まちのでんきやのブログ ~目指せトータル家電ライフの極み!!~

家電製品には、それらをとりまくさまざまな事柄が存在します。私たち、まちのでんきやは家電製品を単体ではなくトータルで捉え、お客様に安心、安全をお届けしています。


だから私たちは「トータル家電ライフ」を掲げます

テレビはアンテナ設備、洗濯機は給排水設備、エアコンは電気設備…等々
インフラがセットになって初めて快適な家電ライフが実現します。
家電製品と、インフラと、安全安心。どれかひとつ欠けても
快適な家電ライフは実現できません。
それらを全てトータルでサポートできる存在は、まちのでんき屋だけ。
だから私たちは「トータル家電ライフ」を掲げます。
みなさんの快適な家電ライフのために、私たちにご相談ください。
ブログではそのトータル家電ライフの一部
をご覧いただけます。


・トータル家電ライフとは
・「まちのでんきや」について
・まちのでんきやが高い理由(わけ)
NEW !
テーマ:

 

 上得意の塚田さん(仮名)。

 

 新築されるとのことで、仮住まいへ引越しされました。

 

 

 まちのでんきや「うわぁ、凄い荷物ですね。」

 

 塚田さん「そうなんです、これ、整理するの大変。」

 

 ~ 3日前 ~

 

 携帯電話にコールが。

 

 塚田さん「(引越しのため)仮住まいに引っ越しするので、あれこれ点検してもらえるかしら。」

 

 とのご依頼で、引っ越しし、一服されたタイミングに訪問を。

 

 

 引っ越し屋さんもいろいろですが、あぁ、ホント運んだだけだ(汗)。

 

 テレビが映らない…。

 

 直接のご依頼は、これを機会に不調な洗濯機を買い替えようということになったのですが、とりあえずどうしようかというもの。

 

 買い替えることは間違いないが、まだ新居の図面も見る前に、新しい洗濯機をチョイスできるかどうか、悩みがありました。

 

 

 うわぁ~確かにこれは微妙だなぁ~(仮住まい)

 

 ご依頼を受けた日、ブログ担当、金沢支部総会で不在でした。

 

 同僚の小野君に頼み、現場を見てきてもらいました。

 

 画像を送ってもらい、支部総会の最中に眺めていました。

 

 これは、実際見てみないとわからないな。

 

 LINEで再訪問する旨を伝えました。

 

 場合により、即新品を購入していただいてもよかったのですが。

 

 翌日現場へ走り、再下見を。

 

 

 

 まちのでんきや「塚田さん、今慌てて購入しないでおきますか。」

 

 塚田さん「あら、そう。」

 

 まちのでんきや「とりあえずですが、貸し出し用で使っている洗濯機を貸しますので。」

 

 塚田さん「悪いわね、でも、新居が完成するのはまだ半年先なんだけど。」

 

 まちのでんきや「えぇ、それはなんか考えます。」

 

 いくら上得意様のためとはいえ、半年も洗濯機を貸し出しするというのは。

 

 それがあり得るのがまちのでんきやの上得意様、そしてまちのでんきやの関係性です。

 

  

 

 家電品の貸し出しは、修理品をおあずかりした場合の代替として利用するのが日常ですが、時にはこういうケースも。

 

 レンタル屋さんで半年も借りたなら、どれくらいの費用になるでしょうか。

 

 たまたま貸し出しした洗濯機は、2013年製と比較的新しく、キレイだったので、半年用のそれとして提供しました。

 

 その間に他の現場で貸し出ししなければならない事態が生じたら。

 

 それまでに引き上げ品で程度の良い廃家電が出れば、それを使用することにしますが、もしそれもなかなか出なかったら、そのときは中古品専門店に走ります(汗)。

 

 

 どうせ買い替えることがわかっているなら、マイホームが完成して、現場を見てからあらためてご商談しようということになりました(本来は、どんな洗濯機がきても、それが入るような設計であってほしいのですが、最近はなぜか新築であっても、苦労が絶えません)。

 

 テレビが映らないというのは、洗濯機の用件で、仮住まいを訪問し、初めてお聞きした相談事でした。

 

 行ってみると、そっちの方が難題でした。

 

 まちのでんきや「困ったな、アンテナがあるのに、テレビが映らないって、どういうわけだろ。」

 

 

 

 すでに日が沈み、また小雨も降っていたので、今から屋根に上るわけにもいかず。

 

 お得意様ご自身のお宅であれば、お得意様と直接打ち合わせして、設備をどう調査しようが、手をくわえようが構わないのですが、人様のお宅ではままなりません。

 

 塚田さん「不動産屋さんに電話しますので、でんきやさん、お話していただけますか。」

 

 不動産屋さんはちょっと不愛想な人で、また直接の担当者も帰社され、留守番対応の人とは、話がかみあいません。

 

 

 不動産屋さん「あくまでも一般的なお話ですが、改修に際しては、基本的に住居人さんのご負担になります。ただし、それについて、穴をあけたり、屋内を配線したりというのは、基本的にNGで、どうしてもという場合は大家さんの許可が必要です。ただし、今日はもう遅いですから…。」

 

 一般的な話をされても…(もっとも大家さんでもない不動産屋さんの担当者でもないたまたま電話に出た人にそれを迫ってもしょうがない。むしろ、電話番としては、よくできている…と、感心している場合ではないが)。

 

 ただでさえ環境の違う所にやってきて、引っ越し荷物の整理でクタクタなお得意様が、一難去ってまた一難。

 

 

 

 塚田さん「でも、いくら仮住まいでも、テレビぐらいは観たいわねぇ。」と、家族で顔を見合されていました。

 

 そうか、まちのでんきやの双肩にかかっているなぁ。

 

 屋根の上のアンテナをさわらずに、映らないテレビを映るようにする。

 

 今できることといったら、ブースターの電源部を取り付けすることぐらいか。

 

 塚田さんの許可を得て、お部屋というお部屋を全部点検させていただいたのですが、それらしきものが見つかりません。

 

 

 

 ブースター(増幅器)とは、弱電界地域で、電波を増幅させるための器械なのですが、それがどこかについているという前提だとして、だとすれば、どこかにそこへ電源を供給する器械もあるはず。

 

 ところが、どのお部屋にもないということは、こちらで準備しなければなりません。

 

 ブースターの電源部取り付けなら、大掛かりな改修も必要なく、どうにか。

 

 ただし、今きたばかりのお宅では、どこから電源を送ればいいのか、それはブラックボックスでした。

 

 

 

 話が長くなるので、割愛しますが、短時間でできる試行錯誤の末、どうにかブースターを機能させることに成功しました。

 

 塚田さん「あら、映った!でも、なにがあったのかしら?(でんきやさんはなにをされたのでしょうかという意味))」

 

 わからないながらも、一通り説明し、「要は、終わってみれば簡単なことですが、そこへたどり着くには苦労することもあるというわけです。」

 

 塚田さん「そう、突然こんなこと頼んでスミマセンね。」

 

 洗濯機の長期間貸し出し、テレビが映らず途方に暮れ、それの問題解決。

 

 一時は路頭に迷った家電難民さんを、まちのでんきやは今日も解放することができました。

 

 

 手前味噌でスミマセン。

 

 万一のとき、ホントに困ったとき。

 

 速やかに訪問し、ピンポイントに解決ができる存在。

 

 それがまちのでんきやです。

 

 まちのでんきやは家電とインフラ、安全安心をセットで届けます。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 某情報筋から、貴重な画像が。

 

 

 うわぁ~!!五輪メダリストではありませんか!! (画像真ん中、赤の着物の女性)

 

 

 それは、リオ五輪女子重量挙げで見事銅メダルを獲得した三宅宏実選手。

 

 先の画像は、春の園遊会2017、その晴れのステージから、参列者当人から(ブログ担当の知人とだけ)。

 

 

 情報筋当人様からコメントもいただきました。

 

 大都会である東京のど真ん中に、こんなのどかな空間があるとは…と。

 

 昨年秋の園遊会は、三笠宮様が御薨去(こうきょ)のため、延期に。

 

 その時参加する予定だったのですが、中止に。

 

 

 (春の園遊会 2017.4.20)

 

 報道陣の数!

