昨年のナボーン中学校に引き続き、

高取町商工会女性部の皆様(高取の母様)より

井戸のご支援を頂きました!







中学校の開校にも間に合い、

女の子たちが川に水汲みに行くことなく

飲み水やトイレ用の水を確保できます。



















子どもたちもこの笑顔!







ご支援くださり、有難うございました!!




AD

集会所の作業を進めています。

この工事の間も交通ストライキで

スタッフは帰ることが出来ず・・・( ;∀;)。

村の中に居れば安全ですが

移動には苦労しますね。

ですので遠出が出来ずに困っています。


道が良いうちにまずは

資材の運搬!





石やセメントを運びます。





村人が作業をお手伝い。










ちびっこもお父さんの作業を見守り中。。。






学校建設と違って、基礎工事が大変じゃないので

比較的作業は早いですね。





お母さんたちも頑張ってくれました!






この調子で雨が降る前に

出来るだけ進めましょう~~~☆彡



***************ISSCよりお知らせ****************


ISSCは「かざして募金」のサービスに対応しています!



ソフトバンクのスマホをご利用の方は

http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=102



Docomo、AUなど上記以外の方は
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=102
こちらのページからアクセスできます!


**********************************************



AD

集会所の準備中!

テーマ:

Darimbotの集会所建設!

村人達との関係性を深めていくためには

こういうPJもとても大事ですね。


集会所が出来れば

お母さんたちが集まって一緒に作業したり

みんなで村人集会を行えるようになります。


建設地はココ↓




村人たちが平らにする作業を

人力で頑張ります。





笑顔がいいですね!





お母さんたちもお手伝い。





ちびっこも手伝っているつもり?





疲れたら一休みしつつ。。。





頑張っています!





ここ最近、ストライキが多くて

交通が止まっている日も。





この村は道は良くないけど

距離的には近いので

なんとかなりそうですね。

頑張りましょう~






***************ISSCよりお知らせ****************


ISSCは「かざして募金」のサービスに対応しています!



ソフトバンクのスマホをご利用の方は

http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=102



Docomo、AUなど上記以外の方は
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=102
こちらのページからアクセスできます!


**********************************************





AD

ダリンボットのお寺さん。

雨季に全く入れなくて( ;∀;)

色塗りに到達するのに

すっごく時間がかかってしまいましたが

やっと完成。





この村は貧しくて

2014年11月時点でも

煉瓦工場で働く子どもが10人います。

前はもっと多くの子どもが

働きに出ていました。

少しずつですが改善してきています。





ただ、これからのシーズンは煉瓦造りのシーズンなので

家庭の状況によっては働きに出る子どもが増えるかもしれません。

12歳位の子どもも行きますし

小さい子どもだけを置いていけないので

5歳~9歳の子も親と一緒に連れていかれる事もあります。





十分に食べる米やとうもろこしが取れない事、

収入は上がらないのに物価が上がっていって

生活できない事、

お祭りや冠婚葬祭などでまとまったお金が必要な

時に現金がない事など

色々と要因はあります。


親たちが子どもを学校に行かせないといけないと

思い続けてくれるように

学校を良くしていかないといけないですね。





***************ISSCよりお知らせ****************


ISSCは「かざして募金」のサービスに対応しています!



ソフトバンクのスマホをご利用の方は

http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=102



Docomo、AUなど上記以外の方は
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=102
こちらのページからアクセスできます!


**********************************************






ラオス視察⑦

テーマ:

この日も朝からナボーンへ!

中学校の開校式が開催されるとの事で

参加させて頂きました!






子ども達のダンスも披露されました♪





副郡知事さんもお越し下さり、お話頂きました。


ダイリキ株式会社の髙橋社長のメッセージも、素敵でした~☆彡






ISSCは高取の母様の代理で出席!






高取の母様には井戸だけでなく


ウォーターフィルターや教材のご支援も頂きました。


これで、井戸からくみ上げたお水をボイルせずに飲むことが出来ます。


本当に有難うございました!







子ども達からの挨拶もあり







副郡知事さんから


記念品の木彫りの壺を頂きました。(めちゃ重っ)



高取の母様の代理出席ですが


お話をさせて頂く機会がありましたので



『ISSCの石原ゆり奈です。


私達はラオスとネパールで教育支援を行う団体です。


私達のサポーターである Mothers from Takatori の皆さんが


この学校に井戸とウォーターフィルター


教育教材をご支援下さいました。


今日、サポーターさんの代わりにここに来て


皆さんと会う事ができてとても嬉しいです。


一生懸命勉強して、みなさんの村の為に働く人になってください』



とお伝えしました。



<

美味しいご飯も頂き♪





楽しい時間を過ごす事が出来ました。




続いてはダイリキさんがご支援くださった


ニュー小学校が近くにあるというので見せて頂きました。






廊下には「子供の人権を守る」というポスターが貼ってありました。





校舎も綺麗に使ってあり、子ども達も可愛いですね~。





少し交流できる時間を作ってもらったので


ちびっこたちと遊びました!!






