天皇賞秋予想

テーマ:

【天皇賞秋】


◎ スイープトウショウ

○ ダイワメジャー


△ スウィフトカレント

△ アサクサデンエン

△ ローエングリン

△ オースミグラスワン

△ カンパニー

△ グレイトジャーニー



メンバーが弱かった(インティライミが1番人気に押し出されるような構成…)とはいえ瞬発力勝負の京都大賞典を見事掃討したスイープトウショウの切れ味は群を抜いていた。しかも1年ぶりの実戦。元来が叩き良化タイプの同馬には目の覚めるような結果だった。今年もスロー~平均ペースが予測される点も、昨年のレースを狂わす程の超のつくスローにならなければヨーイドンも苦にせず問題なし。衰え知らずの女傑が再び牡馬を一掃する。


対抗はダイワメジャー。毎日王冠の差し返しは見応えがあったし、まずハイペースにはならないだろう今回も再び先行して粘りこむ同馬には追い風となる。被せられることを嫌うので外枠を引き、自身の外に先行脚質が不在な点も心強い。



本来ならダンスとアドマイヤは外せないところだが配当妙味なしのため消し…



買い目

3連複2頭軸(◎○ → △)




AD

武蔵野S予想

テーマ:

【武蔵野S】

◎ タイキエニグマ

○ ヒカルウイッシュ

▲ フサイチリシャール

△ サカラート

△ フィールドルージュ

△ シーキングザベスト

△ トーセンブライト

△ チョウカイロイヤル

本命はタイキエニグマ。全く関係ないがこのエニグマといい、私の的中馬券を紙くずと粉砕してくれたヴァンベールといい現タイキダート勢の主力は共に芦毛である……。オープン入り後は追い込み脚質の不安定さが戦績に表れているが、一叩きされたここは狙い目。根岸S2着後は不本意なレースが続くものの常に良い脚は使っている。人気が上がる一歩手前を狙い打ち。

対抗はダートの鬼アフリートの新星ヒカルウイッシュ。メンバー強化も府中マイルとの相性から前走(エルムS5着)以上の結果が望めそうだ。

見る分には楽しいが、馬券考察の場合フサイチリシャールのような馬のダート参戦は厄介である。前走で復調の手応えをつかんだようだし、芝のGⅠホルダーの先行力は脅威。そしてクロフネの子だということを忘れてはなるまい。だがもし抜け出したとしても前出2頭が意地で差してくれると信じる。父親ほどの驚きはないだろう。

休み明けでこのメンバー相手ということで評価を下げたがフィールドルージュはこの次注目してみたい一頭である。

買い目

3連単フォーメーション(◎○ → ◎○▲ → ◎○▲△)

AD

北朝鮮の核実験…

テーマ:

「北」を取り巻く空気が不穏だ。

パニックに陥った将軍様が東京の中枢目掛けてミサイルを発射。

すぐさま米国製迎撃システムが作動し、北の兵器を上空で破壊。

非現実、余りにも非現実…。

インドやパキスタンが核を手にするのとはわけが違う。隣国、それもここ数年の拉致騒動でその闇が否応にも日本国民に浸透した北朝鮮なのだ。もちろん究極の愚行、すなわち核兵器の使用に踏み切ろうものならその代償は計り知れない。仮に迎撃に失敗して東京が壊滅したとしても、米国が全力で北を滅ぼすだろう。だから専ら抑止力のためだけにこの50年間存在してきた核の役割は揺るがない。だが金正日が死期を悟り、代償を度外視してやみくもにボタンを押すという信じがたい選択肢もないわけではないと思えてしまうところに怖さが潜む。

北に対してのわが国の抑止力とは……

それは、アメリカの核…。

自国の危機を自国で守れない国。

平和ボケと言われて反論できない現実がここにある。

しかし、

武力放棄、非核三原則を堅持し続ける日本にとって北の核に対する物理的な抑止力など存在しえない。独力で北の核を破棄する道は「対話と圧力」という誠実な外交努力を置いて他にない。長い時間が必要だ。それも毎度のように“お土産”が必要になる。しかしこれとて成功するとは限らない。