 

 皇族方々を撮影することはNGだそうですが、それ以外は、意外に伸び伸びとされているようですね。

 

 中止で残念と思いきや、一転、春に(知人に)お呼びがかかり…というわけで。

 

 

 三宅選手の銅メダルは感動的でした。

 

 ケガの痛みに耐えて、最後のチャレンジ、見事バーベルを上げて、逆転の快挙。

 

 思わずバーベルにハグしたシーンが印象的でした。

 

 五輪ならではですね。

 

 エアコン工事でうまくいったからといって、トルクレンチに頬ずりはしません(笑)。

 

 

 堂々と撮影したり、陰ながら撮影したり?

 

 画像中ほど、右の方、眼鏡の方は、愛知県の大村知事でしょうか。

 

 

 集合写真、一番左、体格がいい方は、リオ五輪競泳銅メダリストの瀬戸大也さん。

 

 園遊会は春と秋に2度ありますが、こらだけ五輪メダリストと遭遇するのは、8分の1の確率ということになります。

 

 いえ、園遊会に招かれる幸運と五輪メダリストに遭遇する幸運を乗じたなら、どれほどの確率になることか。

 

 

 民進党衆議院議員の松原仁さんの姿も。

 

 あ、これはとっさのようですが、撮影に応じてくださっているアングルですね。

 

 民進党、撮影に応じ…でいえば、こちらの方は。

 

 

 民進党衆議院議員の辻本清美さんは笑顔で対応してくださったようですね。

 

 突然呼び止めてしまって、アイムソーリ~といったかどうか(笑)。

 

 ~遡ること1年半前~

 

 

 石川県電器商業組合の上村理事長が旭日双光章を受章されました。

 

 

 安倍総理大臣の名前で表彰と記念のメダルが。

 

 

 旭日双光章受章記念祝賀会には、石川青年部メンバーも数名が参加しました。

 

 業界に長年貢献したということで、ありがたい受章ですが、上村理事長は、私個人というよりも、関係方々の協力があっての受章ですと。

 

 ~一年半後~

 

 

 その上村さん、なんと!春の園遊会2017に列席されました。

 

 貴重なことです。

 

 皇居敷地内に踏みしめた一歩は小さくても、まちのでんきやにとって、この一歩は大きな…(どこかで聞いたような)。

 

 

 (テレビ中継より)

 

 天皇皇后両陛下と卓球の福原愛さんが会話を。

 

 過去、昭和天皇と言葉を交わされた柔道の山下泰裕さんのエピソードが有名です。

 

 昭和天皇「どうですか、ずいぶん骨が折れますか?」

 

 ご苦労が多く、労をねぎらってのお言葉だったのでしょうが、山下さんは…。 

 

 
 山下泰裕さん「えぇ、2年前に骨折したんですけど、今は良くなって…。」
 
 昭和天皇「あぁ、そう。」
 
 
 えぇ?!骨が折れるというのは、ホントの骨折のことだったのか?!
 
 ずいぶん骨が折れるでしょうって、そんなにしょっちゅう骨折してたら…。
 
 
 そこは掘り下げないでおきましょう(汗)。
 
 
 着物の方は、伍代夏子さんですね。
 
 その左には、杉良太郎さんの姿も。
 
 かつては遠山の金さんとして。 

 

 
 この桜吹雪、見忘れたとは言わせねえぞ~。 

 

 
 このまちのでんきやロゴ、忘れたとは言わないでください(笑)。
 
 まちのでんきやのご用命は、各都道府県の組合経由にて、石川商組または青年部会までご連絡ください。
 
 
 さすがはテレビ人、違いますね。
 
 
 あ、五輪レスリング4連覇の伊調馨さん!
 
 貴重な一枚をありがとうございます。
 
 なぜ貴重か、それは伊調馨さんだからであることはもちろんのこと。
 
 まちのでんきやブログでも過去、記しています。
 
 
 
 レスリング競技は、2013年、一度は五輪の中核競技から除外されかかりました。
 
 慌てた協会は、ルール変更などの大改革を経て、どうにかメジャースポーツの座に踏みとどまりました。
 
 つまり、目の前の敵を倒すことと同時に、レスリング競技そのものが、変わらずメジャーであり続けなければならないというもう一つの戦いがあるということ。
 
 それは家電業界も同じ。
 
 今日明日の仕事をこなすことと同時に、まちのでんきやという存在が選択肢に踏みとどまることができるように。
 
 それが都道府県組合の目指す所、果たすべきミッションとういことでしょうか。
 
 
 話の展開が無理矢理ですが(汗)。
 
 
 上村理事長、叙勲、ならびに園遊会の参列、おめでとうございます。
 
 そして、画像提供者さん、ありがとうございました。
 
 まちのでんきやブログはまちのでんきやを伝え、メッセージします。
 
 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 二次会にて。

 

 

 (お店の人に撮影をお願いしました)。

 

 金沢支部総会後、懇親会。

 

 懇親会後、青年部メンバーは自然と片町へ。

 

 

 金沢支部総会(おとといのブログより)

 

 上村理事長「青年部が中心に計画中の『まちのでんきやプロジェクト』、ぜひ、実現したい…。」

 

 

 支部総会後の懇親会(昨日のブログより)

 

 日の高いうちに始まり、日の高いうちに終わる。

 

 そのためもあってか、ほとんどのメンバーが二次会へ。

 

 早く帰ると、一仕事が待っているからかどうか(笑)。

 

 

 高本さん「うわぁ~まだ明るいな。」

 

 坂本さん「どこ行くがや?」

 

 広川さん「福村さんの知っとるところらしいですよ。」

 

 (登場人物は仮名です)。

 

 

 ANAホリデイ・イン金沢スカイのある武蔵ケ辻から香林坊までバスで。

 

 香林坊から片町まで歩きます。

 

 片町までバスで行けばいいのですが、この1区間でバス運賃が100円違います(笑)。

 

 

 畑崎さん「一年経つの早いですね。」

 

 広川さん「ホント、なんか年中走りっぱなしでしたね。」

 

 

 広川さん「畑崎さん、新役員なんですか。」

 

 畑崎さん「いや、私は役員代行です。」

 

 広川さん「じゃあ、去年の上島さんのポジションですね。大変なんじゃないですか?」

 

 畑崎さん「でも、代行ですから、気楽に…。」

 

 

 香林坊のオブジェ(タイトル)『走れ!』(2004年、金沢・まちなか彫刻国際コンペティション最優秀作)

 

 畑崎さん、歩いている暇はないですよ、走りましょう(笑)。

 

 青年部メンバー皆さんも。

 

 

 片町スクランブル交差点。

 

 歩いている間に、だんだん空も暗くなってきました。

 

 

 上島さん「へぇ~なんか、雰囲気ありますね。」

 

 

 若村さん「福村さんの行きつけのお店ですか。」

 

 

 今、食べてきたばかりなのですが(笑)。

 

 青年部メンバー、あまりクラブやラウンジ、オネエチャンがいるお店は好きではないようです。

 

 というか、まだ早いからということもありますが。

 

 お好きなのは、大下さんと坂本さんと岩田さんぐらいでしょうか(笑)。

 

 

 洋膳坊 楽の市

 

 宴会メニューは、月替わりで、飲み放題も種類が豊富に。

 

 片町周辺はリーズナブルでいいお店がたくさんあります。

 

 

 楽の市のオネエサン「生ビールの方!」

 

 徳本さん「はい、こっちビール。」

 

 

 吉村さん「ワシ、コーラ。」

 

 徳本さん「吉村さん、(アルコールを)飲んだらどうなるんですか。」

 

 吉村さん「ちょっとでも飲んだら、オエーってなって、その後、眠くなるげん。」

 

 

 高本さん「オネエチャン、なかなかP~~ですね。」

 

 家族がありますので、P~~にて(笑)。

 

 広川さん「高本さん、さすがチェックしてますね。」

 

 

 担当してくれたオネエサン、確かにP~~。

 

 高本さん「では、新部会長、乾杯の音頭お願いします。」

 

 上島さん「皆さんお疲れ様です。今年度はなんといっても、まちのでんきやプロジェクトが核になります。当面の目標は、真のスタートです。その暁には、ぜひ、ウナギ料理を囲みながら、またお酒の席を設けられれば…。それでは29年度の石川青年部、前途が輝けるものであることを願い、乾杯!!」

 

 (まちのでんきやプロジェクトは、別名うなぎプロジェクトということから)。

 

 

 カンパイ!!お疲れ~~!!

