(只今、最新記事を過去日付にて順番に更新中☆またリアル日付からは着々と引き離され中…なのに8/9現在、アクセス数が過去最高とゆ〜謎に見舞われておりますこの過疎地にな、何かありましたでしょうか…?)

さぁ、待ちに待ったこの日!
とうとう、迎えました。

前回はいつだったか?
もう、一生無理かも…。
だって、忙しい方なんだもん。。。

と、心の中で密かに悲しみながらも、でもでも、全く見て貰えない訳ではないっ!
と。今日迄、自分に与えられたチャンスを目一杯楽しみながら私なりに頑張って参りました。

事の起こりは先日の事。
不意にそんな私の元へと一通のメールが届きまして…

そして、今日の事が決まった訳なのです。

そう。何とそれは…
大人気!日頃、参加希望で高倍率な樫木裕実先生のパーソナルアプローチなのですっ!!!

庭山マネージャー様曰く、昨年の11月以降のパーソナルなんですよ

…このトレーニングは、先生がマンツーマンでその人に合った樫木メソッドのギュギュギュギューッ!と詰まった動きのプログラムを
何と何と何とォオオオ!
先生付きっ切りでご指導して下さるとゆ〜、夢のプログラムなのでありんした

このトレーニングの打診を頂いた時はモゥただただ嬉しくて、しかし、頂いてすぐにメールに気付いた訳ではなかった事実を知って動揺…。

ヤバイ!
もう遅かったら、どぅしよう…
イヤでも。
でもでもでもっ!
折角巡ってきたこの枠を逃してなるものかーッ!!!

と、鼻息が尋常でない位荒くなりましたよ。
メールで返信するのに、間に合わなかったらどうしよう?と思うあまり指が動かず、
思い余ってスタジオCに電話をしてしまいました
(ど、動揺し過ぎだから…

ただね、この日にメールを下さっていたのは有能事務スタッフの赤江さんではなくって、庭山さんだった事…

そうなんです。
赤江さんが公休でお休みの中、お忙しい合間を縫って庭山さんが直々に打診をして下さっていたのに、
よりによって私の痴呆頭はその事に思い至らず、で、電話を…

何回かコールしたけど勿論出られず、途中でハッと我に返った私は速攻、電話を切りました。
先生と庭山さんのお二人でスタジオを回していらっしゃる日に私は何て愚行を…

切腹したい思いに駆られながら、震える手と指で何とかパーソナルアプローチを受けたいメールを
己の持て得るスピードの限りを尽くしてスマホメーラーにて入力し、返信をしました。

遅いからさ〜、もう枠埋まっちゃったよん

て事にはならなかった僥倖…ぉおう。

かくして私は、本日のパーソナルアプローチへと参加の運びに恵まれたのです

まぁ、パーソナルはマンツーだからボッチとかメソメソしなくても元より独りだしぃ?
ソレよりも、先生に付きっ切りで見て貰える幸せに60分間浸れる訳だしぃ〜

当然、ウキウキしながら六本木に向かいましたわな。
そして、参加が決定した後に改めて赤江さんから頂いた事前のパーソナル確定メールにてこの日は赤江さんが再び公休でおられない事を知っておりましたので、
場所取りする必要も無かったのですが、早い時間の電車に乗って可能な限り早目に向かう事にしたのです。

ええ。私の大好きなミッドタウンへ寄りたかったから
そこで、先生と庭山さんに何としても差し入れを用意したかったから

なので、お二人への差し入れに決めたお弁当と飲み物を買ってからスタジオCへと向かったのです

今日も今年の夏らしくてとても暑い日でした。

スタジオCのドアから中へ入ると、いつもの受付に赤江さんのお姿はなく。
それから直接フロアへ降りてきて〜!と、庭山さんからの掛け声を聞き付けて階下へと螺旋階段を降りました。

そこにいらした先生の笑顔に癒されつつ、ご挨拶をしながら差し入れをお渡しすると、とても喜んで頂けたみたいでホッとしました
後に先生のSNSでスタジオCカフェと銘打って飲み物のお写真をupして下さっているのを見掛け、
思わず私も嬉しくてニヤけてしまいました

そして時間になり、充実の贅沢なパーソナルアプローチの60分…(昇天〜)

凄く凄く勉強になったのは勿論の事。
個人的に天にも昇る心地になる様な、あるお言葉を頂きまして、
信じられない思いに魂が抜けていくかと思う体験をしてしまいました

生きてて良かった!
激しく早死にしたいと思う時が多々あったけど、死なずに生き恥を晒して今迄生きて来て本当に良かったって、今日は物凄く思ったのです。

先生、ありがとうございました
イヤもう、ホント今日いつ死んでもイイよ。
(どっちやねん!)

普段の様々なグループトレに参加している中で最近、以前に増して内容の質がパワーアップしている…!と多々感じる事が多くなりました。
学研さんから新たに出版されたばかりの先生の健康カーヴィーのムック本にも余すところなくその魅力が紹介されておりますが、
もう少なくとも私の中では樫木先生は一介のトレーナーさんとゆ〜枠を超えた内容の濃いメソッドを進化させ続ける存在以外の何者でもない位置付けにあります。

だって実際にご指導を受けてて思う事、体が感じる事、得る感覚の全てが、スゲェ!と思える。

私的には樫木トレ基礎から始まり、
見直し繰り返しカーヴィー、
少人数制グループトレーニング
の三本は最低月一で毎回参加するのに絶対押さえておきたいプログラムになりました。

しかし毎月スグに予約が埋まってしまうので、これらを押さえるだけでも結構大変なんですが、
どうしても参加したくて堪らなくて毎回ムチャクチャ頑張ってそれらのメニューをお願いしている次第です( ̄▽ ̄)

そして、これらをグルグルと回す形で参加するウチに、いつしかどんどん体深くに樫木メソッドが馴染んでいく様な心持ちになって来ます。
まぁ、ダンスを活用した動き系になると相変わらず苦手でぎこちないんですけどネ
(ダメぢゃん。)

他にもグループにはなるんですけど、魅力的なプログラムは盛り沢山!

樫木先生のスタジオの原点のプログラムは何と言ってもアクティブカーヴィー
一般向けにはパーソナルをされていなかった時代からの元祖グループトレみたいな感じです。
みんなで動く一体感と、参加する回を重ねるごとに段々と付いていける様になる喜びを感じられてとても楽しいです。

大昔、今より全然動けていなくてダメだった私を少しずつ育ててくれた想い出深いプログラム

そして、アクティブカーヴィーから派生したバラードカーヴィーや、
シンプルムーブメント、樫木式エアロ、少人数フロアマット等等等等…!

それぞれに魅力があり過ぎて、気持ち的には全部受けたい衝動に駆られる。

駆られるのだが、そこまでお金が続かないとゆ〜ねッ!
(そして最近は、体力すらも続かない
悲しいよ…。
悲しい。

そんな訳で、過去に散々後ろ髪を引かれつつも、続々と進化して現れたニュープログラムの中でも己が参加してその中で厳選した私的チョイスプログラムを現在申し込んでおります。。。( ̄▽ ̄)

そんな風にプチ苦労をして何とか参加を確保出来た前述のプログラム達のお陰様で、
その時に大充実した時間を過ごす事は勿論の事、色んな発見や新たな動き方を少しずつ体に馴染ませる事が出来たのかな?と実感する事が多くなりました。

特に樫トレ基礎と見直し繰り返しカーヴィーでは、他のプログラムには無い庭山さんからのチェックが入ります。
庭山さんは先生と長い長い間過ごしていらした先生のマネージャーさんですから、
先生ご本人以外でカーヴィーの動きを一番熟知されている方だと思います。

その事が、この二席にてよく実践証明されています。
健康カーヴィーのムック本にも人々が先生のメソッドを動く上でよく陥りがちな悪い例を真似る事により私達の目に見せてくれていますね。

その庭山さんのチェック(密かに庭山さんサーチと呼ぶ私w)が意図的に入るのはこの二つのプログラムだけなんですよね。

コレ、チェックが入る事でマジ、すっごく勉強になるんです。
今迄DVDで見てこうかな…?と危ぶみ、そしてアクティブカーヴィーなどで実際に学んで、こうかも!と、身に付けた事。

気持ち良く一人で気ままに動く事に慣れてしまうと、まるで先生の指導が再現出来ている様に感じてしまう動きが出て来ます。

そこをね、庭山さんサーチによってコテンパンにやられる訳です(笑)
で、ハッと目が醒めるの。

チ ガ ウ だ ろ 〜 !(by豊田議員)って。www

指摘されてスグに修正出来ればイイんだけど、そんなに簡単にいかないのが樫木メソッドの奥深い所。
見様見真似で自分なりに培った動きの概念を根底から覆される訳ですから、途端に訳が分からなくなる事が多々あります。

だから初期の頃は泣いちゃう方も続出していましたが、私はこの件に関してはわりと平気でした。
寧ろ、ドンドン修正お願いします!と奴隷根性丸出しでありがたがってましたね〜

勘違いのまんまでいたくは無かったですし、自分とゆ〜モノの事を世界で一番信用していなかったので、いとも簡単に意識を切り替えて白紙に戻せてしまうのです(笑)
裏を返せば何の拘りも自分の中には無いので、言われた通り直せばい〜やと思う的な感じでしょうか。。。

でもだからと言って、簡単に動かせるセンスが自分の中に備わっているなら苦労はしない訳で…
一進に何なら三・四・五退程もしながら(笑)、不器用な子豚女が日々、奮闘を繰り返しています。。。

そして様々な方と一期一会のご縁により集うグループトレプログラムなのですが、
メンバーさんの中には全くの初心者の方もいらっしゃる事が増えまして、
その様な方と私もご一緒させて頂く機会があります。

初心者の方がおいでになった時の先生は特に、慎重に誤解のない様、一層指導が丁寧になるんです。
それも、基礎的な事が中心に!

