最後のレースになろうとは…

あまりにも突然すぎる出来事。

 

マチカネアカツキが心不全で急死。

 

 

先週の福島テレビオープンで1年振りに復帰したアカツキは、2番人気の支持を受けるも直線で大幅な失速。鉄砲実績のある馬なだけに少しがっかりしたが、これから再び大きな舞台へと駆け上っていく、そのスタートに過ぎないのだと、そう納得させた。大事なのは秋のGⅠ戦線に加われるかどうか。秋の府中で、2002年のプリンシパルS以来3年半振りの再会を今から心待ちにしていた、その矢先の訃報・・・。

 

 

昨年、5才の春を迎えたマチカネアカツキは、ダービー以来の復帰レースを、こちらも1年振りに戻ってきた岡部幸雄を鞍上に、勝利で飾った。しかしその後2戦は善戦止まり、休養に入る。

 

そして今年の3月、岡部はムチを置いた。アカツキの復帰レースで、岡部が前年のように手綱をとることはなかった。

 

 

岡部騎手の復帰に合わせるかのようにターフに戻ってきたマチカネアカツキ。そこまでのシナリオは申し分ない。しかしラストがまずかった。ちょっと行き過ぎてしまった。ジョッキーの後を追うのなら、何も身を投げ打たなくてもよかったのだ。そこまで頑張る必要などどこにもなかった・・・。


マチカネアカツキ at プリンシパルS '02

AD

【宝塚記念】

好位からのレースを期待したトウショウナイト。しかし出脚からしてあまり良くなく、鞍上が押し上げて何とか中団につけるものの、道中の行きっぷりもイマイチで直線では既に余力なし。あれだけ道中でエネルギーを使っては仕方なし。それでも6着に踏ん張ってはいるが・・・。

 

こういう2強対決のときは、はなから2強を無視した馬券を検討するのも1つの手だということを改めて勉強させてもらった。。。

 

 

【阪神9R】

1着:9  リボンアート!(1人気)

2着:8   サンライズアタック(8人気)

3着:6   ワンダーガジ・・・(4人気)

4着:16  セイシュンジダイ(7人気)

5着:14  アグネスプロトン(3人気)

 

15着:3   サダムアオイツキ・・・(13人気)

 

降級のリボンアートはさすがの完勝。ツキは私に微笑まず・・・。3角でお役御免。

 

3連単配当:31770円(74人気)

 

 

【福島10R】

1着:9   ステキステキ(3人気)

2着:3   スノースタイル(5人気)

3着:12 シュペリユール!(1人気)

4着:11  サイモンピュアー(9人気)

5着:4   メタルスター(2人気)

 

9着:13  ジェイケイシャトル・・・(7人気)

 

3連単配当:19660円(57人気)

 

福島の1200。バクシンオー、内枠先行馬の中舘、サンデーの決着。次はこの部分をもっと積極的に狙い、軸馬に選出してみる。悔しい。ステキステキはここ2戦着順を上げてきたところへ51キロの軽量が奏効したのか、近走の鬱憤を晴らすには鮮やかすぎる差し切り。

 

AD

宝塚記念

 

◎ トウショウナイト

 

力どおりに走れば2強が強いのは明白。割って入るとすれば、2強との対戦歴が乏しくてなおかつ今年勢いのある馬。トウショウナイト、ビッグゴールド、サンライズペガサス、スイープトウショウ。しかし残念ながらこの4頭のドリームBOXで勝負できるほど余裕はない。

 

最も期待のもてるのはトウショウナイト。オープン入り後、あっという間に頂点を狙える位置にまで上り詰めてきた。天皇賞も、いつものようなレース(好位~中団待機)が出来ていれば首位争いさえ可能だった内容。鞍上の武士沢もこの馬で2度目のGⅠということで、より落ち着いて乗れるはず。2強で決まった時は潔く諦めるしかない・・・。

 

馬連で総流し。ロブロイとタップには¥1000ずつ。他には¥300ほど。そしてボーンキング-リンカーンの親類馬券も少々購入予定。

 

 

阪神9R 舞子特別】3連単2頭軸

 

●軸●

3  サダムアオイツキ

9  リボンアート

 

○相手○

5 8 10 12 14 15 16 17

 

③が残って高配当期待!!