 

 (オネエサンに撮影を頼みました)。

 

 高本さん「オネエサン、口あいてますよ!」

 

 オネエサン「なんか近過ぎて、全員入るかどうか…。」

 

 (バッチリです、ありがとうございます)。

 

 

 二次会ということで、『お気軽コース』を選択。

 

 一飲みしてきた後のライトコースはありがたい限りで。

 

 ライトメニューながら、美味しくいただきました。

 

 

 吉村さん「タバコ吸えるのがありがたいよな。」

 

 畑崎さん「最近、どこ行ってもタバコNGですからね。」

 

 広川さん「居酒屋さんはまだそんな窮屈じゃないでしょ。」

 

 

 徳本さん「広川さん、お子さん、何歳でしたっけ。」

 

 広川さん「一番下が2歳になりました。」

 

 上島さん「えぇ、もうそんなに大きくなったんですか。」

 

 広川さん「真ん中が風邪ひいたもんで、今日嫁の実家に連れてったんです。」

 

 

 吉村さん「実家って、七尾んないが?!大変やな。」

 

 広川さん「そうなんですよ、七尾しょっちゅう行ってますよ。」

 

 上島さん「私のカミサンも七尾ですよ。」

 

 広川さん「えぇ、そうなんですか。」

 

 

 吉村さん「ほんで、広川君、4人目はどうやいね。」

 

 広川さん「いやいや、もう打ち止めですよ。3人目んとき、赤玉が出たもので。」

 

 吉村さん「ハハハ、なにいっとらんや、まだ大丈夫やろいや。」

 

 高本さん「どうやいね、この中でまだいけそうなんは…。」

 

 若村さん「広川さんと、高本さんですか?」

 

 

 オネエサン「なんか楽しそうですね。」

 

 「ハハハハハハ…。」

 

 オネエサン「お飲み物の追加はどうなさいますか?」

 

 徳本さん「オネエサン、ご結婚されてるんですか?」

 

 オネエサン「いえ、まだです。」

 

 吉村さん「トク、それはセクハラやろ。で、オネエサン、予定は?」

 

 若村さん「おいおい、自分もセクハラやろ。」

 

 「ハハハハハハ…。」

 

 

 畑崎さん「のっち(高本さん)、まだいけるでしょ。」

 

 高本さん「いやいや、原因があっての結果ですから。原因すら…。」

 

 「ハハハハハ…。」

 

 なんだかいかにも二次会ならではという展開に(笑)。

 

 福本さん「皆さん、盛り上がっているところですが、そろそろお開きということで。高本前部会長、ぜひ締めの挨拶を。」

 

 

 高本さん「皆さん、お疲れ様です。前部会長の高本です。今年はまちのでんきやプロジェクト、ぜひ成功させましょう。私も二年間、部会長として最善を尽くしてきましたが、これからは上島新部会長を支えながら(中略)それでは1本で締めしょう。ヨ~(パン)。」

 

 (拍手)

 

 こうして二次会は終了し、青年部メンバーはそれぞれ帰路へ帰って行きました。

 

 いよいよ来月は総会(総代会)です。

 

 青年部メンバーも参加予定です。

 

 

 石川青年部会は活動を通じて、まちのでんきやを伝え、メッセージします。

 

 ぜひ、まちのでんきやプロジェクトの成功を。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 石川県電器商業組合金沢支部総会は、21日ANAホリデイ・イン金沢スカイにて。

 

 金沢の ホリデイインで 支部総会(昨日のブログより)。

 

 支部総会後、恒例の懇親会

 

 

 お馴染み、乾杯ポーズ

 

 こちらのテーブル、青年部メンバーとそれ以外のメンバーが半々でした。

 

 青年部メンバーは、だいたいテーブルに固まるのですが、親会の役員を務めるメンバーも少しずつ出てきたため、座席が分散される傾向にも。

 

 青年部は、プロジェクト遂行のための一つのチームではありますが、もうまちのでんきやミッション遂行において、青年部かどうかは関係ないとも。

 

 

 (乾杯の挨拶)

 

 まだ明るいうちから始まった懇親会。

 

 支部総会が、予定時刻より大幅に早く終了しました。

 

 珍しく、質疑において、まったく質問がなかったからでしょうか。

 

 5年前の支部総会では、こんな質問が。

 

 

 (乾杯!!)

 

 「この青年部助成金というのはなんですか?。」

 

 まだ右も左もわからない青年部メンバーらは、手に汗握ったことでしょう。

 

 なんだ?俺たち、ここにいたらいけないのか?

 

 すると助け舟が。

 

 「〇〇さん、これからは我々の業界も若返りを図らないとダメなんや。ここは腹をくくって…。」

 

 

 わからないながらも、助け舟に、心の中で拍手を(笑)。

 

 あれ以来、なるほど、総会というのは、身の引き締まる思いをするのだということがよくわかりました。

 

 助成が出ていることもあり、日頃からいい加減な活動はできないということもわかりました(むろんいい加減な活動はしていませんが)。

 

 

 ANAホリデイ・イン金沢スカイの料理は、毎回楽しみです。

 

 こんな日の高いうちから、料理とアルコールで、申し訳ない限りです。

 

 この日、総会の最中、お得意様から直接、携帯電話に2件の仕事依頼が。

 

 偶然にも、いずれも洗濯機故障でした。

 

 

 一件は脱水不良、一件は排水すらもできず。

 

 同僚の小野君にLINEで連絡し合いながら、行ってもらいました。

 

 LINEにて、「電話はできないので、連絡はLINEで」と。

 

 助かりました。

 

 

 いずれも、買い替えという運びになりましたが、本来ブログ担当が出向かなければならないところを、お得意様にはご迷惑をおかけしました。

 

 組合活動とは、そういうものです。

 

 会合や総会の最中は、当然のように仕事に穴があきます。

 

 仕事に穴をあけてでもしなければならないこと。

 

 

 それが『まちのでんきやを世間に今一度知ってもらうための活動』。

 

 仕事が忙しいから行けないではありません。

 

 仕事を忙しくしなければならないから行くです。

 

 仕事には穴があきますが、それでも巡り巡ってまちのでんきやに、ひいてはお得意様へリターンがあることを信じつつ。

 

 

 ブログ担当「(隣りの席の徳本さんに)B社さん、挨拶で、あの話題には触れませんでしたね。」

 

 あの話題。

 

 あの話題はあの話題です(おさっしください)。

 

 徳本さん「えぇ、あの方は、あの問題とは全然無関係というか、なすすべがないポジションなので。」

 

 ブログ担当「どうですか、仕事で直接的なダメージはありますか?

 

 

 (日頃は顔を合わせることのないでんきや同志が席を隣同士で情報交換)。

 

 徳本さん「そうですね、幸い、ボクはそれほどでは…。」

 

 まちのでんきや「そうですか、お客さんが良心的なんですね。」

 

 徳本さん「でも、関西のでんきやさんに聞いた話なんですけど、お客さんとこにカタログを持って行ったら、いきなりそのカタログをはたかれて…。

 

 

 「えぇ?!そうなんですか!!」

 

 「ニュースでよく知っとるやろ!よくこんなもの(カタログ)が持ってこれるな!って、けんもほろろに。」

 

 「それは災難でしたね。でも、それって、日頃の関係がよくないからじゃないですか?」

 

 

 (毎度のことながら、総会時は、ジャンバー持参の号令が)。

 

 石川青年部は、青で統一しています(種類は多数。まちのできやユニフォームのご用命は各都道府県組合経由にて石川商組または青年部まで。)。

 

 徳本さん「ウチは、幸いというか、お客さんが極端な話と前置きした上で、はっきりいって、B社かどうかはどうでもいいんや、お宅やから頼むんやって言ってくれるんです。」

 

 ブログ担当「うわぁ、それは嬉しいですね。でも、B社の看板掲げてますから、複雑ですね。」

 

 

 でも、確かに、ブログ担当も、なぜ自店がC社の系列なのかは未だにわかっていません(笑)。

 

 たまたまというのが発端だそうですが。

 

 地デジの買い替えの時は、F社が羨ましいと心底思ったこともありますし、今でも商品ラインナップの豊富さでは、A社が羨ましいです。

 

 それでも社会インフラを下支えするC社が好きで、誇りです。

 

 

 それはそれ、組合は組合。

 

 メーカーの枠組を超えた、まちのでんきや同志の集まりです。

 

 高本さん「そういえば、この前、新聞に出てた中村電器さん、ナイスでしたね。」

 

 

