Isanan の駄文ブログ

… 自作小説(?)やら何やらの駄文を、気が向いたときにだらだらと書き連ねて行くブログです


テーマ:
 アシュウィンとレナは何とか逃れようと駆け出したが、敵はその行く手からも現われ進路
をふさいだ。そして今や二人は完全に追い詰められ、急峻な岩壁を背に囲まれる形となって
いた。先刻の経験からか敵はいきなり飛びかかっては来ず、代わりにじりじりと包囲の輪を
縮めつつあった。

「ちょっと、あんた達何者なのっ? 何の目的があってこんなことするのよ!」

 レナは怒鳴ったが、昆虫人間達はギチギチと耳障りな鳴き声を交わすばかりで返事は無かっ
た。何を話しているのか、こちらの言葉が通じているのかさえ見当がつかない。

「アッシュ、どう、何か勝算はあるの?」

「特に勝算とかはありませんが……」

 相変わらず他人事のようにアシュウィンが答えた。

「この人(?)達が何者かは思い当たらなくもありません。……おそらく、『闇の勢力』の
眷族では無いかと」

 この言葉を聞くと、それまで余裕そうにも見えた昆虫人間達の様子が変わった。互いに顔
を見合わせ啼くのを止め、そして剣を構え直し攻撃準備を整えた。膝を深く曲げ一斉に飛び
かかる体勢に入る。

 そのときのことだ。二人が背にした岩壁の上から突然、地響きのような音が響き渡った。
急速にこちらへ向かって来ている。規則的なその音は、巨大な生き物の足音のようにも聞こ
えた。そしてアシュウィン達の真上、岩壁の際でそれは止まった。昆虫人間達は攻撃をやめ、
アシュウィンとレナも息を詰めてじっと次の展開を待った。

 だがしばらく経っても、何も起きる気配は無かった。やがて少しづつ包囲の輪が緩み始め、
一人、二人と昆虫人間は退き出していた。そして森の暗がりの中へと去り、遂に全員姿を消
した。レナは小さく息を吐いて、アシュウィンに尋ねた。

「……ねえ、いったい何が起こってるの? 上には何がいて、何で奴等は退いたの?」

「うーん……、ちょっと見て来ましょう。スサクッ!」

「あっ、ちょっと待ちなさいよ!」

 突風が巻き起こって、アシュウィンの体が舞い上がった。そして風は彼の体を乗せ、その
まま岩壁の上へと運び上げた。降り立つとアシュウィンは周囲に視線を走らせた。

 そこには、今までと同じ森の風景が広がるばかりだった。木々の群れが影を作りどこまで
も立ち並ぶ。地響きの原因となるようなものは何一つ見当たらず、存在した気配すら無かっ
た。木立の中に何も見出せなかったアシュウィンは上を見上げた。巨木が彼を見下ろしてい
た。

 そのとき突然、何かがアシュウィンの足首をつかんだ。

「……アーシューウィーンー」

「わわっ、レナさん! 何をよじ登って来てるんですか? ちょ、ちょっと、危ないから放
してください」

「あなた、か弱い少女をよくも置き去りにしてくれたわねー」

「か弱い少女は垂直な岩壁をよじ登ったりしません! 何をする気ですか? 上がって来な
いで!」

「しかもさっきはどさくさに紛れて人のことを馬鹿力とか言って……、とっちめてやる!」

「そ、それはその……、うわーー!」

 崖の縁で押し合い引き合いを繰り返した結果、二人は体勢を崩して転落した。地面に激突
する寸前に風が吹き上げて受け止め、何とか大事には至らなかった。

「いやー、危ないところだった。スサク、ありがとう」

「ちょっと、まだ話は終ってないわよ!」

 レナは腕をまくって拳を構えた。

「まあまあ、落ち着いて。上では何も見つかりませんでしたが、代わりに耳寄りな情報があ
ります」

「何よ?」

「そう遠くないところに、かまどから立ち昇っているらしい煙が幾筋か見えました。そっち
へ行けば人家もあって、多分森から出られるのではないかと」

 レナは笑顔に変わってばしばしとアシュウィンと叩いた。

「偉いわアシュウィン! さあ、さっさと出発しましょう。早くしないと、日が暮れちゃう
わよ!」

 レナはまだアシュウィンが方向を示す前に、どんどんと歩き出した。アシュウィンは深く
一つ溜め息をついて、その後を追った。


(続く)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 二人はまた進み出したのだが、その道程はあまり順調とは言えなかった。何分道標がある
わけでも無いので、どの道を選ぶかでレナとアシュウィンの意見は何かと食い違った。その
度に一悶着起きることになり、おかげで遅々としてしか歩を進められなかったからだ。何度
もそんなことを繰り返して、結局はスサクに仲裁役を頼むこととなった。どちらへ進むべき
か伺いを立てるのだが、風の示す道はほとんど(と言うか全て)アシュウィンと同じでレナ
は全く納得がいかなかった。そしてまた今日も日の沈む時間が近付いて来ていた。

