自己統制

テーマ:

10月の台風は甚大な被害を及ぼすとされています。

 

被害に遭われた皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 

このような災害を目の当たりにしますと、備えの重要性を強く感じます。

 

「先をみて、備えを万全にする」

 

肝に銘じていきたいと考えます。

 

 

さて、本日のテーマは「自己統制」です。

 

「モノゴトがうまく前に進めない」

 

よくありますね。

 

その原因は何でしょうか。

 

もちろん、人によって、その元となる原因は異なります。

 

しかし、モノゴトを前に進めるためには以下の点が必要です。

 

 

1.目的があり、達成に向けた目標を設定し、徹底した管理のもと進めること

 

2.複数の関係者と協同して行うこと

 

 

まずもって、目的が不明瞭では話になりません。目指すゴールがぼやけている状態で、正しく進めるはずもなく、ましてや、ゴールの見えないマラソンはモチベーションが続きません。

 

次に、関係者との協力体制が必要です。

お互いを思いやり、時には現状と今後について議論を交わし、同じ目的に向かって進める関係性を築くことが必要です。

 

 

しかし、多くのビジネスマン、ひいては経営者も含め、上記1,2をうまく推し進めることができません。

 

特に、関係者との協力体制が必要であるにもかかわらず、相手を思いやる気持ちに欠けているビジネスマン、経営者が多くいます。

 

具体的には、感情をコントロールできない人です。

 

高圧的であり、全否定をし、相手を思いやる気持ちが全くない。

 

私は聞きたいです。

 

それが何の役に立つのですか?

それで、モノゴトは前に進むのですか?

自分が中心なのではないですか?

 

感情をコントロールする能力は、立場が上の人ほど必要です。

 

複数の部下を目的達成のために一致団結させ、それぞれの想いを組みながら、管理し、進めていく必要があるからです。

 

その状況下で、上司が感情的になったらどうでしょうか。

 

部下はついてきますか?

 

目的達成できますか?

 

 

自分の感情をコントロールすることは、セルフコントロールと呼ばれており、自己統制の一つだとされています。

 

自己統制には、もう一つ、目的、目標を明確にし、PDCAを回す「セルフマネジメント」があります。

 

どちらがかけてもいけませんが、組織の良好な風通しを作ろうとした際に、上司におけるセルフコントロールは絶対的に必須です。

 

感情的な経営者や管理者の方々は、目的を達成したいのなら、自己の感情をコントロールしていく訓練をしましょう。

 

そして、もう少し大人になりましょう。

 

これは、私も含めて、日々、意識、実践していく必要がありますね。

 

M&S 石川将平

AD

ビジネスにおける対話

テーマ:

一気に寒くなりました。

 

冬が近いですね。

 

季節の変わり目は何故か気持ちが上がります。

 

冬が近いということは今年も残り僅かです。

 

計画を立て、やるべきことをやって参りましょう。

 

 

さて、立場が上の方でも、ビジネスにおける対話について、まったく理解していない方がいらっしゃいます。この点について、お話し致します。

 

ビジネスにおける対話は、相手が望んでいることを中心にして、自分の主張を織り交ぜながら、妥結案を探るというものです。

 

それにもかかわらず、相手の望んでいることをなおざりにして、相手が興味のない話をだらだらとされる方、多くいらっしゃいます。

 

第一線で活躍しているビジネスマンは、このような感覚には敏感なので、上記のような空気の読めない方とは今後のお付き合いを消極的にしていこうと考えられます。

 

いくら着飾っても、いくらスマートに話をしてみても、相手の心を読もうとしない、または読めないビジネスマンは、冷ややかな視線を向けられます。

 

自分の都合なんか不要です。

 

相手を大事にして、相手の要望や不安に対して誠実に、優しく接して把握した先に、その結果として、自分の都合が立ってくるのです。

 

特に立場が上の方については、このような観点でご自身を顧みて頂き、ビジネスの原点回帰を図って頂きたいと考えます。

 

M&S 石川将平

AD

自己犠牲

テーマ:

当ブログ、長らく放置状態でございました。

ご愛読いただいている皆様には申し訳ない限りでございます。

 

もう少し、頻度を上げて更新して参ります。

 

さて、更新を怠っておりました期間、仕事を休んでいたわけではございません(;^_^

研修、経営支援など、公共民間含め、忙しくさせて頂いておりました。

 

仕事を通して最近感じること、それは「自己犠牲」というテーマです。

 

たいそうな言い方であり、他に相応しい表現があるかもしれません。

 

ここでいう自己犠牲とは、自分はひとまず置いといて、自分以外の人やモノのために、考え行動することを指します。

 

人間、防衛本能がありますので、考えや行動に自分を守る要素が出てきます。この点を批判するつもりはなく、私自身も防衛本能が働いております。

 