 (かほく市のでんきやさんが振り込め詐欺を未然に防ぎ、新聞に掲載)

 

 お手柄の でんきやさんが 石川に!(2017.4.20のブログより)。

 

 徳本さん「ホント、タイムリーでしたね。あの人って、組合店なんですか。」

 

 吉村さん「ほうや、でも、工事組合にも入っとって、部長しとるんじゃないか?」

 

 高本さん「当青年部会には入らないんですかね。」

 

 

 (なぜか自然と集まって撮影を。恒例の乾杯ポーズ!)。

 

 (恒例のと入力したら、「高齢の」が!(笑)そういえば、福本さんがいないので、平均年齢が高めです(笑))。

 

 吉村さん「(中村さんに)一回なんで入らないのか聞いてみたら、お誘いがなかったからとか言うとったけど…。」

 

 高本さん「えぇ、そうなんですか。」

 

 吉村さん「ちょっと特異なキャラやぞ。」

 

 

 徳本さん「吉村さんから特異なキャラっていわれたら、世話がないですね。」

 

 「ハハハハハハ…。」

 

 吉村さん「なんでいや!オレなんて、大人しくて、人畜無害やろいや!」

 

 高本さん「どこが大人しい!。」

 

 「ハハハハハハ…。」

 

 

 県警本部の上口警視と名刺交換も。

 

 (登場人物は仮名です)。

 

 上口警視「警察っていうと、なんか敷居が高いみたいに思いがちやけど、全然そんなことないし、なんか相談事があったら、気軽に言ってくださいね。」

 

 ブログ担当も名刺交換しましたが、宴席を同じくしてみて、そうか、別世界ってわけでもないのかと実感しました。

 

 石川県警と石川商組は、タッグにて振り込め詐欺防止に努めています。

 

 良い意味でお互い活用することは有効です。

 

 

 福村さん「広川さん、遅いな。」

 

 長川専務理事「食べるものなくならないように、お皿によけといてあげて。」

 

 長川専務理事は、総会のセッティングや進行に至るまで、そして会員の一人一人への気遣いまで細やかに対応してくださいます。

 

 

 その広川さん(左)がかけつけ、あらためて乾杯!!

 

 広川さん「スミマセン、遅くなりまして。」

 

 元々、懇親会からの参加とはわかっていましたが、総会があまりにも早く終わったため(笑)。

 

 

 日の高いうちから始まった懇親会は、まだ日の高いうちに終わりました(笑)。

 

 

 この通り。

 

 いつもなら、まだお得意様廻りをしている時刻でしょうか(ホントかな)。

 

 LINEでやり取りしていた仕事の対応も、同僚の小野君のお陰で、どうにかつなぐことができました。

 

 懇親会後、青年部メンバーは、自然に二次会へと。

 

 

 二次会にて(その様子は明日のブログにて)。

 

 石川青年部会は活動を通じて、まちのでんきやを伝え、メッセージします。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ~ 石川青年部6年目の春 ~

 

 石川県電器商業組合金沢支部総会がこの日。

 

 

 (ANAホリデイ・イン金沢スカイ 2017.4.21)

 

 金沢支部は、規模、会員数共多数であることもあり、青年部メンバーは、なるべくの参加要請と参加を心がけています。

 

 発足時の青年部は、青年部会金沢支部でした。

 

 つまり、金沢以外のメンバーが少なく、まだ県組織ではありませんでした。

 

 その後、加賀、能登から増員を重ね、2014年に県組織に。

 

 

 (2014.4.25 金沢支部総会にて)

 

 今から3年前、市から県に昇格し、金沢支部は終息(初めから県でもよかったような気がするのですが、スタートは控えめにということか)。

 

 さらに遡ること2年前。

 

 

 (金沢支部総会 青年部設立総会2012.4.27)

 

 初代青年部会長、大下さん(仮名)が挨拶を。

 

 ブログのリンク先はありません。

 

 まだ、まちのでんきやブログがスタートしていませんでした。

 

 画像を撮影するという発想もまだなく、過日、長川専務理事(仮名)からお借りしました。

 

 

 懐かしい、五年前。

 

 まだこの会がいったいなにを目指すべき会なのかもよくわかっていませんでした。

 

 ~ 5年後 ~

 

 

 (ANAホリデイ・イン金沢スカイ)

 

 仕事を途中にし、自宅近くのバス停から向かうスカイホテル(旧名)もお決まりに。

 

 5年の歳月を重ね、今目指すべきプロジェクトは明確に。

 

 『まちのでんきやのブランド化』。

 

 今はもうわかりきっているので、このフレーズもあまり使わなくなりました。

 

 

 (エレベーター前の撮影もお決まりコース)。

 

 まちのでんきやブランド化は、でんきや同志にはウケがいい?ようですが、対外的にはちょっと恥ずかしいかもしれません(汗)。

 

 

 もうすっかり慣れっこなので、エレベーターに乗りかけた時、何階だったかをど忘れ(笑)。

 

 いつもは確認するのですが、お決まり過ぎて、それも忘れ、忘れたことでど忘れ(笑)。

 

 慌てて降りて確認し、あらためて「18」のボタンを。

 

 

 (石川県電器商業組合様 石川県電気設備協同組合様 受付)

 

 5年前は異常に緊張していたことを覚えていますが、今は良くも悪くも?すっかり慣れ(笑)。

 

 

 高本さん「お疲れ様です。」

 

 福村さん「お疲れ様です、高本さん、〇千円です。」

 

 配布された資料の表紙を見てびっくり!

 

 

 おぉ!!まちのでんきやロゴマーク!!

 

 組合のマークに並べて、昨年8月に商標取得した「まちのでんきや」ロゴマークがカラーで印刷されています。

 

 そして、総会が始まりました。

 

 

 福村統括支部長の挨拶。

 

 (登場人物は山野市長以外、仮名です)。

 

 福村統括支部長「28年度は、4K対応テレビが金額ベースで56%の割合を示すにまで至りました。」

 

 (えぇ!!56%?!)

 

 この数字には驚きました。

 

 ブログ担当の店は、台数ベースではもとより、金額ベースでも10%もあるかどうか(汗)。

 

 

 林さんが支部総会の議長を勤められました。

 

 なんの違和感もありません。

 

 氏曰く、「私はいつまで青年部にいられるか」とのことですが、いえいえ、まだまだ少なくとも15年は(笑)。

 

 

 鶴田さんが会計報告。

 

 もしかして、そのネクタイは…。

 

 

 出た!!まちのでんきやネクタイ!

 

 解決策は案外、まちのでんきやさんかもしれない。

 

 このネクタイ、相当インパクトがあるのか、どんな会合でも注目度が高いようです。

 

 

 新統括支部長の小武さんが挨拶。

 

 小武さんは、ブログ担当と同じC社系列で、よく合展や会合、総会などで顔を合わせます。

 

 

 

 メーカー関係者、業界関係、中央会の方々から次々と祝辞が。

 

 中央会の中川さん(仮名)からもお話がありましたが、このたび退任される福村さんの功績を称えるエピソードが。

 

 青年部が金沢支部として誕生したのは、福村統括支部の在任期間中でした。

 

 

 石川県警本部の上口警視が祝辞。

 

 「先ほどもお話がありましたが、組合加盟のかほく市のでんきやさんが、振込め詐欺を未然に防止されたこと、心より感謝申し上げます。」

 

 石川商組は、石川県警とタッグを組み、振込め詐欺防止活動に取り組んでいます。

 

 総会にタイミングを合わせるかのように、前日の新聞にこんな記事が。

 

 

 (かほく市のでんきやさんが振り込め詐欺を未然に防ぎ、新聞記事に)

 

 福村統括支部長が挨拶でこんなことを。

 

 「80代女性が500万円奪われるところを未然に。それは家電品を仮に400万円買い物しても、まだ手元に100万円も残るというスケール。」

 

 そのたとえ、ナイスですね。

 

 いかに大金か、振込め詐欺が重罪かが伝わります。

 

 

 (青年部の吉村さんが監査報告を)。

 

 県警本部の上口警視はこんなお話も。

 

 上口警視「『まちのでんきや』というネーミング、とてもいいですよね。」

 

 あえてありきたりな言葉で、そしてあえて平仮名で表記した『まちのでんきや』。

 

 でも、どうしてどうして。

 

 日本の警察機構は、世界に誇る、『交番』という制度があるではありませんか。

 

 

 

 

 上村理事長「まちのでんきやプロジェクト、青年部を中心に…。」

 

 そうです、まちのでんきやプロジェクトにて、まちのでんきやはガラッと変わります。

 

 始動した! まちのでんきや プロジェクト(2017.3.18のブログより)

 

 

 (山野之義金沢市長からもご祝辞をいただきました)。

 

 お忙しい中、ありがとうございます。

 

 

 総会は粛々と、そして平和裏に、滞りなく終わりました。

 

 まったく一つも質問がなかった総会も珍しいかもしれません。

 

 その後、懇親タイムへ。

 

 

 石川青年部メンバー、今年度もナイスチームワークで!!

