2007-05-07

米Microsoft社が米YAHOOの買収

テーマ:ブログ

GW中にMSとYahooの合併話が出てきたようだ。交渉自体はペンディングになっているといった話もあるけど、、以下に財務の一部を引用すると、(昨年と本日の)


Google Yahoo! Microsoft
売上 22億5400万ドル 15億6700万ドル 109億ドル
純利益 5億9200万ドル 1億6000万ドル 29億8000万ドル
時価総額 124.85B 47.07B 281.58B

時価総額(today) 146.69B 41.77B 292.36B

Google Inc.の株式状況

Yahoo! Inc.の株式状況

Microsoft Corporationの株式状況

引用:三国志 Google(グーグル)対Yahoo!(ヤフー)対MSN(マイクロソフト)の検索エンジン三国志 © SEO塾



これをみると、MSとGoogle・Yahooとはかなり比較にならない事業規模を持っている。ただ、Googleにおいては現段階では、売上-時価総額の割合は群を抜いて高い。つまり、売上規模に対する市場の期待感がトップだという事になる。


様々な本でGoogleのとっている戦略やカルチャー、ビジョンが露出され、さもポータル・インターネットドメインのリーダー的に扱われている。そして、MSやYahooが時代から取り残されていると比喩するようなコンテンツまで出回っている。



個人的に、MSは分からないがYahooに関してはそうだとは思えない。Googleの合理性の元に全ての情報の定量化というのがビジョンの一端に垣間見える。しかしソモソモ、Yahoo自体そこを到達点にしているとは思えない。


ディレクトリ検索は、ロボットよりも劣る訳ではなく、ある部分についてパフォーマンスが出ないが、日本的な?別の側面では極めて人間的で、定性的であると思う。それは相反するもので、単純にWeb1.0・Web2.0と縦に並べられるものではないように思える。そして、これからこの定性的という情報処理に着眼する事が先進的な事だと思っている。



つまり、対抗でYahooではなく、敢てのYahooだと思う。イヤ、思いたい。



合理化しつくされた環境に人は充実も魅力も感じない。一定の合理性が基本にあり、そこにある(共存する)非合理性に魅力を感じ、結果的にユーザーから共感を得るのだと思う。



対人関係でも、そうでしょう?!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

isa-planさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD



なかのひと


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。