まちのでんきやのブログ ~目指せトータル家電ライフの極み!!~

家電製品には、それらをとりまくさまざまな事柄が存在します。私たち、まちのでんきやは家電製品を単体ではなくトータルで捉え、お客様に安心、安全をお届けしています。


だから私たちは「トータル家電ライフ」を掲げます

テレビはアンテナ設備、洗濯機は給排水設備、エアコンは電気設備…等々
インフラがセットになって初めて快適な家電ライフが実現します。
家電製品と、インフラと、安全安心。どれかひとつ欠けても
快適な家電ライフは実現できません。
それらを全てトータルでサポートできる存在は、まちのでんき屋だけ。
だから私たちは「トータル家電ライフ」を掲げます。
みなさんの快適な家電ライフのために、私たちにご相談ください。
ブログではそのトータル家電ライフの一部
をご覧いただけます。


・トータル家電ライフとは
・「まちのでんきや」について
・まちのでんきやが高い理由(わけ)
NEW !
テーマ:


 チーム石川、石川県森林公園にて親睦バーベキュー。


   

 最後に全員で記念撮影を(2016.9.22)


 昨日はその前編を紹介しました。

 

 第3回 チーム石川 バーベキュー(昨日のブログ・前編より)  


 

 最近、新調した『新・まちのでんきやノボリ』


 

 高本部会長が開会のあいさつ


 

 山村バーベキュー特命リーダーによる乾杯の音頭


 乾杯!!


 

 今年で3回目の親睦バーベキューは、天候にもまずまず恵まれ。


 風も弱く、熱くも寒くもなく、快適な親睦会になりました。

 

 食材の調達は、山村リーダーが。


 毎年お世話になってます。


 

 チーム石川の行事に初参加の大下享夫君。


 (登場人物はすべて仮名です)。


 享夫君「アチかった、アチかった…。」


 なんと、焼き肉の脂が飛んで、顔にかかったのか、かわいそうに。


 大泣きを。


 

 享夫君、まちのでんきやデビューは衝撃でした。


 焼き肉タイムと談笑がしばらくした後、今年も恒例のビンゴゲーム大会が。


 そこで、享夫君、やってくれました!


 

 今年も司会は吉村副部会長。


 吉村さん「Nの35!」


 コドモ「あ!あった!35!」


 そんな盛り上がりの光景を、まったく意に介さない人が一人…。


 

 つかつか…と歩み寄り、景品のオモチャを品定め。


 あぁ、やっぱりコドモだな、ビンゴをゲットしたら、なにをもらおうかなぁ~。


 気が早いけど、コドモだ、可愛いじゃありませんか。


 …と、思いきや。


 

 な、な、なに!!!


 享夫君が!


 

 お気に入りのオモチャをおもむろにつかみ、お母さんの横に腰かけます。


 享夫君「(ゲットしてやったぜ)」


 大下さんの奥様「こら!アツ!ダメやがいね!ビンゴしてからやぞ!」


 意味がわかってかどうか、かぶりを振る享夫君。


 大下さん「おいおい、困ったな。」


 大下さんが困るのも無理はありません。


 

 5歳の享夫君のすること。


 コドモとはいえ、周りの小学生が万一ビンゴの一抜けをしたとき、気を遣わせるのではないか。


 いや、どうしても享夫君が手に取った景品が欲しい!と他の子供に言われたとき、享夫君が大泣きしないかどうか。


 どちらにしても、気まずい空気が漂います。


 この状況を打破するには、享夫君がビンゴの一抜けをするしかありません。


 

 大下さんの奥様「やった!アツ!リーチ!!」


 ところが享夫君、お母さんが大声で叫んだのを、自分が叱られたかと思い、また大泣きしてしまいました。


 享夫君「いやいやいや!!」


 

 享夫君、大物だなぁ~。


 狙った獲物は逃がさない、この迫力は、まさに親譲りだ。


 お父さんからか、お母さんからか、それはここでは申しません(笑)。


 これまで綴ってきたまちのでんきやブログの読者さんなら、おわかりいただけるものと(汗)。


 チンチロチンチロ…ビンゴがリスタート。


 この後、奇跡が!!


 

 吉村さん「はい、次は、Iの16!」


 大下さんの奥様「あ!!アツ!ビンゴ!!やったーーー!


 大下さん「おぉ~~~。」


 

 大下さんの奥様「よかったねぇ~~。」


 「おぉ~~~!」


 周りは驚きのあまり、大拍手の喝さいを。


 考えられるもっともハッピーなシナリオが、奇跡的に実現したのです!!


 さっきより、もっと大声で叫んだのに、今度は自分に好都合な展開だったと察したのか、享夫君もまんざらでもなさそうな顔。


 

 吉村さん「トップでビンゴ!一言お願いします!」


 享夫君「(両親に促され)ありがとう!」


 ワーーーーー!!(拍手)


 

 ホントよかった…。


 一抜けもよかったけど、抜き差しならないことにならなくて、ホントによかった。


 ブログ担当、あとで長男に聞いてみました。


 もし、享夫君が獲得した景品、どうしても欲しいものだったとして、先にビンゴしたら?と。


 長男「う~ん、欲しくても、もらえんかったやろうなぁ。」


 やはり(笑)。


 だから、よかったんです!(笑)。


 ここから先のビンゴ大会は、平和でした(笑)。


 

 二抜けビンゴは、谷川さんのご長女、美穂ちゃんが。


 女の子らしい景品をゲットして、ニコニコ顔。


 親睦バーベキューは、バーベキューがメインですが、子供の部のビンゴ大会が最高潮の盛り上がりを見せました。


 ブログ担当、開始からずっと画像を撮影し、スマホの容量がいっぱいになり、途中、持参したパソコンにデータを転送していたのですが、そのタイミングと、ビンゴゲーム開始のタイミングが重なり、子供たちから「早く!早く!」と急かされ、焦りました(笑)。


 

 吉村さん「リーチの人、集まって~。」


 さぁ、ここからはさらに意中の景品争奪で、また盛り上がりが。


 

 「あ!ビンゴ!!」


 山村寛平君とブログ担当の長男が同時にビンゴ。


 

 山村寛平君、ねらっていた景品をゲット!


