石つかい彩(Aya)のブログ - Seeds of happiness -

世界的風水マスター”リリアン・トゥー”のもとで風水を学び、米国宝石学会”GIA”の資格を持つ、風水開運アドバイザー・開運ジュエリーデザイナー“Aya”の開運裏ブログです。

今日みつけたハッピーの種を公開します。


テーマ:
そろそろスマホを新しいものに買い換えるべきなのか、買い換えるとしたら、何が良いのか、私ったらお恥ずかしい話し、こういったこと全般に、とにかくすごく疎くて、どうしたよいものやら…。

よかったらどなたか是非、私は何の機種を持つべきなのか教えてください汗

私のような人のことを、最近は「情報弱者」というのだそうです。

つくづく…なのですが、こういうことに詳しくて、サクサク時代を生きているひとが羨ましいと思います。 私にとっては、吹石一恵さんよりもよほど羨ましい。

スマホやPCなどのツールを、お供の犬やサル、キジのように従えて、颯爽と日々を戦いたいと切に思う今日この頃なのです。




ところで、桃太郎さんのお話しは、風水と密接に関係がある…。というお話を、以前とある会の主催者のご厚意で、プチ講演会としてお話しさせていただきました。

昔しは識字率が低かったので、道徳心や倫理観、貞操観念など、様々なことをわかりやすく物語にして伝えていたのですね。 

たとえば典型的な「勧善懲悪」がテーマになっている桃太郎さんのお話しなんかは、その代表的なものです。

「勧善懲悪」は現代でもヒーローものとして、ちびっこたちのために受け継がれている、とても大切な啓蒙活動ですね。

確かに桃から子供が生まれてくるという、「パッカーン」には、大人としては少々の違和感を感じてしまいますが、実は桃というのは風水的には「恋愛」「夫婦愛」「子宝」の象徴的なアイテムです。

おじいさんと、おばあさんが、「いや、実は流れてきた桃がね…。」なんて、今さら照れて言い訳をしたのかも…と思うと、大人の事情としては、ますます素敵な夫婦愛を感じたりします。




実は風水では、干支と方位がセットになっているのですが。 干支の申(さる)、酉(とり)、戌(いぬ)で、力を合わせて、丑寅(うしとら)の方位に向かって戦いを挑んだ、というのが桃太郎のお話しです。





丑寅(うしとら)の方位というのは、言わずもがなあの”鬼門”のことです。 だから鬼ってウシの角をつけて、トラのパンツを履いているのです。

鬼門の方位こそ、諸悪の根源。 昔、中国ではこの方角から側から吹いてくる風は、埃や雑菌を運び、特に大きな災いを起こしたものなのだそうです。

家の鬼門の位置に厠(お手洗い)があれば、不潔なものを家じゅうにまいてしまう事にもなりかねません。 そう言った理由から、鬼門の方位にトイレやバスルームを作らないほうがよいという家相のアドバイスへと至ったみたいです。

また、桃太郎のお話しは、春に穀物の種を撒き、夏に実って秋に収穫という、季節と農作物の関係を教えているものでもあると言われています。

実は悪い鬼さんを退治しただけではなかったという桃太郎さんのお話し。 風水って、こうして誰でも知っているお話しの中にもこっそりと隠れていたのです。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ishitukaiayaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。