(只今、最新記事を過去日付にて順番に更新中☆またリアル日付からは着々と引き離され中…なのに8/9現在、アクセス数が過去最高とゆ〜謎に見舞われておりますこの過疎地にな、何かありましたでしょうか…?)

さぁ、待ちに待ったこの日!
とうとう、迎えました。

前回はいつだったか?
もう、一生無理かも…。
だって、忙しい方なんだもん。。。

と、心の中で密かに悲しみながらも、でもでも、全く見て貰えない訳ではないっ!
と。今日迄、自分に与えられたチャンスを目一杯楽しみながら私なりに頑張って参りました。

事の起こりは先日の事。
不意にそんな私の元へと一通のメールが届きまして…

そして、今日の事が決まった訳なのです。

そう。何とそれは…
大人気!日頃、参加希望で高倍率な樫木裕実先生のパーソナルアプローチなのですっ!!!

庭山マネージャー様曰く、昨年の11月以降のパーソナルなんですよ

…このトレーニングは、先生がマンツーマンでその人に合った樫木メソッドのギュギュギュギューッ!と詰まった動きのプログラムを
何と何と何とォオオオ!
先生付きっ切りでご指導して下さるとゆ〜、夢のプログラムなのでありんした

このトレーニングの打診を頂いた時はモゥただただ嬉しくて、しかし、頂いてすぐにメールに気付いた訳ではなかった事実を知って動揺…。

ヤバイ!
もう遅かったら、どぅしよう…
イヤでも。
でもでもでもっ!
折角巡ってきたこの枠を逃してなるものかーッ!!!

と、鼻息が尋常でない位荒くなりましたよ。
メールで返信するのに、間に合わなかったらどうしよう?と思うあまり指が動かず、
思い余ってスタジオCに電話をしてしまいました
(ど、動揺し過ぎだから…

ただね、この日にメールを下さっていたのは有能事務スタッフの赤江さんではなくって、庭山さんだった事…

そうなんです。
赤江さんが公休でお休みの中、お忙しい合間を縫って庭山さんが直々に打診をして下さっていたのに、
よりによって私の痴呆頭はその事に思い至らず、で、電話を…

何回かコールしたけど勿論出られず、途中でハッと我に返った私は速攻、電話を切りました。
先生と庭山さんのお二人でスタジオを回していらっしゃる日に私は何て愚行を…

切腹したい思いに駆られながら、震える手と指で何とかパーソナルアプローチを受けたいメールを
己の持て得るスピードの限りを尽くしてスマホメーラーにて入力し、返信をしました。

遅いからさ〜、もう枠埋まっちゃったよん

て事にはならなかった僥倖…ぉおう。

かくして私は、本日のパーソナルアプローチへと参加の運びに恵まれたのです

まぁ、パーソナルはマンツーだからボッチとかメソメソしなくても元より独りだしぃ?
ソレよりも、先生に付きっ切りで見て貰える幸せに60分間浸れる訳だしぃ〜

当然、ウキウキしながら六本木に向かいましたわな。
そして、参加が決定した後に改めて赤江さんから頂いた事前のパーソナル確定メールにてこの日は赤江さんが再び公休でおられない事を知っておりましたので、
場所取りする必要も無かったのですが、早い時間の電車に乗って可能な限り早目に向かう事にしたのです。

ええ。私の大好きなミッドタウンへ寄りたかったから
そこで、先生と庭山さんに何としても差し入れを用意したかったから

なので、お二人への差し入れに決めたお弁当と飲み物を買ってからスタジオCへと向かったのです

今日も今年の夏らしくてとても暑い日でした。

スタジオCのドアから中へ入ると、いつもの受付に赤江さんのお姿はなく。
それから直接フロアへ降りてきて〜!と、庭山さんからの掛け声を聞き付けて階下へと螺旋階段を降りました。

そこにいらした先生の笑顔に癒されつつ、ご挨拶をしながら差し入れをお渡しすると、とても喜んで頂けたみたいでホッとしました
後に先生のSNSでスタジオCカフェと銘打って飲み物のお写真をupして下さっているのを見掛け、
思わず私も嬉しくてニヤけてしまいました

そして時間になり、充実の贅沢なパーソナルアプローチの60分…(昇天〜)

凄く凄く勉強になったのは勿論の事。
個人的に天にも昇る心地になる様な、あるお言葉を頂きまして、
信じられない思いに魂が抜けていくかと思う体験をしてしまいました

生きてて良かった!
激しく早死にしたいと思う時が多々あったけど、死なずに生き恥を晒して今迄生きて来て本当に良かったって、今日は物凄く思ったのです。

先生、ありがとうございました
イヤもう、ホント今日いつ死んでもイイよ。
(どっちやねん!)

