本に埋もれて暮らしたい

韓国関連の本や今まで読んだ本の感想をご紹介!


テーマ:

今はどこに行っても活字が氾濫している。

どこもかしこも日本語だらけ。

電車の中でも吊り広告や前の人の読んでいる本が

あるし、携帯電話でもニュースや小説が読める。

街角にはフリーペーパーが積まれているし、

本屋はいたるところにある。


けど、数年前は違った。私は韓国のソウルにいた。

日本語を教える仕事をしていた。


1年目はあまり気にならなかった。

たぶん韓国語をうまく使いこなせるようになるのに

必死だったから。


2年目あたりにふと気がついた。

日本語の活字を教科書以外で目にしていないことに・・・。

我ながら驚いた。

言葉を扱う仕事を生業としておきながら、新鮮な日本語、

美しい日本語、いろいろな言語表現に触れる機会がほとんど

なかったのだから・・・。


これではいけない。

意識することにした。

友人がソウルに来るときには必ず本を買ってきてもらい、

市内の大型書店で売っている高いけど輸入された小説を

買ってむさぼるように読んだ。何度も何度も読んだ。

留学していた友人と本の貸し借りをしたりした。


3年目、いよいよ日本に帰国するとなったときに、

私が一番したかったことは・・・図書館に行くことだった。

母にも「3ヶ月間毎日図書館にお弁当を持って行って

本を読みまくるからね!」と宣言していた。

母には「せめて1ヶ月にしてちょうだい」と頼まれたが・・・。


結局、韓国から帰国してほとんど間を空けずに就職が

決まったので、図書館ごもりは体験できなかったのが

心残りだ。

今、図書館が歩いて3分の距離にありながら、

まだ2回くらいしか行ったことがないのだから、実際

時間があってもこもっていたかどうかは・・・謎である。


だけど、活字が恋しい!日本語が読みたくて読みたくて

たまらないという飢えた感情はいまだに鮮明に覚えていて

忘れられない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

リカちゃん人形・・・子供の頃、持っていたな~。

よくお人形さんごっこやっていた。

金髪八頭身、いかにもアメリカ人のバービーちゃんより

遥かにかわいいと思っていたし、親しみが持てた。


この本は、リカちゃん人形が欲しかったのに、

りかさんという日本人形をおばあちゃんからもらった

ようこのお話。


りかさんを通じていろいろな人形が語る身の上話や

思い出話の世界にぐいぐい引き込まれていく。

怖いような不思議なような世界。

お人形は話せないだけで、たくさんのことを知って

いるのかもしれないな。


梨木 香歩
りかさん
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

たまたまパソコンテレビGyaOの番組で小倉さんのことを知った。

なんだか余計な肉がついて痩せたいなあとは思っていたけど

激しい運動をする時間もないし、食いしん坊で怠け者だから

普通のダイエットじゃ続かない。

ましてや食事制限のようなストイックなダイエットは胡散臭くて

やる気にもならない。


オグラ式ならそんな私にピッタリ。

若いのにモデルやタレントたちのトレーナーをやっている人

らしくて、その考え方に惚れた。


体重減らしても意味ない。

そうそう。私もそう思う。要は見かけ。人から見たときに

バランスよくステキに見えればそれで自分も自信がつくし

きれいになれる。


イメージトレーニングが大事。

全身鏡に写してチェックしたり、なりたい目標の体をイメージ。


食事制限は必要なし。

栄養減らして痩せてもリバウンドするだけ。健康第一。


そして簡単なストレッチ

激しい運動は必要なし。


他にも、「きれいになったね」「やせた?」と言って応援

してくれるような彼氏や友達を持つこととか、自分で

自分に自信を持って、女を捨てないとか。

絶対きれいになるんだという強い意志!


うん。これからは休日も化粧ちゃんとしよう!

がんばるぞ♪


小倉 義人
キレイ請け負い人オグラのビューティ・リベンジ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

わずか600円である。

今月の初めにこのマップが発売されたと知ってスグに買った。

震災時には交通機関が断絶され、自宅に戻れない帰宅困難者が

数百万人発生すると言われている。

東京都では都内の幹線道路を帰宅支援対象道路に選定し、

道路の近くの学校施設などに帰宅支援ステーションを置き、

水やトイレ、情報の提供などを行うことにしている。

そのような情報が道路に沿って載っている地図である。

普通の地図と違い、ただひたすら幹線道路の周辺だけを

たどってページが作られている。

はじめは見にくい地図だなあと思ったが、いざ実際に歩いてみると

なかなか分かりやすく、例えば「新宿から16キロ」とか「石壁」など

といった目安も書かれているので、この本を片手にシュミレーション

しておくことをオススメする。

一時間で4キロ、一日で20キロが歩ける限界だという。


もし、道路がガレキだらけだったら?