そうなるとね。
1つの意味に於いてとても貴重であり、おさらいが出来てしまう素晴らしい機会に様変わりするんです。
だから、初心者の方と同席するのも私は好きで、真っ新にまた最初から動きを見つめ直すチャンスだと新たなるヤル気が倍増
イイ感じに循環してるなぁと思います

で、そんな私のカーヴィー生活の中に巡って来た、パーソナルアプローチ

こ、こ、こ、これはっ!

受け手である一人だけを先生に見て貰える素晴らしいチャンス!
と思うより他、無いですよね。。。

60分とゆ〜限られた枠の中で、余すところ無く無駄にせず、とにかく先生の教えを体に覚えさせたいと必死に受けて来ました。
物凄く、密度の濃い時間だっただけに、短いっ!( ̄▽ ̄)

もっともっとも〜っと、勉強したかったナ。
と、思わせてくれたトレ。

その中で見付けた私の課題。

もっと体を柔らかく使う事。
まだまだ動きが硬くて表面だけを追うだけに留まっている様です。
カーヴィーの真髄は粘る動き。
粘る動きは体を柔らかく使う事に尽きるのかな…と思いました。

体重移動とは単にその場で左右に腰を動かす事ではなく、脚の上自体に乗せる事である。
体重移動が特に下手くそな私。
特にエアロの時に始まる小刻みな体重移動が苦手なので、意識して動ける様に私なりにも動かし方を工夫していきたいです。

指摘された私個人の動きに関しては次の通り。

膝を常に外側目にして位置を調整し、その時に足の裏を左右に浮かせない事。
…もうね、様々な指導の1つ1つに目からウロコが落ちる状態です。
成る程、言われた通りになる様に動かす意識を変えて見た所、物凄く、楽!
体がニュートラルに楽だと感じるポジションこそ、先生が指摘する動きなのだと思えるのです。

首を伸ばす。
どうしてもね。普段は前に居らっしゃる先生の姿が気になって、見たくて顔を上げてしまう事で首が縮こまってしまう様です。
見た目にも宜しくないらしく、スグに指導が入ります(笑)

脇から腕を動かす。
脇です。脇!
私の場合、脇が凄〜く、大事だった。( ̄▽ ̄)笑
体と共に手も一緒に動かす様なムーブメントの場合、どちらかに意識が分散してしまうのが私。
ピアノの両手弾きが出来ずにレッスンを辞めた様な女なので、2つな事を同時に出来ないとゆ〜欠点が。
コレ、マジでどうにかなりませんかね?

手を脇から動かすのは基本としてデフォルトの動きにしたい。
だから、覚えたいです。

背中を固めない。
元々肩も背中も僧帽筋辺りがガッチガチな私。
ふとした時に背中が自然と力む様なんです

なので、先生や庭山さんのプロ目線から言われたらそうだろうなという位の自覚は確かにあるのだけれど、
やはり力むのが定番の癖として根深く君臨する様な体なので、いつの間にかそうなってしまっているんですよね。
気を付けても自然と戻っていくからマジ、曲者です。

右側に腰を動かす時は左脚を曲げて柔らかく足全体を使って。
その時には体重移動を伴う事が結構大事。
そして腰を単体で曲げるのではなく、腰脇辺りのIゾーン毎動かす様に意識する感じで。

しかし、あくまでメインは股関節。
股関節使いはカーヴィーメソッドで一番重要なエレメントなのです。

手を動かす時の目線は正面の鏡がメインで手に釣られず、最後に手が止まった時にのみ首ごと目線をやる。

本当に私自身の覚書きみたいな記事ですが、まぁベイビーアイラブユーの最後的なイメージを持ちました。
後、指先も力は入れないけれども意識は常にしていて、スッと伸ばす事で見た目にもメリハリがついて美しいです。

問題は、そこまで気を付ける余裕が私にあるかって事なんですけどね〜( ̄▽ ̄)

と。
まぁ、こんな具合に覚書きとして文字にでも残してしておかねば、おバカ頭の持ち主の私は、スグに忘れてしまう痴呆野郎なので…
そゆ、ワーク的な作業もしておくべきなのかなぁと最近思い始めたのです。
メモも個人的な事ばかりで他の人には分からないと思いますが…( ̄▽ ̄)
まぁ要は、私的にはこんなに収穫がありましたよって事なんです。。。

DVDでも家で一人で見て真似をする事でイイ!と感じる事がありました。
そして今、普段のグループプログラムをメインに参加し続けていると得る事が多々あり、
更にパーソナルでより深く見て貰いながら実感を得る。

その後、再びグループトレに戻って更に参加を重ねる事で、パーソナルの場でバッチリと丁寧に見て貰った動きを自分なりにおさらいしながら、こうかな?と思う動きを検証する事が出来ると思うと。

その様にしてジリジリと精度が上がっていくであろう事が、不思議と自分でも分かるんです。
自分内比較ですが、昔の私は未熟だった分、そういう意識がまだまだ薄かった気がします。

贅沢な話、その時々でやる事で満足してしまっていて、教わるぞ〜!とゆ〜貪慾さが足りないと言うか。
でも今回、個人的にガッツリ教わる積りで参加して実際教わる事が出来て、
私の自覚も一番高かった、今迄で最強のパーソナルの時間を受けられたのではないかと思った次第です。

パーソナル枠にてご指導して下さった先生には本当に感謝の念が尽きません。。。
今日教わった事は糧として吸収し、今後に必ず活かしていかれると私も強く確信した時間でした。

今日のスタジオCでは、先生と庭山さんの2人体制の日だったのでこの後の予定をこなされるのも大変だと思いながらもお写真を撮って頂いて少しだけお話させて頂きました。

お写真はこちらです

{29DBAD35-9233-461C-94B4-C67E691B982D}

マァ例によって私の写真は割愛です(笑)
でもスタジオC経由で買わせて頂いたピンクオレンジのタンクトップを着用し、
思い切って両腕を出したカッコでひっそりとパーソナルを受けたのでした( ̄▽ ̄)

先生、この日も素敵でした!
いつもながら、どんなウエアも着こなしてしまわれて、この白黒柄のタンクに真っ白なウエアパンツがとてもお似合いですよね

…今日はお二人のお邪魔をしてもいけないので、心の中では後ろ髪を引かれまくりつつ、
でも!と。
なるべく早目にお暇をする事にしました。

お昼スタートのパーソナルだったので、いつもよりかは少し早目に家に帰る事が出来ました。
帰宅すると自宅では大抵この後、娘の勉強を見る事になります。

自宅勉強の内容が少しずつ濃いものになっているので教えながら一単元分を解かすのに相当な時間が掛かり、最近は母子ともにとても大変です…

1〜3年生なんて普通、遊びまくってても何とかなるもんじゃなかったのか…?
と、考えてしまいますね。

まだ小さくて深刻な思春期が訪れていないから鬼母からの力技で勉強を強要出来ていますけど、
この先どうなるかを考えるとカナリ不安で憂鬱になります。

カーヴィーで体力つけとこ…( ̄▽ ̄)

AD
(只今、最新記事を過去リアルタイム日付にて順番に更新中〜☆…そうこうするうち、8月に入っちゃいました

今日はやっとのオフの日…。
でも明日はスペシャルな予定があって、再び六本木へと行く予定が入っています。

あわよくば、トレフルキッチンさんのコースレシピを何か一つでも作ろうかなと目論んでいたのですが、
当社比で疲労が溜まり過ぎて断念……。

ダラダラ〜っと過ごしてしまいました。
昨日の分と共に溜まった洗濯物を解消するのが怠くて、矢鱈しんどかったです。

そんなダメダメ一人アワーを過ごし、夜は娘のお勉強を見て、出来合いの夕飯を食べ、後は娘と共にサァお風呂に!とゆ〜段階になって、
始まっちゃったんですよ

ドラマが…。

フジテレビの夏の新ドラマで セシルのもくろみ とゆ〜ドラマです。
初回視聴率が悪かったそうですが、スァッション業界を扱った私もとても好きなドラマ

娘は小2にして意外とトレンディドラマが好きな様で、夜のこんな時間帯は必ず眠くなるとゆ〜のに見たがるんです
マア今は夏休みだから良いのかなぁ?と緩くして、眠くなったら即お風呂に入って寝るよ…との条件付きでそのドラマを二人で見ていました。

