石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

画像をクリックすると大きく表示されます。


●ユーロ/ドル(日足)フィボナッチのリトレースメントとトレンドライン
$石原順の日々の泡 


●ユーロ/ドル(日足)エンベロープ
$石原順の日々の泡 


●ユーロ/ドル(日足)とMACDのシグナル
$石原順の日々の泡 



※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
市場は、2日にECBが国債買い入れの再開を決定することを望んでいるようですが、ドイツが反対と言うことでユーロが売り直されたりしています。

2日の結果待ちですが、いろいろ否定されていても「金融というのは何でもありの世界」ですから、追い込まれれば結局なんでもやります。「大義名分作り」と、「反対意見(世論)のガス抜き」でドイツも表向き抵抗していますが、遅かれ早かれ以下の対策は出てきます。

●利下げ(現行政策金利0.75%)
●LTRO3
●国債買い入れ
●ESMへの銀行免許付与

ユーロは制度的に構造的欠陥がある以上、なにをやっても「時間稼ぎ」に過ぎませんが・・


さて、ユーロは典型的な調整相場の動きとなっています。明日のFOMC、明後日のECBとイベント前にポジションを傾けにくいので、相場も一服です。




画像をクリックすると大きく表示されます。

●ユーロ/ドル(日足)
上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場
$石原順の日々の泡 


●ユーロ/円(日足)
上段:26日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)
下段:13日移動平均線(赤)・21日移動平均線(青)・21日ボリンジャーバンド1σ(茶) 9日RSI(鈍感バージョン)40-60 桃色=買い相場・水色=売り相場
$石原順の日々の泡 


ユーロ下落、ECBの対応失望招くとの見方
2012年 07月 31日 03:13 JST

[ニューヨーク 30日 ロイター] 30日中盤のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが下落。ユーロ圏債務危機に対する欧州中央銀行(ECB)の対応が期待外れの結果になるとの懸念が高まっている。スペインとイタリアの国債利回りを引き下げるためにECBが国債買い入れプログラムを再開するとの観測が市場の一部で出ているが、ドイツが繰り返し反対姿勢を示していることから、懐疑的な見方が強い。


米独財務相会談:成長回復に向け協力継続で一致

7月30日(ブルームバーグ):ガイトナー米財務長官とショイブレ独財務相は30日、金融危機とユーロ圏の信頼感の危機を克服するために必要な改革をすべて実施するとの欧州首脳の決意を支持した。最も弱体化しているギリシャについては触れなかった。

ドラギ総裁の提案

中央銀行の当局者2人が27日明らかにしたところでは、欧州の救済基金による発行市場での国債購入がドラギ総裁の提案には含まれており、過去最低の政策金利の確実な浸透を目的とするECBの流通市場での国債購入によってこれを側面支援する。当局者の1人によると、ECBによる一段の政策金利引き下げと銀行向けの長期資金供給も議論の対象となる。

独、仏、イタリア首脳はドラギ総裁の発言をそのまま引用する形で、「ユーロ圏を守るために必要なあらゆることを行う」と表明し、総裁の取り組みを支持する姿勢を既に示している。今月の債券市場では、スペインとイタリアの国債利回りがユーロ導入後の最高に達し、ユーロ崩壊懸念に拍車が掛かった。ドラギ総裁は今後約束を実行する必要があり、さもなければ相場は再び急落する恐れがある。

ユーロ圏財務相会合(ユーログループ)のユンケル議長(ルクセンブルク首相)は南ドイツ新聞とのインタビューで「われわれは決定的な局面を迎えている」と発言。「2-3カ月後にユーロ圏が存続しうるかどうか世界が危ぶんでいる。ユーロ圏の金融安定を保証する強固な決意があることを、あらゆるリソースを用いて極めて明確に示さなければならない」と述べた。

その上で、ユーロ圏の暫定的な救済基金である欧州金融安定ファシリティー(EFSF)がECBと共同で国債利回りを押し下げる計画を準備していることを確認した。




※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。








AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ユーロ/豪ドルやユーロ/ポンドの日足も標準偏差ボラティリティがピークアウトしてしまって、面白くない形になってきました。(相場は21日ボリンジャーバンド1シグマの内側に)

一方、ドル/円(日足)は蚊帳の外に置かれていますが、現在、ミクロの決死圏で-1シグマの攻防となっています。



画像をクリックすると大きく表示されます。


●ユーロ/豪ドル(日足)
$石原順の日々の泡 

●ユーロ/ポンド(日足)
$石原順の日々の泡 


●ドル/円(日足)

$石原順の日々の泡 

拡大チャート
$石原順の日々の泡 



※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。