「……そろそろ、森から出られるはずよね?」

「ユマさんが言った通りならそのはずですけど。でも適当に進んで来ただけだから、出るも
出ないも今いったいどこにいるのやら」

「……もし、このまま野宿になったら、どうなるか分かってるんでしょうね?」

「そ、それは僕の命が危ないと言うことですか? ええと、もうすぐに出られると思います。
ほら、何だか人の気配がしませんか」

 このアシュウィンの白々しい返答に、レナはまた拳を構えた。だがその手が止まる。遠く
の暗がりに人影のようなものが動くのが見えた。

「まさか本当にいるとは」

「……あんたねー。ま、良いか。ねえ、そこの人ー! 森から出る道、ちょっと教えてもら
えませんかー?」

 レナが大声を出し呼びかけた。すると人影はすっと木陰に消え、そのまま現れなかった。

「何よっ! 人が頼んでるのに何で隠れるの?」

 不機嫌になってレナは人影のいた方へ向かおうとした。アシュウィンがその肩に手を置き
制止した。

「気を付けて、レナさん。様子がおかしいです」

 レナも立ち止まり、周囲に警戒の目を走らせた。森の深く繁った木々は幾重にも死角をつ
くっている。しかし静寂の中には何の気配も感じられなかった。レナは問いかけようとアシュ
ウィンの方を向いた。そのとき――

「危ないっ!」

頭上から黒い影が二人に襲いかかった。手には刃が光る。アシュウィンがかろうじて杖で受
け、体勢を崩して倒れた。影は地面に降り立ったが、マントとフードで身を隠し正体は知れ
ない。レナが短剣を抜き放ち切り付けた。硬い音をたてて剣先が弾かれる。下に鎧でも着込
んでいるのだろうか?

 敵は一瞬二人の様子を窺い、レナの頭上を越えて丸腰のアシュウィンへと跳びかかった。
人間の跳躍力では無かった。アシュウィンは倒れたまま杖をかざした。相手は一方の手でそ
の杖を払い、逆の手で剣を振り上げた。それが突き下ろされる寸前、アシュウィンの右手が
相手の脇腹を打った。叫び声が森の中に響き渡った。金属の軋り合うような呻き声をあげて、
敵はよろめきながら離れた。アシュウィンの右手から、皮膚を破って刃が突き出していた。
マントが体からずり落ち、相手の姿が露わになる。レナは息を呑んだ。

「……! 何なの、あれは?」

 それは人間では無かった。黒光りする甲胄のような皮膚、節くれだった手足、そして触角、
複眼、鋏のような顎まで備えたその顔は、昆虫そのものだった。脇腹から青い体液が吹き出
ている。アシュウィンの刃が正確に外甲の継目を切り裂いていた。その怪物――昆虫人間――
は軋り声をあげながら森の中に姿を消して行った。

「本当に、何だったんでしょう?」

 アシュウィンが立ち上がりながら他人事のように言った。その顔面にレナの裏拳が飛んだ。

「またその右手、やめなさいって言ったでしょう!」

 アシュウィンの右腕からは血が滴り落ちていた。アシュウィンの右半身には意識が通って
いない――自由が効かないとともに痛みを感じなかった。そしてその半身の体内に様々な武
器を仕込んであるのだが、その使用には自身が傷付くことが避けられなかった。それをレナ
は嫌っていたのだ。

「……心配して言ってくれてるのなら、もっと非暴力的な伝え方もあるのではと……」

「余計な口をきかないで、ちょっと見せなさい! あたしが包帯で巻いてあげるわ」

「レナさんの馬鹿力で巻かれたら、血が止まって壊死しちゃいますよ。それに、本当にそん
な余裕も無くなってきたみたいですし」

 森の中から、再び軋り声が聞こえた。そしてまたもマントとフードで身を隠した影が姿を
現した。だが今度はその数は一つでは無かった。幾つもの影が、二人を取り囲もうと距離を
詰めて来ていた。


(続く)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。