普段の様々なグループトレに参加している中で最近、以前に増して内容の質がパワーアップしている…!と多々感じる事が多くなりました。
学研さんから新たに出版されたばかりの先生の健康カーヴィーのムック本にも余すところなくその魅力が紹介されておりますが、
もう少なくとも私の中では樫木先生は一介のトレーナーさんとゆ〜枠を超えた内容の濃いメソッドを進化させ続ける存在以外の何者でもない位置付けにあります。

だって実際にご指導を受けてて思う事、体が感じる事、得る感覚の全てが、スゲェ!と思える。

私的には樫木トレ基礎から始まり、
見直し繰り返しカーヴィー、
少人数制グループトレーニング
の三本は最低月一で毎回参加するのに絶対押さえておきたいプログラムになりました。

しかし毎月スグに予約が埋まってしまうので、これらを押さえるだけでも結構大変なんですが、
どうしても参加したくて堪らなくて毎回ムチャクチャ頑張ってそれらのメニューをお願いしている次第です( ̄▽ ̄)

そして、これらをグルグルと回す形で参加するウチに、いつしかどんどん体深くに樫木メソッドが馴染んでいく様な心持ちになって来ます。
まぁ、ダンスを活用した動き系になると相変わらず苦手でぎこちないんですけどネ
(ダメぢゃん。)

他にもグループにはなるんですけど、魅力的なプログラムは盛り沢山!

樫木先生のスタジオの原点のプログラムは何と言ってもアクティブカーヴィー
一般向けにはパーソナルをされていなかった時代からの元祖グループトレみたいな感じです。
みんなで動く一体感と、参加する回を重ねるごとに段々と付いていける様になる喜びを感じられてとても楽しいです。

大昔、今より全然動けていなくてダメだった私を少しずつ育ててくれた想い出深いプログラム

そして、アクティブカーヴィーから派生したバラードカーヴィーや、
シンプルムーブメント、樫木式エアロ、少人数フロアマット等等等等…!

それぞれに魅力があり過ぎて、気持ち的には全部受けたい衝動に駆られる。

駆られるのだが、そこまでお金が続かないとゆ〜ねッ!
(そして最近は、体力すらも続かない
悲しいよ…。
悲しい。

そんな訳で、過去に散々後ろ髪を引かれつつも、続々と進化して現れたニュープログラムの中でも己が参加してその中で厳選した私的チョイスプログラムを現在申し込んでおります。。。( ̄▽ ̄)

そんな風にプチ苦労をして何とか参加を確保出来た前述のプログラム達のお陰様で、
その時に大充実した時間を過ごす事は勿論の事、色んな発見や新たな動き方を少しずつ体に馴染ませる事が出来たのかな?と実感する事が多くなりました。

特に樫トレ基礎と見直し繰り返しカーヴィーでは、他のプログラムには無い庭山さんからのチェックが入ります。
庭山さんは先生と長い長い間過ごしていらした先生のマネージャーさんですから、
先生ご本人以外でカーヴィーの動きを一番熟知されている方だと思います。

その事が、この二席にてよく実践証明されています。
健康カーヴィーのムック本にも人々が先生のメソッドを動く上でよく陥りがちな悪い例を真似る事により私達の目に見せてくれていますね。

その庭山さんのチェック(密かに庭山さんサーチと呼ぶ私w)が意図的に入るのはこの二つのプログラムだけなんですよね。

コレ、チェックが入る事でマジ、すっごく勉強になるんです。
今迄DVDで見てこうかな…?と危ぶみ、そしてアクティブカーヴィーなどで実際に学んで、こうかも!と、身に付けた事。

