2013-06-02 02:31:40

水木しげる氏が描く慰安所の真実

テーマ:ブログ
従軍慰安婦問題で慰安婦の証拠?として使用されている、水木しげる氏の「総員玉砕せよ」という漫画を取り寄せてみました。
てっきり水木さん自身が、慰安婦が強制労働させられていたとか、日本軍が蛮行を行っていたということを訴える人物なのかと思ったのですが、読んでみると全く違うことに驚きました。
彼が描く戦争漫画は、氏の実体験に基づくもので、殆どがノンフィクションです。自虐史観を植え付けられ、事実とは異なる小説や漫画が描かれたその時代に、氏は真実を漫画に書き綴っています。

前置きが長くなりましたが、よく抜粋されて使用されている慰安所登場のシーンは、慰安婦肯定派に悪用されているだけだと言うことがよくわかります。

ページ(話し)には続きがあり、夕方五時に慰安所を閉店する慰安婦に対し、明日最前線に送られる七十名を超える日本兵の長蛇の列は、営業時間延長を訴えるも、慰安婦に「これ以上は身体がもたないから。」と、あっけなく断られるのです。

これは明らかに慰安婦に選択の自由があったことと、強制労働ではなかったことを裏付けていると言えるのではないでしょうか?
釣り上がった細い目と言う特徴ある顔の描き方から想像するに、慰安所の女性達は朝鮮女性ではないかと推察されますが、性交渉を断る慰安婦に対し、「身体に触れるだけでもいいから」等と冗談めいたことを口にしながら、日本兵は暴動を起こすでもなく、素直に慰安婦の意に従っているではありませんか。

慰安婦は性器を酷使する大変な仕事であったろうと思います。だからこそ日本兵も慰安婦を見下すでもなく、感謝の念があったればこそ、彼女達を襲うことをせず、大人しく諦めたのではないでしょうか?

そんな兵隊達に、慰安婦達は歌を唄って送り出している姿が描かれています。慰安婦と一緒に兵隊達も揃って同じ歌を唄っています。


戦時中のことですから、一部の心ない将兵によって、強姦等もあったろうと思われますが、水木氏が描いた体験記には、上述の通り、慰安婦と将兵が仲良くお互いを敬う姿が描かれていることを、僕は皆さんに伝えたく、この一文をしたためている次第です。









関西(大阪・兵庫)で古流居合術を学ぶなら、『修心流居合術兵法 修心館』
関東でも学べます。

居合刀・武用刀剣から価値ある美術刀剣まで、日本刀・刀剣に関することなら『美術刀剣 刀心』にお任せください。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

町井勲さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■無題

そもそも証拠があるなら大々的に裁判をし続ければ良いのです

それにTVマスコミ、朝鮮人、政治家たちが、

二日市保養所問題、ベトナム・対馬等での残虐行為を無視しながら日本を叩くのも許せません

TVマスコミは維新の橋下発言を叩く暇があるなら、ゴールデンタイムで二日市保養所問題や血のメーデー事件、阪神教育事件、

新潟日赤センター爆破未遂事件等を定期的に生討論するべきなのです

2 ■無題

私も水木さんの漫画に感銘を受けた覚えがあります

戦争末期に、負傷し窮地に陥った水木氏が現地の人達に助けられる場面です

私は、片手を失ってでも、必死に生きようとした水木さんの創作意欲は、この時期の体験が大きく影響したように勝手に思いました

人間社会、「死」を身近の感じなくなった感性は

「みせかけ」に走り易いことは、常なのかもしれませんが

「あるがまま」に存在する生命の営み=数え切れない死の上と男女の「営み」で成り立つことを忘れてはいけないと感じます

男は凸 女は凹でございますねw

最近は違う人も多いww(・∀・)

1 ■慰安婦は性奴ではないですよね。

慰安婦が強制連行されたとか、日本軍の虐殺が
あったとする証言や証拠とされるものには、多く
の矛盾や明らかな間違いであるものが多いです。

しかしながら国際社会では慰安婦が
「Sex SlavesまたはSexual Slavery」として認識
され、この度は国連の拷問禁止委員会からも
謝罪と賠償の勧告が為されてしまいました。

日本政府も毅然と情報発信して欲しいです。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
    芸能ブログニュース