもつかの間、虎視眈々とその時を狙っていた馬がいた。

スーパーホーネットだ…。





この馬にやられるとは…



昨秋に本格化し、今年の京王杯SCでは一皮向けた印象を受けた。

そして安田記念では敬意を払い本命に推した。

しかし鮮やかすぎるウオッカ復活の陰に完全に消えた8着惨敗…。


そして今回、何のためらいもなく「ウオッカ>ホーネット」としてしまう愚行。

競馬とは本当に難しい。




ウオッカと武豊




だが馬券は最終で取り返せるではないか!!

しかし○ソリッドラヴが発走直後に落馬……

レースに参加できずに紙くずと化す。せめて参加だけはさせてくれよ。。。。。


この最終の武豊の鮮やかなこと!

ダートながらスーパーホーネットばりの切れ味を炸裂させ、馬群を割いて差し切り。

結局この日5勝をマーク。でも肝心のウオッカで勝てず。





すごい人…



馬券的にも心情的にも残念。

だがウオッカも負けて強しの内容。

西で惨敗したアドマイヤジュピタに比べたら天と地の差。


天皇賞では逃げることはない。

ぜひ武豊とコンビを継続してもらって、ウオッカとコンビを組む武豊に勝たせたい。


メイショウサムソンが出るようなら石橋でいいだろう。

ディープスカイの参戦が決まり、ダイワスカーレットやアサクサキングスの復帰に加えて上昇気流に乗るドリームジャーニーなど。天皇賞は楽しみな一戦になる。




七夕賞

7人気の◎ミヤビランベリが予想通りプレッシャーのかからない展開で逃げ、そのまま後続を従えて最終コーナーを回ってきた。この脚色なら踏ん張れる。


だが3人気○マイネルキッツは、3角あたりから後藤の手が盛んに動く。不安のまま4角を迎えるも、内にもぐって盛り返してきた。人気のキャプテンベガの伸びは鈍い、カネトシツヨシオーは後方だ。


◎は踏ん張るどころか首位有望!

○も内から2番手争いに顔を出す!


私の馬券スタイルは◎○2頭が揃って3着内に入れば勝ちを意味する。


さあ問題は残りの1頭。

何が来るか、、、ミストラルクルーズ………




ダメな予想





予算は涙の¥1000。

当初は△印を10個打ち、各¥100とした。

これで一旦は予想を完成とした。そして新聞に印を記入。


ところが夏バテ気味の弱った男の元へ、悪魔の囁きがくる。

「人気馬が来たら配当が低いぞ」、と……


衰弱気味の弱腰男に拒む力などなし。

キャプテンベガを▲、カネトシツヨシオーを☆に格上げし、それぞれ¥200としてしまう。。。


当然ながらここで余分に発生した¥200を調整しなければならない。

予算が¥1000なのだから。


△の馬から2頭消さねばならんのだ。

ミストラルクルーズ、ドリーミーオペラを消し!!!!!


ジ・エンド





3連複配当:45470円


1万を惜しむ者5万を得ず…




馬券の神様にどうやらソッポを向かれてしまったらしい…。

ここ数戦、どうも腑に落ちない結果が続く。

年齢的に上積みもなく(かといって現状維持であればGⅠで通用する力がある)ドバイ帰りのダイワメジャーを消して、上昇著しい4歳馬スズカフェニックスを選んだ安田記念についての文句はない。負けを認めよう。だが他のレースは…。

今日のホンコンJCTの結果。

◆勝負馬券:3連単ボックス(◎○▲、◎○☆)

      3連複2頭軸流し(◎▲ → ☆△)


1着:☆ エイシンロンバード(7人気)

2着:▲ セレスクラブ(9人気)

3着:○ スマートストリーム(2人気)

5着:◎ ゼンノトレヴィ(1人気)

エイシンとセレスが行った行ったで決まりそうになったとき、あとは好位の◎ゼンノがきっちりと差して来ればよし!と思ったのに…。なんと失速……。

湘南S(6月2日)

◆勝負馬券:3連複2頭軸流し(◎○ → △)


 1着:△ マイケルバローズ(5人気)

 2着:△ チョウサン(6人気)

 3着:○ ウエスタンクイーン(7人気)

 12着:◎ カタナ(1人気)

やる気あんのか???

欅S(5月26日)

◆勝負馬券:3連複2頭軸流し(◎○ → ▲△)


 1着:△ トウショウギア(2人気)

 2着:○ トロピカルライト(8人気)

 3着:△ オフィサー(4人気)

 12着:◎ ボードスウィーパー(3人気)

キミの切れ味は一体いつ信じればいい??

私の馬券スタンスは、3連複の場合は2頭軸流し。3連単の場合は3頭ボックス。最近ずっとこんな感じである。だから3複の場合は◎○、3単の場合は◎○▲☆。これらの印が「重い印」ということになる。

今日のホンコンJCTでは「重い印」がワンダフォーな上位独占!!にもかかわらず、肝心の◎が5着。しかも1番人気での体たらく。。。。。。。上位は☆が7人気、▲が9人気、○が2人気である。予想家としては人気薄が来る方が鼻高々ではあるが、素直に推した◎1人気が失速とは…。

湘南Sでも似たような結末。「重い印」の一頭7人気の○が見事3着に食い込み、予想家としては誇らしげなところ。しかし◎が何ということかアンビリーバブルな12着とは…。コイツも1人気での大醜態!!!!!!!!!