 

 

福島10R 白河特別

 

●軸●

12 シュペリユール

13 ジェイケイシャトル

 

○相手○

1 3 4 5 6 9 11

AD

マチカネアカツキ at プリンシパルS '02

エプソムCを除外になってしまったマチカネアカツキは、日曜の福島テレビオープンに出走予定。昨年のこのレースでは人気を集めるも4着。結局それ以来1年ぶりの実戦ということになる。サイドワインダー、グラスボンバー、ツルマルヨカニセあたりがライバルだろうが、恐らくまた人気になるのだろう。とにかく順調にレースを重ね、秋の府中で再会できることを祈る。

 

土曜函館のメイン大沼Sにはバブルガムフェロー産駒タイキアルファが登録。オープン入り初戦のブリリアントSではテンジンムサシの激走に遭ったものの、中団から徐々に進出して連対を確保。本来の積極策がとれれば更なる前進が期待できる。この春、デザーモとのコンビもこれで3戦目。大仕事(ロブロイの宝塚記念)の前に軽くウォーミングアップといきたい。ハードクリスタルも出走予定。

 

 

○その他注目馬○

日曜函館。津軽海峡特別のブレイクオブドーン(牡3)。蛯名は阪神ではなくこの函館での騎乗。後方からのレースとなった2月のデビュー戦は惨敗したが、その後ダート戦を2戦続けての圧勝。初の古馬戦だが、楽に突破するようなら楽しみだ。前走、カネヒキリと共に金子真人オーナー馬として圧倒的な支持を集めながら私を裏切ったツムジカゼも登場・・・。

 

遊楽部特別のファインセラ(牝4)。地方競馬で2連勝して勢いをつけてきた前走、久々の芝、休み明けを克服しての楽勝。良血馬(サンデーサイレンス×ビワハイジ。全弟アドマイヤジャパン)が一気に軌道に乗るか?!

【プロキオンS】ハズレ

1着:16  ブルーコンコルド!(1人気)

2着:15  サンライズキング!(6人気)

3着:13 テイエムアクション!(3人気)

4着:2   サイレンスボーイ(4人気)

5着:11  ツルマルファイター(10人気)

 

12着:4   メイショウサライ・・・(5人気)

 

3連単配当:12640円(28人気)

 

 

ステンカラージンが逃げていれば少しは展開が変わったはず。恐らくまともならハナを奪いに行ったはずで、もう少しペースが上がったと思う。しかし前に行くことすら出来ず、中団でもがく同馬。こうなるとサイレンスボーイの楽な逃げ、サンライズ、ブルーら先行有力勢に流れが傾くことは目に見えている。差し、追い込み両馬を軸選出した私にとっては早くも、「おいおい・・・」。

 

やや押しながら先手を奪ったサイレンスボーイ。直後にサンライズキング、ブルーコンコルド。この1、2着馬には絶好の展開。テイエムアクションは中団から、4角では勝ち馬の後ろにまで差を詰めるも直線で置かれてしまう。結局ジワジワとしか伸びず3着確保が精一杯。しかし次走も引き続き注目したい。

 

 

不本意はメイショウサライ。出遅れ気味で最後方からになったが全くいいところがなかった。もっとも4角の時点で、先行勢の手応えと、遠く離れた後方で手応えのまるで感じられない同馬を比較して唖然としたのだが・・・。

 

これもそれも戦犯はステンカラージンだ!!逃げ馬の出遅れは先行馬や差し馬のそれとは訳が違う。レース全体の流れを大きく左右するからだ。これにより汗水流して競馬新聞に記された様々な書き込みは、レースの決着がつく前に早くも単なる落書きへと化してしまうのである。




★ランキングに参加しています★ 
→ よろしかったらワンクリックお願いします♪
     他の競馬ブログさんの記事も見れます!!

父が同じサンデーサイレンスなのに加え、母方の血統が実に近親。

 

ボーンキング(牡7)の血統

父:サンデーサイレンス

母:バレークイーン

 

リンカーン(牡5)の血統

父:サンデーサイレンス

母:グレースアドマイヤ(トニービン×バレークイーン!

 

 

ご覧の通り、リンカーンの母の弟がボーンキングである。ボーンキングから見た場合、親戚の伯母さんの息子、すなわち従兄弟に当たるのがリンカーン。

 

3年振りに蘇ったボーンキングの復活走エプソムCは、ただ走ってくるだけかと思いきや後方から良く追い込んで“まさかの”5着。さすがにGⅠとなるとまだ荷が重過ぎるだろうが、今後に期待を抱かせる内容であったことは間違いない。

 

 

この一族の出世頭は何といってもフサイチコンコルド(カーリアン×バレークイーン)。現在はSS後継種牡馬として活躍中のダンスインザダークを、そして鞍上武豊の悲願を、音速の末脚で瞬く間に葬り去ったダービーは衝撃すぎた。

 

しかし、ボーンキング、リンカーン両者共に共通するのが「大舞台での底力に欠ける」点だ。GⅠでは善戦までで勝ち切れない。ここが偉大なる和製ラムタラと大きく異なるところである。でもまあ、皆が皆ラムタラのように「太く短く」では競馬が盛り上がらないのもまた事実。いくら強くても1年も走らないうちに引退するようではファンは納得できない。彼らのような「細く長く」がいるからこそ競馬は面白いのである。

 

 

今年の宝塚記念が「リンカーン-ボーンキング」で決まる可能性はほとんど皆無だろう。しかしせっかくなのでこの親類馬券で馬連とワイドあたりを買ってみようかと思う。ワイドならあわよくば・・・そんなことになったら3連単は凄いことになっているだろう・・・。

初のスペシャルカード!!       競馬場限定馬手箱!