 

 

 石川青年部会は、活動を通じて、『まちのでんきや』を伝え、メッセージします。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 上得意の樫村さん(仮名)。

 

 

 

 いつもはLINEで仕事の依頼をしてくるのですが、今回はいきなり電話で(珍しい…)。

 

 樫村さん宅といえば、ここ最近、洗濯機の故障が続き、ご迷惑をおかけしています。

 

 大家族なので、普通のご家庭の2倍も3倍も使用されるので、ある程度はやむを得ないのですが、この5~6年で小さなトラブルを含めると、4回か5回は修繕に走っています。

 

 そのうち1度は、長期保証に救われ、1度は大きな修繕費をお願いしています。

 

 LINEでも電話でも、樫村さんからのコール、イコールまた洗濯機かな?と身構えます。

 

 

 

 なんとなく、洗濯機を通じて、引け目がありました。

 

 樫村さん「でんきやさん、ウチのアンテナなんだけど、この前の風で倒れてしまって…。」

 

 (洗濯機じゃなくて、とりあえず…)。

 

 まちのでんきや「あらら、テレビは映ってますか?」

 

 樫村さん「あ、テレビは映ってます。」

 

 デジタルになってからは、少しぐらいアンテナの向きが変わったり、あるいは倒れたりしても、映りに問題が生じないことは不思議ではありません。

 

 樫村さん「それより、実は、アンテナが隣りの屋根にかかってしまっているようで。」

 

 

 まちのでんきや「えぇ!そうなんですか。」

 

 樫村さん「あれって、隣りの屋根にアンテナが落ちて、屋根を痛めてしまうなんてことはないですか。」

 

 まちのでんきや「アンテナが倒れるのは、だいたいの場合、支線金具が外れてしまうか、針金が切れてしまう場合が多いのですが、恐らくそれでも最低2本の針金はしっかりつながれています。だから、これ以上の被害は恐らく…。」

 

 樫村さん「そうですか…。」

 

 

 

 この手の電話の場合、お得意様は少し興奮気味なので、こちらまで高揚しないようにします。

 

 状況をお聞きするうち、緊急度を察し、今日明日の予定を見ながら、どのように対応するか考えます。

 

 樫村さんのケースでは、テレビが映るか映らないかというよりも、お隣りに迷惑をかけられないという切迫した状況を読み取ることができました。

 

 まちのでんきや「樫村さん、画像、送ってもらうことはできますか?できれば、アンテナが画像におさまるようなら、アンテナと、それと、家の外観を…。」

 

 

 (送られてきた画像。アンテナらしきものがかすかに?でもちょっとわかりにくいかも。)

 

 緊急度はよくわかったので、いったん店に戻って考えられる段取りをしてから現場へ出向くか、あるいは、とるものもとりあえず現場へ出向くか、画像を手がかりに判断することにしました。

 

 アンテナの腐食度によっては、アンテナ一式の準備をしなければなりませんし、それもなんですが、持参するハシゴの種類が肝心でした。

 

 まちのでんきやは、日頃営業車にハシゴを積んでいるので、店に戻らずにそのまま現場へ向かう方が早く(長尺ハシゴなら店へ)。

 

 この日は、朝から雨が降ったり止んだりで、コールを受けた時はたまたま晴れており、即現場作業するなら、一刻も早い対応が必要でした。

 

 

 

 画像を見て、「とりあえず即走ろう!」と判断しました。

 

 訪問し、急いでハシゴを二段掛けし、屋根の上に。

 

 予想通り、視線金具が一本抜けていました。

 

 あ、これならとりあえず応急でも修繕はできると判断し、金槌一本、視線金具を打ち直しして、修繕は完了しました。

 

 

 

 最初の樫村さんの声色から、「できればすぐにでも対応をお願いしたい」という声が、直接聞かなくても伝わっていました。

 

 (あぁ~よかった)。

 

 実は、ここ数年、トラブルが続いていたのは、洗濯機だけではありませんでした。

 

 テレビもトラブルが何度か。

 

 

 (土台が腐食していました。抜けたのはそのためかと。)

 

 どんな故障、トラブルであっても、浅い年数でのそれはお得意様にとっては良い気はしません。

 

 長年の大お得意様であっても、家電の初期不良が原因で、不信感を持たれて、それっきり疎遠になってしまうことも何度か経験が。

 

 器械ものはわからないものですが、それでもトラブル時の対応はよほど気を入れて対処しないと、百年の恋も一時に泡と消えてしまいます。

 

 たとえこちらに非がないとしても、どうしてもトラブル時は、「きっといつか埋め合わせを…」と、そんなことを考えます。

 

 

 

 いつかは埋め合わせ…。

 

 そうだ、これは家電量販店やインターネット通販にはあり得ない概念だ。

 

 いつかは埋め合わせ。

 

 お得意様とまちのでんきやの関係性ならではの考え方だ。

 

 樫村さんは一言も「すぐにきて修繕を」とは言っていません。

 

 が、ブログ担当は、長年のあれこれあった経緯なども考慮し、その日の予定をやり繰りし、樫村さんのアンテナトラブルを最優先し、訪問、問題解決しました。

 

 

 (かけつけ、屋根に上ったときは…)

 

 今風のキーワードを使うなら、最大限に忖度したということになるでしょうか(笑)。

 

 いえ、忖度以上の忖度です(笑)。

 

 今聞いて次の瞬間には問題解決に至ることもある。

 

 それがまちのでんきやです(必ずとお約束できるものではありませんが)。

 

 

 

 即対応したことと、ご請求金額で手心を加えたこと、それでここ何年かの胸のつかえを解消できるなら(それで消えることでも、そもそも卑下することでもないのですが)…。

 

 一を聞いて十を知る。

 

 阿吽の呼吸。

 

 忖度も斟酌もできる。

 

 それがお得意様とまちのでんきやの間柄です。

 

 

 

 かえすがえすも、快適なテレビライフは、テレビ受像機と、健全なアンテナ設備が揃って実現すること。

 

 テレビのトラブルのわだかまりを、アンテナ修繕で埋め合わせができたとすれば。

 

 まちのでんきやは家電とインフラ、安全安心をセットで届けます。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 4月5日の家電ニュース記事より。

 

 

 (2017.4.5 家電ニュース8面より)

 

 セミナーには必ず参加を!

 全国各地の商組では、スマートライフコンシェルジュ(SLC)講習を開催しているが、私はこういった商組主催のセミナー等には、必ず参加している。

 参加することにより、新しい情報が入るし、他の参加者との情報交換にもなるから。知り合いの中には、「出ても、しょうがないよ」という商組員もいるが、私はそうは思わない。

 中身に課題があるのだったら、それを主催者に言えばいいと思う。女性も、もっと参加しよう。

 (Mデンキ店主夫人)

  (2017.4.5 家電ニュース8面より)

 

 短いながらも、重要なメッセージがふんだんに。

 

 まず、スマートライフコンシェルジュ講習

 

 これは、全国電機商業組合連合会の一丁目一番地の核プロジェクトではありませんか。

 

 それをつかまえて、「出てもしょうがないよ」という人がいるのですか。

 

 ということは、組合員でありながら、組合を真っ向から否定しているということ。

 

 

 

 だったら、組合に加入している意味が…。

 

 投稿者さんがおっしゃる通り、中身が不満なら、組織の中に入って、内側から意見すればいいのではないでしょうか。

 

 石川商組では、現在『まちのでんきやプロジェクト』を推し進めようと、昨年来勉強会を重ね、ついには3月、組合店向けに説明会を開催するに至りました。

 

 青年部が先導し、企画から会場設定まであれこれとセッティングし、定例会では全組合店に電話作戦にて、参加を誘引しました。

 

 ところが、中には心ない声が返ってきます。

 

 

 

 「今さらそんなことしたってしょうがないよ。」

 

 ブログ担当も、少なからず口撃を食らいました(汗)。

 

 あげくの果ては、組合のあり方に至るまで。

 

 つまらんところに金を使ってからにという声も(汗)。

 

 だったら、全組合員に資格のある、支部総会に参加して、意見するなり、情報交換するなりしたらどうなのでしょうか。

 

 

 

 ケネディ元大統領ではありませんが、国が国民のためになにをするかではなくて、国民が国のためになにができるかでしょう。

 

 組合のお膳立てで安穏と過ごすのではなく、組合員が組合のため、ひいては業界のためになにができるかではないですか!

