英国アーユルヴェーダカレッジ校長:山田泉がつづる毎日

私の基本姿勢は調和です。人や自然と心を通い合わせ、心地よい状態を調和のとれた状態と考えています。森羅万象の変化に積極的に調和して、自らも価値を創造していく心とからだの成長日記をつづってまいります。

"世界で一番受けたい"アーユルヴェーダ入門セミナー 120分でここまで体感できる?!





どんな書籍を読むよりも、おススメNO.1の入門セミナーです!

アーユルヴェーダの基礎を10倍理解できるようになるだけでなく、


あなたの体質・気質を判定し、それに応じた、セルフケア法を伝授します!




4月12日(水)19:00~








詳細は

http://www.ayurvedacollege.jp/course/17


NEW !
テーマ:

おはようございます、山田です。

 

 

今年は桜の開花が早く、目に嬉しい季節になってきました。

この時期はあんずの花も咲くことをご存知ですか?

ちょっとまばらですが、可愛らしいですよね。

 

 

 

 

春は不眠を訴える方がチラホラ出て来る季節でもあります。

あなたは寝付きが良い方ですか?

それとも、なかなか寝付けない方でしょうか?

 

 

今回は、質の良い睡眠について書きます。

 

 

 

 

 

 

寝付けないつらさ

 

 

 

あなたは、夜の寝付きが良くなるのと、朝の寝起きが良くなるのと、

どちらを重視したいですか?

私は、夜の寝付きが良くなるほうに一票です。

 

 

なぜなら、その昔睡眠障害を経験したこともあり、

寝付けないことのつらさを痛感しているからです。

 

 

寝付けなくても次の日に起きる時間は決まっていますし、

どんどん起きる時間が迫ってきます。

『眠れない=睡眠時間が削られる』と考えてしまい、

ますます眠れなくなるのは本当に辛いものです。

 

 

もともと睡眠時間を十分にとらないと動けないタイプなので、

「こんなに睡眠時間が少なくなったら明日はすごく疲れるだろうな」

と想像してしまい、ますます眠れないという悪循環でした。

 

 

しかし、自分でいろいろと試した結果、

今では自分でも驚くほど寝付きがよくなり、

ベッドに入って5分以内に眠れることの幸せをかみしめています。

このように寝つきがよい夜の翌朝は、寝起きもとても順調です。

身も心も軽いとは、このことを言うのだろうなと感じるほどです。

 

 

 

現代社会では、夜になっても電気が煌煌とついていますし、

スマホの普及により寝る直前まで画面を凝視する方も珍しくありません。

更に、いつも有り余る情報にさらされることで

メンタルストレスを抱える方も10年前とは比べ物にならないほど増えました。

 

 

つまり、この世の中には良質な睡眠をとるための阻害要因があふれているのです。

 

 

 

命を支える生命活動は、呼吸、食事、睡眠の3つです。

私はその中でも、とりわけ睡眠にこだわっています。

数年前不眠で苦労した経験があるからこそ、

『充分に眠ることさえできれば、何でもできる!』

くらいの信念をもっているほどです。

 

 

 

次回は、私が個人的に色々試した【眠るための方法】について書きたいと思います。

 

 

 

あっという間に3月も終盤。

春休みのお子さんと過ごす方、お仕事の切り替わり時の方、

それぞれの3月を有意義にお過ごしくださいね。

 

 

 

 

生きとし生けるものすべての幸せを願って
山田 泉~axia bios~

大切な人の健康をサポートする人になる
★アーユルヴェーダ総合プロコース★ 開講直前です!


健康で美しい人になる
★アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース★ 毎月開講しています。


お問い合わせは、TEL03-5464-1083まで、お気軽にどうぞ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、山田です。

 

 

 

まるで冬に逆戻りしたような日もありましたが、

確実に春に向かっているのを感じる今日この頃。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

三連休の初日はお出かけになられる方も多いのでは。

 

 

 

今回は、自分を客観視することについて書きますね。

 

 

 

 

◎摂食障害、不眠、腸閉塞を乗り越えて

 

 

 

Bさんは40代の会社員で、中間管理職でした。

一見おっとりしたタイプに見えますが、話してみるとしっかり者の姉御肌。

 

 

Bさんも、前回前々回で紹介したAさんとパターンが似ていました。

 

 