しかし、人の心は正直であり、「この人は、私のために考えてくれているのか、自分のために考えているのかどっちだろう」と考えてしまうのです。

 

相手を思う心で考え発言し、行動すれば、必然的に聴き手に徹します。発言が多い聴き手は、結局は己の主義主張を通したいだけであり、相手のことなど2の次です。

 

自己犠牲は、苦しいです。

 

自分の考えや発言をしまい込み、相手側に寄り添います。

 

しかし、そのうちに、相手から意見や考えを求められてきます。

 

その段階から、少しずつ、相手の考えを尊重したうえで意見を発信していけば、合意や納得という一つの小さなゴールが得られます。

 

「私は~」、「おれは~」から始まる発言が多い方、当ててみましょう。

1.毎日がしんどい

2.不平不満が多い

3.いまの自分を取り巻く評価は妥当ではないと考えている

4.あなたの強みは何か、という質問に答えられない

5.転職を考えている

 

ずばり当たっていませんか?

 

何に直面しているか分かっていないのでしょう。

 

自分のことばかり保護し、相手や自分以外のために考え、行動していないのではないですか。

 

辛いと感じるのは、自分だけを顧みるからです。

 

自分以外のすべてに感謝し、貢献意識で動けるまで、そのトンネルからは抜け出せません。

 

日々、悩みは尽きませんが、相手のみを考え、行動してみてください。

 

きっと、視野が広がり、目に見えて実績も上がると思いますよ。

 

M&S 石川将平

 

 

AD

皆さま、ご無沙汰しております。半年ぶりの更新でございます。

 

本日は、「動機付けからすべてが始まる」という点について触れます。

 

仕事でも勉強でも、何でもそうだと思いますが、特定のテーマに対して、「それが自分にとって必要なんだ」と心から思わない限り、取り組んで得る成果物にはさほど期待できません。

 

直近における私の教育研修では、あるテーマで研修をする前に、必ず、そのテーマにおける問題や課題認識について、KJ法で洗い出して頂くようにしています。

 

正直、このような進め方を取り入れたのは、ここ2年くらい前からです。

 

弊所のみでなく、おそらく、多くの教育機関は、教育研修の費用対効果に対して、経営者が納得できるような根拠を提示できないのではないでしょうか。

 

それほど、現代における教育については、受講者側の価値観(仕事観)の変化やその他諸々の要素によって、その効果を発揮させることが難しくなっています。

 

しかし、時代や価値観が変わっても、普遍的なものはあります。

 

その一つが、「動機付け」です。

 

動機付けは、その人自身が気付かなければ、いくら外から刺激してもその効果は薄いです。

 

そこで、弊所では講師の膳立ては少なくとも必要ですが、導入部分で、皆に「考え、思考して頂く」時間を設けました。

 

結論から申しますと、研修冒頭に動機付けの時間を導入したことにより、参加者の姿勢が変わりました。

 

内面において何が変わったか直接、参加者に聞きました。

 

こたえは、「自分にとって必要な話だと分かった」ということでした。

 

私は素直に反省しました。

 

あくまでも受講生目線ですべて組み立て実行していたつもりが、講師本位であったということです。

 

研修構成としては、講師が話す時間:参加者が考え、一つにまとまる時間=3:7が今のところベストのように考えております。

 

誰のための時間なのか。

 

この問いかけに対する答えを形にしていくことが、今後も使命だと考えております。

 

M&S  石川将平

 

今日は暑いですね(*_*)


名古屋は現在29度です(*_*)


夏に向けて体を絞るためには絶好の環境ですね\(-o-)/


さて、標題の件について、これはまずもって、自分にいつも言い聞かせていることです。


今の自分とこれからの自分において、これで大正解ということは決してないはずです。


信念は変えずとも、他人の価値観に触れ、いつでも柔軟に考え方を変えていける人間になりたいです。


そのためには、日ごろから謙虚な姿勢で多くの人たちを受け入れる器が必要です。


そこで邪魔する要素もまた自分です。


変なプライドや自信が壁となり、多くの情報や考え方、知恵などを吸収できずに成長が止まってしまう事態になります。


私はそうならないようにする一つの考え方をもっています。


それは、「これまで培ってきたものを一端すべて忘れる」ということ。


多くを学んできたら、それらをいつでもリセットできるようにすること。


リセットしたところで、吸収した本質は自分の中に息づいていますから、完全に忘れてしまうことはないのです。


大切なことは、型にはまらないということ。


ゼロベース思考で今の時代の流動的なモノゴトに対して挑み続ける。


決して作業ではなく、創意工夫の連続がなせる業です。


知識、経験、資格、生きていく上でさまざまな武器がありますが、私は柔軟かつゼロベースから考えることが出来る思考力という武器が、今の時代には必須だと思います。


日々の謙虚に学ぼうとする姿勢があってこそ、この武器は使えるようになると思うのです。


M&S 石川将平