 

 いえ、かくいうブログ担当も、以前は組合への向き合い方は、どちらかというまでもなく、斜に構えていました。

 

 が、縁あって、青年部という集まりを通じて、そして、まちのでんきやという存在をどうにか知名度アップさせようという金看板を掲げてからは、180度変わりました。

 

 やり方によっては、間違いなく自分にも跳ね返ってくると。

 

 情けは人のためならずではありませんが、組合活動は人のためならず、つまり巡り巡って、自身にも直接的にリターンがあると確信を。

 

 なんの話でしたか(笑)。

 

 

 スミマセン、偉そうに(汗)。

 

 それから、投稿者さんのメッセージ、最後にも効いています。

 

 『女性も積極参加を』。

 

 ところで、投稿者さん、Mデンキ店主夫人ということは、女性なんでしょうね。

 

 貴重な投稿で、貴重な人材です。

 

 今、安倍政権下では、女性の国会議員を増やすよう、『議員の男女均等』を進めています。

 

 世界193カ国の女性議員の比率は、日本はなんと!164位(中国73位、韓国116位)。

 

 

 

 そこで『政治分野における男女共同参画推進法案』が今国会で成立する見通しだそうです。

 

 ブログ担当、かねがね考えているのは、まちのでんきやにとって、女性の力は大事だということです。

 

 現場の修理、工事、ハシゴに上ってどうこうというレベルでは、男性にはかなわないでしょうが、たとえば販促策や、イベント運営、事務作業、段取りなどの司令塔役、また構想力という点では、断然女性の方が優秀で、それ如何でお店の良し悪しが左右するといっても言い過ぎではないと思うほどです。

 

 また、先のまちのでんきやプロジェクトで、参加者にアンケート記入をお願いしたのですが、数名の女性参加者から概ね高評価をいただけたことに、イールアップ・ラボの中村さんも大変喜んでおられました。

 

 

 

 なぜなら、女性に相手にされないプロジェクトはなにをしてもNGと理由まで。

 

 組合の勉強会、行事というと、お決まりのように店主が参加、夫人は留守番というのは、貴重なエネルギーをみすみす逃しているとしか思えません。

 

 いわんや、店主自ら、「今さらなにをしても無駄だよ」とは。

 

 さて、今さら遅いとうい人あれば、今度は「まだ早い」という投稿も。

  

 まだ早いよ!

 4K(対応)テレビが動き始めているが、当店では商品も置いていない。置いていないから売れないのかもしれないけど、4K(対応)テレビを購入した人に聞いたら、8Kはオーバークオリティだから4Kでいいという。それも変だね。そもそもチューナーもないのでは、テレビじゃない。まだ早いよ。基本からして、ずれているよ。(O電気)

 

 毎号、4Kの話題は投稿がありますが、ここまで強烈なのは珍しいですね。

 

 どうコメントしてよいものやら。

 

 居酒屋トークや、メーカー勉強会での雑談ならわかりますが、はたして家電ニュースのようなパブリックな場ではどうしたものでしょう。

 

 仮に、まだ試行錯誤段階であるとしても、試行錯誤があって、実質試作品であっても、高額であっても、購入してくださるありがたいお得意様がいるからこそ、生きた感想が拾うことができて、次代のテレビ技術の発展につながるわけですが。

 

 

 

 これまでがそうだったではありませんか。

 

 あながち無駄ともいえないのは、4K対応テレビは、メーカーにとっては、間違いなく画質、音質共に最優秀商品であるわけですから、あえて4Kのことは伏せておいて、とにかくいいテレビといってオススメするぐらいでどうなのでしょう。

 

 家電ニュースにもそんな投稿があったではありませんか。

 

 いずれの記事にも共通していえることですが、「どうせ無駄、まだ無駄…」…。

 

 そんな悲観的でどうしましょうか。

 

 

 マジで女子力は大事…。

 

 構想力、発想力、司令塔的役割。

 

 女子力を活用したしかけ、考えませんか、石川青年部の新部会長、上島さん(仮名)。

 

 まちのでんきやブログは、家電ニュースを紹介し、まちのでんきやを伝え、メッセージします。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 LINEのブログプロジェクトチームにこんな画像が。

 

 

 (2017.4.20 北陸中日新聞)

 

 石川青年部の大下さん「かほくの電器店、振込詐欺を未然に防いで、今朝の北陸中日新聞に掲載されています。」

 

 おぉ~!!素晴らしい!!

 

 今日の新聞かな?

 

 なら、北國新聞も。

 

 確認すると、ありました!

 

 

 (2017.4.20 北國新聞)

 

 以下記事より。 

 

 特殊詐欺被害防止中村さん(仮名)親子たたえ

津幡署が感謝状 

津幡署は19日、特殊詐欺被害を防いだとして、かほく市〇〇で電器店を営む中村芳江さん(仮名)さんと長男隆さん(仮名)に署長感謝状を贈った。同署によると、中村さんは7日、知り合いの市内の80代女性から不審電話の相談を受けた。市の防犯メールを受信していた隆さんが詐欺被害を疑い、警察に連絡するよう女性を促し、警察官が来るまで、女性方に不審な人物が来ないか警戒した。大村明広署長(仮名)が感謝の言葉を述べた。

 

 

 素晴らしい!!中村さんナイスです!!

 

 (まちのでんきやブログでは、基本的に仮名を使用しています)。

 

 北陸中日新聞には、さらに詳しく。 

 

 詐欺直感 被害防ぐ 

 津幡署 中村さん親子に感謝状 

 津幡署は19日、かほく市〇〇、電器店経営山村芳江さんと息子の隆さんに感謝状を贈った。ことし4月7日に市内の80代女性が現金500万円をだまし取られそうになった詐欺未遂事件で、被害を未然に防いだ。中村さんは家族で店を営んでおり、女性と付き合いがあった。中村さんは、同市から不審電話の多発を知らせる防犯メールを受け取った直後に、この女性から電話で相談を受けた。中村さんは警察に連絡するよう女性に促す一方で、隆さんが自宅に駆け付けた。

 贈呈式は同署で開催。「後で警察の方も来られたんですが、お互いに現金を受け取りに来たんじゃないかって疑った。今じゃ笑い話ですが」と隆さん。中村さんは「市からメールが届いた直後だったし、(女性が)言っていることがちぐはぐで怪しいと思った」と話していた。 

 

 中村さん、ナイス連係プレーでしたね。

 

 いくつかポイントがありますね。

 

 まずは、当然といえば当然ですが、まちのでんきやさんは、地域と密着しているため、人脈もあり、交友関係が広いこと。

 

 お得意様はご高齢の方が多いため、話レベルでは、度々怪しい電話のお話は耳にします。

 

 このケースの場合、隆さんが、電話で注意を促すのみならず、わざわざ女性宅までかけつけています。

 

 その行動力。

 

 そして、さすが…と思ったのは、まちのでんきやの中村さんが、石川県電器商業組合(以下石川商組)加盟店であること。

 

 石川商組は、2013年に石川県警と提携し、振込め詐欺防止活動に取り組んでいます。

 

 

 

 (石川県警と石川商組が振り込め詐欺”撲滅”協定 2013.9.6)

 

 石川商組の上村理事長(右・仮名)が署名を。

 

 

 (振り込め詐欺等防止活動出発式 2015.9.25)

 

 一昨年の9月、活動をより強固にしようと、結団式を実施しました。

 

 

 日頃の営業活動で、また、石川の技能まつりなどのイベントで注意を促す啓蒙活動を。

 

 

 

 こんなチラシを配布して、注意を呼び掛けています。

 

 ブログ担当も、お得意様宅で仕事をしていて、怪しげな電話がかかってくる状況に遭遇したことがあります。

 

 『介護施設の権利を貸してくれませんか?』とかなんとか。

 