その途中で主人が仕事から帰宅して来た事で事件発生。

私達がお風呂にもまだ入っていない状態なのにテレビを見ている事に内心、難色を示していたらしき主人がテーブルで買ってきた惣菜をおかずにサワーを飲みながら夕飯を食べていました。

で。
案の定、眠そうな様子を見せてきた娘ニーナの様子を見て早く支度して寝たら?とマトモな意見を言い始めました。

しかし眠いけど、ドラマを見たい気持ちが強かった娘は中々言う事を聞かず。
私はこのドラマは自動録画になっており明日以降でも見られるので、娘にお風呂を軽く促したけれど聞き入れませんでした。

まだ学校で夏休みの水泳指導があるし、学童にも朝に行く予定なので、それなりに早起きをしなければならない事情がある為、早く諸々の準備を終えて寝た方が良いのは分かりつつも、ドラマの進み具合も若干気になっている事もあり、まぁ夏休みだから今日位は良くない?と主人に対して言いました。

その辺から段々と本格的に不機嫌になったらしき主人。
尤もな意見に素直に従わない私達に対してイラッとしていた様です。

途中でニーナがかなりウトウトし始めたのを見兼ねて主人が早くお風呂入りなよ!と頻繁に言い始めました。
私も、元々眠くなり始めたら切り上げてお風呂に入らせるつもりではありました。
で、ニーナに声を掛けるとハッと起きるものの、眠そうな様子なのにマダ見たい…と。

ええ〜?
となりましたが、もう少ししたらドラマも終わる時間なので、もう少しイイかな?と思ってそのまま移動せず。

すると、テーブルの方から主人の早よ風呂は入れ攻撃が始まりました。。。
どうしたものか…と困ったので黙っていると、それが無視した様な状況に。
当然の事ながら主人が怒り始め、再三の催促がカナリ口うるさくなって来ました。

私的にはニーナがスッと諦めてくれたら良かったけどそうでなかったし、後少しでドラマも終わるしで、
今更もう良くない?とゆ〜気持ちにもなっていて、主人もあまりに口うるさく、
八つ当たり的にニーナに対してイラッとして来ました。

表立って反抗的な意見を述べると主人がややこしくなるのが分かっていたので、ニーナに対しての文句を悪口的に織り交ぜ対して返事をしたところ、
内容がよく聞こえなかった様で、何やら不機嫌の勢いが加速しました。

私的にも聞き返されて二回程言い直したものの意味が通じなかった事で面倒になり再び黙ると、
怒った主人が側にやってきてテレビを消し、私達は強制的にお風呂へ入る事に。

眠い目を擦りつつ、お風呂に入る事で娘も不機嫌になっており私もイラッとしていたので、
風呂で娘と喧嘩になって娘が大声で泣きました。

私にとっては娘が泣くのも特別な事ではなく、大抵下手に触れずに放っておけば普通に戻るので、そのままお風呂に入り続けていました。

ただ、この時の泣き声が階下のリビングまで聞こえたのか、娘を心配して主人が浴室脱衣所の外までやって来て声を掛けてくれたんです。
それを聞いて更に泣き声を大きくする子供アピールを娘がやりやがりまして、
その事にイラッとした私は二人とも無視をして入浴作業を進めました。

何も説明が無くて状況が分からなかったらしい主人。

業を煮やして脱衣所の戸を開け、更に聞いてきたけど無言の私達。

正直、身勝手ですけど私としては特に大した事が無い私と娘の戦闘的な日常風景だから問題もなく、
主人にはスルーをしてくれる方が私としてはありがたかったんです。
でもこの時、考え方の違いでイチイチ気にしてやってくる行動が面倒臭く感じました。

娘は、あ…とゆ〜感じで直ぐに大人しくなりました。
後は不穏な空気を察知して大人しくなった娘と何事もなかった様に二人で入浴を続けたのですが、
ふと、娘のシャンプーセット一式を脱衣所の置き場に戻そうと浴室の戸を開けると、
脱衣所の引き戸が半開きになった状態のままに。

その時、一瞬イラァ…ッとして、体半濡れ状態の私は不自由な気持ちになりつつ片手で乱雑に扉を閉め、
それからシャンプーセットを定位置に置いてから再び娘の待つ浴室内へ戻ったのですが…。

外から何やら主人が叫んでいます。
でもよく聞こえないし、後でエエやろ。と思ってスルーしたら、
ワザワザ浴室の戸を開けて文句を言いに来ました

私が外の扉をバーンと閉めたことに腹が立ち、どういうつもりなのかと言うのです。

私的にはそんなに悪意を込めて音を立てた意図はなく、ぶっちゃけ知るか…と思いました。
それよりも、入浴中にそんな事で入って来ないでくれる?とゆ〜苛立ちの気持ちが大きくて、非難がましい顔で振り向くと憮然としながらも浴室の戸を閉めて無言で立ち去った主人。

お互いに不機嫌になった状態に更に大人しくなる娘と一緒にその後お風呂から出て、アンタはもう先に寝てな…と伝えて、脱衣所から一人出しました。

私は引き続き髪を洗ってからお風呂を出て、髪を乾かしたり色々と済ませてから大分後にリビングへ向かったのです。
その時にはスッカリと私の方の気分も切り替わってクールダウンした状態でした。

しかし階下には主人の姿はなく、どうやら寝室でタバコを吸っていた様です。
寝たのかな?と思ったけど、食べていたお弁当やサワーが殆ど残った状態で放置されていたのでマダ降りてくるのかな?とイマイチ決定的な判断が付かず。
でもそれらを片すのは憚られたので容器の蓋のみ捨てて後はそのまま置いておく事に。

で、私も片付けやら娘のお弁当の洗い物やらがまだ残った状態だったのでそれらを片していました。
それもソロソロ終わるかな〜といった頃合いに上からやっと主人が降りてくる気配がしたので降りてくるのを待っていると、
机にある蓋がないけど…と言ってきました。

なので、もうソノお弁当はまだ食べないの?と聞くと、ぶっきら棒に、もう食べないと答え。
沢山残すんだなぁと思いつつ、蓋は捨ててしまったので、ゴメンやけどラップでも良い?と聞いて、ラップをかけました。

それは明日の朝また食べるからと言うので、じゃあ冷蔵庫に入れるか確認すると、そのままで良いとの事。

私的には既に気持ちはクールダウンしているので、至って普通に話し掛けていたのですが、
主人の中では終わっていなかった様で、終始不機嫌にぶっきら棒な対応。

下での家事仕事が終わり、主人ももう食事は終えたので寝に行くだけとゆ〜段階になって、
主人からの話が始まりました

内容は今日の事に対する主人視点からの私の朝振る舞いに対する文句から始まり、
最近の私への不満の気持ちの吐露に至りました。

彼なりに大変我慢してくれていた様で申し訳ない気持ちに陥りつつも、
ネガティヴ成分でほぼ出来上がっている私とゆ〜人間の精神構造からすると、
私の様なダメ人間は何も生み出しておらず、基本的に生きているだけで物凄く後ろめたいとゆ〜思いがベースにあるので、
発言する資格もない奴だと自分の事を思っているのです。

故に聞かれてもその時に思った事を中々口に出さないし、
主人からの何気ないコミュニケーションの投げかけにもスッと気持ちよく答える事が出来ない。

知り合った時や新婚当初には、私の中のそう言った悪い部分は必死で取り繕って隠していられたんどけれども、最近は日常を共有する毎日の慣れや、容量を超える育児などでそれらを上手に取り繕う余裕が無くなって化けの皮が剥がれてしまったとゆ〜のが私の核的部分の本音なのです。

相手に対して決して変な風に滲み出た不協和音の様な態度はさぞかし主人にとって不快であったろうなとは思うので反省はするのですが、
果たして主人の望む様にこの先振る舞えるのかにイマイチ自信が持てないのです。

そんな気持ちのままで私が謝罪を口にしても根本的に不誠実な気もするけど、イイのかな?
下らない事をネチネチと掘り下げて考え込むネガティブ私と違って根が単純な主人なので、
対策としては分かりやすく口にした方が良くて、そうする事でその場が丸く収まるのは分かっているけど、ソレ卑怯じゃないかな〜と考えてしまって黙る。

そしてそゆのんがまた、主人からすると私が彼を軽んじており、馬鹿にしているみたいにしか思えない風に感じられる様なのです。

私は表現方法がマニアックなんでしょう。
中々理解してなんて貰えないだろうと承知しているものの、人間としてとても主人の事を愛しています。
だからこそ、上部だけの深く考えない言葉を軽々しく紡ぐのは申し訳ない様な気持ちになり、何も言えなくなる。

後は軽んじているというよりも、私の持つ性癖みたいなもんで、好きなモノはとことん愛でてしまうのが態度として滲み出ており、それが彼にとっては著しく気に障る行為なんだと思います。
(かっ、悲しい…

と言うわけで、私の化けの皮が剥がれると途端にチグハグ人間となってしまう私達。
取り繕う為の労力を小さく抑えるテクニックがあればまた違ったんでしょうが、不器用な私には必要なスキルが高過ぎるのです。