 ところがその景品は、寛平君の弟、鉄平君もねらっていたそれでした。


 思い出すのは、一年前。


 

 鉄平君「え~~ん」(2015.8.30)


 欲しかった品を、兄の寛平君にとられ、鉄平君、大泣き。


 山村さん「鉄平、お兄ちゃんがもらったんだから、仲良く使いなさい。」


 その再現か!と思われましたが、寛平君、今年は泣きませんでした。


 なぜなら、同じ景品が複数あったからでした。


 

 その景品を続いて鉄平君もゲット!


 

 ブログ担当の長男も。


 「ありがとうございます。」


 

 小松拓哉君「ありがとうございます!」


 子供たち、次々と景品をゲットして、ご満悦です。


 こんなに喜ぶ子供たちを見ると、いい加減な企画はできないなぁ、としみじみ(笑)。


 ビンゴゲーム大会、子供の部は、ここまで。


 ここからは、大人の部です(笑)。


 子供の部では、景品を部会費からねん出しましたが、大人の部は、そうお金もかけられません。


 

 ふと、雨が。


 昨年の土砂降りよりは、数段マシですが、それでも屋根付きの会場でよかったです。


 大人の部のビンゴは、各自、自宅からあまっている景品を持ち寄るというスタイルで。


 

 ビンゴをゲットしたら、あみだの場所を選び、あみだが景品を決めるというルール。


 ビンゴで勝って、あみだに命運を託し、選ばれた紙袋はあけてみなければなにが出てくるかわからないという滑稽な展開でした(笑)。


 

 ブログ担当宅から持参した詰め合わせの紙袋は、佐久田さんがゲット!


 ちょっとガサツな詰め合わせですけど(笑)。


 

 岩田さんも袋をあけて、確認。


 岩田さんは、ふーんという顔でしたが、奥様が喜んでおられました。


 

 鶴田さんも、景品ゲット!(というか、みんな必ず当たるのですが(笑))。


 元々、景品に出してもいいぐらいに思っていた品の持ち寄りですから、それでささやかな喜びを味わえると思えば、安上がりなものです。


 重箱の隅に本質が宿るとはうまくいったもので、最小の設備投資で最大のリターンを得る、ビジネスでも応用が効きそうです(うまいこというなぁ(笑))。


 

 ビンゴも終わり、またバーベキュータイム。


 

 広川シェフ、フル回転です!


 頼りになります!


 今度、定例会でも頼めませんか?(笑)。


 

 広川シェフが自ら、高本部会長に取り分けます。


 高本さん「ありがとうございます。」


 それぞれの道でスペシャリストがいて、チームとして集まったら、さらにパワーアップし、大きな力になる。


 それがチームまちのでんきや石川の結束力です。


 

 バターの隠し味がよく聞いていました。


 バーベキューにこっそりバターを持ってくるとは、意気込みが違いますね。


 

 豚汁も人気で、すっかりなくなりました。


 昨年もでしたが、食材が効率よく消費されました。


 回を重ねるごとに、要領もよくなってきます。


 

 鶴田さんと高本さんのご長女がバトミントン対決。


 楽しかった親睦バーベキューも、そろそろお開きの時間が近づいてきました。


 

 皆で片づけタイム


 一丸となって片づければ、早いこと。


 

 ゴミの山は、分担して、持ち帰ることになりました。


 ゴミの写真を撮っていたら、吉村さんが、


 「ハハハ、ゴミまで撮っとるんか(笑)。」


 わかっているのか、温かい目で(笑)。


 こんな写真をひたすら一生懸命撮影している人がいたら、ただの変なおじさんです(笑)。


 高本部会長「それでは、皆さん、記念撮影をしますので、集まってください!」


 

 「子供たちは、前列で座って…。」


 「ノボリは、林さん、持っていただけますか?」


 ここで、またあのボクがやってくれました。


 

 トコトコトコトコ…


 あぁ!!大下享夫君!!どこへ!!


 大下さん「コラ!アツ!!どこ行くがいや!」


 

 まさにマイウェー、我が道を行く…を絵に描いたような…。


 こんなに見たところ、行く先になにもなさそうな所、ゲットした景品を持って、どこへ行こうというのでしょう。


 もしかしたら、景品のドローンを、一人こっそり試してみたいと考えたのかもしれません。


 

 まちのでんきやファミリー、その様子を見て、皆微笑んでいます。


 林さん「やっぱり親子やなぁ。」


 「ハハハハハ…。」


 

 大下さん「待ちなさい!アツ!享夫!」


 この独創力、イマジネーション、行動力と探求心。


 石川青年部会に欲しい…(笑)。


 FCバルセロナのように、青田買いしましょうか(笑)。


 

 やっとつかまえました(笑)。


 なんと可愛いのでしょうか。


 子供は宝ですね。


 

 大下さん「スミマセン、お待たせして…。」


 一時はどうなるかと思いましたが、よかったよかった。


 ブログ担当「では、撮ります!」


 

 ハイ!チーズ!カシャ!

 

 「もう一枚いきま~す!」


 

 まちのでんきやファミリー、完結!


 小林拓哉君、最後は真ん中で決まってますね。


 山村鉄平君、今年も大活躍でした。


 が、今年は彼で決まりでしょうか。


   

 大下享夫君!