気持ち良く一人で気ままに動く事に慣れてしまうと、まるで先生の指導が再現出来ている様に感じてしまう動きが出て来ます。

そこをね、庭山さんサーチによってコテンパンにやられる訳です(笑)
で、ハッと目が醒めるの。

チ ガ ウ だ ろ 〜 !(by豊田議員)って。www

指摘されてスグに修正出来ればイイんだけど、そんなに簡単にいかないのが樫木メソッドの奥深い所。
見様見真似で自分なりに培った動きの概念を根底から覆される訳ですから、途端に訳が分からなくなる事が多々あります。

だから初期の頃は泣いちゃう方も続出していましたが、私はこの件に関してはわりと平気でした。
寧ろ、ドンドン修正お願いします!と奴隷根性丸出しでありがたがってましたね〜

勘違いのまんまでいたくは無かったですし、自分とゆ〜モノの事を世界で一番信用していなかったので、いとも簡単に意識を切り替えて白紙に戻せてしまうのです(笑)
裏を返せば何の拘りも自分の中には無いので、言われた通り直せばい〜やと思う的な感じでしょうか。。。

でもだからと言って、簡単に動かせるセンスが自分の中に備わっているなら苦労はしない訳で…
一進に何なら三・四・五退程もしながら(笑)、不器用な子豚女が日々、奮闘を繰り返しています。。。

そして様々な方と一期一会のご縁により集うグループトレプログラムなのですが、
メンバーさんの中には全くの初心者の方もいらっしゃる事が増えまして、
その様な方と私もご一緒させて頂く機会があります。

初心者の方がおいでになった時の先生は特に、慎重に誤解のない様、一層指導が丁寧になるんです。
それも、基礎的な事が中心に!

そうなるとね。
1つの意味に於いてとても貴重であり、おさらいが出来てしまう素晴らしい機会に様変わりするんです。
だから、初心者の方と同席するのも私は好きで、真っ新にまた最初から動きを見つめ直すチャンスだと新たなるヤル気が倍増
イイ感じに循環してるなぁと思います

で、そんな私のカーヴィー生活の中に巡って来た、パーソナルアプローチ

こ、こ、こ、これはっ!

受け手である一人だけを先生に見て貰える素晴らしいチャンス!
と思うより他、無いですよね。。。

60分とゆ〜限られた枠の中で、余すところ無く無駄にせず、とにかく先生の教えを体に覚えさせたいと必死に受けて来ました。
物凄く、密度の濃い時間だっただけに、短いっ!( ̄▽ ̄)

もっともっとも〜っと、勉強したかったナ。
と、思わせてくれたトレ。

その中で見付けた私の課題。

もっと体を柔らかく使う事。
まだまだ動きが硬くて表面だけを追うだけに留まっている様です。
カーヴィーの真髄は粘る動き。
粘る動きは体を柔らかく使う事に尽きるのかな…と思いました。

体重移動とは単にその場で左右に腰を動かす事ではなく、脚の上自体に乗せる事である。
体重移動が特に下手くそな私。
特にエアロの時に始まる小刻みな体重移動が苦手なので、意識して動ける様に私なりにも動かし方を工夫していきたいです。

指摘された私個人の動きに関しては次の通り。

膝を常に外側目にして位置を調整し、その時に足の裏を左右に浮かせない事。
…もうね、様々な指導の1つ1つに目からウロコが落ちる状態です。
成る程、言われた通りになる様に動かす意識を変えて見た所、物凄く、楽!
体がニュートラルに楽だと感じるポジションこそ、先生が指摘する動きなのだと思えるのです。

首を伸ばす。
どうしてもね。普段は前に居らっしゃる先生の姿が気になって、見たくて顔を上げてしまう事で首が縮こまってしまう様です。
見た目にも宜しくないらしく、スグに指導が入ります(笑)

脇から腕を動かす。
脇です。脇!
私の場合、脇が凄〜く、大事だった。( ̄▽ ̄)笑
体と共に手も一緒に動かす様なムーブメントの場合、どちらかに意識が分散してしまうのが私。
ピアノの両手弾きが出来ずにレッスンを辞めた様な女なので、2つな事を同時に出来ないとゆ〜欠点が。
コレ、マジでどうにかなりませんかね?

