2006-02-28

メディアと成果保障ITサービスの関係

テーマ:修士論文

プロの視点


企業経営者の役割は、「夢」を株券に変えて投資家に売って資金を集め、事業を創り出すことである。


とってもよい記事だと思う。以前に日経新聞の黒い霧の作者の公演を聞いたことがあるけど森氏の言っている事は真理であり、素晴らしい洞察だと思った。間接金融が全盛の時代には、こういった現象は起こり得なかった。これが直接金融主導の資金調達機関の台頭によって「夢」を、現実化することが可能な「資金」にコンバートできるのである。


メディアがメディアとしての役割を果たしていれば・・・であるが。


この事件が発端か、社会がそういった方向に変革しているのかは明言できないが、少なからずこの資金調達・企業評価がデファクトとなった場合にはメディアは大きな役割を担う事となる。しかし、このままのメディアの状態では今後が思いやられる・・・というかメディア主導のビジネスが蔓延るようになると・・・どうなんだろうね。。


となると以前からWEB2.0時代のビジネスは「制約」だ!といっているが、そこに繋がって来る。WEB2.0だけでなく、様々なコミュニケーション網が、波紋もように不規則に広大な広がりをする過程でその中での情報の取捨選択機能が重要なのだと思う。


仮に、このアメブロが全てのBLOGサイトを吸収して独占状態になったとする。すると、今のままでのアメブロの役割だけでは役不足となる。勿論営利目的からはじめたサービスだが、ここには公共性が必要となってくる。ブロガー全てが1つのサイトをポータルとしているということは、同様のコンテンツを大多数の人が見る事になる。


つまり、ネットワークの外部性と公共性の向上の依存性は強まっていく。これまでにメディアの活用はあったがここまでの相互依存性が存在した事は無かったのではないだろうか。ここでナッシュ均衡に向かわない為になんらかの制約が必要になるのである。


これまでは、様々なネットワークは国主導で運用されてきたが、現在の規制緩和の流れにより民へと主権が移動している。官に影響されたメディアは相応の非営利性をもって露出してきた。これがメディアのプライドだったのかもしれない。しかし、現在においては対象のネットワークは営利化している。(しかも今一番イケイケの業界)これはマルクス主義の"原始共産制→奴隷制→封建制→資本主義→共産主義"の流れの中では正常な発展であるが、ここにどうやってメディアがシンクロナイズドしていくか?という事が問題となってくる。


ん???なんか分からなくなってきた・・もうちょっと考えを纏める必要があるような気がするぞ。。でもこれって、ITベンダーとIT投資に対する評価方法の関係と酷似しているような気もしてきた。誰かアドバイスください。何を勉強したら良いんだろうか・・・


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

最近の記事

会議の効率

最後の神頼み

GyaO


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

isa-planさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD



なかのひと


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。