 

 デビューにして大物ぶりを発揮してくれました。


 大下さんだけでなく、子供たち、将来でんきやになろうと、違う道に進もうと、きっと両親の背中を見て育ち、今日の日の思い出を胸に刻んでくれることでしょう。


 親睦を深めることもできましたが、子供たちが楽しんでもらえたなら、これに勝る幸いはありません。


 

 参加メンバー、帰路へ。


 今度は道に迷うことなく(笑)。


 チーム石川、またチームとしての結束力を高められたものと。


 石川青年部会、ミッション遂行、親睦を通じて、チーム団結し、まちのでんきやブランド化を目指します。



 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。


 

       

 『まちのでんきや』ポロシャツを着用し、家電ライフをサポート中。


 あちこちの『まちのでんきや』さんから問い合わせがきています。


   

 『まちのでんきや』アゲイン!!

   
 『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)



 『まちのでんきや』とは


 『トータル家電ライフ』とは


 『石川青年部会』の野望(特に同業者様)


 『まちのでんきや』が高い理由(わけ)



 読者登録してね   



 ランキングに参加しています。


 クリックお願いします。

ダウン


   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 2016年9月22日(日)



 石川県森林公園にて。


 

 まちのでんきやノボリがファミリーを出迎えます。


 それは…。


 石川青年部会(石川県電器商業組合)による第3回親睦バーベキュー大会。


 津幡町の石川県森林公園にて。


 

 山村さん「おはようございます!」


 バーベキュー特命担当の山村さん(仮名)。


 食材を持参し、ファミリーで参加されました。


 毎年、食材、会場のセッティングありがとうございます。


 

 佐久田会計が集金業務。


 大下さんの奥様「大人2人、コドモ3人です。」


 (登場人物はすべて仮名です)。


 

 食材の下ごしらえを。


 森林公園の炊飯広場、屋根付き、炊事場付き、テーブルも多く、大所帯でバーベキューをするのには絶好の会場です。


 ただ、毎年、ここへくるまでに道に迷います(笑)。


 ブログ担当がここへきたとき、鶴田さん、大下さん、小林さんも迷っていました(笑)。


 

 高本部会長自ら…。


 お隣(右)は、高本さんの奥様。


 仲睦まじく…。


 高本部会長は、奥様、お子様3人と合わせ5人で参加。


 

 雲の隙間からわずかに青空も。


 途中から小雨は降りましたが、今年はおおむね天候に恵まれました。


 昨年は土砂降りでした。


 

 鶴田さんが、子供たちを引き連れ、遊んでいます。


 今年も健在、チャイルドマスター鶴田さん(笑)。


 子供が参加すると、やはりファミリーという感じが色濃く。


 

 今年はバーベキューではなく、食事会にしようかという話も出ていましたが。


 結局バーベキューに。


 いずれにせよ、まちのでんきやファミリー、素敵な親睦会の始まりです。


 

 山村特命リーダー、火起こしの準備中。


 本職のように手慣れた手つきで。


 アウトドアのスペシャリスト、山村さんがいてくれて、大助かりです。


 

 今年も広川シェフ、出番が…。


 シェフ自ら、厨房の事前チェック(笑)。


 ブロアで風を送ります。


 この辺はでんきやならでは(笑)。


 

 出ました!広川シェフ!今年も腕を振るいます!


 サポートは大下さんの奥様。


 子供たちがお腹が空いたというので、まずは軽くやきそばで。


 

 退屈そうなお子様は、鶴田さんがお盛を。


 青年部メンバー、それぞれ持ち場で係を担当します。


 チームワークの石川青年部会です。

 

 

 小林さんの長男、拓哉君、おいしいですか?


 拓哉君「ピース!」


 いちだんとたくましくなりましたね。


 

 ブログ担当の長男も。


 たくさん食べて、拓哉君のようにならなくては(笑)。


 あ、長男の方が学年が一級上なんですが(汗)。


 いよいよ親睦バーベキュー、本式スタートの運びに。


 

 挨拶は高本部会長「今日は昨年と違い、天候もよく…。」


 高本部会長「皆さんの日ごろの行いが…。なんとかこのまま持ってもらえればなと。(中略)では、乾杯のご発声は山村特命担当に…。」


 山村さん「皆さん、おはようございます。(中略)今年で3回目になりました石川青年部会の親睦バーベキュー…(中略)楽しい会になりますように。」


 

 山村さん「それでは、乾杯!!


 「カンパ~イ!!」


 パチパチパチパチ…。


 

 各テーブルの乾杯ポーズ、まずは高本、上島テーブル。


 カンパ~イ!


 上島さんのご長女と、高本さんの双子のご長男、ご長女が同級生とのことで、会話が盛り上がっていました。


 

 小林、吉村、佐久田チームも乾杯!


 吉村さんと一緒に参加されたのは、四男の流星君。


 毎度、吉村親子は父と四男です。


 

 谷川、大下、広川テーブル。


 大下さん「享夫!こっちきなさい!」


 大下次男、享夫君「いやいや!!」


 大下さん「しょうがないな(笑)。」


 この享夫君、今年の大スターでした(明日詳しく)。


 

 吉村さん「おぉ~焼けてきたぞ、流星。」


 流星君「もう食べてもいいが?!


 あちこちでまちのでんきやTシャツが目立っています。


 

 カンパ~イ!アダルトチームも…。


 左から岩田さんの奥様、岩田さん、若村さん、鶴田さん、林さん。


 毎年この場所は、アダルトチームが自然と集まります(笑)。


 

 そして、山村リーダーテーブルも乾杯!!


