【小倉記念】

◎ メイショウカイドウ

○ サンレイジャスパー

▲ コンゴウリキシオー

★ スウィフトカレント

☆ サザンツイスター

△ ヴィータローザ

△ キーボランチ

△ サイレントディール

△ ツルマルヨカニセ

メイショウカイドウとコンゴウリキシオーの再戦。ハンデ差は0.5開いたが、七夕賞での圧勝を見る限り問題はなし。当然逃げる岩田康を武豊は前走同様好位から射程に入れつつ機をうかがうだろう。コンゴウが絶妙のペース配分で進み4角で後続を突き放してでもいない限り、やはりマークする小倉スペシャリストに分がある。


そのメイショウと前後する位置取りから切れる差し脚を伸ばすのは51キロのサンレイジャスパー。決め手勝負になればコンゴウを差せる。その他にも差し脚鋭いスウィフトカレント、サザンツイスター。


七夕賞のリプレイ。メイショウカイドウの3連覇に期待して1着固定で勝負!


☆買い目☆

3連単フォーメーション(◎ → ○▲★☆ → ○▲★☆△)

AD

3才コンドル2騎!

テーマ:

【魚沼特別】

◎ スズノマグマ

○ アロンダイト

▲ エイシンロンバード

☆ チザルピーノ

△ シベリアンホビー

△ メイショウシャフト

△ ハウンドコップ

△ トシザショーマ

逃げ馬不在でペースは上がるまい。

底のしれていない3歳エルコンドルパサー産駒2騎の勢いを買う。浅いキャリアながら共に脚質自在で決め脚兼備。好位のポジションから突き抜けてくるだろう。

当然▲の差し脚にも敬意。

狙い所は☆チザルピーノの先行策。思い切って先手を。

常に狙ってきたハウンドコップは今回は抑えの下のほうに追いやった。決め手勝負になりそうな今回、切れる脚のない同馬は残っても掲示板止まりだろう…。

☆買い目☆

3連単フォーメーション

(◎○ → ◎○▲ → ◎○▲☆△)

(☆ → ◎○ → ◎○▲△)

AD
なるほど




闇の道先ガイド!

☆ ザ・死界者 ☆ TV-8 TV軍団参謀長)


得意ワザ:YOU惑デスロック

プロフィール:地方のローカル局で歌合戦の司会者をしていた変わり種。えり元につけたドデカーイ蝶ネクタイがトレードマークのローカルレスラー!

ストーリー:絶妙な話術だけが武器と思われていた彼は、恐ろしいドクロの面をつけた死神レスラーだったのダ!言葉巧みにおびきよせ、対戦相手の正気を吸いとるワザはスペシャル級だ!甘い言葉に気をつけろ!




巨大なネクタイだ…


これはいささか強引である…

AD

メンバー揃った函館記念

テーマ:

【函館記念】

◎ エリモハリアー

○ エアシェイディ

▲ タガノデンジャラス

△ マヤノライジン

△ ブルートルネード

△ アスクジュビリー

△ マチカネメニモニヨ

△ セフティーエンペラ

△ シェイクマイハート

“豪華メンバー”が揃った。

函館巧者エリモハリアーを首位にとる。今回も好位からのレースになる。

エアシェイディは順調さを欠くが今年オープン特別をしっかりと2勝しているあたりはさすがの貫禄。GⅠロードに向けて賞金を加算したい(2着に入りたい)陣営もそれなりの勝負気配のはず。


放牧明けで割り引いたがタガノデンジャラスの決め手はデンジャラス……。アンカツはこっちに乗れないのか。

☆買い目☆

3連単ボックス(◎○▲)

3連単フォーメーション(◎○ → ◎○ → △)

3連複(◎-アスク-セフティー)

長引く梅雨…

テーマ:

梅雨が長引いている。

連日の雨に加えて気温も停滞。

特に夜など半袖一枚では若干涼しくも感じられる。

先月末あたりは迫り来る夏の到来を確かに感じていた。

電車の時刻表と腕時計の長針を見比べて、その帳尻を合わせるべく少しでも走ろうものなら幸運にも間に合ったとしてもハンカチを持ち合わせていなければ苦痛である。満員電車ならなおさら…。

7月もあと残すは10日。

来週も梅雨空が頑張るらしい。

野外の水遊びこそ夏の醍醐味。それにどう考えてもミスマッチの空模様。

本当の意味での夏休みは8月からだろう。少年少女には気の毒だが…。

晴天の空が懐かしい。

GWの絶好日にお目にかかった富士山は、頂に雪を蓄えて、霞隠れすることもなく出迎えてくれた。夏になると雪は消えてしまう。



fujiyama
fujiyama

地元のうどん屋で名物「ほうとう」を食っていると、サークルかイベントの集団10人程の群れが入ってきた。中には初対面同士もいるらしく、自己紹介などをする女もいる。年は大学生以上といったところか。

