かしわ記念


ゴール前猛追した内田博幸カネヒキリだったが及ばず、エスポワールシチーに先着を許した。



鞍上佐藤哲三Jのファインプレーが光るレースだった。




道中はカネヒキリを見る位置、中団のポジション。


最終コーナー手前で、左右包まれ気味のカネヒキリをよそ目に一気に大外をまくって進出。


カネヒキリの外の外からフタをし、さらに直線入り口ではカネヒキリの目の前に躍り出て猛スパート!




出し抜かれた内田博幸には、果たして挽回する自信があっただろうか?


地方出身ジョッキーだからこそ「この差は致命的」と瞬時に悟ったのではなかろうか・・・


300メートル程度の直線では、始動エンジンが遅いカネヒキリには難しいかもしれない。






こんな光景を見たことがある。



もう3年半も前のこと。


2005年の武蔵野S。


地方のGⅠを連勝しダートではまだ無敗だった圧倒的1番人気のカネヒキリ(武豊)に、初めて土をつけたのが同期のサンライズバッカスだった。


鞍上は同じく佐藤哲三・・・




このときは意図的か、かなり後方からレースをしたカネヒキリに対し、サンライズバッカスは中団から先に抜け出してセーフティーリードを奪ったのだ。


カネヒキリは次元の違う剛脚で追い上げるも2着まで。




常に陽のあたる場面にいるわけではないが、佐藤哲三という騎手は随所で渋い騎乗を見せてくれる。






カネヒキリは骨折とのこと。


全治は不明だが現役続行らしい・・・



個人的には昨年のジャパンカップダートでの脅威の復活劇に始まるGⅠ3連勝でもう十分ではないかと思う。


屈腱炎を乗り越えるに要した時間はおよそ2年。


これだけのブランクがありながら往年の勢いをも彷彿とさせる3連勝。


恐らく陣営の期待以上の成果は既に出しただろう・・・




難しいのはカネヒキリは芝での実績が皆無であること。


同じくダートで活躍した馬にゴールドアリュールがいるが、ダービー5着の実績があった。

産駒もタケミカヅチがダービー卿CTに勝つなどそこそこ名前は出てくる。




カネヒキリのダート馬としても能力は相当なものだ。


日本で低い評価に甘んじるぐらいなら、本場アメリカで種牡馬としての実力を試してもらいたい気持ちもある。




フジキセキ産駒のカネヒキリはサンデーサイレンスの孫にあたる。


アメリカから譲り受けた血を和風にブレンドしてお返しする。



血の流れとしては面白い。







AD

笑った



まだまだ武豊人気健在だ・・・


大丈夫、前日オッズではしっかりと6番人気におさまったから。



ただアサクサキングスの4.4倍に対してモンテクリスエスは8.8倍。


この間に4頭もいるという大混戦!!!






モンテクリスエスはこれからの馬でしょ。



シンボリクリスエスにケイウーマン。


確かに去年の今頃、正確にはクラシックの前哨戦の頃までは注目してた。


そこから脱落して・・・いつの間にかダイヤモンドS勝って渋いところから檜舞台に顔を出してきた。




再び武豊とのコンビが見れるのは楽しみ。


当時しのぎを削っていたキングスエンブレムはダートに転向して天皇賞の前座(上賀茂S)を務める。こちらも武豊。




キングスエンブレム圧勝という結果なら、それはもしかしたら噂のサインというやつかもしれない。モンテクリスエス激走の・・・






AD
G1の勝ち方―サラブレッド金言108/藤澤 和雄
¥840
Amazon.co.jp

藤沢和雄厩舎のカジノドライヴがアメリカのレースに勝利。

BCクラシックに向けて好スタートを切った。

当然、その矛先には無敗でケンタッキーダービー、プリークネスSの2冠を制した同期ビッグブラウンの姿があったのだが…。


このビッグブラウンが故障のため早々に引退が決まった。

全治2、3ヶ月。

重度の屈腱炎なら別だが、この程度なら来年も十分活躍できるのではないか???


カジノドライヴはベルモントSを取り消したため、ビッグブラウン(同レースを競争中止)と直接対決せぬまま終わりそうだ。



同じ頃、凱旋門賞で唯一頭次元の違う末脚で先輩牡馬たちを一網打尽にしてみせたザルカヴァも引退を発表した。こちらに至っては脚元がピンピンの状態である。7戦無敗での繁殖入り。


やはり欧米は日本に比べて競馬がビジネス寄りなんだなと改めて感じてしまう。


ザルカヴァ陣営よ、最強牝馬を名乗りたいのなら、日本のスピード馬場に挑戦したまへ!

ジャパンカップに来てほしかったな~


ウオッカ、ダイワスカーレットとの女傑対決。そしてメイショウサムソンにもリベンジのチャンス。

興行としては申し分ない。




競走馬私論―プロの仕事とやる気について (祥伝社黄金文庫)/藤沢 和雄
¥650
Amazon.co.jp

リーディング・トレーナー藤沢和雄の調教論/平松 さとし
¥1,680
Amazon.co.jp


AD

「ハ行」で遠征は取りやめ…。

残念だが仕方ない。


少し前に「ヴォスバーグS  BCスプリント」のアメリカ短距離GⅠの連戦が正式決定されたばかり。春にシンガポール遠征予定で、そこに絞って調整されていたクラフトワークの回避と同じく残念だ。


