◎ マカイビーディーヴァ

○ ヒシミラクル

△ アドマイヤグルーヴ

△ トウショウナイト

△ サンライズペガサス

 

 

外国馬に開放されて初めての天皇賞。GⅠ5勝マカイビーディーヴァ予定通りの参戦が、このパッとしないメンバー構成に辛うじてスパイスをきかせている。3000Mを超えるGⅠレースの価値が軒並み失墜しているなか、世界的に見ても春の天皇賞の権威や賞金はステイヤーにとって魅力的に映るだろう。今後もこの馬のように長距離を主戦場とする馬の参戦が期待できそうである。

 

迎え撃つ日本勢だが…いかんせん顔ぶれが寂しい。多士済々なのだが、あくまで“次元の低いところで”という前置きがつく。ゼンノロブロイとタップダンスシチーが抜けたメンバーでは、やはりレベル落ちは否めない。好調時にないGⅠ馬ヒシミラクルやザッツザプレンティーも圧倒的な存在ではなく、それほど強くないと思われるアイポッパーやトウショウナイトといった新興勢力と“好勝負”しそうなもどかしき有様である。

 

3200Mの豪GⅠメルボルンCを牝馬として史上初の連覇を成し遂げた女傑の参戦に敬意を表し、もう少しハイレベルなメンバーで迎えたかったところだが仕方ない。これが日本の中長距離路線の現状である。今はただ、あの3歳馬が無事に成長するのを待つしかない。

 

この「GⅡレベル+過去の実績馬」というメンバー相手なら、長距離のGⅠ実績、日本での2走目、斤量3K減とプラス材料目白押しなマカイビーディーヴァに俄然チャンス到来だ!牡牝混合の中長距離GⅠを制するのは、日本でたとえるならエアグルーヴの域にあることになる(少々強引だが…)。むしろ頑張ってもらわないと困る。このメンバー相手に見せ場なく惨敗するようだと興ざめもいいところなので…。



◎から馬連総流しで!



★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!   

AD

◎ ニューヨークカフェ

○ ダンツキッチョウ

△ イブキレボルシオン

△ ブレーヴハート

△ コスモオースティン



前走山吹賞 で目の覚めた「カフェ=蛯名=小島太」の、追われてからの力強い差し脚に期待!


今年はすみれS1戦のみと、確実にダービー狙いのダンツキッチョウが対抗。5ヵ月ぶりのこのレースをきっちり勝つあたりは力のある証拠だ。


2000M実績のある2頭。ニジンスキー直仔でこの時期に活躍したイブキニュースターを母にもつイブキレボルシオン。逃げ脚しぶといコスモオースティン。さらに、弥生賞で勝負所で置かれ気味ながらも後退せずに脚を伸ばしたブレーヴハート


BOXで勝負!!

AD
ビワ

「この馬ではもう3200Mは乗りたくない」


単勝1.3倍の圧倒的な支持に応え前年GⅠ1勝の身ながら年度代表馬に選出された貫禄を示した名手だったが、喜び一色というわけではなかった。しかしレース内容は正に堂々たる横綱相撲といえた。

 

有馬記念でトウカイテイオーの感動ストーリーを演出した後、京都記念を持ったままの7馬身差で楽勝して臨む1戦。しかし、当初大阪杯からの始動を予定していたトウカイテイオーは直前になって故障(故障がなくても有力ローテは宝塚記念だったが…)してしまい、日経賞の積極的なレース運びで復活の兆しが見え始めた前年の覇者ライスシャワーも直前で故障。さらに同世代のライバル、ウイニングチケットも休養中と、GⅠホースは菊花賞馬ビワハヤヒデと皐月賞馬ナリタタイシンの2頭のみとやや寂しいメンバー構成になってしまった。

 

そのナリタタイシンは目黒記念で末脚健在をアピールしてきたが、古馬となりチャンピオンの座を確固たるものにしたいビワハヤヒデにとっては負けられないレースだ。

 

11頭立ての少頭数。予想通りルーブルアクトがスローペースで先頭を引っ張る中、1周目の3コーナーでビワハヤヒデが飛んで行きそうになる。それを名手が必死にこらえて抑えて、何とか2番手で折り合いをつけることに成功する。アル共杯、日経新春杯、阪神大賞典と3連勝中のムッシュシェクルが、いつもより前の位置取りでビワをマークし、武豊鞍上のナリタタイシンは自分の型を守って後方から。

 