どういうわけか「うどん」が人気である。

ついに甲州名物「ほうとう」へは一声もかからない。

更に一番安い「かけうどん?」も根強い人気である。

確かに私が頼んだ「○○肉のほうとう」はうどんの倍はする。だが高いといっても所詮は千円ちょっとに過ぎない。ほんの数百円の投資で地元の産物が食えるのだが…。彼らにとって食は二の次三の次、イベント成功のため必死である。

別の日にいたサラリーマン3人組は皆「ほうとう」を頼んでいた。

ジダンとマテラッツィ

テーマ:

試合中の処分としては「レッドカード」でやむなしの行為だったろう。ワールドカップの決勝、現役最後の試合での退場処分。これだけでもうジダンは十分すぎるほど罰を受けた。

一方の仕掛け人マテラッツィはどうか。PKのキッカーとしても重責を果たし、イタリア優勝の喜びをピッチ上の選手という最高のポジションで存分に堪能している。明暗が大きく分かれた格好だ。

しかしこれは仕方のないこと。

90分+αの超えてはいけない一線がある。プレーとは関係のない部分で意図的に手を出してはならない。もちろん「頭」もだ。あれほど華麗なヘディングがボールではなく人間相手に決まれば、審判はノーゴールどころか赤いカードを取り出すしかないだろう。そして倒れこむ「被害者」は丁重に扱われる。

この一件については、偉大な選手の偉大な最後、それもワールドカップの決勝という背景もあり、FIFAも事実究明に全力をあげる姿勢を示した。

この問題で未解決なのは、「加害者」マテラッツィの視点に他ならない。

何度も繰り返されるその瞬間のVTR、すなわちジダンの頭突きによりマテラッツィが吹っ飛ばされる衝撃映像!に心を奪われる者は氷山の一角で満足しているに過ぎない。

①勃発

加害者:マテラッツィ

被害者:ジダン


  何かしらの差別的発言があったものと仮定すると、被害者は当然ジダンになる。

  加害者への処分:現在のところ無し


②頭突き

加害者:ジダン

被害者:マテラッツィ


  言うまでもなく手を出したジダンに非がある。

  処分:レッドカード

このようにもっともらしく整理などせずとも、本件が“マテラッツィ発”というのは明白である。当たり前だ。ワールドカップの決勝という恐らくサッカーにかかわる者全ての聖域において、何の理由もなく暴力を振るい好んでレッドカードをもらう者などいない。

どちらが悪いのか?

これは両方悪いと言う他ない。試合中の暴力は認められるものではない。そしてレッドカードという最も重い処罰が下された。また、差別的な暴言も決して認められるものではない。しかし試合中は「暴力>暴言」である為、ジダンのレッドカードに対しマテラッツィは軽症(もしくは無傷)で済んだ。しかし暴言がなければ暴力も生まれなかった。決して暴力を正当化しているわけではない。だがマテラッツィ発言さえなければワールドカップはもっと綺麗な幕引きを迎えたに違いないこともまた事実である。大元はマテラッツィである。侵すことのできない「90分+α」の外では「暴言>暴力」という見方も必要になってくるのだ。

もう試合は終わった。

ピッチの枠内にとらわれない事の真相が明らかにされることだろう。

だがどんなに重い処罰が下されようと、ワールドカップ決勝でのレッドカード以上のものなどない。

※上記内容はマテラッツィが人種差別的発言をしたものと仮定した上でのものです。

マリーンS予想

テーマ:

【マリーンC】

◎ フィールドルージュ

○ タガノゲルニカ

▲ カフェオリンポス

△ メテオバースト

△ トーセンブライト

△ アルファフォーレス


4歳馬優勢。

充実著しいフィールドルージュはアンタレスSのような過ちさえなければ確実に勝負になる。一叩きされたタガノゲルニカも連勝中の味を思い出すだろう。

買い目

3連単フォーメーション

◎ - ○ - ▲△

○ - ◎ - ▲△

彦星賞予想

テーマ:

【彦星賞】

◎ エイシンラージヒル

○ ハウンドコップ

▲ フミノブルースカイ

△ タイキスピリッツ

△ メジログリーン

△ ゼッツー

△ ピースオブレグルス

△ メイショウシャフト

休養明けだが9馬身差で圧勝した力&武豊を信頼してエイシンラージヒル。そしてそろそろ順番が回ってきてもいいハウンドコップ。確実に末脚を使うフミノブルースカイ。怖いのは連勝中のタイキだが…。

買い目

3連単ボックス(◎○▲)

3連複2頭軸(◎○)流し