とにかく写真に写りたい子ども達でした笑。






続いてお手伝いでラオガム小へ。


さんまの缶詰配りです!





校舎をご支援くださった方からの


贈り物との事で


早速みんなで食べてみよう~!






さんま、がどんな魚か分らないようなので


絵をかいて説明したけど・・・


伝わったかしらね・・・






お母さんたちへの聞き取り取材なども


同時進行で進んでいて


凝縮された訪問でしたね!


石原は途中で先生の出してくれる


パパイヤと





バナナが美味しすぎて、話しから離脱し






満腹になって


シエスタTimeでした。




失礼しました・・・




※※子ども達からメッセージムービー※※





ラオス視察⑥

テーマ:

この日は朝からナボーン中学校へ!

学校の裏の敷地に各村の親たちが資材を持ち寄って

建てた寮があります。

70名が寮生活をしていて

井戸がなく毎日川まで水を汲みに行っていました。

高取町商工会女性部の皆様が、

井戸をご支援くださったので

井戸を見に行ってきました!


寮はこんな感じ↓







井戸はこんな感じ!

今は一時的にトイレ工事の為

電動でくみ上げる機械がついています。






Mothers from Takatori , Nara , Japan

のプレート!





井戸が使える様になったので

学校菜園も捗るようになりました。






飲料用の水を汲んで

大きなお鍋で沸かしているところ。





井戸から出ているホースが

この水場へ。

女の子たちが作業していたので

少し話を聞かせてもらう事に。





高取町商工会さんにメッセージムービー撮るよ!

と言ったら

「ちょっと待って!!」と作戦会議・・・笑。

ラオスの子ども達にとって人前で

話す事は容易ではありません。

自分が何を話すか、何番目に話すか

打ち合わせ中~。





その後はナミン村の子ども達が暮らす

寮にお邪魔して

生活について聞いて来ました。





この寮に19人が暮らしていて

ご飯は3つのグループに分けています。

1つのグループに1つ、小さなキッチンがあります(写真↓)

朝4時に起きてご飯を蒸します。

朝ごはんはお米とチリソースです。

お昼は朝の残りのお米と行商が売りに来る焼鳥等を

皆でシェアして買います。




週末は家に帰ります。

普段は家族を助けられないから

畑仕事や家事を頑張って手伝います。

寮生活は最初、寂しかったけど

いまは「勉強したい」という気持ちが強いです。

沢山友達もできました。


などなど

話しは尽きないのですが

次に移動しなくてはならないので

ナボーンを後にしました。

(翌日、中学校校舎をご支援くださった

ダイリキ株式会社さんをお迎えしての

開校式が開催されました。

次の記事に書きます!)





次に向かったのは

カトゥア中学校。

といっても春までは何もなかった敷地に

村人が「本気見せる!!」といって

土地をフラットにし村人で木材を調達し

机を手作りし

近隣初の中学校教室を作っているという

すばらしいPJです。

すでに48人の中学生が通います。

来年、新1年に入りたい子は既に85人もいるそうで。





村人も先生も一生懸命。

この人たちと学校を作っていきたいな、

と思えるPJですね。





嬉しいことにナボーン中学校を

サポートして下さった

ダイリキさんがこちらもサポートして下さるとの事!
(翌日の村人集会で決まったそうです)

よかった~!!

子ども達、とっても喜びますね☆彡





中学校の後はカトゥアの分校

ガザ小学校へ。

ここも気になるPJです。

遠目にみただけで「あ~これは校舎が必要だわ・・・」

とわかる感じでした(; ・`д・´)!


夕方遅くなったのに

待っていてくれた子ども達、先生達。






この建物はお寺です。

ですのでお寺の行事の時には

黒板や机を撤去して

お寺として使います。





1部屋の中になんと4つの黒板が並ぶという

複式すぎる教室。





子ども達はとっても可愛いです。

先生曰はく

農繁期にはここに田畑を持っている

別の村の家族が

農作業をしにやってきて

子どもも一緒に連れてきているとの事。

そうするとその子はその間学校に通えないので

ここで受け入れをしたいという事でした。





とても良いPJです。

ただISSCのPJで学生さんを入れるには

ちょっと制限が厳しいです。





う~ん( ;∀;)



ネパール視察①

テーマ:

ボランティアさんがネパール視察より帰国しました。

弾丸ツアー、お疲れ様でした!!