 次男の鉄平君、今年もビンゴゲームありますよ~。


 主役のポジション、不動でしょう…。


 ところが…この後、主役の座が一気に…(明日詳しく)。


 

 各テーブル、順調にお肉が焼け、皆さん、夢中に。


 あ、アダルトチームはテーブルがないんですね。


 スミマセン、窮屈そうで。


 

 網焼きは脂がいい具合に落ちて、全然違います。


 しばらく談笑が続いていましたが…


 ふと、泣き声が…。


 

 「うえぇ~~ん!アチかった…アチかった…。」


 大下さんの奥様「享夫、大丈夫か?」


 おやおや、肉の脂が飛び散って、享夫君の顔にかかったようです。


 大人でもダメージ大ですから、5歳のお子様はさぞかし…。


 大下さん「大丈夫や、アツ。」


   

 子供たちは無邪気なものです。


 ブログ担当も、よく電器屋の親に連れられて、こんな感じのレクリェーションに参加し、楽しかったことを覚えています。


 登山や、地引網、運動会、バス旅行など。


 電器屋仲間のコドモさんらと遊び、楽しかったことは、記憶に残っています。

 

 幼心に、こういう思い出も、いつか電器屋の後を継ぐ、ほんの小さな一要因になっているのかなと。


 

 豚汁も…。


 おいしくいただきました。


 さてさて、今年の親睦バーベキュー、伝説はここからです。


 

 いよいよ子供たちがお待ちかね、ビンゴゲーム大会。


 おや?なにやら大下敦夫君が品定めを。


 ビンゴをゲットしたら、どれにしようかな~と?


 …と、思いきや。


 あっっっ!!!


 

 享夫君!まだ始まる前から、お気に入りの景品を自分のものに!!


 これは恐れ入りました!


 大下さんの奥様「アツ!まだやぞ!ビンゴしてからやぞ!」


 享夫君「いやいやいや!!!」


 無理もありません。


 大下さん「困ったなぁ~アツ、どうするいや。」


 ビンゴゲームは順調に。


 リーチの人が続々と。


 そして、享夫君のビンゴもリーチまで。


 

 大下さんの奥様「アツ!リーチやぞ!!」


 ところが享夫君、そのリーチの意味がわからないからか、お母さんから叱られたかと思い、また大泣きしてしまいました。


 そして、この後、衝撃の展開が!


 というわけで、チームまちのでんきや石川、第3回親睦バーベキュー、前編はこれにて。


 明日は、後編『衝撃デビュー編』を。


 

 山村鉄平君!このピースサインは?


 今年は意中の商品をゲットできたのか?!


 そして、大下享夫君は、半ば自分のもののようにキープした意中の商品を手離さなければならないのか?


 それとも奇跡の一抜けビンゴで晴れて…


 

 明日までごきげんよう~。


 

       

 『まちのでんきや』ポロシャツを着用し、家電ライフをサポート中。


 あちこちの『まちのでんきや』さんから問い合わせがきています。


   

 『まちのでんきや』アゲイン!!

   
 『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)



 『まちのでんきや』とは


 『トータル家電ライフ』とは


 『石川青年部会』の野望(特に同業者様)


 『まちのでんきや』が高い理由(わけ)



 読者登録してね   



 ランキングに参加しています。


 クリックお願いします。

ダウン


   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 まちのでんきやブログを開設して、最初にして、未だにビッグエピソードとして語られるのがこれ…。


   

 

 石川県電器商業組合の金沢青年部は、昨年から「MDK(まちのでんきや)」と銘打ち…。


   

 新聞記事みたいぞ?!


 それは…。


   

 

 全国紙の朝日新聞さんでした!


 それは、とある老人施設で、リコール対象の加湿器を使用し、火災死亡事故が発生したことから、社会問題になったことが発端でした。


 電器店では、リコール対象商品が出た時、お客様にどのように周知しているのか。


 朝日新聞さんが、社会面で特集したのでした。


 インターネットで手がかりを探るうち、当まちのでんきやブログがヒットしたというわけです。


 電話取材を受け、報じられた記事がこちら(2013.3.10 朝日新聞生活面)。


     

 

 リコール製品、我が家に?(2013.3.10 朝日新聞 生活面 23面)


 不特定多数が相手の家電量販店や、さらにお互い顔が見えないインターネット通販が流行る最近の家電流通事情ですが、そんな中で、リコール情報が発令された際、はたして周知はどのようにしているのか、そんな特集記事でした。


 そんな朝日新聞記者さんのネット検索において、まちのでんきやブログのどこがどう引っかかったのか、石川商組に取材依頼の電話が。



 3月定例会の日、朝組合会館に出向くと、長川専務理事(仮名)が、ここへ電話するようにとメモを。


 それが担当記者さんの携帯電話で、そのまま電話取材を。



    

 それがこの記事でした。


 記事前半には、某大手量販店はどのようにリコール周知をしているかについて触れていました。


 販売履歴をもとに、いっせいにハガキを送るなどの対応を。


 それに続く形で、では、全国の「小さな電器店は」という書き出しで、まちのでんきやが取り上げられました。


 その代表として、石川青年部会(当時金沢支部)の固有名詞が。


 記事に信ぴょう性を持たせるため、確かにこういう対象者に取材をしましたという形にされたのでしょうか。


   

 なんにしろ、宣伝していただいたことは喜ばしいこと。


 記事全体からすると、まちのでんきやさんは、結構な比率で紙面を割いていただきました。


 そして、取材では、約1時間ほどを要し、いろいろ聞かれました。


 記事の文面に「MDK」の文字が入っていますが、このアルファベット3文字を使っていいものか、特に公的な大新聞さんに掲載されるわけですから、気を遣いました。


    

 

 記事では、まちのでんきやならではの特徴についても触れていただきました。


 リコール対象品であれば、他店で買った品でも対応を呼びかけているという具合に。

 

 それは、ブログ担当の実体験からでした。


 お得意様の林さん(仮名)宅で、他店で購入された洗濯機を見つけ(実は他店から品物が入っていた気持ちの方が辛かった(涙))、それはリコール対象品であることを伝えました。


 すると、林さん、その場で電話の受話器を取り、購入されたという家電量販店に電話されました。


   

 電話なら、後からでもいいのになぁ~。


 他店から洗濯機を購入されたことは内心ブルーでしたが、反面、「あぁ、やっぱりまちのでんきやの方がこういう点できめ細かいサービスであるということが伝われば、今度からは…」などと、内心で優越感と戦っていました(笑)。


 この朝日新聞さんのエピソードは、まちのでんきやブログで何度アップしたことでしょう。


 喜ばしい反面、いつまでもこのエピソードばかり…これが記憶から薄れるくらい、まだまだ伝説を作らなくては(笑)。


 まちのでんきやブログ発のサプライズは、昨年もありました。


 それはなんと!