2周目の3コーナー。ナリタが外からジワジワと差を詰め始める。ビワハヤヒデは持ったままの手応えで終始2番手をキープ。最終コーナーをカーブし、先頭に並びかけると他馬とは違いすぎる手応え。ただ1頭抵抗してきたのは、やはりナリタタイシン。大外から襲い掛かってくる。勢いではナリタが優勢だったが、全快のナリタに対しビワは余力十分。本格的に追い出された瞬間、ビワハヤヒデの勝利が確定した。追いこんできたナリタタイシンにそれ以上追い込ませない伸びを見せ、逆に差を広げてのゴール。この瞬間、名実共にビワハヤヒデが古馬のチャンピオンになったのである。


 

メンバーこそ手薄だったが力の違い、パフォーマンスの違いは歴然としていた。打倒トウカイテイオーに向けて負けられない1戦を見事手中に収め、さらには皐月賞を制した三冠候補の弟ナリタブライアンとの兄弟対決に向けて、ビワハヤヒデが王道を突き進んでいく。

 

しかし、脚元のすぐれないトウカイテイオーが再びターフに戻ってくることはなく、自身も秋の天皇賞の故障で引退という無情の結末。テイオーとの再戦、兄弟対決のいずれもが夢物語と化してしまった。

 

 

また、主戦の岡部幸雄はビワハヤヒデについて“ルドルフの次”という高い評価を下している。

 

 

ビワハヤヒデ

  芦毛  栗東 浜田厩舎  1610

父:シャルード

母:パシフィカス(父:ノーザンダンサー)

 

1992

デイリー杯

朝日杯(2着)

1993

菊花賞

神戸新聞杯

有馬記念・ダービー・皐月賞・共同通信杯(2着)

1994

天皇賞(春)・宝塚記念

京都記念・オールカマー

★代表産駒
サンエムエックス(日経新春杯2着、ステイヤーズS3着)
一発大物の出現を期待!!


★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!
 

AD
チューリップ賞で一たびおかしくなった歯車を修復する為には、環境を変えて気分新たにオークスへ向けて再出発をはかりたい。武豊を鞍上に迎え、権利獲りの意気込みが違うディアデラノビア。大外枠。予想通りの後方待機。それでも前半はなだめるのに手を焼かせたが、「1000Mぐらいから良くなった」と懸念材料の折り合い面をまずは克服する。

ほとんど最後方の位置取りで直線を迎えるも、前日のレイズユアドリームとは違って不安感がない。勝負所で前に置いていかれるようなこともなく、直線入り口では抜群の手応え。大外からいざ追い出されると、さすがの反応を見せる。『これが本当のワタシ!』上がり3F 34.7の流れの中、直線だけで全馬を蹴散らして期待馬の真の底力を発揮。狂いかけた歯車を元に戻すには充分な、鮮やかで気持ちのいい勝利となった。

先行していたレースパイロット、アスピリンスノーが2、3着。藤沢厩舎期待のシンコウラブリイの娘ピサノグラフはデザーモを配してきたがあと一歩及ばずに4着。5着には勝ち馬と同じような位置から追い込んできたパーフェクトマッチ。2月以来の実戦ながら確実に走ってくるあたりは、やはり実力があるのだろう。


掲示板を占めたのは、「1~4番人気までの実績&期待馬」「2番手から積極的にレースを進めたアスピリンスノー」という結果。“荒れる!!”と期待したレースだったが、期待の穴馬が皆これほどまでに着外に沈むとは…。

振り返ると今回のメンバー構成では上位馬と下位馬の力量差が判然としており、開幕2日目の馬場を考慮して先行勢に注意しなければならないということか…。過去のデータに惑わされずにここに着目し、抜けた2頭(1、2着馬)の馬連1点に大きく勝負できるようになるのはいつの日か…。でもまあ、どちらを消すか考えて「ディアデラノビア>レースパイロット」の序列付けが成功しただけでも収穫としておこう…。


★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!
◎ ディアデラノビア
○ セリーナトロフィー
△ メジロトンキニーズ
△ イエローパピヨン
△ アルフォンシーヌ
△ ウェディングヒミコ


フィリーズRでは連闘ながら勝ち馬(桜花賞馬ラインクラフト)と半馬身差の4着。ツキに見放された格好で権利を取り損ねたが、武豊を配して万全の体勢で臨む今回は本来の力を発揮できる。来日初日絶好調だったデザーモが怖いが…。