手を脇から動かすのは基本としてデフォルトの動きにしたい。
だから、覚えたいです。

背中を固めない。
元々肩も背中も僧帽筋辺りがガッチガチな私。
ふとした時に背中が自然と力む様なんです

なので、先生や庭山さんのプロ目線から言われたらそうだろうなという位の自覚は確かにあるのだけれど、
やはり力むのが定番の癖として根深く君臨する様な体なので、いつの間にかそうなってしまっているんですよね。
気を付けても自然と戻っていくからマジ、曲者です。

右側に腰を動かす時は左脚を曲げて柔らかく足全体を使って。
その時には体重移動を伴う事が結構大事。
そして腰を単体で曲げるのではなく、腰脇辺りのIゾーン毎動かす様に意識する感じで。

しかし、あくまでメインは股関節。
股関節使いはカーヴィーメソッドで一番重要なエレメントなのです。

手を動かす時の目線は正面の鏡がメインで手に釣られず、最後に手が止まった時にのみ首ごと目線をやる。

本当に私自身の覚書きみたいな記事ですが、まぁベイビーアイラブユーの最後的なイメージを持ちました。
後、指先も力は入れないけれども意識は常にしていて、スッと伸ばす事で見た目にもメリハリがついて美しいです。

問題は、そこまで気を付ける余裕が私にあるかって事なんですけどね〜( ̄▽ ̄)

と。
まぁ、こんな具合に覚書きとして文字にでも残してしておかねば、おバカ頭の持ち主の私は、スグに忘れてしまう痴呆野郎なので…
そゆ、ワーク的な作業もしておくべきなのかなぁと最近思い始めたのです。
メモも個人的な事ばかりで他の人には分からないと思いますが…( ̄▽ ̄)
まぁ要は、私的にはこんなに収穫がありましたよって事なんです。。。

DVDでも家で一人で見て真似をする事でイイ!と感じる事がありました。
そして今、普段のグループプログラムをメインに参加し続けていると得る事が多々あり、
更にパーソナルでより深く見て貰いながら実感を得る。

その後、再びグループトレに戻って更に参加を重ねる事で、パーソナルの場でバッチリと丁寧に見て貰った動きを自分なりにおさらいしながら、こうかな?と思う動きを検証する事が出来ると思うと。

その様にしてジリジリと精度が上がっていくであろう事が、不思議と自分でも分かるんです。
自分内比較ですが、昔の私は未熟だった分、そういう意識がまだまだ薄かった気がします。

贅沢な話、その時々でやる事で満足してしまっていて、教わるぞ〜!とゆ〜貪慾さが足りないと言うか。
でも今回、個人的にガッツリ教わる積りで参加して実際教わる事が出来て、
私の自覚も一番高かった、今迄で最強のパーソナルの時間を受けられたのではないかと思った次第です。

パーソナル枠にてご指導して下さった先生には本当に感謝の念が尽きません。。。
今日教わった事は糧として吸収し、今後に必ず活かしていかれると私も強く確信した時間でした。

今日のスタジオCでは、先生と庭山さんの2人体制の日だったのでこの後の予定をこなされるのも大変だと思いながらもお写真を撮って頂いて少しだけお話させて頂きました。

お写真はこちらです

{29DBAD35-9233-461C-94B4-C67E691B982D}

マァ例によって私の写真は割愛です(笑)
でもスタジオC経由で買わせて頂いたピンクオレンジのタンクトップを着用し、
思い切って両腕を出したカッコでひっそりとパーソナルを受けたのでした( ̄▽ ̄)

先生、この日も素敵でした!
いつもながら、どんなウエアも着こなしてしまわれて、この白黒柄のタンクに真っ白なウエアパンツがとてもお似合いですよね

…今日はお二人のお邪魔をしてもいけないので、心の中では後ろ髪を引かれまくりつつ、
でも!と。
なるべく早目にお暇をする事にしました。

お昼スタートのパーソナルだったので、いつもよりかは少し早目に家に帰る事が出来ました。
帰宅すると自宅では大抵この後、娘の勉強を見る事になります。

自宅勉強の内容が少しずつ濃いものになっているので教えながら一単元分を解かすのに相当な時間が掛かり、最近は母子ともにとても大変です…

1〜3年生なんて普通、遊びまくってても何とかなるもんじゃなかったのか…?
と、考えてしまいますね。

まだ小さくて深刻な思春期が訪れていないから鬼母からの力技で勉強を強要出来ていますけど、
この先どうなるかを考えるとカナリ不安で憂鬱になります。

カーヴィーで体力つけとこ…( ̄▽ ̄)

AD