久しぶりの更新です

テーマ:

  皆さん、今晩は。お元気ですか。最近、本格的な梅雨の時期がやってきた、そんな思いのするこの頃ですね。この間、久しぶりに島の友人と沖縄本島からきた友人の2人に会う機会がありました。

 いろいろと語り合いましたが、改めて島の風景という財産のことに関して考えさせられる会話がありました。先日の大雨の後に大浜から宮良へ向かう車窓から海をみた思いを語った島の友人の言葉でした。「一面赤土に汚れた異様な光景が飛び飛んできた」というのです。雨が多いときに繰り返させられる光景で、その都度、無念の思いに駆られています。

 この同じ景色を別の箇所で見た沖縄本島からきた友人は、「今は宮古島より、石垣市を訪れる人は多いが、近い将来に逆転されるのではないか。宮古島の海は真っ白いきれいな砂浜が多い」というのです。

 最近、隣の宮古島へ出かけたことはありませんが、私の記憶に残る宮古島の景色と合致しているだけにドキッとする指摘でした。何とかしたいという思いがすべての市民の願いだけに、この課題を皆さんと一緒にこれから考えていきたいと思います。

 久しぶりに、このページを開きましたが,継続できるように努力したいと思います。    

AD

805票の重みをかみしめて

テーマ:

 激しい選挙戦が終わりほっと一息をつきたいという思いのなかで、17位で805票が私に投じられた重みをかみしめ、感謝の意と公約した政策実現へむけての決意をさらに固めているところです。

 私は選挙中、市内160か所で街頭から主に次のような3点について政策を訴えてきました。

 いのちを守る拠点、県立八重山病院の拡充と早期建て替え運動を起こし、いのちを大事にする政治を前進させること、先島への自衛隊配備を許さず基地のない平和な石垣をさらにまもること、「市民が主人公」の政治を貫くために中山市長が行った盗用施政方針の撤回・やり直しをさせることなどです。この公約・政策の実現へ、これからも市民の皆さんからのご意見をいただきながら活動に取り組みたいと思います。

 市政に対するご要望、ご意見などお気づきのことがあれば何でも日本共産党八重山郡委員会や私のところ(このブログへのコメント)にお寄せください。ともに力を合せ、石垣島を住みよい街にしていきましょう。

AD

訪問者

テーマ:

 出会いというのは楽しいですね。特に今夜の出来事がそうでした。私は活動に区切りをつけ午後7時過ぎに事務所へ戻ったとき親戚の方から電話を頂きました。前に紹介した若者がお兄さんにぜひ会いたいというのです。時間も空いていたので私たちの事務所でお会いすることにしたのです。

 それから小一時間の出来事が実に不思議なんです。しばらくして訪れた初対面の若者の名前はSさんです、そのSさんと交流していたら、なんとそこに現れたのが私の親友で同姓同名のSさんなのです。皆さん、楽しい出来事だとおもいませんか。もっと痛快なのが、それよりも先に私と同じ名の(漢字は違いますが)みつおさんが事務所を訪れていたのです。皆さんにも今夜の私のような出会いの経験がございませんか、あればぜひご連絡ください、ブログで紹介したいと思います。

 今夜であった若者は、真剣に私たちが今生きている社会について考えている青年でした。社会主義について、憲法9条で平和が守れるか、市場経済は社会主義社会でも存在するのか、など様々な角度から社会について真剣に考えている姿に感動しました。

 訪問して頂いた若者との出会いと交流にすごい幸せを感じた時間でした。人生論、未来社会論などこれからの大いに語りたいですね。

AD