そんな感じで、我慢した上で仕切れずに私へと気持ちを吐き出した主人の言葉を受けて謝る事も出来ず、
表面上ではシレ〜ッとした態度になってしまっていたかと思うので自分でもアカンやん…と思いつつ。

自分の気持ちがキチンと整理出来ないままに虚勢を張ってイラつく態度を取ってしまうとか、
子供かよ…と思ってしまいました。

(そう言えば私、自分が大人になったなんて思った事一度もないかも?子供との境目なんて無かった様な。見てくれと年齢認証による物理的な成人以降を大人と定義するならば、そうかなとは思うけど

取り敢えずこんな時、主人には逆効果な態度しか取れない自分が嫌でした。
開き直ってやな奴になり切れなくてご機嫌伺いな事すらも出来ず、
だからと言って癒し系出来ず周りを元気付けられる様な柔らかいポジティブな女にもなれない。

中途半端に不器用で、何の役にも立てていない自分。。。

この時、リビングから寝室へと話し合う場所を変えてか、正直な気持ちを乗せて色んな言葉のボールを投げ掛けてくれた主人でしたが、それに上手く合わせて返す事が出来なかった私の所為でその場はシーンと盛り下がっていました。

元々眠かった娘は時言うと、お風呂から先に上がっていざベッドに横になるとソッコーで寝てしまった様です。

お互い対面に向き合う形で座りつつ話し合いをしていましたが、
言葉を紡がなくなった私に追求をするのを途中で諦めて会話に折り合いをつけてくれました。

この辺、ホントに人柄が優しいんだなと思わざるを得ません。

どうしても気が済まないからと相手を執拗に追求して責めて、自分の怒りを爆発させてメチャクチャの泥沼展開に持ち込む様な激しい人間性の人もこの世には存在する事を考えると、
途中で思考を切り替えて相手の気持ちに寄り添う発言に方向を変える様なやり方を自然とやる様な主人って人はホント凄いなと思います。

私みたいなタイプだと、特に今みたいな危険な人が多い世の中、例え殺されても文句は言えないと思っているのですが、
そうならないのは私のパートナーが他ならぬ主人だからなんだろうなぁ…と。

人間とは良く出来ているもので、この様に主人の長所が素晴らしくても、やはり短所もあるんですね。( ̄▽ ̄)
マァ私に関して言えば自分棚上げの何様発言ではありますけど、
反面ネガティブな繊細さに欠ける彼の事を単純で鈍過ぎるなぁと思ってしまう事も多々あります。

長髪にしていてカナリ短髪にしないと髪を切った事自体に気付かない様な鈍さであったり、
赤裸々に言いさえしなければ、あらゆる真実がバレにくい面などが欠点と言えば欠点です。

私は小物体質なので稚拙な小細工を幾つも弄する系の小賢しいクソ女なので特にそれで迷惑を被る事はありませんが、
騙されやすいとも言い換えられるその欠点は彼自身にとって悪い影響を与える感じのものだと思いますケドも。。。

普段の私の悪妻三昧を思えば微かな感じですが、その欠点から派生すると思われる、
何でココに気が回らないのかな?とイライラする様な出来事はあります。
それに対してムッとすると私の場合、思わず言葉や態度や顔に出ちゃうみたいで、
普段の生活のシーンでそれらを指摘されると主人が怒り出すので、
私達の雰囲気は途端に険悪になります。

最低妻と自認していても、そして愛してる人だけど、やっぱりムカつく時は人並みにムカつくのです。

大好きで尊敬してるから表立って悪くは言わないけれど、第三者的に見たとすると主人が決して全く非の打ち所がない人間とは言えないですから、
低レベルな私に引っ掛かって底辺へ己のレベルを一時下げてまで降りてきて、
その同じ土俵で喧嘩をする事もあります( ̄▽ ̄)

恐らく、その時の事を私がごっつ感じ悪かった様なイメージとして覚えていて、
結局根本解決をしていない訳ですから、何か事が起こった時に気持ちが振り返してムカつくのでしょう。

でも私は低レベルな人間なのでこの先、完璧に主人の望む様な女にはなれないと思います。
私は主人がいいなと思うのですが、彼が私でいいよと思っているとは到底仮定出来ないので、
一方的に我慢をさせてしまっているだろうなと思え、本当に後ろめたい思いなんです。

取り敢えず今回は、先に書いた通りに主人が責めと追求を諦めてくれたお陰で折り合いが付きました。
勿論納得なんてしていないと思いますが、思いを本人に向けて吐き出して少し気楽になったんでしょう。

空気が緩和しました。
元々、深刻な怒りのモチベーションを長く保って居られない人なのかも知れません。
(この辺が単純と評価する所以なのかな?)

私も評価回復の為に言われた不快ポイントを反省し、改善出来そうな事案は努めて直していこうと思えました。( ̄▽ ̄)
確かにぞんざいに扱い過ぎていた面も多々あり。
その辺は素直に猛省です

ここで、主人にはコッソリと書き残しておきたい。

今日もこの悪妻の所業を大きな心で許してくれて、ありがとね!
安っぽくなるのが嫌なのでリアルのこの場面で何故言わないの?と言う様な肝心な時に口では言えないんだけど、
ホントはとても感謝しているし、私の何もかもが、ごめんなさいと思っています。。。

今回の事もだけど、普段、我慢させてゴメンよ。
更に、時々爆発迄させてしまって申し訳ない。
基本的には、貴方の言葉は絶対だと思っているけど、そゆのを態度で示せなくて済まないと思う。

私は人がムカつく様な態度しか取れない嫌な奴なんです。
なるべく嫌な気持ちにならない様に気遣いを頑張るので、許してね。。。
AD
(只今、最新記事を過去のリアル日付にて順番に更新中〜☆)

連日の区内移動の3日目で〜す( ̄▽ ̄)
楽しい事尽くめだけど、流石に鈍った老体には響く
チョット疲れてきました…

でも気を取り直して楽しい事に思いを馳せ、自分を奮起。
坂部シェフのおもてなしコースだから、きっと美味しい。もう絶対、美味しい

今日も午前の部の予約なので家を早く出なければならず、その分早く帰れるから家に帰れば少し休む時間も取れるし…と、気力で遠出に対するモチベーションを上げて行く事に

家事を済ませて向かえる程に時間の幅は無かったので、入浴前介助を終えてお風呂に入る義母に後をお願いしますと声を掛けて家を出ました。
体に疲れが嵩んで来ると何とも余裕のない朝で嫌になります。
日々、遠くまで頑張って通勤をされてる方々も多いというのに私はたかが、これしきの事で… ぅぅぅ…

でも、風船の空気が自然と抜けて行く様に、私のなけなしの元気が日々抜けて行くのを止める事は出来ませんでした。。。

初めて恵比寿に向かうのが怠いなぁとか思っちゃった
予定の詰め込み過ぎは良くないですね。
でも、まずはスケジュールありきの事なので、楽な日付配置が難しかったのです。

とは言え、一度家を出てしまえばある程度の勢いが付きました。( ̄▽ ̄)
そう言えば一昨日、ブログ記事には書き忘れてしまったのですが、ISOcafeデリプレートコースに参加する時も今度は私鉄の電車が一時、遅れました

月曜日は人身事故が矢鱈と発生する様です。
皆んな、死にたくなるのかなぁ。
こんなご時世ですしね。希望も無くなるの、何となくネガティヴ人間の私には気持ちは分かるけども。

しかし、線路への投身自殺はぶっちゃけ、大迷惑ですね。

今回は、そんな事故に巻き込まれる事もなくスムーズに行かれたのが救いです。
しかも今夜は私が大好きな物つくり作家さんが制作された新作の紙が2種類、
お店に入荷して通販もスタートします。

作品の新作が発売される度に大人気なので発売後は大抵瞬殺で初版分が無くなってしまうのが玉に瑕(笑)

毎回、とても購買者の事を考えて下さって作家さんがご自身のTwitterから十分な量を用意しましたとのアナウンスがあるものの、
今迄はそれを上回る需要があるので現地に行かなくても買える様な楽な通販だと売り切れるのもいつもの事で。

販売開始は夜からだったのですが、今回も買えるかな〜?とゆ〜不安は若干持っていました。
そんな楽しみと不安な気持ちが期待と入り混じらせながら夜をまちつつ、
取り敢えずはおもてなし料理だぁと、思いながら恵比寿へ。

今日もKさんが居ないのでボッチ参加です。。。

今週はお出掛けばかりしているので家ではバタバタしている為にゆっくり出来る時間が無くて、インスントのコーヒーすら飲めない。
駅に着いた時間がボッチ参加の身には少し早目でもありました。
だから我慢が出来なくなってアトレ別館の猿田彦珈琲へ向かい、お一人様カフェタイムを楽しみました

美味しいカフェラテでカフェインを摂取し、それからトレフルキッチンへ!
到着すると、既に何人かの方がいらしていました。

今回は一人での参加なので、一番隅っこの端の椅子席にペンを置いて場所取り完了。
それからエプロンを付けて携帯を持ち、荷物置き場に荷物を置いてから手を洗い、再び席へ。
皆さんが揃うまでの間、ご用意して下さった冷たいお茶を頂きつつ雑談をして待ちます

そして時間になると始まるのですがまずはレシピを眺めつつ、手順などの説明から入るんです。

今回はおもてなしメニューなので毎度の事ながらレシピも豪華!