もし、怪我をしていたら?

もし、子供やお年寄りが一緒だったら?


おそらく一時間に4キロも歩けないだろう。

乗り物の頼るのでなく、どっちが自分の家の方向かくらいは

把握しておきたいものである。


昭文社編集部
震災時帰宅支援マップ 首都圏版
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

変な苗字1号さんから「ブック★バトン」が回ってきました。

ブログ上で質問の答えを公開し、5人に回すという昔流行った

不幸の手紙のようなシステムです。けど誰にも迷惑かかる

わけではないし(嫌ならバトン置いちゃえばいいことだし)

他の人の趣味嗜好が分かるので非常に興味深く楽しいこと

だとも思います。

そもそも巷では「ミュージックバトン」が回っていましたが

私は音楽を語れるわけではなく、そんな世間一般の風潮を

横目に、どうか私に回さないで!って思ってました。


けど、「ブックバトン」ならわけが違います。大好きな本に

ついてだったらいくらでも語れる!そう思って実際にバトンが

回ってきたときには、小さくガッツポーズをしたものですが 、

気がつけばそれからはや1ヶ月・・・。

すみません、1ヶ月もほったらかしにしていました。

いや、正確に言うと、思い悩んでいました。


こんな本読んでるとどう思われるかな?とか。

たった5冊には絞りきれないよ~。とか。

思いはいろいろ。悩みに悩んでいましたけど、そろそろ書きます。

腹をくくりました。

私の一部を公開です。私の全てではないのでそこんとこ

よろしくお願いしますね。


■部屋にある本棚の数(本のおおよその数)
 
たぶん300冊くらい。

小説の文庫本と歴史、日本語関係の新書、子供の頃から愛読

していた絶対捨てられない絵本。韓国語の本。



■最近買った(読んだ)本


★『スピリチュアル生活12ヶ月』/江原啓之

  江原さんの本は大好きです。文庫本を買いました。

  日々の生活のヒントになればと思って・・・。


江原 啓之
愛蔵版スピリチュアル生活12ヶ月

■今読んでいる本

★『サンクチュアリ』/高橋歩・磯尾克行

  友達が貸してくれた本。

高橋歩・磯尾克行

サンクチュアリ―夢を追い続けた堕天使たちの「旅」の記憶


■良く読む、または思い入れのある本5冊


★『宇野千代 幸福の言葉』/宇野千代

 同郷(山口県岩国市)の作家宇野千代さん。

 彼女の作品を読み始めたのはつい最近になってからのこと。

 彼女の超ポジティブでアイディアとバイタリティーに溢れた生活、

 自由奔放でいながら他人に対する思いやりを忘れず、決して

 衰えることのない行動力。 いくつになってもおしゃれをして

 日々の生活を明るく楽しむ、憧れと尊敬に値する女性だ。 

 そんな彼女は心の支えになるような素敵な言葉をたくさん

 私たちに残してくれている。


宇野 千代
幸福の言葉


★『聖なる予言/ジェームス・レッドフィールド
 この本を初めて友達に手渡されて読んだときの衝撃は今でも

 忘れることができない。

 
ジェームズ レッドフィールド, James Redfield, 山川 紘矢, 山川 亜希子
聖なる予言

★『楽園』/鈴木光司
  「リング」や「らせん」の文章構成や表現力にも驚いたけど、

  それだけじゃないんだというのが、ある意味衝撃的だった作品。

  ストーリーも壮大な愛の物語で、一番好きな小説かも知れない。

  かつてつきあっていた人にプレゼントをしたともある。


鈴木 光司
楽園

★しろいうさぎとくろいうさぎ/ガース・ウィリアムス

 この絵本のうさぎは本当にかわいらしい。やわらかそうな

 毛並みや黄色いタンポポ、大きな満月。

 プロポーズを考えている人はこの本をプレゼントしながら

 するのはいかがでしょう。


 