さらに厄介なのは、この核と拉致が密接に絡み合うだろうことだ。拉致問題の全面解決、すなわち生存者全員の引渡し、及び偽りのない安否情報の提供は未だ実現されていない。これはそのまま金正日が重要な手駒をキープしているということである。倫理などは通用しない。使えるものは全て外交カードにしてしまうのだ。敵に主導権を握られたらまたネチネチと小出しに切ってくるに違いない。拉致被害者家族の方々は悠長に構えていられる時間もないというのに…。

平和な国に生まれた。

戦争とは無縁。これがどれだけありがたいことか、冷静に考えても分からない者は相当な愚か者である。平和憲法の存在は言うまでもない。さらに宗教色の希薄な国民性は、その行く末に待ち構える民族間紛争とも無縁であることを意味する。

某韓流スターが最近、自国の徴兵制度に従ったことが簡単にニュースで取り上げられていた。この「徴兵」という言葉一つとっても、戦争を知らない多くの日本人には何か霞がかった遠い彼方の出来事であるかのような錯覚に思えてしまう。SMAPが戦場に派遣されるケースなど想像できないのだ。失神してしまうファンすらいるだろう。

安倍首相の憲法改正論は、「50年前に他国によって作られた時代遅れを正す」という主張を額面どおり受け取るなら素晴らしい発案である。だがたとえどのような変貌を遂げようとも、徴兵されるのは御免だ。爆弾を頭上に落とされるのも御免だ。戦場に行く気など毛頭ない。

アメリカの核で、アメリカ兵の戦闘力によって日本が守られている現実は無視できない。不思議な構図だが、これが戦後50年で培われた日米関係だから仕様がない。だが北朝鮮とアメリカが戦争同然の事態になることだけは避けたい。悲しいかな、日本はやはり「対話と圧力」という地道な努力を継続していくしかないのだ。あとはこの核と共に拉致も含めて国連が意味あるアクションを見せてくれたら大きなエネルギーとなろう。




AD

メイショウサムソンには申し訳ないが、やはり由緒ある三冠の器ではなかったということ。混戦に強いというだけでは今後も勝てるレースが展開に左右され限定されてしまうだろう。個人的には三冠馬がポンポン誕生してほしくなかったので、武豊あっぱれと言っておこう。

それにしても勝ったソングオブウインドとドリームパスポートの上がり33.534.0の脚は他馬を圧倒していた。しかも武豊が演じたレコードペースの中でのものだから恐れ入る。1、2着のクビ差は背負っていた重みの違いだろう。サムソンを終始マークしながらはるか前方のアドマイヤメインをも視野に入れる必要のあった必勝のドリームパスポートに対し、武幸四郎も言っていたようにソングオブウインドには直線勝負に徹する気楽さがあった。

この菊花賞にはエルコンドルパサー産駒が4頭エントリーしていた。現3才世代がついにラストクロップとなってしまったエルコンドルパサー。本当に最後のチャンスで自身の果たせなかったクラシックのタイトルを見事手中に収めた。ソングオブウインド及び残された遺児たちには、親父超えという期待は重荷過ぎるかもしれないが父が駆け抜けたヨーロッパのターフに矛先を向ける者が現れたら嬉しいものである。しかしまずはGⅠ制覇を祝福。

敗れたドリームパスポートは納得するしかない。前哨戦同様サムソンから離れた大外に持ち出して一気にかわそうとする作戦が奏功し、倒すべき相手は倒した。しかしサムソンとて抜けた存在ではなかったのだから、彼を負かしたら勝利を得られるというわけではなかった。今年の牡馬クラシック戦線は、夏に力をつけた馬に付け入る余地がまだ残されていたのだ。

アドマイヤメインのレースは清々しかった。予想以上の大逃げに沸いたが武豊の策である。そう易々と三冠を取らせまいとする意図が見えるレース運び。しかしサムソン潰しには成功したものの、やはりラストで自身のスタミナも限界に達してしまった。