今回は、

豚肉のテリーヌ 
ペスカトーレ
 トロピカルマンゴーパルフェ

の三品です

テリーヌとか、当然の事ながら作った事ない(笑)
見た事もないクレピーヌとゆ〜脂身のみで出来た網を器に余すところなく張って、
材料全てを練りこんだ肉をそこに投入していく訳です。

それをじっくりと低温で熱を入れて調理すれば出来上がるらしい( ̄▽ ̄)ww

今回は私が参加して出席したコースでは初めてブランデーを使用して、
フランベとゆ〜手法を用いた調理法を教わったんで・す・がっ!

我が家のIHコンロでもフランベって出来るのかなぁ?とか思ってしまったり。
ガスボンベでの調理って、何かやりたくないんですよね〜

…チャッカマンで内部に火を点けたら行けるか?

そんなこんなの行程を進めると、今回出来たのは…

コレ〜ッ!!!↓

{CC0FA36A-BB7A-4ACB-B357-8E4A218011E8}

コレ↓

{6EBAB641-7804-450B-B660-D05C58195202}

コレも〜

{B5A07978-7E7F-4A95-986D-1843E5B86F15}

ハッキリ言って、どれもめちゃウマ!!
旬の食材をふんだんに使ったおもてなしメニューだから早く作らないと食材が買えなくなるし栄養分摂取が出来なくなっちゃう

まだ最初のポデリッシュメニューすら作れていない状態なので、ヤバイです。
今日で三つも溜まってしまった…

明日は、やっと1日だけ休みなんですけど、出来たらやろうというスタンス。
何しか疲労が溜まってきております故…

中々作れないでいるけれども、おもてなしメニューは食べたら蕩ける程美味しかったです

私の元へ来たお料理の実際のモノは2品分ですけど、今回はこんな感じの配膳でした☆↓

{8AB0E57F-0DDA-4E65-A97A-EACE83FE56AD}

{286B3D4A-FCFC-4C99-82FF-8C9BAAA8C15F}

で、今回は奇跡的に(笑)少しだけささやかなお手伝いが出来ました!
不器用で役立たずダメ人間だけど、それでもこういう場でお役に立てたら嬉しいなぁと思ってしまいます☆

試食と片付けが終わると、今日もボッチ参加だから早くに帰った方が良いだろうし帰るつもりでもいたのですが、
何とな〜く坂部先生や磯ちゃんさんや他の生徒さんと話し込んでしまって最後の方まで居座ってしまい、ご迷惑をお掛けしてしまいました

恵比寿のピケという飲食店を経営されている店長の和久井シェフもみえていたのに申し訳ない…

もう全然遅かったけど、先生方にご挨拶をして退散しました。

自宅に帰ると3日目のお出かけは本当にヘトヘトで、何もする気力が湧かず、何とか娘の勉強は見られたものの、朝時間がなくて出来なかった家事をまんま据え置き放置しちゃいました
洗濯物が溜まったわ…。

その日のお風呂は娘はパス。
そして大人はシャワーにしちゃって、義母にだけ引き続き湯船に浸かって貰い、故にもう同じ湯でいっか的な。( ̄▽ ̄)

明日は少人数制トレの予約をしていましたが、明後日の金曜日にスタジオCへ行く事になったので、キャンセルしました。

なので、やっと1日ユックリ出来る時間が取れると思うと凄くホッとします。
物凄く疲れているので怠けずに動けるかが怪しいですが、何かとやる事が沢山あるので時間を有効に使える働きが出来ればいいのなと願っています。

どうしてこんなに疲れるんだろう?
日々、ただ生きているだけに等しいとゆ〜のに、ホント、己の生きてる価値を最近とみに見出せない私です
AD
(只今、最新記事を過去のリアル日付にて順番に更新中☆もうすぐで追い付く。引き離されないと良いんだけどな…)

昨日は恵比寿、今日は六本木デーな私でぇす
区外の田舎に住んでるのに連日とか、我ながら凄いなと思い中。
茨木市から梅田駅や大阪駅に出るのと時間も運賃も全然違いますからな…
こうなるとモウ、変態ですな。( ̄▽ ̄)

さて、本日の予定〜☆

樫木裕実先生によるグループトレ、見直し繰り返しカーヴィーでっす
樫トレ基礎とこの見直し繰り返しカーヴィーのプログラムは、樫木メソッドを見つめ直す大切な時間でありその上、庭山マネージャーの入念な参加カーヴィラーさんの動きのチェックが入るので最も好きなメニューです。

この庭山さんのチェックを私は密かに親しみを込めて庭山さんサーチと呼んでおります(笑)

トレ中はつい一所懸命になって先生の動きを追う事で一杯一杯になります。
そして、元々体を動かすのが不器用な私なので、手の動きと足の動き、下腹部の意識が同時に必要となるシーンでは思考が停止してしまい、訳が分からなるとゆ〜お恥ずかしながらもプチ混乱状態になったりもします。。。( ̄▽ ̄)

そんな風に自認出来る範囲での動きを修正される事もマダマダ多々あるのですが、
コレは多分こうの筈!と思って疑わずに先生の動きを追っている時が厄介です。

そんな時、この庭山さんサーチのチェック機構は、私にとってはとっても貴重なんですよね。。。
自認出来ていない癖レベルの、ちゃんと違う動きの箇所を的確に炙り出して認識を促してくれる、とてもありがたい機会です☆

ただそのアリガタイ指摘を受けても、アッ!と理解出来て直せる時と、そうでない時があるのが辛いところであったりもするんですね…

私はまだまだ未熟者の身で、その指摘自体が無くなる事はこの先一生あり得ない事と思っています。
でもせめて、サーチで浮き彫りになった間違いを指摘された時位は正しく理解して、サッと的確に直せる様になりたいものです。。。
でも私的に苦手な動きだとどうしても、指導を頂いても感知する力も低レベルだなと思い知る事がしばしばです。

この全ての動きを生み出して更に美しくもあり、そして見かけだけではなくて、内部へジワジワと効かせられる様に丁寧に動ける先生はホント凄い存在だと思います。

この度の見直し繰り返しカーヴィーの時間には顔見知りのCさんとSさんがいらしていました
Sさんは最近少しお話しする様になり、良い方だなぁと思います。
それから、ずっと頻繁に会えていたりトレフルキッチンのワイン会にご一緒して貰ったりしているので、最近ではCさんと時間が被ると私的には何だかホッとしてしまいます

まぁ、とは言っても基本ボッチ野郎でしかない私なので、調子に乗らない様にして身の丈は弁えないととは気を付けてはおりますが。。。

…最近とみに先生のグループトレはメキメキとハイレベルになってきているので、
正直、苦手な系統の動きを含めて受けている最中に大変難しいと感じる時が増えました。

で。そんな時は、自分でも先生の動きを追い切れずにいてガタガタだなぁと分かる時もあって。

不甲斐ないなぁと我ながら思うけど、でも、毎月同じテーマのプログラムに参加をして懸命に動きを追う中で毎回得る事はたくさんあります!
難しいと感じる事自体、もしかしたら成長の一環なのかも…?と柄にもなくエラくポジティブに思えたり(笑)

レベルが達していない事は重々承知しながらも、楽しい
このモチベーションが続く限り、先生のプログラムに参加し続けたいとも思えます。

今回の見直し繰り返しカーヴィーでも、充分にご指導を頂き、
この辺は幾らやっても難しくて駄目だなぁ…と、凹む思いもしました。

結果、総合的にとても楽しかったです(笑)
んもぅ、見直し繰り返しカーヴィーもホント堪らん。
堪らん好き過ぎますわ。。。ハァハァ。

今回もトレの間、過ごせた素晴らしい時間を提供して下さった先生に心から感謝します

充実のトレ時間である90分間が終わると、いつもの様に更衣室で着替えを済ませてから庭山さんに先生との記念日ツーショットをお願いしました

毎回、先生はバッチリお似合いのウエアを身に付けていらして素敵です
でも毎回横に余計な物(=未知なるクリーチャー私)が写っているので、今回は写真の紹介を割愛しますネ!(笑)

そう言えば、9月に先生のスタジオで特別なコラボイベントが開催されるとの告知があり、
それに申し込んだ事で参加が出来るとのお知らせを赤江さんからのメールでご連絡頂きました

そしてその告知と同時にその翌週も先生のスペシャルエクサ的なプログラムの参加募集が打たれているのを目にしていて、
その枠自体は瞬殺で埋まってしまった様なのですが、その時の記事と同時に使われていた写真が先生の普段目に出来ない様な出で立ちだったのが大変に気になっておりました。