お仕事を頑張る一方、親御さんの病気の看病も担っており、

一日の睡眠時間が2~3時間という毎日が続いていたそうです。

 

 

がむしゃらに頑張っている間は身体の不調に気づきませんでしたが、

看病が終わった途端、疲れが心と身体に一気に出てしまいました。

摂食障害、不眠、ひどい便秘、ついには腸閉塞になり手術まで。

 

 

 

体験コースに来た方の中で、Bさんのお身体の状態が一番心配でした。

 

 

彼女は、病後の健康回復を目的とし、

更に今まで不調に気づけなかった自分自身を変えたい、

という理由からヨーガをはじめられました。

その中で、アーユルヴェーダの存在を知りカレッジにいらっしゃいました。

 

 

 

そんなBさんにとって良かったのは、

まず疲れた体をオイルトリートメントでたっぷりと癒してもらったことです。

 

 

セラピストに「下半身のエネルギーが止まっていて流れていない」

と指摘されましたが、

オイルトリートメントによってエネルギーが流れ始めました。

また、Bさんご自身が身体の変化を自覚できたことで、

毎回のトリートメントがとても充実したものになっていきました。

 

 

ディナチャルヤの中でBさんにとって一番響いた点は、

【自分自身を観察すること】だったそうです。

これが、Bさんに訪れる変化のすべての根幹になりました。

 

 

 

 

◎自分の状態を把握できるようになる

 

 

 

その後Bさんは、

自分自身をきちんと観察することで、自分の状態をきちんと把握し、

その日の疲れをその日のうちに終わらせておく、

というケアをするようになりました。

食事や睡眠が改善され、どんどん元気になってきました。

 

 

更に大きな変化は、なんといってもメンタル面です。

【自分自身を客観視する】ということが、彼女にとって大きな自信となりました。

 

 

中間管理職という立場から

職場での人間関係に悩みをもたれていらっしゃいましたが、

自分を客観視することで他者と自己を切り離して考えることができるようになり、

仕事を含めた日々の生活そのものが楽になったそうです。

 

 

ご自身の体験から、Bさんはアーユルヴェーダを本格的に学ぶ決意をされました。

 

 

今後の日本は、これまでの自分と同じように、

介護する側が消耗してしまう、

いわゆる『介護ウツ』のような方々が益々増えると考えたからです。

そのような人々を支える立場になりたい!

 

元気になられたBさんはそう語っておられました。

 

 

 

様々な理由から多忙を極めてしまうと、

身体と心の声が聞こえなくなってしまいがちです。

そんな時こそ、きちんと自分を客観視して、

セルフケアで心身を整えておきたいものです。

 

 

 

これからの日本社会において、

アーユルヴェーダを始めとした伝統医学や自然療法は、

今以上に必要とされるのではないでしょうか。

 

 

生きとし生けるものすべての幸せを願って
山田 泉~axia bios~

大切な人の健康をサポートする人になる
★アーユルヴェーダ総合プロコース★ 開講直前です!


健康で美しい人になる
★アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース★ 毎月開講しています。


お問い合わせは、TEL03-5464-1083まで、お気軽にどうぞ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、山田です。

 

 

 

 

啓蟄も過ぎ、どんどん春の気配が濃厚になってきました。

球根から育てたチューリップも、第一弾が花開きそうです。

とはいえ、朝晩冷え込む毎日です。

「首」と名のつく部分をなるべく露出しないよう工夫したいものですね。

 

 

 

今回も実体験について書きたいと思います。

前回登場したAさんは、メンタル面の他にも大きな変化がありました。

 

 

 

 

◎頑張り屋さんのAさんは・・・

 

 

 

Aさんはもともと医薬品メーカーの営業をしていました。

とても頑張り屋な性格で、仕事をバリバリこなす一方お母様の介護もされ、

肉体的にも精神的にも大変な疲労を抱えていらっしゃいました。

 

 

私がAさんとお会いしたのは、彼女が介護を終えられ、

心身の疲労から体調を崩して休職している時期のことでした。

このAさんのように、大変な時期を乗り越えられる際に、

頑張りすぎて身体を壊してしまうケースがとても増えています。

 

 

休職中にも関わらず、元来の頑張り屋さんの質のせいか、

将来のためにとリラクゼーション系の資格スクールに通っていました。

気付いたら、歩きながら眠ってしまっていたこともあるとか。

それほどまでに疲労していたのですが、ご自分では気付いていませんでした。

 

