石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

「相場の水先案内人 1時間足のエンベロープ0.3%と0.6%」で書いたマーケットスピードFXで使用している「1時間足」のテクニカル指標は以下のチャートの通りです。



画像をクリックすると大きく表示されます。


<テクニカル指標の選択>

●テクニカル選択「トレンド系」



●テクニカル選択「オシレーター系」




<パラメータの設定>

●エンベロープ




●標準偏差




●ストキャスティクス


(出所:楽天FX マーケットスピードFX)


既に多くの方が使われていると思いますが、マーケットスピードFXは誰でも無料でダウンロードできます。チャートを見ながら相場の息づかいを聞いてください。



※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

という要望がありましたので、


テーマ:チャートのテクニカル指標の見方

として掲載しておきました。


ただし、そうそう頻繁に大きなトレンドは出ませんよ(笑)相場様からは辛抱や忍耐を要求されます。


(石原順)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

相場に絶対の法則は存在しませんが、できるだけ勝つ確率の高いところでトレードしたいものです。



クリックすると大きく表示されます。



石原順の日々の泡 


相場のトレンド(方向性)の「ある時期」・「ない時期」を分けないと、利益を上げるのは困難です。


強いトレンドが出ているサインは、標準偏差ボラティリティとADXの2本のラインが一緒に上昇しているところです。上のチャートでは、上段の緑色のゾーンです。


売買注文のタイミングは、ボリンジャーバンドで判断します。日足チャートのローソク足がボリンジャーバンドの1σのラインを外側に飛び出したところがエントリー(新規注文)ポイントです。その際、必ず標準偏差ボラティリティとADXのラインの傾きをチェックしてトレンド相場期間であることを確認しましょう。日足のローソク足が1σの内側に戻ったら、エグジット、すなわちポジションを手仕舞い(返済注文)します。


以上が石原式順張り(トレンドフォロー)売買のシンプルなルールです。


トレード結果を「損小利大」にするには順張りの手法しかありません。標準偏差ボラティリティとADXでトレンドを判定し(トレンドの判定)、ボリンジャーバンドの1σでロスカットを設定します。(損失限定)そして、相場が1σの外にある限り、基本的に利食いはしません。相場が1σの外にある限り、利益は伸びていきます。(利益の極大化)私が知る限り、損を小さくして利益を大きく取るにはこの手法がベストです。



(石原順)


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。