まさか、このプログラムの時にファッションショー的に先生がこの衣装を着て出て来るのではないか…?と思ったのです。

私が一番問題視しているのは、
そこに私が居ない事…。滝汗
なのです。

見れない…

仮にそうならば、こんな絶望的な事はありません。
だって常々先生のファッションショーが見たいと思っていて、
スケジュールや人手的に絶対無理でも、万が一実現出来た際は何としても参加がしたいと何かにつけて先生に言ってきた私です( ̄▽ ̄)

実際の所どうなのかをこの時、先生野郎庭山さんに直接お訊きする事にしました。

すると、翌週のプログラムはメニューの内容が変更しただけで普通のトレと同じ枠だよ。
と言われて心から安心の脱力感。
お陰様で、肩甲骨から肩が下がったよ

そう安心しながらも、
もしも先生がファッションショーをする時は絶対絶対絶対私を呼んでください…と訴えた後、やっと大人しく帰る事にしました。

Cさんと別れる地点となる日比谷線の地下鉄入口まで歩く道中、楽しくお喋りをしました。
別れてからは真っ直ぐに自宅へ方面へと向かい、コンビニで夕飯弁当を買って帰宅をしました。

トレで楽しく体をリフレッシュさせたとは言え、連日の外出の事実は何となく昨日よりも更に疲れを感じます。
見直し繰り返しカーヴィーは始まりの時間がお昼からなので比較すると少しだけ早くに帰れるのが救いでした。

でも、帰ってから娘の自宅学習と公文と学校の夏休みの宿題少しを進めるのにカナリ時間を喰ってしまい、体力的にもヘトヘトに。

理解力の追い付かない上に人の話を聞くのが苦手な娘に対して日々、
何度も繰り返して勉強を教えるのはとても大変過ぎて辛いです…

でもコレ、不理解が一年生の内から明るみに出たからこうして対策が取れているけど、
分からないままで放ったらかしだったらもっと悲惨な事になるんだろうな…と思うと恐ろしいです

ちゃんと教え込んでおかないといけないし、仮に気付かないままでいたら無知識のウルトラバカが一人、野に放たれる事になったのかなぁと。。。

その内に成長して分別がつく様になればもう少し楽になるんだろうか…。
8月からは自宅学習で九九の分野に入ります。
公文でも九九をやりますと面談の時に言われており、式の暗記もそうですし、
何より九九を使用する場合の概念的な理解が追い付くかどうかが心配です。

こんな調子で大丈夫なのかなぁ?

うう、嫌だよぉ〜
逃げたい。
私は根性なしなんですぅううう

…ただ、娘のお陰で私自身が一緒になって小学校の算数の勉強を基礎からやり直せているのが何となく得をしてる気分になっているのも事実です。

数育会の分かりやすい問題のお陰で、漠然と記憶に残っている足し算や引き算の方法は、そうか!こんな風に考えて身に付ければ良かったのね
と思えるのはスゴクいい…。

欲張りなのかも知れないけど、こんなに分かりやすくて良い問題で教われるんだから、
娘のお勉強の成果ももう少しスンナリと上がって欲しい気持ちになります。

ままならない。
コレが障がいとゆ〜壁にぶち当たるって事なのかな?と、大変さを見に染みて感じます。

娘だって夏休みに入っても平日は変わらずに日々着々と学習に臨んでくれていて、
全然サボってる訳でもないのに、身に付かないんだもの。

何だか凹みます…。
人の努力が必ず成果となって報われる様な仕組みになってくれればいいのに。

…そんな訳でこの日の夜は、勉強の時間が押してしまって寝るのがすこぶる遅くなってしまいました。。。

唯一悲しかった、夜の出来事。


(只今、地味に最新記事を過去リアル日付で更新中〜☆)

実は今週、私にはミッチリと予定が詰まっています

手始めに今日は恵比寿のお料理教室でISOcafeデリプレートコースへ行きました
先々週にも恵比寿へ行ったのですが、それはKさんと一緒のポデリッシュコースです。

すっかりタイミングを逸してしまって、まだポデリッシュメニューも作れていないのにもう次のコースの日になってしまった。。。

でも、質の良いTrefleさんのオリジナルレシピが充実するのは良い事なので楽しみに参加してきました

ただ…。
最近ポデリッシュコース以外は私一人参加なので、やはり毎回少し心細いです

周り美しくてセレブリティな会員さんに一人で囲まれる見すぼらしい庶民の立場をお察し下さい。。。(笑)

私が参加する時間帯はいつも午前の部なので、夕方から仕事帰りに立ち寄る会員さん達がみえない分、参加の人数は少な目なのですが、それでも今日は多目だなと感じました。

ISOcafeなので、いつもの坂部先生ではなくて磯ちゃん先生が講師です。

テーマは作り置きが出来る、おばんざい。


和風だ和風だ〜


しかも何と4品目もっ!


手順の中には煮込んだりする手間があるけれど、時間もかかるその間に、他の事も出来てしまうのが煮込み料理の良い所


本日のお料理はコチラ!↓


{7C5B1403-9D13-467B-819F-C24CE2411380}

{035A7221-FBF6-4EE9-A054-752A79319F0A}

どれもメチャメチャ美味しかったです!
メイン食材はそれぞれ手羽元とイワシと茄子とゴボウ&人参。

栄養士の資格のある磯ちゃん先生考案のレシピだから栄養満点で健康にも良いお料理です
しかも美味しい…

煮卵とか、ホッとするし。

今日もご馳走様でした!
とてもお腹が満たされて幸せ気分

そうして参加された会員さん達も優しくて良い方ばかりだったので、今回も無駄にドキドキせずに済みました( ̄▽ ̄)★
磯ちゃん先生が率先していつも気さくに話しかけてくれるので、緊張も解れるんですよね〜♪

今日はメンバーさんの中にお子様連れのママさんや妊婦さんがいらしたので、
分娩や子供あるある、子育てトークにと白熱しました(笑)

その話の中で驚いたのが、ある方のお住いの地域ある市役所には、子供が出来た時に申請すれば必ず配布されるあの母子手帳だけではなくて、
何とその祖父母に宛てた祖父母手帳が存在するそうです。

その中には、昔の子育ての常識と今の常識にズレがある事などが記載されており、
義父母へ物申せないお嫁さんママの味方にさり気なくなってくれる力強い存在なのだとか(笑)

確かに!
義家族含む若い祖父母さんなら手帳を読んでくれやすいかもですよね。
嫁が言わなくても察してくれるチャンスが広がる素晴らしい手帳だなぁと盛り上がりました( ̄▽ ̄)

ボッチ参加の時は、誰にも相手にはされないだろうからサッサと帰らなきゃと思っていたんですが、
話が盛り上がってしまって楽しく、物凄く長居をしてしまいました

最後に3人残った妊婦さんとお子様連れのママさんとで一緒に恵比寿駅までお話ししながら帰れたので、そのひと時も大変楽しかったです

最終的には山手線のママさんとホーム迄ご一緒し、お別れをした後でその後は急いで自宅へと帰宅し、
朝回せなかった洗濯物と風呂掃除を特急でやりました。

プライペートのお出掛けとはいえ、遠出して帰ってくると慌ただしく残していた家事を一気に片付けるのはシンドイですね。。。( ̄▽ ̄)

自治会の子供達の帰宅時間を知らせる鐘が鳴り、娘が遊びから戻ると、自宅学習を一区切りと学校からの夏休みの宿題を少し片付けさせてから食事の用意をしてお風呂に入り、眠りました。

そして、明日も予定があるんだな…
(只今、過去日付にて最新記事を順番に公開中〜☆)

日曜日です!

既に夏休みに突入した娘は毎日が日曜日で特に日曜日だからとか関係はないのですが、大人はソウは参りません。( ̄▽ ̄)

日曜日だとパパが完全にお休みなので、娘を遊びに連れて行ってあげられると主人は思っている様です。
が。
彼は連日仕事から家に戻ると疲れてる〜と早々に楽しみの晩酌もソコソコに切り上げて就寝してしまう。

そんな状態なのに娘に対してはサービス精神旺盛でして、ついつい休むよりも一緒に過ごす事を優先し、そうでなければ何かと動くとゆ〜損な性格をしているのでした

今日は娘と遊んでくれるお友達が誰も居なくて、娘は既に朝から暇してました。
私は日曜日と言えばいつもに輪を掛けて朝寝坊なので、損な性格上動かざるを得ない主人が甲斐甲斐しく動いては貧乏くじを引いてしまう姿を見ているとどうにも後ろめたくて忍びない気持ちになる私。。。

もっとサボってくれちゃってもイイんですけど。
イヤ、マジで
それでも私がテコでも動かない分、罪悪感だけが募ります。

そんな最中の事。
主人がネットで調べてくれた、比較的近くに位置している隣の隣の某市にある、とある古びたショッピングモールにわりかし子供が楽しめそうなキッズパークがある事を突き止めた。

で、そこにニーナを連れて行くのはどうだろう?と相談されたのです。
ニーナが行きたいと言うならば是非連れて行ったらイイと思うけど…と私は答え、
結局行ってみる事になりました

