全国で認知症高齢者グループホームなどの運営を手掛けるメディカル・ケア・サービスは4月12日、昨年9月―今年2月期の連結営業利益が前年同期比3.6倍の4億4400万円になったと発表した。入居率向上や新規施設の開設などが寄与した。

 売上高は同28.7%増の63億200万円。居宅介護支援事業所や医療機関などへの入居営業を強化し、入居率が前年同期の95.9%から98.3%へと2.4ポイントアップした。また、前年同期に比べてグループホームが12棟、特定施設入居者生活介護事業所(介護付有料老人ホーム)が3棟増えたことも増収要因となった。一部のM&A(企業の合併・買収)で取得した土地や建物といった販売用不動産の売却も進んだ。
 経常利益は4億2900万円、純利益は2億3600万円で、それぞれ前年同期に比べて約4倍になった。

 また同社は8日、好調な業績を受け、今年8月期通期の連結売上高が130億円、営業利益が6億5000万円になる見通しだと発表した。昨年10月に発表した当初予想に比べてそれぞれ6億円、8000万円上方修正した。


【関連記事】
介護事業、増収傾向続く―大手4-12月期決算
通所介護など好調で営業利益2.7倍―メデカジャパン
「選択と集中」が奏功、通期予想2度目の上方修正―メデカジャパン
全般的に業績改善、2ケタ増収企業も-介護上場の4-9月期決算
グループホーム、スプリンクラー設置済みは約半数―厚労省集計

中国青海省、倒壊の小学校 寒さ・機材不足に焦り(産経新聞)
生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)
<ライター事故>1人死亡…04~08年度、独法に通知(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が復旧(産経新聞)
<国会見学>人気は参院に軍配 規制響き衆院は横ばい(毎日新聞)
AD