知花花織展開催中です!

テーマ:

こんばんは。石塚英里です。

朝晩は随分冷え込むようになってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか?

11月1日から始まりました、神奈川県初開催の知花花織展!!

すでにたくさんのお客様にご好評を頂いております。

明日からの3日間は沖縄県から織子さんにも来て頂き、貴重な3日間となりますので、ぜひお見逃しなく!!


もみじ沖縄の工芸を見て、触れて、体験できる10日間もみじ

2000年8月沖縄市が中心となり、一度失われた染織文化の復元・復興を目的に、「知花花織」を蘇らせる試みがスタートしました。

戦争などで100年の間、織物技術の継承や、花織衣装の着用は完全に途絶えていたため、ほとんど現物も残されていない中、聞き取り調査やわずかに保存されていたものから調べて、「知花花織」は復元されました。産業化に向けた支援のもと2008年に知花花織事業協同組合が発足しました。

2010年3月には1989年の八重山ミンサー 八重山上布以来23年ぶりに県の伝統工芸製品に指定されました。

今年2月松屋銀座での開催を皮切りに第2回を当店で開催する事となりました。発足まもない組合で20代の若手メンバーも日々一生懸命モノづくりに励んでおります。

利益搾取をせず織子さんに次も頑張って織ってもらえるようなフェアな価格に設定しました。作品点数こそ少ないものの、ご覧いただければ幸いです。



特別イベント!!

《知花花織の解説》と《機織り》実演

11月5日(火)~7日(木)

知花花織事業協同組合 大城るみ子さん、澤村かよさん

5日(火)~7日(木)の3日間は知花花織事業協同組合所属の大城るみ子さん、澤村かよさんによる《知花花織の解説》と店内で《機織り》の実演も行う予定です。貴重な機会ですのでお見逃しなく



※なお、期間中は前店主 井上善雄所蔵の故 金城次郎氏(沖縄初の人間国宝)の琉球陶器『壺屋焼』も特別展示します。

こちらもお見逃しなく!!

AD