ディアデラノビアを軸に馬連で5頭に流す。
絶句…

ディープインパクトに挑戦状を叩きつけるべく、ダービーに向けて負けられない面々が揃った新緑賞。ところが…。レイズユアドリームは期待外れの競馬で惨敗。

私が買おうとしたとき、単勝オッズは1.6倍。これでは儲けが少ないと、急遽投資額を限界値に増やしてまで期待したのだが…。後方の位置取りはある程度予想できたが、直線に入った時点で“これはヤバイのでは??”と冷や汗かかせるような展開は予想外だし、期待してもいなかった。

レイズユアドリームは直線入り口でも後方のまま。しかしいつの間にか中団グループからは少し離されてしまっている。これでは相当な末脚がないと届かない。一方、向う正面中程まで同じような位置にいた1、2着馬は、内目を進出して離されず前のグループにしっかりと取り付いている。ここが勝負の分かれ目だった。

4角で離された(ついていけなかった? ついていかなかった?)時点でジ・エンド。追い出されてからの反応も鈍く、ゴール前になってようやくエンジンがかかって、掲示板を確保するだけで終わってしまった。前走は後方から鋭い末脚を見せたが、馬群に突っ込んでのもの。逆に今回は完全に前方馬群に置いていかれ、前の目標が遠くなってしまった形だったので、闘争心に火が点かなかったのかもしれない。


ここは確実に勝たなければならないレースだったのだから、前走の反省も踏まえ、さらには安全策ということでスタートが悪くとも4コーナーでは中団あたりにいてほしかった。厩舎の大先輩シンボリクリスエスもこの時期500万下で、追い込んで勝ち切れないレースが続いたが、ここぞという時(岡部騎乗の山吹賞)には積極策からきっちりと勝利をつかみ、その後の「青葉賞→ダービー」に繋げている。

 

 

【新緑賞】 土曜  東京9R
◎ レイズユアドリーム


ダービーへ向け、負けられない1戦。山吹賞で窮屈な競馬を強いられ、ニューヨークカフェにクビ差だけ及ばずに敗れたレイズユアドリーム。勝者はその後「青葉賞→ダービー」という理想の青写真を描くことが出来たが、敗者に休暇などない。

再度の自己条件戦でまずは確勝を期し、その後は「プリンシパルS→ダービー」が修正後のローテーションだろうか?とにかくここを勝たなくてはダービー出走に黄色信号が点ってしまうのである。

しかし山吹賞では、年明けのデビュー戦以来の実戦、さらに直線で前が塞がる不運に遭いながらも良く伸びてきた末脚などを考えると、ここは勝たなければならないレースだろう。自信の本命に推したい!!


↓ リンク
山吹賞リプレイ


レイズユアドリーム
牡3  鹿毛  美浦  藤沢和雄厩舎  2戦1勝
父:サンデーサイレンス
母:エアザイオン

本当に残念…。

歩様に乱れが生じた為、シンガポール航空国際C(GⅠ)を回避。これから休養に入り、秋の天皇賞に向けて調整されていくことになる。金杯、AJCCと連勝し、そこから目標をこのレースに絞っていただけに回避は残念でならない。

アドマイヤグルーヴも回避して春の天皇賞に出るということで、結局遠征するのはシーキングザダイヤ1頭という寂しい結末になってしまった。


クラフトワーク
牡5  黒鹿毛  美浦  後藤厩舎  16戦6勝
父:ペンタイア
母:ワーキングガール(父:パドスール)

2004:函館記念
2005:AJCC
         中山金杯


★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!
スティンガー

20日ほど前、桜のヒロインを決定する舞台にスティンガー岡部幸雄の姿は確かにあった。しかしヒロインではなかった。3戦3勝で終えた2才シーズンからステップレースを挟まずに直行で臨んだ1戦にもかかわらず、1番人気の支持。ファンからは新ヒロインとして指名されたが、スタートでまさかの出遅れを喫した時点で桜の女神からは見捨てられていた。

所変わって5月の府中。仕切り直しを計りたい陣営は、このオークストライアルを選択してきた。出遅れた桜花賞はもちろん論外。桜花賞2着のフサイチエアデールやチューリップ賞を逃げ切ったエイシンルーデンスなど、現在の実力馬との力量差を測るには格好のレースだ。ここで好勝負できないようなら、2才女王の威信は一気に倒壊する。


桜花賞の結果が評価にストレートに反映され、人気では武豊が操るフサイチエアデールに譲った。

予定通りエイシンルーデンスが逃げる流れを、フサイチエアデールが3番手につけ、岡部は直後でこれをマークするという、実績馬が先行する展開。前の隊列は変わらず、中団に付けていたクロックワークも早めに進出して、スティンガーの外に並びかけてくる。