…。
そのモールは、昔からソコにある感じでした。
私的には昔の広めのダイエーを彷彿とさせられた佇まいと間取り( ̄▽ ̄)

お昼過ぎに着いたので先ずは腹拵えと思い、食事が出来そうな場所を捜したのですが、
見つかったのはショボ目のフードコートでした。

しかし夏休みのまだ昼時とあってなのか何なのか、席がとにかく一杯で、何処までいっても空いてない。
諦めかけたその時に、通路を挟んで向こう側のゲーセンエリア脇に少し席が設けてあるのを発見。

フードコートのお店からは食事を運ぶのが遠いのですが、他に席が空いていないので仕方なくソコヘ荷物を置いて陣取ってから好みのお店へと散りました。

娘ははなまるうどんの釜あげと、何故か卵かけご飯を食べたがったのでご飯と玉子を別に買う事に。
こんな量、食えね〜ダロと思いつつも聞かないので買い与えましたが、案の定でしたわ…

私はモスバーガーへ行きました。
地元にもあるけど、店員さん側の人手不足で半ドンの時もあるし不定休なので怖くて滅多に行けない…( ̄▽ ̄)

何かそこで新作のバーガーとポテトと飲み物を買ってお昼にしました。

戯れにポテトを一本娘に分けたら、自分の食事をそっちのけでポテトを貪り食べ始めたので慌てて取り上げて全部独り占めをする大人気ない私。

オマエは自分が欲しくて注文したものを食えっ!

途中で隣のゲーセンが気になった娘が主人を巻き込んでクレーンゲームに挑戦しましたが、戦果ならず。
娘は何で取れないの?と切れていましたが、私はクレーンゲームで景品を取れた事が一度も無いので嫌いです。
故に取れる訳ないんだから無駄なお金を使うなと止めるんですが聞かなくてこの結果。
せめて景品を高値でも、販売もしてくれたらいいのになぁと思います。

中の景品が余程欲しければ買える方が気持ち的に楽。
達人の知り合いが欲しいと思う今日この頃です。

さてさて。
今日の目的のキッズパークなのですが、
ソコヘは特定の階からしか向かう事が出来ない様になっていたので少し彷徨いつつも無事に到着。

お休み中だけど地元民は飽きているのか何なのか、落ち着いた雰囲気で遊び倒せました

脇の壁にロッククライミングのあるアスレチックや、滑り台の付いた遊具。
自分で組み立てて乗れる木製の足蹴りバイク乗れるコーナーに、
簡単なログハウスも作れる材木パーツがあって、1人が家を作り始めると興味を持った子供達が続々と集まって各々好きなログハウスを組み立てられる場所、
鏡にお絵描きが出来るクレヨンがあるお絵描き場、プラスチックのお魚を釣れる釣り場、
乳児や幼児が遊べる専用の場所におままごとセットが充実したキッチンなどなど、
豪華なキッズパークに比べたらさほど広くは無い空間に意外と楽しそうな遊具が充実していました。

時間制で場外の場にて足漕ぎの車に乗れるコーナーが開催されたり、
何かと飽きずに過ごして長いかな?と入る前は思っていたパックの3時間は瞬く間に過ぎて行ったのでした

クタクタになるまで遊び倒せて娘は満足だったと思います。
行ってよかったなぁ

ただ、大人達も妙に疲れてしまい(笑)、特に主人はグッタリしてしまったみたいで、
その夜はガストの宅配で夕飯を食べると早々に休む事に。。。

新たな遊び場の開拓は大成功でした

(只今、過去日付にて記事の最新版を順番に更新中〜♪)

去る20日に小学校にて終業式を終え、娘は二度目の夏休みに突入しました
今年は梅雨時期の豪雨や突然雹が降るなどのイレギュラーな天候が目立ちますが、それでも確率的には晴れの日が多い様な気がします。

終業式の日には学童で家庭支援の行事があり、米飯のみを持参すればお昼ご飯の時間にカレーを振舞って貰えるイベントがあって、少し楽をさせて頂きました

翌日からは夏休みに学童へ通わせる親御さんは夏中ずっとお昼用にお弁当を作らなければならないので、
1日でもお休み出来る日がこんな風に作って貰えるのはとてもありがたい事だなと思ってしまう私です

さて。
今日からは夏休み初日なのですが、今日から一週間ほどの期間が始まる学校での水泳指導と、学童はお休みをしました。

というのも、以前娘のお漏らしの治療で訪れた都外の県での小児専門外来に受診の予約を入れていた日なので、
その間主人にも会社をお休みして貰って私達3人でその大学病院へ行って参りました。。。

午前中の予約時間となるので片田舎のウチを出るのも早目の時間設定になりました。
そうなると主人が会社へ出勤する時間とそう大差ない出発時間なので、ほぼいつも通りの感じでの動きです。

ところで最近、仕事に行くと矢鱈と体が疲れてしまうらしい主人。。。
週末のお休みだけでは回復しない…と困っていましたが、その貴重なお休みにも彼は一切グータラする事なく何かと働き続けているので凄いです

疲れてると自分で感じる時位、家でダラダラと一日中寝ていても誰も咎めないと思うのですが
(私がグータラするのが大好きなので、人がそうしていたとしても一切気にならないのになぁ。。。)

そんな背景がありながらの今回、何と病院までの道中の高速道路にて、彼はボーッとしてしまい降りるべき出口をやり過ごしてしまうミスをしてしまったんです
家を早目に出ていた事が幸いして大勢に影響はなく、次の高速出口から出て一般道を病院がある道までひたらす戻る形で無事に病院へと着く事が出来ました。

先日の旧盆でのお墓詣りの時も同じ様に高速出口を一つやり過ごす事件があったので、
主人は大丈夫なのかな?と、心配になります。。。

ともあれ、そんな事がありながらも予約時間より早くに着けたので、まずは自動再来機に診察券を通してから近くの総合受付で保険証の確認もして貰いました。

まだ時間があったので、併設されているカフェのタリーズでお茶をして少し時間を過ごしました。
以前は水かリンゴジュースしか飲めなかったニーナでしたが、
ここ数年はオレンジジュースが主流になりました。

でも、偏食女王の娘はオレンジジュースも味が気に入らないと嫌がって飲まずに殆どを棄てる事になったりします
ココにもオレンジジュースがあるにはあるのですが、ブラッディオレンジのジュースなので少し渋みがあるのだと思います。
それで以前頼んだ時、一口飲んで後は残すといった暴挙に出たので今回は、頼みませんでした。
代わりに一か八か、我儘姫の口に合うかが分からなかったので、奴には勝手に一番小さいサイズのミックスジュースを氷なしで頼むのみ。( ̄▽ ̄)
奴はその時実はトーストが食べたい気分だった様なのですがこのカフェには、そんなメニューはなく。

無いと言うと俄かに愚図り始めてウザかったので軽く一喝してその後は無視をしていると、タリーズで飲み食いなんかしない!と拗ねていたので更に暫く放置。

で。
一通り愚図って落ち着いた頃に、どうする?と尋ねると、
意識は一緒に売られているグッズの方に興味が惹かれてしまった様で主人がその時に無理矢理テディベアのマスコットを買わされていました。

その後、私と主人も適当に頼んで時間を潰していたのですが。。。

意外にも一か八かで娘ので為に頼んだジュースが気に入った様で、全部飲み干した上に更に氷と量が欲しかった様です。( ̄▽ ̄)アララ〜

そうこうするウチに予約時間の少し前になったので、二階の小児科専門外来の診察室前待合のフロアへと移動をしました。
予約している為なのか全く不必要に待つ事もなく、順番通りに直ぐ診察室へと入る事が出来たのでとても楽でした

最初は診察室で担当医のI先生からの問診がありました。
先生に前回の診察から親視点で見た娘の現状の話を聞いて頂いた上で、排尿状況を見る検査をしました。

家でトイレに行って以来、行っていない状態で2時間強経っていた為に行った検査でしたが、
結果は今の娘の排尿量マックス80ccの量が出ており、娘自身へ聞き取った時の話ではトイレに行きたい自覚は無かったものの、
検査を見て先生が判断したの結果では、もう少しで漏れる状態の個人データが出ていたとの事でした。

オシッコの出方も、やはり特徴的で一旦纏まって排出された後に少し止まってまた排出される形。
これは、娘の膀胱が年平均よりも小さくて固い為に起こる現象であるとの見立てで、
以前診て頂いていた病院での所見と同じでした。

前回はまず、レントゲンによると腸内にカナリの便が溜まっているから、それを解消する為の座薬と経口シロップが処方されました。

座薬を一回使ってシロップを日々飲ませているウチにほぼ毎日排便をする様になったので、
今度は膀胱を柔らかくするお薬を始めようと言う事になり、引き続きのシロップとその新たなお薬を処方して貰える事になりました。

次回の予約は10月で、その時まで様子見です。

診察中の娘の態度は酷いものでした
完全に先生に甘えており、まるで獣みたいに大人の願いを込めた指示が通りません。。。

先生はADHDだと分かって下さっていると思うけど、その娘の幼い行動が正直恥ずかしくもありました。
誰に対しても一貫してそんな態度とかだと仕方ないと思える様な気もするのですが、
人によって態度が変わるのがどうにもイラッときてしまうのです。