武豊のサンデーサイレンス産駒で軽快な大逃げ…。向正面に入る地点で一瞬サイレンススズカ思い浮かべた。「アドマイヤメインはサイレンススズカじゃないんだぞ!!」。メインの惨敗も覚悟したが4角を回っても5馬身以上のリードを保ったまま、そして手応えもいい。お見事である。敵距離の中距離(もっとも今の時代ステイヤー自体希少だが…)に戻ればラストの粘りも増すだろう。GⅠを盛り上げてくれそうな強い逃げ馬が出てきてくれた。

三冠ならなかったメイショウサムソンだが、2頭以外には差し込まれずに粘りとおしており、やはり世代トップレベルの力に陰りはない。中山の有馬記念などは得意の舞台だろう。

それにしても今回のメインの他に天皇賞で乗るムーン、そして本命のディープインパクト…。手駒の豊富さは武豊の頭をまたしても悩ませる材料となる。しかしそれを気遣いすぎて回避というオチはやめてもらいたい。有馬記念で3頭が集う姿も楽しみなのだから。




【富士S】

◎ スズカフェニックス

○ ヴリル

▲ マイネルスケルツィ

△ カンファーベスト

△ テレグノシス

△ インセンティブガイ

△ エアシェイディ

自信の◎は武豊のスズカフェニックス。最後方から4着に追い込んだ朝日CCの内容からも重賞で通用することは実証済み。33.6の切れ味できっちりと自己条件を突破して臨むここでも好勝負必至と見る。鞍上もDeep Impact SHOCK!を鮮やかな勝利で振り払いたいところだろう。

対抗にはヴリルを抜擢。前走はイマイチだったが叩き2走目の今回は過去のデータが示す通りガラリ一変の期待がもてる。昨秋に府中の1600万条件を58キロで2連勝。正に力でもぎ取ったオープン入りであり、実は今回こそが妙味アリの可能性もなきにしもあらず。

これを抜擢した分だけマイネルスケルツィの評価が下がった。前走で対古馬戦に不安のないところを示しており素質馬だけに怖い存在ではあるが、決め脚の鋭い差し馬にすくわれる危険性も否めない。頭ではなく2着以下候補という評価がちょうどいい。

あと数頭に△を打ちたかった気もするが予算の都合上断念。それが凶と出てヒモ抜けにだけはならないでほしい。。。

買い目

3連単フォーメーション(◎○ → ◎○▲ → ◎○▲△)

山中湖からの富士山

fuji


嵐去り光来たる。

ちょうどこの日の夕刻、頂に初雪が観測された。

このとき既に積もっていたのかもしれない。


雲は執拗に絡みつく。

蛇の如く。



fuji


携帯で撮ると不完全な写真に。


未知なるイクスプロージョンは世界を明と暗にくっきりと分割した。

だがその美しきコントラストもあと僅か。

数秒後には暗が全てを支配しているだろう。

嗚呼…。




【秋華賞】


◎ アサヒライジング


○ アドマイヤキッス

△ カワカミプリンセス

△ キストゥヘブン

△ ソリッドプラチナム

△ サンドリオン



トライアルを使わずにぶっつけ本番が決まったとき、アサヒライジング陣営は勝利をグッと手元に引き寄せたに違いない。阪神JF5着、桜花賞4着、オークス3着、米オークス2着…。GⅠで計ったように着順を上げてきたロイヤルタッチ娘が自身にとっても父親にとっても待望のタイトルへいざ!



買い目

3連単フォーメーション(◎ → ○ →△)



【神無月S】

◎ オフィサー

○ トシザヘネシー


▲ ケイパブルバイオ


△ チアズヒカリ

△ ピサノヘネシー

△ ダイワインディアナ

既にオープンでも末脚が通用することを実証済みのオフィサーにとってはお手ごろなレースだろう。実績組みは不在で、ほとんどが1000万を勝ち上がってきた新興勢力。もちろん新たな新生が潜んでる危険もあるが、彼らの多くが先行脚質という背景からもオフィサーの末脚が不発に終わる結果は考えづらい。

対抗には、うまく先行できたら強いトシザヘネシー。1400の相性も抜群。

3番手には混戦だがケイパブルバイオの末脚に期待する。

買い目

3連単フォーメーション(◎○ → ◎○▲ → ◎○▲△)