この前「馬手箱」をひとつだけ買ったら当たった。

競馬場限定というこの商品。1つ150円で、スナック菓子とカード1枚入り。思い立った時に買い、しばらく買い続けてはやめ、そしてまた思い立つと買うのである。大人買いはしない。1つか2つを気ままに買うのみである。

気付けば1995年の「馬勝った」以来のロングセラーシリーズだ。もっともその当時のカードは恐らく捨ててしまったが…。この時はコンビニでも買えた。


全てのカードに設定されているという「Manekiuma Club Special Card」。手にしたのは今回が初めてだ。それもグラスワンダーというのがまた良い。何の感情も入らないGⅢレベルの馬では喜びも半減だから…。

東京競馬場の場合、中にあるコンビニ等で買える。揚々であろうが消沈しようが、現地に行ったときの最後の“締め”にいかが?


リンク → まねき馬倶楽部HPへ!


★ランキングに参加しています★ 
→ よろしかったらワンクリックお願いします♪
     他の競馬ブログさんの記事も見れます!!
     
255倍!

【函館11R TVH杯】的中!!(現地予想)

1着:13  ナチュラルリーダー!(6人気)

2着:5  マキシマムスピード!(3人気)

3着:12 カリプソパンチ!(1人気)

4着:2   ケイエスアイ(15人気)

5着:1   メイプルロード(5人気)

 

3連単配当:25560円!82人気)

 

近走ダートながら500万、1000万と好勝負で力をつけてきたナチュラルリーダーは、過去に芝で連対経験があり、適性がないわけではなかった。

 

大体いつも前日に関東の9~11R中2レースをピックアップして予想(他場で楽しみな重賞等がある場合はそれも予想)し、現地での空き時間にどこか1レースを予想するスタイルになっている。そしてこの一月、3度の3連単的中はいずれも現地予想。もちろん現地予想も適当にやるんじゃなくじっくりとやっているが、自宅で深読みし過ぎるのもよくないのだろうか?それともやはり勝負師には現場のピリピリとした緊迫感が似合うのか?!

 

 

【福島9R】ハズレ・・・

1着:1  レオフォーレンス!(1人気)

2着:8  ツクバコンサート!(3人気)

3着:2  スイートアマリリス!(7人気)

4着:5  コスモディアレスト(8人気)

5着:7  シルクアンフィニ(14人気)

 

7着:11 イシノアパトゥーラ・・・(10人気)

13着:12 ヴェイパートレイル・・・(5人気)

 

3連単配当:25190円・・・(40人気)

 

1枠中館の逃げ切り。軸候補4頭から絞って相手に回した2頭が2、3着・・・。しかも割とすんなり収まってしまったようだ。

 

 

【福島11R】ハズレ・・・

1着:2  マルブツスピーディー!(1人気)

2着:1  スパイン!(5人気)

3着:14 マイネルアルビオン!(2人気)

4着:13 ウェディングバレー(8人気)

5着:7  ステキステキ(12人気)

 

7着:5  ローランジェネルー・・・(4人気)

 

3連単配当:23220円・・・(50人気)

 

またも1枠中館の逃げ粘り。やはり福島では要注意人物、内枠の先行馬なら押さえたほうが賢明かも。ローランジェネルーは追走が苦しく、直線でも手応えなし。

【阪神日曜11R プロキオンS】3連単2頭軸マルチ

 

●軸●

4  メイショウサライ

13 テイエムアクション

 

○相手○

1 2 3 5 8 9 10 11 15 16

 

直線突き放したタイキバカラの勝ちレースを強烈な追い込みで撃破したテイエムアクション。決め手は重賞でも当然通用するし、さらに上を狙える。メイショウサライは出遅れ癖があるものの、決め手を優先した。注目はマルカキセキ、ステンカラージン。

 

 

【東京土曜9R 500万下】3連単2頭軸マルチ

 

●軸●

11 イシノアパトゥーラ

12 ヴェイパートレイル

 

○相手○

1 2 3 6 8 14 16

 

偶然だが軸の6枠2頭は共に名牝テイエムオーシャンシンコウラブリイの妹にあたる。同じ枠に入ったのも何かの縁だろうか?その他ボールドブライアントーホウシデンの妹がエントリー。近走に好走歴のない馬ばかりで一見しただけではチンプンカンプンなこのレース。血は語らずとも走るのだろうか?!

【土曜福島11R さくらんぼ特別】3連単2頭軸

 

●軸●

2  マルブツスピーディー

5  ローランジェネルー

 

○相手○

1 3 7 8 11 12 14

 

前走鮮やかバクシンオー産駒の②。⑤は近走掲示板から遠ざかってはいるものの、牝馬重賞で活躍中のチアフルスマイルと差のない競馬など着順ほど悪くないレースもある。逃げ馬揃った今回は末脚爆発を!