欅Sもやはり「重い印」の片方(人気のある方=好走する可能性の高い方)が足を引っ張った。狙った8人気○が2着に頑張る一方で、末脚超不発の3人気◎は12着。

狙いは決して悪くない。ヒモ(△)などではなく、散々述べた「重い印」の馬たち、それも特に人気薄の馬たちが馬券圏内に毎回!来ているからである。しかしせっかくイチオシの人気薄が来ても、その遥か後方で1番人気が不甲斐ないレースをしては会心の予想も浮かばれない。

どうやら人気馬に嫌われてしまったようだ…。


よしとみ…




ほんとにもう…

無印にした途端にがんばる…

でもどうせならもう少し最後まで頑張ってくれよ…

これがヨシトミ先生か…


やけに手応えのいいアサヒライジング。

この時点で意識を本命馬券から応援馬券にスイッチする。


前が止まらなそうな感じだ。

そのまま粘りこめヨシトミ!


あ、あ~~。

………



アサヒライジングの単勝は30倍以上ついていた。。。

3着には一目置いていたデアリングハート。

この両馬を軸に3連複の馬券なら十分狙えていたはず…

土曜のシンボリエスケープといい、注目した人気薄が好走するも、肝心の馬券では勝負しきれていない悪い流れだ。


直前の京都メインではスタート直後に○ハリーズコメットが落馬…


それにしてもコイウタ。

直前の混合GⅡ2着はだてではなかった。

軽視していたようだ。


カワカミ、スイープは何が起こっていたにせよ、牝馬限定戦でこの結果はだらしなさすぎ…。

抜けた実力を信じた1ファンにとっては辛過ぎる結果だ…。





1000ピース 朝陽の中駆ける 61-285
¥2,620
Amazon.co.jp


仲間由紀恵 アサヒワンダ 図書カード1000
¥3,000
有限会社 カードショップトレジャー

アサヒ 乾燥ビール酵母
¥945
コーセルネットショップ ヤフー店







毎度のことながらあとほんの少しの運が足りない…。

【JCダート結果】

1着:… アロンダイト 7人気

2着:◎ シーキングザダイヤ 1人気

3着:○ フィールドルージュ 8人気

4着:△ ヴァーミリアン 9人気

5着:▲ サンライズバッカス 3人気

アロンダイトさえいなければ3連単(◎→○→△)423倍ゲットである。以下は全て都合のいい解釈となるが、今回自分の予想はほぼ的中していたものと考えたい。シーキングザダイヤは予想通り堅実な走りを見せ、狙った人気薄のフィールドルージュもしっかりと3着に入った。仮にも“ジャパンカップ”と名のつくGⅠで、1600万条件戦を勝ったばかりの格下馬がたやすく勝利をかっさらうことなど想像に難い。芝のジャパンカップで同じような上り馬がいたとする。しかし勢いそのままにジャパンカップまで上りつめることは果たして可能だろうか?外国馬不在だったとしても可能だろうか?

もちろん未勝利から一気の4連勝中は不気味な存在だったことは確かな事実。私の評価は無印となったが、△をもう一頭増やすことが可能だったらおさえていた可能性は高い。次点の評価だった。だがそれもあくまで△。△は3連単の首位にはなれない。

この勝利が本物ならアロンダイトは少なくともカネヒキリ級ということになる。カネヒキリを除く2番手集団の多くが集ったGⅠをあっさりとものにしてみせたのだから。そうでなくたまたま勝ってしまったとすれば、今後もそれなりの成績しか残せまい。

前者であることを祈るしかない。もしこの勝利がフロックということにでもなれば被害者としてはとてもやりきれない…。

二度あることは三度ある…。

しかしやや後手を踏んではいたものの、舞台が府中に替わった今回、前が詰まって満足に追えなくなる姿など想像できなかった。狭いローカル競馬から日本が誇る府中への参戦である。



デムーロを鞍上に迎えた今年の2戦はまともに競馬をすることなく終わった。陣営のモヤモヤは、武豊に全てを託すことで晴らされるかに見えた。そう、昨春のクラシック戦線でもがいていたディアデラノビアを豪脚一閃蘇らせたように。他ならぬこの私もあのときのような爽快な勝利、または力の出し切るレースを期待した。

枠順が極端な内枠なわけでもない。そして最後の最後だけ競馬をし、6着まで追い上げる。何故この条件で「直線で前が塞がる→満足に追えない→勝負が終わったころに意地の末脚で追い上げる」という同じ過ちを繰り返すのか。



1着:○ オレハマッテルゼ   3人気

2着:▲ インセンティブガイ  5人気

3着:△ テレグノシス     2人気

4着:△ ネイティヴハート   6人気

5着:△ グレイトジャーニー  4人気


6着:◎ シンボリグラン    1人気…



勝ったオレハマッテルゼは強い内容だった。GⅠ連勝に向けて視界良好だが、完全復活したダンスインザムードが強敵となる。ぜひ出走してきてほしい。


だが今回はGⅡ。

今回こそ「ヨシトミ>ユタカ」だったが、これがGⅠになると急に「ユタカ>ヨシトミ」に変わってしまう。安田記念でもこの勢いを持続できるだろうか?


そしてシンボリグランの取捨。

次走は意地を張らずに消してしまうか、それとも追い続けるか。こういう場合のお決まりは“軸選出をストップした途端に抜群のスタートから抜け出して圧勝!!”である。。。




武豊とシンボリクリスエス


ユタカのシンボリで強烈にインプットされているのがシンボリクリスエスの青葉賞。タニノギムレットがいながら、岡部Jのお手馬クリスエスにテン乗りして圧勝…。あれは幻だったのか…。



岡部はボールドブライアン