ディープインパクト年内限りで引退。

凱旋門賞後最も避けたかった結果がいきなり目の前に飛び込んできた…。

遠征後そう日は経っていないにもかかわらず慌ただしいニュースが飛び交った。

当初は有馬記念一本が有力視されていたが、そのうちジャパンカップが選択肢に入り、ついには“「ダビスタ」のローテーション”とも言うべき天皇賞秋電撃参戦が現実味を帯びるところまできた。もちろん秋の府中にディープがいるといないとでは楽しみも全く違ってくるから文句はないのだが。(武豊はアドマイヤムーンを手放さざるを得ないので毎度のことながら微妙な心境か…)。

さすがに秋3戦の王道ローテは、それこそ「ダビスタ」以上になってしまい実現の可能性は薄いだろう……と思ったが、天皇賞参戦が決まった場合、“世界の”ジャパンカップをパスして有馬記念という選択は考えづらい。さらに天皇賞→ジャパンカップと歩んだ場合も、ファン投票圧倒的首位の支持を無視して有馬を回避する選択も賢明ではない。もし天皇賞に出るならその後2回ディープの勇姿にお目にかかれる可能性はあるかもしれない。

そこでまず一つ言いたい。

凱旋門賞後に有り余るこのエネルギーを何故凱旋門賞前に使わなかったのか???

もちろん帰国後の体調が順調に他ならないからこそのローテーションだということは承知している。しかし何故そのエネルギーの僅かでも“前哨戦を使う”方向に向けられなかったのか。そして実現できなかったのか。いかなる事情があろうとも、一番欲しいのが凱旋門のタイトルなら天皇盾の選択肢などハナから抹消し、前哨戦を実現することに注力すべきであった。

個人的な願望を言えば「前哨戦→凱旋門賞→ジャパンカップ→有馬記念」である。何もエルコンドルパサーのような1年がかりの旅を求めているわけではない。だが帰国後1レースになったとしても前哨戦を実現させたかった。ところが現実は「凱旋門賞→天皇賞→ジャパンカップ→有馬記念」の可能性も否めない。凱旋門賞は秋の国内GⅠロードに向けたステップか?(笑)

そしてもう一つ。

金子真人オーナーよ、引退の理由を明らかにしてくれ。

今はシンボリルドルフの時代ではない。海外との垣根が大幅に取っ払われたオープンな時代である。その新世代に生まれた不世出の名馬ディープインパクト、あの一戦だけで満足なのか?「ディープより強い馬が2頭いた」という永久不変の結果に満足しているのか?

名馬はファンの馬でもあるとはよく言ったものである。ディープインパクトともなればなおさらのこと。もちろん一度は夢を見させていただいた。オーナーとしては夢の続きよりリアルな「50億」を取っても無理はない。それならそれではっきり言うべきだ。オーナーの飾らない言葉が聞きたい。

【アイルランドT】


◎ ブラックバースピン

○ キンシャサノキセキ


▲ ムーンシャイン

△ アドマイヤカリブ

△ ニシノナースコール

△ シンボリウエスト

△ マイネルデュプレ

関東圏を襲った前日の嵐の影響で馬場は回復してもやや重近辺になるだろう。加えて開幕週の馬場は前へ行く組に有利に作用する。

本命は復帰戦の前走で好位から鮮やかに抜け出し古馬を完封したブラックバースピン。他の3歳勢に比べ実績では劣るが夏場を一度使われている点が強味。前走の勝利は順調な成長を裏付ける結果だろう。逆転があっても不思議ではない。

対抗はやはりGⅠ3着のキンシャサノキセキ。休み明けになるが位置取りが極端に後ろ過ぎなければ地力で伸びてくる。三番手は前走不利アリ不完全燃焼ムーンシャイン。並の準オープンなら既に本命候補かもしれないが、今回は3歳勢3騎が強力すぎるため2着までとする。

その他高いスピード能力秘めるアドマイヤカリブ、秋華賞3着ニシノナースコール、海外→地方を経て中央入りした異色の経歴を持つシンボリウエスト、共同通信杯優勝マイネルデュプレなど取捨を悩ませる馬ばかり。レベルの高い準オープンになりそうだ。

買い目

3連単フォーメーション(◎○ → ◎○▲ → ◎○▲△)