 後で県警の方に聞いたら、典型的な手口だとのことで。

 

 

 また、取扱商品に電話機があることから、留守録やナンバーディスプレー、さらには迷惑電話防止の必要性を日常的に説明しています。

 

 高齢者と接する機会の多いまちのでんきやが県警とタッグを組んだことは正解です。 

 

 

 結団式では高本部会長(当時・仮名)が決意表明を。

 

   

 結団式の後、さっそくそれぞれお得意様宅へ出向き、振込め詐欺防止啓蒙のため出発。

 

   

 鶴田さん(仮名)は福増町のお得意様宅へ。

 

 チラシを扉に貼り付け、注意を促します。

 

 その後、新聞社さんの取材も。

 

 お得意様は、「ウチには今まで怪しい電話はないけど、日頃から家族で打合せや本人にしかわからないようなQ&Aを準備している」とのことで。

 

  

 その日の夕刊にバッチリ掲載(2015.9.25 北陸中日新聞)

 

 

 振り込め詐欺だけではなく、『こんな電話があったけど…』という相談を、顔見知りのまちのでんきやさんに相談というケースは少なくありません。

 

 

 お得意様に振り込め詐欺防止を呼びかけ…。

 

 

 石川の技能まつりでは、マスコットキャラクターのイヌワシ君も参戦してくれました。

 

 ファミリー向けに撮影会も。

 

 今年度もさらに活動のパワーアップを図りたいものです。

 

 そんな活動の最中、組合店の中村さんの活躍は大変な朗報でした。

 

 タッグを組んでいる石川県警のホームページにも、振込め詐欺多発注意とメッセージされています。

 

 関連のページには、さまざまな取り組み、しかけが。

 

 たとえば、『愛のメッセージカードを送りませんか?』という試み。

 

 

 (愛のメッセージカード 石川県警ホームページより)

 

 これは、子供たちが祖父母のためにメッセージすると同時に、振込め詐欺に気を付けるよう呼びかけるもの。

 

 いい取り組みですね。

 

 これ、啓蒙しましょうよ、組合で。

 

 また、振込め詐欺防止機器のご紹介として、電話機や関連ツールの案内も。

 

 さらには、こんなYouTube動画の紹介まで。 

 

 
 へぇ~こんなのがあるんですか。
 
 せっかくのツールですから、利用しましょう。
 
 そして、今一度、振込め詐欺防止活動、パワーアップしましょう。
 
 というわけで、気付きを促してくださった中村電器さん(仮名)、ありがとうございました。
 
 石川県電器商業組合は石川県警とタッグを組み、振込め詐欺防止活動に取り組みます。
 
 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 お得意様の藤本さんがご長寿で、長年よくしていただいているというお話は昨日のブログで。

 

 その中で、ご長寿の話に触れ、イタリアの女性が、15日に亡くなり、地球上で1800年代生まれの人が誰もいなくなった話題にも。

 

 人類最後の”1800年代生まれ”として、グッドモーニング(テレビ朝日系)の『まとめるパネル』のコーナーで興味深い特集が。

 

 

 

 そのお話を。

 

 イタリアのエマ・モラーノさん、1899(明治32)年11月29日生まれ。

 

 同じ年の生まれには、作家の川端康成さん、池田勇人元首相、ハンフリー・ボガード、アル・カポネ。

 

 

 なにがなんだか(汗)。

 

 モラーノさん、よく食べていたものは?

 

 イタリアだけにパスタ

 

 そして、生肉

 

 

 

 意外なのは、『あまり食べなかったもの』。

 

 なんと!野菜や果物は、ほとんど食べなかった…。

 

 さらに毎日、卵を三つ食べるとも。

 

 野菜がどうとか、コレステロールがどうというのは、関係ないのでしょうか(笑)。

 

 

 

 さて、そんなモラーノさんが亡くなったことで、トップテンの顔ぶれが以下のように。

 

 ナンバーワンのイタリア人女性がいなくなったのですが、それでもまだトップテンの中には、イタリア人が3人もいるとのことで。

 

 そして、驚いたのは、トップテンの中に、なんと!日本人が5人!もいるのです(驚くことではないかも)。 

 

1位    ジャマイカ   117歳

2位    日本(鹿児島)   116歳

3位    日本(神奈川)  115歳

4位    スペイン  115歳

5位    イタリア  115歳

6位    イタリア  114歳

7位    日本(福岡県)  114歳

8位    イタリア  114歳

9位    日本(石川県)  113歳

10位   日本(岩手県)  113歳

 

 世界の長寿トップテンの中に、我が石川県女性の名前が!(9位)

 

 113歳!!

 

 ブログ担当が知っている中では、お得意様の細野さん(仮名)が105歳です。

 

 実は昨日も、修理で訪問し、面会しています。

 

 世帯主の長男夫人(長男は他界している)が不在で、細野さんのお母さんが玄関ドアを開けてくれました。

 

 

 

 耳が不自由な以外は、矍鑠(かくしゃく)とされており、いつも北國新聞をルーペで読んでいる姿が印象的です。

 

 ところで、どうしてイタリア人が長生きなのでしょう。

 

 そのルーツは。

 

 イタリアのアッチャロリという町があるのですが、人口はわずか2000人。

 

 そのうち100歳以上の人が、な、なんと!!300人も。

 

 

 

 しかも、その300人のうちの2割(60人)が110歳以上!

 

 100歳以上の人が300人も暮らすイタリアの町 長寿の秘訣は食事だった?

 

 サイト記事によれば、長寿の秘訣は、遺伝子と食事のダブル作用とのことですが、特にアッチャロリの人たちは、毎食カタクチイワシとローズマリーを食しているとのことで。

 

 また、アッチャロリの町は、起伏が激しく、人里離れた地理的条件もあり、日常的に歩かざるを得ない環境にあるそうです。

 

    

 

 また、カタクチイワシは動脈硬化を防ぐ作用、ローズマリーは抗酸化作用があり、老化を遅らせる可能性があるとも。

 

 さて、日本一のご長寿、田島ナビさん(世界2位)。

 

 鹿児島県の農家出身ですが、驚くべきは、その直系家族の数。

 

 子ども、孫、ひ孫、玄孫ときて、なんと!その子どもの『来孫(らいそん)』まで含めると、160人も!

 

 来孫とは、初めて聞く人もいるのではないでしょうか(ちなみにさらに子供以下になると、順に昆孫(こんそん)、仍孫(じょうそん)、雲孫(うんそん)…)。

 

 

 

 

 食生活は魚と野菜が中心で、黒糖・ゴマを必ず食べられるとのことで。

 

 また、世界7位の福岡県出身の田中力子(かね)さんは、80代半ばまで働き、楽しみはオセロゲームで施設職員にもよく勝つという実力だそうです。

 

 この日本の女性二人の共通点は、

 

 ①80歳過ぎまで現役で働き、

 

 ②お酒はほとんど飲まない

 

 ③”らっきょう”をよく食べる

 

 

 

 らっきょうにも抗酸化作用があり、老化を遅らせる効果が考えられるとか。

 

 日本、イタリア、いずれもキーワードは、『抗酸化作用』ですね。

 

 また、114歳の田中さん、長寿の心構えとしては、『新しいことを学ぶ姿勢を持つ』ことだそうで。

 

 ぜひ、組合のセミナーで、講師をしてほしいですね。

 

 現役の組合員でも、『今さらなにをしても電器屋はダメだよ』と諦めている人たちにおしえていただけないでしょうか。

 

 また、15日にお亡くなりになられたエマ・モラーノさん(享年117)は、『他人に縛られず生きること』が長寿のカギとも。

 

 

 マイペースという意味では、ブログ担当、そこだけ通じ合うかもしれません(笑)。

 

 先の①80代まで現役、②飲酒をしない、③らっきょうを食べる。

 

 このうち飲酒しないで、ブログ担当は脱落でしょうか(笑)。

 

 いえ、抗酸化作用という点では、まだしもワインなら…(結局飲むのか(笑))。

 

 

 

 さて、まちのでんきやブログとなんの関係が?という話ですが。

 

 実は関係があります。

 

 『抗酸化作用』でいえば、まちのでんきやさんは、アルカリイオン水生成器を販売しています。

 

 ただし、高額なので、そうそう流通するものではありませんが。

 

 中には、その効能をよくご存じのお客様がいて、最近では、水素水生成器としても知られています。

 

 

