石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話

相場にためらいなく参入するには<準備>が必要です。標準偏差の上昇やボリンジャーバンドの±1シグマのブレイクの前にパラボリックのシグナルの動きを確認しておくと、相場に躊躇することなくエントリーしやすいです。

 

*パラボリックは、SAR(Stop And Reverse)という指標を使用して、相場のトレンド転換点を計るトレンド追随型のテクニカル指標

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●ドル/円(1時間足)とパラボリックSAR

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド

下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

 

(出所:MT4 相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」)

 

 

 

われわれが探しているのは、最適な手法ではなく、確実な手法である。標準偏差ボラティリティトレードは、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能である。

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

昨日のトレードパーティー♪でひろぴー君が「標準偏差が底這いになっているので、ドル/円の15分足の標準偏差ボラティリティトレードで次のトレンドを待つ」という話をしていましたが、15分足、30分足、1時間足で売りトレンド相場となりました。

 

以下は、ドル/円の15分足、30分足、1時間足ですが、何度もトレンドが発生しているのがわかると思います。

 

トレードの仕掛けのタイミングについては、トレードパーティー♪のアーカイブをご覧ください。

 

 

トレードパーティ♪ 4月3日放送分

 

 

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●ドル/円(15分足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド

下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」)

 

 

●ドル/円(30分足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド

下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」)

 

 

 

●ドル/円(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ=赤のバンド

下段:標準偏差ボラティリティ(26)=青いライン

(出所:MT4 相場で道をひらく7つの戦略「トレード戦略編」)

 

 

 

われわれが探しているのは、最適な手法ではなく、確実な手法である。標準偏差ボラティリティトレードは、すべての市場と時間枠(タイムフレーム)に拡張が可能である。

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。