   
 

  映画監督、安田真奈さんから、ツイッターでメッセージが届いたことでした。



 それは、昨年2015年8月、経営活性化研修会(石川県地場産業振興センター)で、某家電メーカーのCMを観たことがきっかけでした。


 まちのでんきやにスポットをあてたCMで、まちのでんきやがいかにきめ細かくサービスに徹しているかが伝わる内容でした。


 それが映画監督の安田真奈さん作だと知り…。

 安田真奈 監督CM 第2弾!(2015.9.24のブログより)  


 


  

 

 「まちのでんきやさん」だからできること。(CMより)


 CMが安田真奈さん作と知り、同氏作の映画『幸福(しあわせ)のスイッチ』にブログで触れたことがきっかけでした。


 でんきやに スポット当たった 映画とは(2015.9.5のブログより)  


 安田真奈さんといえば…。


   

 幸福(しあわせ)のスイッチ(2006年 安田真奈監督作品)


 後にも先にも、『まちのでんきや』にスポットが当たったテレビなり、映画なりがこれまでも、この後もあったでしょうか。

 DVDは奈良県の青年部会長、北田さん(仮名)にお借りしました。

 奈良県といえば、安田真奈監督、奈良県出身なのです。


 某家電メーカーA社に勤務履歴があった安田監督は、A社時代、まちのでんきやで実習経験があり、そのときのまちのでんきやの献身的なサービスと、お客様との深い結びつきに感銘を受けたことが映画製作のきっかけになったとのことで。


   

 お得意様のために献身的サービス、まちのでんきやさん


 安田監督、電器屋さんを主人公に映画製作することに、周囲から反対されたそうです。


 ところが、こういうふうに伝え、関係者を説得したそうです。


 「今時、自分の家のカギを他人に預けるなんてことできますか?ふつうはできないですよね。でも、実際それがおこなわれているのが『まちのでんきや』さんとお客さんの関係なんですよ。」…と、熱く。


 まちでんは お得意様の 取説です(2015.9.6のブログより)  


 そんな安田監督が製作したCM第二弾は、最後にこんなメッセージでしめくくっています。


   

 

 私がお客様の取り扱い説明書になります。


 これは、実際まちのでんきや家業に携わっている当人でさえ、なかなか出てこない発想です。


 実際はその通りなんですが、思いつくフレーズではありません。



 まちのでんきやブログは、更新すると、自動的にツイッターに反映され、そのツイッターからブログにリンクするというスタイルです。



 いわば、放置状態なのですが、それでも映画監督がツイッターに反応し、ブログを見てくださって、先方からツイッターでメッセージが届く。


 奇跡的なことではありませんか!


 石川青年部会は、奇跡を起こしたいと常々目論んでいます。


 そんな奇跡の息吹を感じたのが、このエピソードでした。


 

 埼玉県吉川市のワコー電器さん(本名)から画像が届きました。


 ブログを通じて、「ブログに載ってたユニフォーム、わけていただけるのですか?」との問い合わせが。


 もちろんウエルカム!さっそく送らせていただきました(画像のユニフォームは、その後全国展開ができなくなり、今は流通をストップしています)。


 

 ご夫婦で画像を撮影!なんて美男美女!


 そのままモデルになってくれませんか?とお願いしたら、ずっこけてましたが(笑)。


 全国に 広まるポロシャツ MDK(2014.7.14のブログより)  


 

 今は流通をストップしているMDK入りのポロシャツ


 画像は、石川青年部、吉村さんのお店で役員会議をした後、そのまま片町(飲み屋街)を練り歩くチームまちのでんきや石川の面々ら。


 MDK みんなで歩けば 怖くない(笑)。


 あ、MDKは封印しているんでした。


 MDKの方が川柳で納まりがいいんだけどなぁ(いまさら…)。


 

 2年前まで、勢いよく宣伝してました。


 半袖ポロシャツはなんと!19色展開!


 ブログを見て、問い合わせがあちこちから。


 北は青森県から南は…どこが最南端だったかな(笑)。


 実際流通したのは、青森、栃木、埼玉、東京、石川、福井、愛知、奈良…


 

 福井の佐々本デンキさんからも画像が。


 抜けてる都道府県がありましたら、スミマセン。


 

 今はこのデザインです。


 2016年8月5日付で商標登録も果たしました。


 SNS・ブログの力は偉大です。


 

 利家とまつ金沢城リレーマラソンに参加


 ブログやSNSを通じて、奈良青年部さんが交流の機会を…とのことで、情報交換を通じて、2015年、2016年と実現しました。


 

 交歓交流というスタイルで、今度は石川メンバーが奈良へ!


 画像は、大和郡山市で開催された全国金魚すくい選手権大会時、記念撮影したものです。


 交流といえば、愛知青年部さんとも…。


 

 2016.2.23 ANAホリデイ・イン金沢スカイにて


 愛知青年部の皆さんが、金沢にきてくださいました。


 合同で研修会を。


 

 懇親会も!


 すべてはブログ、SNSを通じた情報交換からスタートしています。


 初めて会ったメンバーも、初めてのような気がしません。


 

 富山青年部設立総会 & 懇親会 にて記念撮影


 あれやこれやの軌跡を経て、今日に至ります。


 それはこの4年における、軌跡にして、奇跡でした。


 そして、来月はいよいよ全国青年部サミットが開催予定、ブログ担当も東京には初参加予定で、楽しみにしています。


 そして、facebookやLINEで情報交換をしている、まだお会いしていないメンバーさんらに会うことも楽しみです。


 全国まちのでんきや同志の皆さん、SNSやブログでまちのでんきやを伝えましょう!