1校ずつ報告を掲載していきます。

まずはダリンボットスクールです。


この学校の問題点は、貧困・出稼ぎが多いという事。

農作物を売りに行くには道が悪すぎる事。

比較的カトマンズから近いのに、

雨季になると入村が本当に大変です。


私達が最も懸念しているのは

「子どもを連れての煉瓦工場への出稼ぎ」です。

労働力としてカウントされる場合もあれば

子どもが小さくて置いていけず、連れて行く場合もあります。

児童労働と教育からのドロップアウトのダブルパンチです。


何度も通い、少しずつ距離が縮まってきました。


ISSCがスカラシップ支援をスタートし


海外子ども支援の会さんが

ラーダとクリシュナのお寺を修理してくださって

Ms NagataさんがBellを寄付してくださいました。





今回はお寺が無事に完成したのを確認してきました!





また里親のErinaさんがたくさんの図書を寄付してくださり

徐々に教育環境を整備しています。




子ども達の作品↓

可愛いですね。




先生たちと色々な話が出来るようになってきました。

今回は障がい児支援についても

話を聞くことができました。

近隣に5名の障がい児が暮らしています。


先生たちからは

『仕事ができるようになるための

トレーニングをしてあげてほしい』

という意見が出ていました。





また今回の各村での調査で良く出た意見は

『愛情を持ってほしい』

『理解をしてほしい』

でした。

家族や周囲の大人の理解が深まっていないケースも

多くあるものと思われます。





やはり貧困に起因する問題が多いので

農業支援や水の支援が

今後必要になってくるかもしれません。




海外こども支援の会さんからのご支援で

チトワンのKantipurSchoolに文庫を設置しました!


まずは本と本棚を購入。

やっぱり運搬が大変で

本棚は落ちないように固定・・・!








バスでチトワンまで移動します。





チトワンらしい風景

サイの登場!





8月の渡航時と同様、まだ河の水かさが多くて

車が通れないので

おなじみの水牛さんが運んでくれます。





無事に学校に到着、

先生たちと本を設置していきます。





プレートも作成しました!





子ども達も本に興味津々。





座り込んで読み始める子ども達。





教材も一部購入して届ける事ができました!





ご支援有難うございました。

現地確認は11月に予定しています!!





***************ISSCよりお願い****************


iphone6への買い替えを検討中の皆様!

ISSCではiphone4~5の余った機種を募集しています。
用途はネパールでの写真・動画の撮影のみ、です。
電話やメール、アプリは使いません。

ネパールでは砂埃が多く、デジカメが壊れやすいです。
ネパールのスタッフがサポーターさんにお届けする
写真を撮る際に
画質が良くて、持ち運びやすく、砂が入りにくい
スマホが一番適しています。

6に買い替え予定で、今持っている機種はいらないよ!
という方。
是非ご一報下さい!!


**********************************************



***************ISSCよりお知らせ****************


ISSCは「かざして募金」のサービスに対応しています!



ソフトバンクのスマホをご利用の方は

http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/select.jsp?corp=102



Docomo、AUなど上記以外の方は
http://ent.mb.softbank.jp/apl/charity/sp/creditSelect.jsp?corp=102
こちらのページからアクセスできます!


**********************************************



高校生のチャレンジ

テーマ:

高校生ボランティア団体SUNNYSIDEさん

http://souoliver7.wix.com/sunnyside

ISSC初、高校生の団体です。

最初にメンバーに会ったときは16~7歳だったと

思いますが

この年齢の子達が「自分に出来る事」を探していると

知った時は本当に驚きました。

SUNNYSIDEさんは

1st チャレンジ として

PokraSchoolにSUNNYSIDE文庫を作る

プロジェクトをスタートしています。







文庫にはテキストブックや





辞書など(高価なため村では中々買う事ができない)





道具類





大きな本棚!





をサポートしてくださいます。


今年はまだ高校生なので現地に入ることが

出来ませんが

来年は渡航を予定しています!

将来が楽しみな若者達ですね♪





Darimbotの図書

テーマ:

先日お伝えした

Darimbotへの図書と本棚の寄贈、

Erina~エリーナ~様がご支援下さいました。


↓このように設置して 皆で記念写真。





子ども達、照れながら手作りの御礼プレートを

持ちます。





ちょっと綴りが怪しいけど

頑張って作りましたね!





先生たちともパチリ





絵本、テキストが上手に活用されるよう

見守っていきたいと思います♪