 

そんな疲れを癒すためと、ヨーガやフラダンスで体をケアされていましたが、

とにかく冷えがひどく、眠れないことが悩みでした。

実際、体温は35度台と低く、

お風呂に入っても出たとたんに冷たくなってしまうというありさま。

 

 

 

 

◎身体の冷えを取ることで

 

 

 

体験コースでは、隔週で座学の講義を受け、

隔週でアーユルヴェーダセラピストによるオイルトリートメントを受けました。

そしてご自宅では、ナーラヤナというアーユルヴェーダのハーバルオイルで

マッサージをしたあとに入浴するようにしてみました。

 

 

入浴後にも同じオイルで、身体にフタをするようにマッサージをして寝る。

この行程を習慣にしました。

すると、今まではお風呂で温まってもすぐに冷えていたのが、

ふとんに入って寝付くまで温かさを持続できるようになったのです。

 

 

入浴後の温かさが、オイルに守られて持続できるようになったかのようで、

睡眠の問題もおのずと解消し、よく眠れるようになりました。

結果として、良質な睡眠がAさんの体調をどんどん良くしてくれたのです。

 

 

では、メンタル面での変化はどうだったのでしょうか?

 

 

人に影響されやすいことが悩みでしたが、

体調がよくなったことにより元来のA子さんのよさが引き出され、

気持ちがしっかり安定しました。

そのため、自分の軸ができて自信をもって行動できるように変化しました。

 

 

 

現在のAさんは、やりたかったことを見事にお仕事にされています。

フラダンスのインストラクターとして笑顔でお仕事されている姿は、

初対面の頃とは別人のように輝いています。

 

 

 

 

あなたのまわりにも、またはあなた自身も、

Aさんと似たようなお悩みを抱えてはいませんか?

アーユルヴェーダを実践することで生活が変わり、

更には心の状態が変わることを見せていただく毎日です。

 

 

 

 

生きとし生けるものすべての幸せを願って
山田 泉~axia bios~

大切な人の健康をサポートする人になる
★アーユルヴェーダ総合プロコース★ 開講直前です!


健康で美しい人になる
★アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース★ 毎月開講しています。


お問い合わせは、TEL03-5464-1083まで、お気軽にどうぞ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、山田です。

 

 

あっという間に3月ですね。

 

 

桃の節句にあわせるように開花する桃の花、

通勤途中に楽しませていただきました。

季節の移ろいが、忙しい毎日に心のゆとりをもたらしてくれるようです。

 

 

 

 

ところで、多くの女性が抱えているお悩みのTOP3が、

冷え、便秘、生理不順ではないかと思います。

 

 

今回はこの三大悩みにプラスして、

前回の記事に関連する「今」の「私」を大切にすることについて書きますね。

 

 

 

 

 

◎冷え、便秘、生理不順の悩み

 

 

 

アーユルヴェーダのディナチャルヤ(理想的な1日の過ごし方)体験者の変化について、

まずはAさんのケースを紹介します。

彼女は、当カレッジの『アーユルヴェーダ生活3ヵ月体験コース』の修了生さんです。

 

 

 

当時Aさんは、九州在住の学生さんでした。

お父様をガンでなくされた後、現代医学に疑問を抱くようになり、

東洋医学に興味をもったそうです。

そして東洋医学についていろいろと調べているうちに

アーユルヴェーダにたどり着きました。

 

 

ちょうどそのころ大学での学びに疑問を感じていたため、

大学を辞めて単身上京し、体験コースに通い始めました。

通学当初のAさんの状態は、体の冷えが酷い状態でした。

そして、便秘、生理不順という三大悩みもありました。

 

 

中国医学の先生にも

「長い間かけて冷やしてしまったことが、いろいろなからだの不調の原因。長い目で見て治していくしかない」

というようなことをいわれたほどです。

 

 

Aさんは、どのように変化していったでしょうか。

まず、35度台という低体温が36度台に上昇しました。

最初はなかなか上がらず、私も心配しましたが、

日々の生活習慣の見直しを真面目に続けていただいた結果、

1℃弱のアップにつながりました。

この結果、酷かった冷えが解消されました。

 

 

特によかったのは、毎日きちんと野菜中心の温かい食事を自炊していたことです。

また、白湯を飲むことにより便秘がかなり解消されたという実感もお持ちでした。

 