 情報発信し、『まちのでんきや』ブランド化、『まちのでんきや』アゲイン!実現を目指しましょう!



 『まちのでんきや』はトータル家電ライフをサポートします。


 

       

 『まちのでんきや』ポロシャツを着用し、家電ライフをサポート中。


 あちこちの『まちのでんきや』さんから問い合わせがきています。


   

 『まちのでんきや』アゲイン!!

   
 『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)



 『まちのでんきや』とは


 『トータル家電ライフ』とは


 『石川青年部会』の野望(特に同業者様)


 『まちのでんきや』が高い理由(わけ)



 読者登録してね   



 ランキングに参加しています。


 クリックお願いします。

ダウン


  


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 あれから1年。


 

 石川まちのでんきやファミリー親睦バーベキュー(2015.8.30)  


 記念撮影シーンより。


 

 昨年は土砂降りでした。


 石川青年部会は、親睦を図るため、8月の終わりに親睦バーベキューを開催しています(2014年より)。


 昨年は第2回でした。


 土砂降りの中でも、バーベキューが開催できたということは、津幡町森林公園ならでは。


 せっかくファミリーが夏休みの終わりに予定をおさえて参加予定しているのですから、雨天中止では申し訳ない…。


 内川スポーツ広場なども案にあがっていましたが、森林公園にしてよかった(笑)。


 内川スポーツ広場といえば…


 

 一昨年5月に内川スポーツ広場でバーベキュー を。


 

 このバーベキュー、8月のバーベキューのための予行でした。


 昨年、石川親睦バーベキューを企画し、その模擬として、有志が集まりました。


 

 焼きそばを作っている?のは、当時小1の吉村四男、大成君(現小3)


 (登場人物はすべて仮名です)。


 

 模擬といいながら、大人もじゅうぶん楽しんでいました(笑)。


 画像は、日曜日が営業日の鶴田さん。


 ゲスト登場されました。


 そんな予行を経て、一昨年2014年8月、第一回の親睦バーベキューは、雨でもできる森林公園で。


 

 第一回石川親睦バーベキュー


 最初は、大人も子供も、文字通り、バーベキューでしたが…。


 

 子供がじっとしていられるはずがありません(笑)。


 吉村四男、大成君、水鉄砲遊びで飛び回ります。

 

 

 恒例、鶴田さんの高い高い(笑)。


 

 今度は、小林拓哉君…これはさすがにちょっと…。


 将来が楽しみな小2(当時)です(笑)。


 鶴田さん、今年こそ!(なおさらムリでしょ)(笑)。


 

 広川さんの名シェフぶりが好評でした。


 

 ビンゴゲームも。


 ブログ担当の長男、宏介「なかなか当たらんなぁ~。」


 

 特賞をゲットしたのは、広川ファミリーでした。


 名シェフぶりの報いということでしょうか。


 そして、一年後。


   

 役員が早くに出かけ、準備を(2015.8.30)


 夏休み、最後の日曜日、本来なら、夏休みで、宿題が追い込みの子供たちは、貴重な日曜日のはずですが、良い子が多いのか、皆さん、すっかり余裕のようで…(たぶん)(笑)。


 石川青年部会、山村さんや若村さんなど、アウトドアのスペシャリストがたくさんいて、バーベキューはお手の物です。


 日頃の仕事がただでさえアウトドアで、さらに趣味もアウトドアという筋金入り(笑)。


 

 おやおや、鶴田さんと福本さんが雨どいの掃除を(笑)。


 雨だれがひどく、放置できないボランティア精神満点のお二人。


 鶴田さんは、献血マニアにして、子供好きにして、さらには積雪のあった冬の朝は、4時に起きて、通学路の除雪まで。


 でんきやのというより、人として鏡です。


 

 鶴田さん、持参したブロアーで、火起こし!


 なにをするのも全力投球です。


 

 高本部会長、自ら、食材の下ごしらえを。


 そんな高本さんの活躍ぶりに心打たれたのか、珍しいのか(笑)、虫君もバーベキューに参戦。


 

 バッタ君「高本さん、おつかれさん!」


 チーム石川、日頃は『まちのでんきや』ブランド化!を目指し、議論を交わしますが、遊ぶ時も一生懸命です。


 ブログ担当も、ワイフと子供たち二人、家族総出で参戦しました。


 

 山村BBQ特命担当による乾杯の挨拶


 山村さん「今日は、食べて、飲んで、そして後でお楽しみも…。」


 

 カンパ~イ!!


 

 小林さんのテーブルも!


 テーブルが複数、ファミリーがそれぞれの肉や野菜を甲斐甲斐しく焼いたり突っ突いたり。


 

 ブログ担当「岩田さん、いい顔お願いします!」


 岩田さん「いい顔?いつも悪いしな、ハハハハハハ…。」


 ブログ担当「いや、いつにも増して、いちだんといい顔を!」


 岩田さん「ホントかいや、ハハハハハ…。」


 ブログ担当「何枚か撮りますので、もっとニッコリ!」


 ところが岩田さん、だんだん苦悶の顔に。


 岩田さん「手がちょうど炎の真上なんで熱くて(笑)。」


   

 一日チョンガーチームは男だけで(笑)。


 コドモが大きい鶴田さんや佐久田さんらは、大人だけで会話を。


 鶴田さん「金魚すくい、楽しかったね。来年(今年)はマイクロバス借り切って、青年部メンバー大挙して行かんなんね。」


 結局、マイクロバスではなくて、鶴田さんのマイカーでした(笑)。


 

 あぁ~やっぱり(笑)。


 子供たちは食べ終わり、雨が小降りになると、もう飛び出します。


 思い思いに水遊びを。


 ところで、なぜ一昨年、昨年のバーベキュー名場面をブログアップしたかというと…。


 実は、明日…。


 

 チーム石川ファミリー!


