is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



 しあわせ


  アメリカのしあわせ

アメリカ第45代大統領ドナルドトランプ氏の就任演説にアメリカのしあわせを見ました。

①信仰の復活

トランプ氏は二冊の聖書に手を置いて宣誓しました。「人民の人民による人民のための政治」という民主主義の理念を説いたリンカーンが持っていた聖書と1955年に母親から渡された聖書に手を置いて誓いました。

トランプ氏が正直、率直な人である事は誰も認めると思います。聖なる神が最も喜ばれるのは正直、率直です。主キリストが最も忌み嫌うのは偽善です。新約聖書参照。

民主主義というのは全ての国民が豊かになって幸せを感じるための政治理念です。貧富の差が世界一という結果をもたらしたアメリカの今までの民主主義は「偽善」であったとトランプ氏は主張して選挙戦を戦い、その主張が人民を愛する神に嘉され、奇跡が起きたとわたしは解釈しています。トランプ大統領によって信仰の国アメリカが復活し、アメリカ国民皆が幸せになります。それは世界の希望でもあります。


②真の民主主義

民主主義の根底には愛の神、正義の神、法の神への信仰があります。トランプ氏は偽善者ではありません。偽善者ではないという事は即ち信仰の人です。キリスト教会の神父や牧師が偽善者であれば、彼らは不信仰の族です。不信仰の者、即ちウソツキには神の愛がありません。神の正義がありません。したがって不法、無法者です。

トランプ氏は「不法移民」を否定しています。彼は「移民」を否定しているのではなく、「不法」を否定しているのです。信仰の人だからです。不法を肯定するのは偽善者です。不法を肯定する=犯罪を容認するです。トランプ氏は信仰を土台にアメリカの不法を裁き、アメリカに法の支配を回復すると神と国民に誓ったのです。民主主義は法の支配の下でしか実現しないからです。トランプ氏によってアメリカは不法から解放され、リンカーンの目指した民主主義が回復されるでしょう。トランプ氏は演説の冒頭で言いました。「権限を政府から国民に移す」と。これは真の民主主義を打ち立てるという力強い国民へのメッセージです。それはアメリカ国民そして世界の幸福につながります。


③アメリカ第一主義

アメリカの大統領として自国民、自国の利益を第一にするというのは、当たり前です。アメリカ第一主義と言う方針から、トランプ氏は「僕は世界の大統領」と己惚れてないという事が分かります。世界はこの方針を大いに喜ぶべきです。アメリカは下部(しもべ)の国を持たないとの宣言ですから。これから世界の国々は「対等」になります。世界にとってこれは希望です。明治以降の下部の国ニッポンは消えるでしょう。

 

  ブログへの邪魔

もっと書くつもりでしたが、邪魔が入っていますので、今回はこれぐらいにします。

蛇の皆さん、日本は明治以来憲法を持たない国ですので、法的には律令体制下にあります。天皇への邪魔行為は国家への犯罪です。「八虐」にあたる重罪です。それを覚悟でやりたければやってください。

陽成天皇直系の皇孫

万世一系の天皇

=Davidヨシュア勝信貴


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。