残り400Mでフサイチエアデールが先頭に踊り出る。4コーナーで深追いせずに脚をためていた岡部は、これをすぐには追わず、外から追い上げてきたクロックワークの脚色を確かめながらエンジンを入れる。後方に敵はいない。完全にこの3頭の勝負になった。

追い出されたスティンガーは一旦並びかけられたクロックワークに競り勝つと、そこからもしぶとく伸び、内で粘るフサイチエアデールをゴール前で僅かに交わし、激しい直線の追い比べを制した。

前半行きたがる場面はあったが、これまでにないしぶとく、そして正攻法の競馬が出来たことは大きな収穫。3才になってもトップクラスの競馬ができたことで、次走以降に大きな期待を抱かせた。また岡部騎手にとってもこの年初めての重賞勝利となった。前年タイキシャトルで海外GⅠを手中にした名手も、この年は4ヵ月間重賞に縁がなかったのである。


この後、オークスでは4着に敗れたものの、秋には果敢にも天皇賞に挑戦。スペシャルウィークやセイウンスカイなど、強豪牡馬相手の戦いに挑んでいくことになる。


【結果】
1着:スティンガー           2.01.4   岡部   2人気   直線競勝 (3-5-5)
2着:フサイチエアデール        武豊    1人気   直一旦先 (3-3-3)
3着:クロックワーク          1/2   横山典  3人気   直線競負 (7-6-5)


しのぎを削ったフサイチエアデールは、繁殖牝馬としても初仔ライラプス(父:フレンチデピュティー)が今年のクイーンCを制して桜花賞に駒を進めるなど、幸先の良いスタートを切っている。スティンガーの仔がデビューする日をゆっくりと待つことにしよう。


スティンガー
美浦  藤沢和雄厩舎  21戦7勝
父:サンデーサイレンス
母:レガシーオブストレングス(父:アファームド)

1998:阪神3才牝馬S(GⅠ)
1999:4才牝馬特別
2000:京王杯SC
        京都牝馬特別
2001:京王杯SC


★競馬ブログリンク!★
→ 他の記事も見てみよう!!

本当に風のようだった…。スタートで何かが大きく出遅れたのは分かった。「ディープが…」という解説者の声が耳に入りよく確認すると、何とディープインパクト!同馬の皐月賞制覇を期待していなかった私は、置いていかれないように後方馬群まで御していく武豊の様子を見ながら当然のごとく「ニヤリ♪」である。しかし、振り返ると一瞬でもそんな気分になってしまった自分をうらめしく思う…。

風のように馬群の外側からスイスイ~とポジションを上げ、すぅ~っと突き抜けた。流れる風の如く自然体で走り抜けた。

競馬に「たら、れば」はない。しかしもしあの出遅れがなかったら、どのような結末になっていたのだろう?もちろん五分に出る分だけ他馬に絡まれる危険性も増すわけで、その結果失速している可能性もあるだろう。実は“馬群の中では集中力が激減する”タイプだったとしたら、直線で余力は残されていないだろう。その他にも…。

だが、今はこのような考察をすべき時ではない。“素直に認めざるをえない強さ”2005417日、中山競馬場には存在したからである。それでもあえて一言だけ言うなら、馬体のそれ程立派でない馬なだけに、さらにマークの厳しくなるダービーで馬群に包まれてもなお同様の強さを見せてくれたなら、その時こそは脱帽せざるを得ない。


三冠への視界も一気に澄み渡ったが、果たして菊花賞への出走は現実のものとなるのだろうか?ダービーまでは間違いなく出るだろう。しかし、ベストの舞台は長距離よりは中距離なのは現在のところ察せられるだけに、ナリタブライアンの時代より距離体系が確立され、さらには海外遠征も日常的になったこの新世紀の競馬界に生きるディープインパクトにとって最良のローテーションを陣営が考えた場合、菊ではなく『海外』という選択肢がチラつきはしないだろうか?

国内にとどまるのなら、ダービーで勝った場合は素直に菊花賞だろう。天皇賞を選ぶことはない。しかし、ダービーの結果が我々を震撼させるようなものであったなら…。勝負付けの済んだ同世代と再び相まみえることの無意味さを悟った陣営が、『世界一』の称号を懸けたもう1つの夢を追い求めることも十分に考えられる。

三冠か、世界か…。我々に夢を与えてくれるような馬に、とにかく無事に育ってほしい。