 第3回親睦バーベキューなんです!!(ワーーーーイ!!)


 例年、8月最終日曜日に実施していましたが、今年はA社系列のメンバーが行事が入っており、実現できませんでした。


 一時はバーベキューをあきらめて、ファミリーが集っての食事会にとどめておこうかとの話が出ていましたが、メンバーにアンケート調査した結果、やっぱり今年もバーベキューで行こう!ということに。


 

 さて、お楽しみ、ビンゴゲーム大会!


 子供たちも大人たちもお待ちかね。


 

 進行は吉村さん。


 

 畑崎さん、子供の部、一抜け!ナイスビンゴ!


 

 山村次男さんは、欲しかった商品をゲットできず、大泣き。


 でもいいじゃないですか、お兄さんがゲットしたんですから、仲良く遊びましょう(笑)。


 

 大人の部一抜けは佐久田さん!


 二抜けは福本さん…おかしいなぁ、役員ばかり…自らセッティングして、ワンツーフィニッシュ…なんか細工してないか?(そりゃないか(笑))。


 

 ブログ担当の次男「ボク、これ!」


 ビンゴでブログ担当の次男が選んだそれは…


 

 健二!それは我が家から持ってきた、あり合わせの…(笑)。


 

 そして広川シェフによる恒例の…焼きそばタイム!


 うわぁ~さすが、広川さん!見物人がたくさん集まりました。


 

 シェフ自らとりわけます。


 とっても楽しい親睦バーベキューでした。


 

 最後に記念撮影!


 チーム石川ファミリー、2015も素晴らしい親睦の機会になりました。


 そして、明日はいよいよ第3回の親睦バーベキュー。


 せっせと準備が進んでいます。


 バーベキューの様子は、明日以降にまた。


 チーム石川、活動を通じて、『まちのでんきや』ブランド化を目指し、時に遊び、親睦を図り、ファミリーで『まちのでんきや』アゲイン!を実現します。


 

       

 『まちのでんきや』ポロシャツを着用し、家電ライフをサポート中。


 あちこちの『まちのでんきや』さんから問い合わせがきています。


   

 『まちのでんきや』アゲイン!!

   
 『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)



 『まちのでんきや』とは


 『トータル家電ライフ』とは


 『石川青年部会』の野望(特に同業者様)


 『まちのでんきや』が高い理由(わけ)



 読者登録してね   



 ランキングに参加しています。


 クリックお願いします。

ダウン


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


 まちのでんきやブログで、なぜ情報発信し続けるか。


 それは、ただひたすら、『まちのでんきや』ブランド化を実現したいからです。


 では、そこまでいうなら、『まちのでんきや』ブランド化とは、一言でいうなら…。


 『まちのでんきや』ブランド化の最大の目的は、


 『まちのでんきや』を一言でいうなら?との質問も出ることなく、答える必要もなくなることが究極の目的です。


 


 たとえば、『温泉行こう!』と言われたら、石川県でいえば、和倉温泉、山代温泉を思い出します。


 では、温泉施設とはなにか?などといまさら定義について考えることはあるでしょうか。


 文字通り、温泉が沸いて、上げ膳据え膳の食事があって、宴会があって、女中さんがいて、おもてなしがあって、景色や施設、わくわく感があって、非日常で、心躍る空間のこと…などとは、いちいち言いません。


 


 温泉は温泉です。


 また、温泉とは、よく考えたら、食事して、風呂に入って、寝るだけのところといってしまえば、それでおしまいです。


 それでいえば、食事して、風呂に入って、寝るだけなら、我が家も同じことです。


 女性なら、女中というと叱られますが、カミサンもいて、上げ膳据え膳というと誤解を招きますが、一応食事も出て、洗濯も寝床も、亭主がなまくらなら、自動的といえば自動的です。


 


 では、どうでしょう。

 

 温泉施設に出かけて、食事して、風呂に入って、寝るだけなのに、なんで1万数千円もとられるんだ!などと言っては、誰も怒りません。


 それは、温泉は温泉だからです。


 一方、『まちのでんきや』はどうでしょう。


 

 『まちのでんきや』とはなにか。


 家電品の購入だけではなく、ひとたび故障があれば、早くかけつけ修理、メンテナンス、取り扱いがわからないと聞けば走り、操作説明し、エアコンの効きが悪いと聞けば走り、フィルターが汚れているとわかれば掃除し、でんきがつかないと聞けば走り、高い所のランプ交換をし、


 テレビの映りが悪いと聞けば走り、テレビが悪いのか、アンテナが悪いのかを調べ、アンテナが悪ければ、修繕し、そもそもテレビ映りが悪いのはアンテナのせいなのに、うっかりテレビを買い替えてしまったという失敗をお客様にさせないようする…


 洗濯機の調子が悪いと聞けば走り、脱水の調子が悪いというので点検したら、排水のスピードが遅いようなので、もしやと思い、排水トラップがゴミ詰まりをしているのではと、排水トラップを分解して、せっせと掃除したら、洗濯機は快適に動くようになった、慌てて洗濯機を買い替えてしまったという失敗をお客様にさせなくて済む…


 

 時には、手書きのオリジナル説明書きも。


 家電量販店やインターネット通販が逆立ちしてもマネできない、スピード解決、ピンポイント解決、家電だけなら価格で対抗できなくても、家電とインフラ、安全安心のトータルパッケージなら、価格でも絶対負けないトータル家電ライフサポーター、それが『まちのでんきや』です!


