トヨタ自動車のハイブリッド車新型「プリウス」が前方の車に衝突、2人が軽傷を負った玉突き事故をめぐり、千葉県警が「ブレーキに構造上の不具合はなかった」と判断していたことが19日、捜査関係者への取材でわかった。
 事故は昨年7月、千葉県松戸市内の国道で発生。事故を起こしたプリウスの運転者が「ブレーキが利かなかった」と県警に説明、国土交通省がトヨタに原因調査を指示するきっかけとなっていた。
 県警は運転者の説明を受け、事故データ記録機(EDR)の解析を交通工学の専門家に依頼し、今年2月にブレーキに異常はみられなかったとの報告を受けた。この車がレンタカーだったため、ほかの利用者にも聞き取り調査をしたが、いずれも異常はなかったと話したという。 

【関連ニュース】
【特集】トヨタ プリウス
【特集】話題の車-エコカー新時代到来=時事ドットコム編集部が徹底検証
CR-Z、受注8000台=発売2週間で年間計画の3分の2-ホンダ
急加速騒ぎのプリウス異常なし=米当局とトヨタの調査で
トヨタ車体社長に網岡副社長昇格固まる=10年ぶりの生え抜き

<官房機密費>「適当な年月後に公開」鳩山首相(毎日新聞)
「ラテアート」滋賀の村山さんが日本一に(読売新聞)
政権に一層の打撃=小林議員進退、再燃も(時事通信)
参政権法案、提出断念へ(産経新聞)
<キセル乗車>神奈川労働局長を懲戒処分(毎日新聞)
AD