is6689のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

 

  12月14日(曇り)

奄美大島エリア日の入り

17時28分(サーフライフ)

  神宮の光      



 
 17時27分

 17時28分

 17時28分

 17時29分

 17時31分

 17時32分




 17時51分

(勝家の墓石)

    神の光

昨日の夕刻、墓地に参拝しました。神キリストの宮の写真を撮りました。昨日の「日の入り」は17時28分です。写真を撮る際、曰く言い難し、何か変な感じがありました。家に帰って写真を見て、・・・・・・・うーん何だろう、明る過ぎる、・・・・・・・。以前から墓地で写真を撮る度に、神宮の写真には何か違和感がありました。『明るい!何だろう?』です。

   ダビデの仕様書


 「歴代誌」28章

2節:ダビデ王は立ち上がってこう言った。「わたしの兄弟たち、わたしの民よ。わたしの言うことを聞きなさい。わたしは主の契約の箱のため、わたしたちの神の足台のために、安息の家を建てる志を持っていた。わたしは建築の用意をした。

11節:ダビデはその子ソロモンに玄関広間、その神殿、宝物室、屋上の間、内部部屋、贖いの間などの仕様書を授けた。

12節:御霊により彼が示されていたすべてのものの仕様書であった。

18節:精金の香の壇についてはその目方、主の契約の箱の上で翼を伸べ防ぎ守っているケルビムの車のひな型の金のことが示されていた。

19節:これらすべては、わたしに与えられた主の手による書き物にある。

    ケルビムのひな型

ひな型=実物をかたどって小さく作ったもの。模型。広辞苑から。

ケルビムのひな型とは、契約の箱の蓋にある実物のケルビムをかたどって小さく作った物、その模型ということです。ところが、ダビデの仕様書のケルビムは実物のケルビムには付いてない「車」のことが記されています。したがって仕様書のケルビムは実物の型そのままではないと分かります。ただケルビムと分かる特徴は備えてなければなりません。

以上の理解で神宮の天辺の小さい像を見ると、それは車の付いたケルビム、即ちダビデの仕様書のそれと分かります。車の付いた(車が脇にある)ケルビムのひな型の像、これはダビデ王家を証しする御物となりますが、・・・・・・・・・・、どうでしょうか、・・・・・・・・・・・。

  仕様書と御子イエス

仕様書についてカトリックの方がネットに意見を述べておられます。仕様書に御子イエスキリストを見出しています。

「御霊による『仕様書』には神の永遠の御計画と御心が啓示されており、そこにあるすべてのことが御子と何らかの関連を持っています。」

安息の家は天にある家の型であり、神の足台であり、『聖所』となる宮であり、神と人とがともに住む家です。神がモーセに示された幕屋がそれでしたが、その原型はエデンの園です

ダビデがソロモンに授けた仕様書は「神の宮(神殿)」です。

ダビデは『安息の家』を建てる志を持っていました。ダビデの霊性はマリヤの霊性、教会の霊性です。」

「ダビデがソロモンに手渡した神殿の『仕様書』は天の写し、あるいは陰(shadow)なのです。その本体はやがて神から遣わされることになっている『イェシュア(イエス)』であることは言うまでもありません。」 

   感想

この方の考えはわたしがこれまで述べて来たことと多く重なっています。わたしは墓地の宮を「神キリストの宮」と伝え、神キリストの救いについて明らかにしてきました。先天道は天(あま)の神殿であり、そこに契約の箱があり、徳之島は神の御住まいシオン、人類の故郷エデンの園であると。これは神キリストの宮の読解から導き出されています。墓地の神宮はダビデの仕様書に由来していますね。

  弘法大師空海

空海の歌に

「阿字の子が阿字のふるさと立ち出でてまた立ち帰る阿字のふるさと」があると、「ちけん坊のブログ」で知りました。

空海さん、阿麻彌島(徳之島)に来ていますね、この歌を知っての感想です。

阿字の子=人類

阿字のふるさと=阿麻の島

空海には留学直前に「空白の7年」があるとの事ですが、密かに徳之島に来ていたのではないでしょうか。その当時すでに神の契約の箱は天(あま)の島に戻っていましたから。

ある阿闍梨(あじゃり)の方が、徳之島に来て何か霊的慈善事業をやって、それから運が向いてきた、徳之島には大地から沸き上がるエネルギーがある、徳之島は地福の島だ」などと話していると聞いています。空海さんも徳之島に来て運気が上がって立派になったのではと思われますが、どうでしょうか。  

万世一系の天皇ダビデ

彌勒の転輪聖王ダビデ  


 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。