ガース・ウイリアムズ, まつおか きょうこ
しろいうさぎとくろいうさぎ

★『クァンス センガッ』/パク・クァンス

  韓国に住んでいた頃、現地の新聞に掲載されていた漫画、

  「クァンス センガッ」クァンスという作者の考えが漫画で

  時にはおもしろく、時には哲学的にしんみりと、時には風刺的に

  描かれていた。韓国語の勉強になるとその部分だけ一生懸命

  切りとり読んでいた。

  韓国では3冊刊行されていたので、全て持っている。お気に入り。

  どうやら日本でも出ているみたい。内容が一緒かどうかは

  わからないけど・・・。↓この男の人がシンポリという主人公。


パク クァンス, 金光 英実
ヒトは誰も真実恐怖症―シン・ポリのほろ苦い生活
パク クァンス, 金光 英実
オトコとオンナのもやもやモード―シン・ポリのデコボコ生活


■バトンを渡す5人

  Emaさん

  アクセルさん

  つづさん

  ももちゃん

  あきら氏

 どうぞ、よろしくお願いします !

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、同僚がいきなりこう言った。
「あなたの前世が何だったか教えてあげようか?私にはわかるよ」
おもしろかったから、先を促した。「何?」

「ふふふ。木だったよ」

「木?どんな木?大きい木?それとも潅木?」

「うん、大きい木。きっとそうだよ、大きい木」

なんだか同僚は満足そうだった。


私の脳裏にはサバンナに一本だけすくっと立っている

大きな木が浮かんだ。

大地にしっかり根を張って、ちょっとやそっとの風じゃ

倒れない立派な木。

いつも堂々としていて、雨宿りできる大きな傘になったり、

みんなが集まりおしゃべりできる木陰を提供して、小鳥たちが

楽しく遊び枝でそっと眠る木。

前世が大きな木。そんな考えもいいなあ。

本心からそう思った。

いきなりそんなこと言い出した同僚にお礼を言いたい気分だった。


そして、小学校のときに教科書で読んだ「かたあしだちょうのエルフ」を

思い出した。エルフはみんなを守って木になった。

私もみんなを守れる木になりたいな。


おのき がく
かたあしだちょうのエルフ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
平日に会社を休んで池袋のサンシャイン水族館に行った。
休日と違い客もまばらで、家族連れも少なかった。
カップルにいたってはほとんどいなかった。
けど、私みたいに一人で来ている人はいなかった。

大きな水槽を色とりどりの魚たちが泳ぐ。

サメも、ウツボも、エイもみんな一緒に泳いでいる。

見ているだけで癒されて少しうとうとしてしまった。


サンシャイン水族館の階段にイラストが描いてある。

魚のイラストとだじゃれの掛け合わせ。

今まで気がつかなかったけど、かなり面白い!

水族館の売店でそのイラストやだじゃれが収録されて

いる絵本を見つけて二冊買った。


一冊は笑いたい私のために。

もう一冊はオヤジギャグ好きな田舎の母のために。


中川 ひろたか, 高畠 純
だじゃれすいぞくかん
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いわさきちひろさんの絵はやさしい。

いつも淡い色彩とかわいらしい子供たち。

ふんわりした暖かい雰囲気が子供の頃から

大好きだった。


中学生の頃、練馬区にあるちひろ美術館

何度か行ったことがある。

もう十年以上行ってない。

安曇野にも美術館が出来たみたい。

近々、行ってみよう。

ちひろさんの描くイキイキと表情豊かな

子供たちに会って元気と優しさをわけて

もらって来よう。


この絵本は、雨の日にひとりでお留守番

していて少女の揺れる気持ちが描かれている。

自由を楽しんだり、ちょっと心細くなったり。

ちゃんとお留守番できたという得意な気持ち・・・。

幼かった頃のあの気持ちを思い出すかも。



著者: 岩崎 ちひろ
タイトル: あめのひの おるすばん
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

落ち込んでいた時に、友達が勧めてくれた。


「愛するということはゆるすということ。

 愛するということは相手を生かすこと」


愛は深いね。


私は人を愛せるかしら。


著者: 三浦 綾子
タイトル: ひつじが丘
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この本を何度読んだか分からない。
心が迷っている時・・・
どうしたらいいか分からない時・・・
自分に自信がない時・・・
人が信じられなくなった時・・・
いつでもこの本を手にとって最初から最後まで
丹念に読んでいった。
江原さんの書いていることは、どれも当たり前で
どれも簡単だけど、当たり前すぎて忘れてしまって
いる大事なことを思い出させてくれる。

私の人生のバイブル。


著者: 江原 啓之
タイトル: 幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック―“不思議な力”を味方にする8つのステップ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。