秋はどうするのか?スプリント路線地方のJBCSがあるが…。

1年は待てない。ボーラーの力を世界で試したいなら、来年はフェブラリーSからドバイに向かうべし。ワールドカップだけではない、短距離のGⅠも用意されている。


父タイキシャトルがBC遠征をやめて国内に専念したのと同じく、息子もBCに縁がないのか…。だがボーラーにはまだ来年がある(ことを望む…)。

【日本橋三越でのイベント】

三越本店7Fで9月6~10日の間、岡部、武豊、福永ジョッキーをはじめ競馬関係者が多数やってくる。


●主な日程●

6日 12:30 ~ 13:15(岡部・若槻千夏 司会鈴木淑子)

7日 15:00 ~ 15:45(武・福永 司会杉本清 岡部玲子)

10日 12:30 ~ 13:15(岡部 写真家今井寿恵 司会鈴木)

※正確な情報についてはJRA正式発表でご確認願います。


その他には競馬キャスター(特にテレ東ウイニング競馬関係者)やお馴染み山田雅人など。



個人的な興味はもちろん岡部ジョッキーだが、その初回、6日の若槻千夏とのやりとり。司会は別におり、若槻はあくまで同じゲストとしてジョッキーと合い交える。ジョッキーが彼女の勢いについていけるのか、それとも彼女が猫をかぶるのか…。非常に興味深いが、今のところ参戦予定はない。

強い!!

ダイジェストでしか見ていないが、強かったことは間違いない。


道中流れに乗れなかった桜花賞、他馬に囲まれて行き場を失ったオークスとは打って変わり、好スタートから3番手を進む積極策。3コーナー、福永は馬の力を信じて早くもスパート。単独先頭に踊り出る。そこからはもう独壇場。


「Japanese SUPER STAR シーザ~リオ~~!!」


実況アナウンスがそのままシーザリオの凄さを物語っている。


…今年の桜花賞。
無敗の2頭を比較してあっさりとシーザリオを切り捨てた勇猛果敢な予想家がいた。その彼もまた、「シーザリオは強いな!」と今更ながらに思うのである。


リンク→ シーザリオ消去の瞬間…

本当に残念…。

歩様に乱れが生じた為、シンガポール航空国際C(GⅠ)を回避。これから休養に入り、秋の天皇賞に向けて調整されていくことになる。金杯、AJCCと連勝し、そこから目標をこのレースに絞っていただけに回避は残念でならない。

アドマイヤグルーヴも回避して春の天皇賞に出るということで、結局遠征するのはシーキングザダイヤ1頭という寂しい結末になってしまった。


クラフトワーク
牡5  黒鹿毛  美浦  後藤厩舎  16戦6勝
父:ペンタイア
母:ワーキングガール(父:パドスール)

2004:函館記念
2005:AJCC
         中山金杯


★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!
米国遠征後、いいところが全くなかったパーソナルラッシュがいよいよ調子を上げてきた。

安藤勝巳とのコンビで臨んだこの交流GⅡで、タイムパラドックスを完封してみせた。若き4才馬が7才になったJCダートウイナーに対して真価を見せつけた格好だ。


昨年エルムSで岡部騎乗圧倒的1番人気ウインデュエルがもたついている間に、セーフティーリードをつけてそのまま封じ込めてしまったのがパーソナルラッシュ。以後“ウインデュエルを負かした馬”として一目置いている。

岡部騎手が雪辱する機会はもうなくなってしまったが、秋のJCダートあたりで再戦叶うことを期待したい。


★皆様の熱いワンクリックをお願いします!★
→ 当ブログに清き一票を!!
★クイーンエリザベス2世C(香港GⅠ 芝2000 4/24)
登録馬:シーキングザダイヤトーセンダンディー

★シンガポール国際C(シンガポールGⅠ 芝2000 5/15)
登録馬:上記2頭の他、クラフトワーク


注目は昨夏ファインモーションを完封し、今年は金杯、AJCCを連勝中と目下絶好調のクラフトワークだろう。「選出されなければ金鯱賞」と出走にも意欲的なようだ。

上半期には同馬が目標としたい中距離GⅠが、最後の最後、もうほとんど夏の一歩手前になるまでは無い。春の天皇賞でも安田記念でもない。自身の土壌を求めての海外遠征だ。

少しレース間隔は開くが、昨夏以来のレースとなった先の金杯も完勝済み。今の勢いをぶつけてほしい。


★皆様の熱いワンクリックをお願いします!★
→ 当ブログに清き一票を!!
今年に入りダート3連勝で一気に頂点に上り詰めたメイショウボーラーの海外遠征スケジュールが決まった。


現地のステップレースを経て、
『ブリーダーズカップスプリント』(米GⅠ ダ1200M 10/29)
に挑む。

さらにその後、香港に遠征するプランもあるようだ。


その為、高松宮記念後は休養に入り遠征に備えるとのこと。これにより安田記念でのデュランダル、ハットトリック、ダンスインザムードとの対決はなくなった。

ボーラーの先行力はアメリカダート競馬において強力な武器となる。タイキブリザードや昨年のパーソナルラッシュ等、これまでブリーダーズカップで日本馬は苦戦を強いられてきた。しかしこのメイショウボーラーは、1200Mなら上手く先行できればいい勝負ができるのではないかとの期待を抱かせてくれる。

今は、この楽しみなプランが白紙撤回されないことを祈るのみ…。


★皆様の熱いワンクリックをお願いします!★
→ 競馬blogランキング