 

 浄水し、電気分解し(アルカリイオン水を摂取)、水素水を摂取ができる。

 

 最近、一部報道で、水素水は効果があるのか?との情報もありますが、原点である、電解水ということに立ち返れば、生きる(活きる)ヒントがあるのでは。

 

 そうか、しばらく電解水であるということから離れ、水素水を強調していたけど…元々は、電解水でした。

 

 『老化とは酸化』ともいうように、電解水も含め、抗酸化を心がけることが、長寿へのヒントになるというわけで。

 

 

 

 高齢者と接点を持ち、情報を届けられるポジションのまちのでんきやは、ある意味、キーマンかなと(無理矢理)。

 

 また、まちのでんきやは、80歳になっても現役の人はたくさんいます。

 

 そういう意味では、大いに関係ありです。

 

 つまり、ひとたびでんきやさんになれば、手に職がある限り、死ぬまで現役も可能です。

 

 でんきやさんになろう!という話です(笑)。

 

 そういえば、浄水器や電解水生成器の商品名には、一部に『トレビ』というワードを含むそれが複数あります。

 

 イタリアの『トレビの泉』のトレビです。

 

 というわけで、最後の1800年代生まれの老婆の永眠から、まちのでんきやにつなげてみましたが…。

 

 ローバといえば、イタリアの首都…。

 

 

 失礼、ローマでしたね(笑)。

 

 まちのでんきやは、電解水生成器も含め、家電とインフラ、安全安心をセットで届けます。

 

 命ある限り、生涯現役で(なるべく)。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 お得意様の藤本さん(仮名)。

 

 今年に入って、急激に電化製品をお買い上げいただくようになりました。

 

 そんな藤本さんから携帯電話にコールが。

 

 藤本さん「でんきやさん、ウチのテレビ、リモコンがなくなってしまって…。」

 

 というわけで、リモコンの手配、配達を。

 

 

 

 藤本さん「ごめんね、でんきやさん、ウチのお袋が、すぐどこでもやるもんで。」

 

 藤本さんのお母様は、確か90何歳だったでしょうか。

 

 大正生まれと聞いています。

 

 そうか、大正生まれは、当然のように90歳超、ご長寿です。

 

 今年が昭和でいうと92年ですから(今どき90歳は長寿なのかどうか)。

 

 

 長寿といえば…。 

 

 

 イタリアの世界最高齢女性、エマ・モラーノさんが死去。

 

 ニュースを知り、その年齢に驚きました。

 

 なんと、117歳!!(あと3年で2回目の還暦!)

 

 モラーノさんの永眠が特筆すべきは、世界最後の1800年代生まれだったということ。

 

 1899年生まれ。

 

 1899年て、いったい…。

 

 

 その年、東京大阪間で電話が開通。

 

 

 

 日本で初のビアホールが。

 

 1899年生まれには、作家の川端康成さん、池田勇人元首相など。

 

 歴史上の人物ではありませんか!!

 

 なんの話でしたか(汗)。

 

 

 あ、ご長寿でしたね。

 

 藤本さんのお母様は、90何歳かで、次男さんと同居されています。

 

 つい最近まで、お母様が財布を握っていらっしゃいました。

 

 最近、次男さんに家計をバトンタッチ、代替わりというわけで。

 

 そのためかどうかはわかりませんが、代替わりと同時に、まちのでんきやによくお声がかかるようになるというのは、珍しいケースです。

 

 

 

 藤本さん「おふくろが、リモコンをすぐどこかに失なかしてしまうもんで…。」

 

 ~ 数日前 携帯電話にコール ~

 

 まちのでんきや「メーカーはわかりますか?」

 

 (当店でお買い上げいただいたテレビではありません。」

 

 藤本さん「メーカーけ、えっと…Q社って書いてある。」

 

 まちのでんきや「Q社ですか…。」

 

 Q社とは、直接の取引がなく、しかも間に通すべき代理店すらも存在しません。

 

 

 困ったなぁ…。

 

 まちのでんきや「じゃあ、藤本さん、私が電器屋(家電量販店)に行って、手配してきましょうか。」

 

 一般のお客さんの顔をして、家電量販店に部品の注文に。

 

 藤本さん「スミマセン、じゃあ、お願いできますか。」

 

 まちのでんきや「でしたら藤本さん、電器屋行ったついでに、汎用リモコンでも買ってきましょうか。」

 

 藤本さん「そんなものがあるんですか。」

 

  

 

 汎用リモコンというのは、設定によって、どこのメーカーでも対応するという、文字通り汎用部品なのですが、それでも果たして、Q社のリモコンが対応するかどうか、自信がありませんでした。

 

 万一、対応していなかったら、その時は純正のリモコンを手配しよう。

 

 家電量販店に出向くときは、面倒でもまちのでんきやジャンバーは脱いでいきます(笑)。

 

 無地のジャンバーに着替え、カワダ電機(仮名)へ。

 

 

 

 それらしきコーナーに行くと、たくさんあるある…。

 

 こんなに品物が豊富にあって、そりゃまちのでんきやの出番がなくなるわけだ(笑)。

 

 ところが、それらしきリモコンはたくさんあるのですが、対応メーカーにQ社のそれがなかなか見つかりません。

 

 が、ふと目をやると…

 

 あ、あった!!

 

 

 対応メーカー23社という代物が。

 

 大抵の汎用リモコンは10社前後なのですが、一つだけ多数の対応メーカーが。

 

 その中に、Q社の名があり、救われる思いが。

 

 リモコンを購入し、その足で藤本さん宅へ。

 

 

 取説を見て、対応コードを入力して、設定を。

 

 

 〇〇〇、これでよしと。

 

 リモコン操作テスト!!

 

 よかった!反応しました。

 

 もし反応しなかったら、丸々赤字です(汗)。

 

 それが土曜日のこと。 

 

 日曜日を挟んで、月曜日、藤本さん宅で、エアコン工事を。

 

 

 

 キッチンにエアコンを取り付けられるとのことで。

 

 他、今年に入って、衣類乾燥機もお買い上げいただいています。

 

 衣類乾燥機という発想。

 

 キッチンにエアコンという発想。

 

 長年藤本さん宅を出入りしていますが、今までにはなかった展開です。

 

 エアコン工事の際、藤本さん「エアコンのリモコン、またおふくろがなくすから、高い所につけといてね。」

 

 

 

 藤本さん宅では、過去苦い経験も。

 

 エアコン工事の見積をするも、高いとのことで、他店からエアコンが入ったことが2度ほどありました。

 

 エアコン本体で高い、材料プラス工事費がさらに高い、その上、専用コンセント(エアコンのためだけに分電盤から直接配線された回路)がなかったので、追加工事見積をしたら、それが高い。

 

 結果、とんでもない価格差になり…。

 

 ところが翌年…。

 

  

 藤本さん「でんきやさん、ウチのエアコン、コンセントが溶けてしまって。」

 

 専用回路で使用していなかったエアコンの電源プラグをさしていたコンセントが、容量オーバーで熱を持ち、溶けてしまったため、相談が。

 

 まちのでんきや「藤本さん、昨年専用回路の提案を…。」

 

 というわけで、電気工事をさせていただいた経緯がありました。

 

 長年の間にそんなギクシャクが何度かあり、働きかけをいつやめようかとも考えていました。

 

 

 

 それでも定期的に根気よくフェアの案内などをお届けしていたことが、今年になって急に花を開いたということでしょうか。

 

 働きかけをやめるのは容易い。

 

 が、やめてしまったらおしまいです。

 

 よく、商談でぶつかったこともある、お母様も、最近の動静には、静観されているようです。

 

 お母様、いつまでも長生きしてください。

 

 そして、時代が変われど、まちのでんきやもまだまだ、いえ、ますますの発展を。

 

 

 

 まちのでんきやは家電とインフラ、安全安心をセットで届けます。

 

 まちのでんきやはトータル家電ライフをサポートします。

 

       

 まちのでんきやアゲイン!       

 

   
  『まちのでんきやエレジー』! (『まちのでんきや』テーマ曲・YouTubeにて)       

 

  『まちのでんきや』とは   

 

  『トータル家電ライフ』とは   

 

  『石川青年部会』の野望(特に同業者様)   

 

  『まちのでんきや』が高い理由(わけ)   

 

  読者登録してね        

 ランキングに参加しています。         

 

 クリックお願いします。   


 ダウン  

 

 

 

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。