石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

「石原順のトレードツール」の新バージョンはただいま、最終テスト中です。



(石原順)




画像をクリックすると大きく表示されます。



ユーロ/ドル(日足)

石原順の日々の泡 



豪ドル/円(日足)
石原順の日々の泡 





※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

決定版☆FXの公式

¥1,575
楽天

「FXの公式」に「21日ボリンジャーバンド13日移動平均3%乖離」というタイトルのページがあります。(129ページ)


私は基本的に難平と逆張りは推奨していませんが、年中トレンドが出るわけではないので、ここで逆張りに触れておきます。


強力なトレンド(標準偏差ボラティリティとADXが一緒に上昇する)が出ていない限り、相場の拡がりは概ね21日ボリンジャーバンド13日移動平均3%乖離に収まります。


つまり、26日標準偏差ボラティリティと14日ADXの調整中(低下中)に、相場が21日ボリンジャーバンド13日移動平均3%乖離にタッチすると、そこが私の逆張りポイントとなります。


以下のユーロ/ドルのチャートをよく見てください。



チャートをクリックすると大きく表示されます。


ユーロ/ドル(日足)

上段:26日標準偏差ボラティリティ(青)・14日ADX(赤)

下段:21日ボリンジャーバンド2σ(赤13日移動平均3%乖離(青)
石原順の日々の泡 


チャートの黄色い○の部分が逆張りポイントです。そのときに26日標準偏差ボラティリティと14日ADXにトレンドがないことを確認することが大事です。


利食いポイントは説明できませんが、相場の反転の大きさは逆張りポイントの直前のトレンド(ボラティリティ)の大きさに左右されます。ポジションを建ててから3~4日は辛抱が必要な売買手法です。


これは絶対儲かるというものではありませんが、ストップさえ置けば、強力な相場の武器となります。くどいようですが、相場の流れに逆らった取引ですので、ストップロス注文は必ず入れるということを徹底する必要があります。



(石原順)




※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
相場を判断する上で重要なことは「相場がどちらにむいて動いているのか」という一点につきますが、これを認識するのは、実は非常にむずかしいことなのです。これが簡単なことであれば損をする人はいません。

相場に勝つための絶対法則はありません。でも、本書ではあえて「相場のトレンドの有無をいかに認識するか」についての打開策を公開したいと思います。



あなたにとって、本書が混迷の相場を切り抜けるためのヒントになることを信じています。



本書に取り上げた手法が、わたしの相場の原点です。頑張っている多くの投資家に、この小さな本を贈ります。


石原 順


ご購入はこちらからどうぞ

    ↓


おカネを生むチカラ『決定版☆FXの公式』

¥1,575
楽天

誰も書かなかった、誰も言わなかった「勝てる場面の見分け方」と石原順のトレードツール(エクセルファイル)を公開




付録のトレードツールは、FXだけでなく日経225先物・海外先物・株・債券等のトレードにも対応しています

石原順の日々の泡 
石原順の日々の泡 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。