ヘタウダの学校2校の先生達に
集まって貰って会議。


学校が頑張って作っていた囲いの塀、

崩れずに持ちこたえたようです。良かった!






学校の中を見せてもらいます。





やはり細かい亀裂が入っています。

ただ、使用不可の状態ではありません。


















ムアルタール村のシュリクリシュナは
学校は少しダメージがあるものの
日曜日からの再開に間に合うとの事。
265の家屋のうち全壊11
半壊72ですが自力補修できる
ものも含まれています。



ドゥムレクナ村のジャルパは
5部屋が使えず教室不足に。
800の家屋のうち250は全壊に
近く住むことができません。
このうち100世帯は自力補修が
厳しい貧困の家庭です。



これまで見てきたヌワコットや
シンドゥパルチョークに
比べるとかなり被害が少ない
印象です。
大変な状況ではありますが
先生達も他の地域を心配する
余裕もあって、少し安心。





2つの学校にラーメン150食
ビスケット360袋
キャンディ6ボックスを
持参しました!

AD

コメント(1)