 

 

◎前向きに物事を考えるようになる

 

 

 

Aさんの変化で劇的だったのは、肉体面よりも精神面での変化です。

それまでは、大学を辞めたことに対してくよくよしたり、

自分の決めた道に自信がもてない状況でした。

 

 

しかし、

「実はたいていのことは頭の中で自らが作り上げているイメージ。過去を振り返ってあれこれ後悔したり、未来を案じて不安や心配を抱えたりするのではなく、今自分が生きている瞬間を感じましょう」

というお話をすると、とても納得していただきました。

 

 

今この瞬間に集中するための手段が、

ヨーガや呼吸法、瞑想なのだとお伝えしたところ、

大変真面目に実行していただき、

このことが、Aさんが変わる大きなきっかけとなりました。

 

 

思考の癖を「今に集中する、感謝する」に転換することにより、

親御さんに感謝の気持ちがもてるようになり、

前向きに物事を考えられるようになったのです。

 

 

 

 

前回の記事に、「今」の「私」を感じることについて記述しました。

実生活でこのような変化があることを目の前で見させていただくことで、

アーユルヴェーダに対する尊敬の念が深まってゆくのを感じました。

 

 

次回も、実体験について書きたいと思います。

 

 

 

それでは皆様、どうぞよい週末を!

 

 

生きとし生けるものすべての幸せを願って
山田 泉~axia bios~

大切な人の健康をサポートする人になる
★アーユルヴェーダ総合プロコース★ 開講直前です!


健康で美しい人になる
★アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース★ 毎月開講しています。


お問い合わせは、TEL03-5464-1083まで、お気軽にどうぞ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます、山田です。

 

 

 

週明けは激しいお天気に見舞われましたね。

知人は静岡出張があり、電車がストップして帰宅が0時を越えてしまったとか。

目まぐるしく変化するお天気も、春の特徴かもしれません。

 

 

 

今回は、心の側面から見た消化力について書きます。

 

 

 

 

◎思考の癖を「今に集中、感謝」に転換する

 

 

 

今を大切にしよう、その瞬間を生きよう、ということがよく言われています。

これがなぜ重要なのでしょうか?

それは、脳の仕組みを知るととても理にかなっているということが解ります。

 

 

 

私たち人間は、大脳新皮質が発達しています。

そのおかげ、知・情・意・言語などの高次精神活動を営むことができます。

また、時間・人格・空間の概念をもつことができます。

たとえば、時間の概念があるということは、

過去、現在、未来の概念を脳が認識し、また記憶できるということです。

 

 

 

高次な機能をもっているがゆえに、私たち人間は文明を進化させてきました。

一方で、そんな高次な機能をもっているがゆえに、少々不便なこともあります。

 

 

私たちの頭の中は、過去や未来を想い、

自分自身ではない他者のことを考え、

私のいる場所ではない、

他の場所にいる誰かのことで頭がいっぱいになってしまうのです。

 

 

 

人間の脳には『焦点化の法則』というのがあって、

2つのことに意識を集中しにくくできています。

 

 

よって、過去・未来、他者、どこか別の場所に意識が集中していると、

「いま」「ここで」瞬間を生きている

「私の」パフォーマンスが落ちてしまうのです。

 

 

 

過去でも未来でもない「今」、

他者ではない「私」、

呼吸して生きている「ここ」に意識を集中することが、

瞬間瞬間の「私の」パフォーマンスを最大にするのです。

 

 

 

アーユルヴェーダのいくつかの行法、例えば、ヨーガ、呼吸法、瞑想では、

自分の呼吸に意識をむけるよう指導されます。

「呼吸」は、まさに「いま、私、ここ」でなくてはすることができません。

 

 

 

アーユルヴェーダは、このように瞬間瞬間に生きて人生のパフォーマンスを上げる、

非常に実践的な訓練法でもあるのです。

 

 

まずは呼吸を意識して、「今」の「私」を感じることを始めてみませんか?

 

 

 

 

生きとし生けるものすべての幸せを願って
山田 泉~axia bios~

大切な人の健康をサポートする人になる
★アーユルヴェーダ総合プロコース★ 開講直前です!


健康で美しい人になる
★アーユルヴェーダ生活3ケ月実践コース★ 毎月開講しています。


お問い合わせは、TEL03-5464-1083まで、お気軽にどうぞ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)