 ザ・温泉よりも、ザ・まちのでんきやの方が、その特色を説明するのに、原稿用紙何枚でも書けるはずのに、温泉は説明不要ですが、まちのでんきやは説明が必要で、しかも理解してもらえなくて、それならまだしも、そもそも『まちのでんきや』という概念が、今の社会には、消えつつあるのです。


 

 40年前は、家電の流通業界は、『まちのでんきや』の独壇場でした。


 20年前は、『まちのでんきや』か『家電量販店』かで、シェアではすでに大きく負けていましたが、それでも選択肢がありました。


 では、2016年はどうでしょう。


 ごく一部、『まちのでんきや』ファンは存在し、その人たちのお陰で我々、『まちのでんきや』は息をつないでいますが、世の中の大半は、『家電量販店』か『インターネット通販』かの二択で、『まちのでんきや』は選択肢からも外されました。


 


 『まちのでんきや』ブランド化は、ブランド化という以前に、『まちのでんきや』を、もう一度思い出してもらうこと、ひいては、『まちのでんきや』を知ってもらうこと、そこが出発点なのです。


 そして、先に長々と書き連ねたような講釈を、いちいち並べなくてもよくなること、あぁ『まちのでんきや』ね、だったら高くてもしょうがないね、と言ってもらえること。


 若い世代なら、「自分は量販店で買うけど、年老いたオヤジ、オフクロのことは、やっぱり『まちのでんきや』だね。」と、自然にそう言ってもらえるような社会を目指すこと、それが『まちのでんきや』ブランド化の究極の目的です。


 そして、最初の質問に戻るなら、なぜまちのでんきやブログで、情報発信を続けるのか。


 



 それは、まちのでんきやブランド化実現により、広く市民にまちのでんきやを知ってもらいたいたい、


 そして同志であるまちのでんきやさんにもメッセージすることで、今一度、まちのでんきやさんに発奮してもらいたいからです。


 ここで、市民の選択肢から、まちのでんきやが消滅するということが、どういうことなのかについて考えます。


 今年、リオ五輪が開催され、日本勢大活躍のうちに閉幕し、次はいよいよ東京五輪です。


 遡ること8年前、女子ソフトボールチームが宿敵アメリカを倒し、見事金メダルを獲得しました。


 上野投手が省エネ投法というピッチング技術を駆使して、アメリカを倒したのは喝采ものでした。


 

 ところが、目先の大成功と同時進行で、次の2012年、ロンドン五輪から、ソフトボール競技が除外されました。


 腕を振るおうと思っても、その振るうべき舞台がなくなってしまったのです。


 このことを『まちのでんきや』に置き換えれば、日ごろの営業活動で、上手に販促物を駆使して、目先のビジネスは順調に展開できたとしても、気が付いたら、お得意様は高齢化し、次の世代のお得意様となるべき人たちが激減していた…そんな状況と同じです。


 五輪種目から外されたソフトボール競技は、活動予算を大幅に縮小され、代表活動日数も大幅に減り…。


 


 種目自体が疲弊すれば、次代のソフトボールをめざすスターも育たずの悪循環に。


 2020年東京五輪、地元開催の特権で、暫定的に復活を果たしましたが、その後も五輪の種目であり続けるためには、まだまだ道半ばです。


 いつかまた まちのでんきや 陽は昇る(2015.5.9のブログより)



 女子ソフト 復活しても 道半ば(2016.8.7のブログより)


 また、リオ五輪で、感動を与えてくれた、レスリング競技も、2013年、一時は、五輪の中核競技からは外されかけました。


 

 レスリング 女子3選手が 金メダル~今日の栄光・3年前の影~(2016.8.18のブログより)  


 お尻に火が付いたレスリング競技は、大改革に着手し、ついには中核競技として残留を果たしました。


 IOCの評価基準であるところの、①人気②歴史伝統③国際性という点をクリアして。


 たとえば、以前は第3ピリオドまであり、2ピリオドで勝利した者を勝者とするというルールでしたが、改革で第2ピリオドまでとし、トータルの総得点で勝る者を勝者とすることにあらためました。


 結果、伊調選手、登坂選手の大逆転による金メダル獲得にもつながりました。

 

 

 翻って、『まちのでんきや』も同じこと…。


 五輪でいうところの宿敵を倒し、メダルを目指すことは、『まちのでんきや』でいうところの日々の営業活動であり、ビジネスの成功です。


 同時に、五輪でいうところの五輪種目であり続けることは、ソフトボールならソフトボール、レスリングならレスリング競技を外国に布教活動したり、ファンとの集いやスポーツ教室を開催して、底辺を拡大する活動は、『まちのでんきや』でいえば、それはとりもなおさず、組合活動に他なりません。


 いわば、組合活動とはなんぞやと聞かれれば、『まちのでんきや』のロビー活動といってもよいでしょうか。


 


 そして、ここ最近、各都道府県の青年部活動が活発になり、10月には全国青年部サミットが開催されます。


 目先のビジネスの成功と、『まちのでんきや』そのもののロビー活動、両方を追い求めるための時間とエネルギーを多く残されているのが、特に青年部というわけです。


 組合活動とは、とりもなおさず、ロビー活動。



 ロビー活動の一環、それが『まちのでんきや』ブログというわけです。


 全国の『まちのでんきや』同志の皆さん!



 ブログ、ツイッター、facebookなどで、『まちのでんきや』を伝えましょう!



 情報発信し、まちのできや復権を図りましょう!


 

 まちのでんきやブログは、365日、まちのでんきやを伝えます。



 『まちのでんきや』はトータル家電ライフをサポートします。


 

       

 『まちのでんきや』ポロシャツを着用し、家電ライフをサポート中。


 あちこちの『まちのでんきや』さんから問い合わせがきています。


   

 『まちのでんきや』アゲイン!!

   
 『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)



 『まちのでんきや』とは


 『トータル家電ライフ』とは


 『石川青年部会』の野望(特に同業者様)


 『まちのでんきや』が高い理由(わけ)



 読者登録してね   



 ランキングに参加しています。


 クリックお願いします。

ダウン


  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。