ニーナもちゃんと出来る時は出来るのに、何でこうムラがあるのかなぁ?と思ってしまうからなのか…。

とにかく妙に疲れて脱力してしまいます。

…診察が終わって先生にお礼を言って退室しました。
その大学病院では電子カルテだからなのかよく分からないけれども、その時はもう既にお会計が出来ている感じなのでスグに自動精算機で診察代を清算しました。

それから薬局に行ってお薬を出して頂いたのですが、ウチは公費負担が無いので3割で支払うとお薬代がとても高くてビビりました。

イキって子供のウチはまだ、先発品のが良いのではないか?と考えてジェネリックを断るんじゃ無かったわい。
下手こいた〜
主人と2人でウグッとなってました

大量のお薬を受け取ると、そのまま高速へ出て自宅方面へと戻るのですが、丁度お昼時です。
途中でサービスエリアにて食事をする事にしました。

確かに人気のサービスエリアなんですが、平日なのに激混みじゃん!と思ってよくよく考えてみると、
もう夏休みなんですよね〜

道理で混む訳です

席が中々見つからずに苦労して、やっと集合席の中程に空きテーブルが見付かったのですが、人が密集していて狭っ苦しい事…

そこで私は娘と2人で各々食べ物を買いに行き、娘はパン屋さんでおおよそ食べなさそうだなぁと予想できる様なパンを一つとコーヒー牛乳を欲しがったので買いました。
それからテーブルに着いた娘と別れて私はイタリアンのお店でトマトスープパスタを買って席に戻ったのですが、店内もそのパスタも暑くて熱くて顔から汗がダラダラと流れて来る怪しい人と化していました

早く食べて去りたいと思うけど、パスタが熱くて中々食べられないとゆ〜( ̄▽ ̄)
そんな感じでモタモタしている間に隣に座るお客さんの顔触れも入れ替わり、最後にとある家族連れが座りました。

その席は私達が座る所よりも更に手狭なのに、パパママご夫婦とお子さん、そうして後からその義家族らしき人も加わりたい感じで続々と増え、私達家族が広い席に座っているのが何だか申し訳ない様な気持ちになってきたのです。

そのうち、先に私の左隣に座っていた主人が食べ終わり、娘はパンはともかくコーヒー牛乳が美味しくなかったらしく残して暇そうに座っていました。。。
熱さがまだ引かないパスタを汗ダラダラで急いで食べながら、もうすぐ席が空くので待って頂いた後に座って下さいと隣のママさんに声を掛けて一生懸命食べました。

パスタは美味しかったけど、軽く地獄…www

何とか無事にその方々に席を明け渡して、駐車していた車に戻って自宅へ。
夏休みのサービスエリアは気軽に立ち寄ってはいけないスポットだなぁと思いましたとさ。

…そして、我々は一旦自宅へと戻りました。
でも、娘が公文に行くのにパパに連れて行って欲しいと言うので、主人はそれが終わってから会社へ行くと言いました。
こんな日にお休みしていられない程、会社は忙しい様です。。。

夏休み期間の公文が始まる時間迄あと少し余裕があったので、小一時間程、昼寝して休む事に。
ただ、娘は興奮して寝られない様で起きていましたが、私と主人は制限時間一杯までガン寝。

それから娘の身柄を公文へと送り届け、私達はその専用駐車場に停めた車の中で公文の課題が終わるのを待っていました。

…。
……。
………。
(…お、遅ぃ

何故にこんなに時間が掛かるのか…。
主人と1時間以上も待ちくたびれていると、やっとニーナが車へ戻って来ました。

遅くない?
とつっけんどんに訊くと、娘は涙ぐみながら不貞腐れ。

途端に車内後部の雰囲気が最高潮に悪くなった空気を見兼ねて主人が、言葉で娘をフォローし始めました。
それによって気分が幾分か上向いて来た様で、今日遅くなった理由をポショポショと話し始めたのです。

過去私が同様に娘の公文が終わるのを待った時、待ち時間が余りにもマチマチでその都度理由を聞いていたのですが、
今回は算数・国語共に問題が娘的には難しくて中々解けなかったそうです。

それならそうと聞かれた時に言ってくれれば良かったのですが、出来なかった事実に気持ちが物凄く凹んでおり、クリアな気持ちのモチベーションで対応が出来なかった様なんです。
ホント、メンタル弱い子だなぁと思う

取り敢えず無事に合流が果たせたので家に帰って次は主人が会社へ行くのを残すのみだったのですが、
病院への往復で余りにもガソリンが少なくなった事を気にしてガソリンスタンドに寄って給油をしてくれました( ̄▽ ̄)

そうしてやっと我々は再度家へ戻り、パパが会社へと( ̄▽ ̄)向かう車を見送った後、それぞれの生活に戻ったのです。

後々、娘が難しいと言った公文の問題を確認してみたのですが、
その問題は筆算を使わないタイプの繰り上がりのある基本的な足し算…

13+8=とかでした。
横の計算式で繰り上がる計算方法で答えを出すとそれが合っているのか不安で分からない気持ちに陥る様です。

マジ、メンタル弱っ!

…しかし横の計算式でも筆算でも、過程が少し違う事で出した答えの自信が揺らぐのは経験不足から来るものかなとは思うので、
その辺を踏まえた大人側の指導が必要なんだなと再認識。

なのでその夜、公文の宿題をやっつけつつ過程が違うけど答えは同じだから、それに慣れてね的な事を説明する事にしたのですが、
そんな説明は聞かないのが娘のデフォルト脳。。。。。。

こうして私と娘の息の合わなさが普段の親子学習に影響するので、毎度、お互いにとても苦労しています
でも、自力で分からないなら説明を聞かずしてどうやってアナタは問題を解いていく積もりなのかとママは問いたいのです

凸凹親子の公文の不理解問題に引っかかって解決に頭を悩ませるひと時を過ごしました。

そんな感じで、今夜も夜が更けて行ったのです。
(この記事は過去日付で順番に綴る、過去の最新更新記事です。)

私は姑である義母との同居生活をしています。
そして義母の息子である主人には姉がおり、私から見ると義姉になります。

その義姉が月一、他県から遥々車を運転して義母を亡き義父のお墓詣りに連れて行ってくれるのが恒例行事となっており、
今日がその日だったのです。

私が主人の家に嫁いだばかりの頃は、この月一のお墓詣りが謎で仕方がありませんでした。
私や私の親戚筋では、親族のお墓詣りにそう足繁く通う様な文化が無かったからです。

そして、義姉が早くに嫁いで何十年も経った上に主人が同じ市内とは言っても違う土地に引っ越して建てた婚家にやって来ては実家の様に振る舞うのにも慣れず、当初は正直、そのどちらもイヤでイヤでたまりませんでした( ̄▽ ̄)★

が、その内に慣れて来て段々とどうでも良くなってきたのですが、
それでもヤハリ私が生活するテリトリーなのに、彼女が実家の様に好き勝手振る舞うのがどうにもストレスなのは相変わらずのまま。

…私は結婚当初から主人の好意で頻繁に私のの実母の住む岡山県へ里帰りをさせて貰っていたのですが、
ありがたく泊まりがけで里帰りした際には留守の家に義母の面倒を見てくれる為に義姉が泊まりに来てくれたり、
もしくは訪問してご飯を作ってくれたりするのが常でした。

でも、義姉は私が里帰りから戻ると義姉の自宅へ帰ってしまう身であって、ウチに住むわけではありません。
義姉が帰った後にまたその家に義母と住んで生活するのは私なので、
だったら深入りしないで欲しいと言うのが私の本音です。

が、そんな事をさすがに大っぴらには言えず、我慢しているウチに里帰り自体を全くしたいと思わなくなってしまったのです。
婚家を捨てて里帰り先から二度と戻らないなら里帰りしちゃいたいのですが、
(もう一緒に住むのがウザすぎて同居を解消したい気持ちで一杯なのです。。。
留守の時に義姉が来て帰ったら家に私が住み続けなければならないなら里帰りも旅行も何にもしたくはないという所まで気持ちが来ているので、
義母が生き続けているウチは絶対に外泊しない!と思っているんです。

私が里帰りに難色を示して申し出を断り始めてから、主人も義母も義姉も、里帰りはしないの?と頻繁に尋いて来る様になりました。

最初、好意で言ってくれているのかな?と思っていたので嫌がる自分かワガママを言っている様に思えてただただ罪悪感が募っていたのですが、
最近はイヤさの気持ちが上回り、私が居ないうちに好き勝手したいから言って来るのかな?と思える様になりました。

何回帰らないと言っても、何回も聞いてくるからです。

この日も義姉が聞いて来ました。

なので、

私は帰りませんし旅行も行きません。
夏休みのレジャーでの外泊は主人が娘を連れて行ってくれ?様になったので、私は行きませんので。

と、伝えました。

義姉がどう思ったのか分かりませんが、そうなの。との答え。
私も感覚が麻痺してきておりまして、正直留守中に上がり込んで好き勝手されるのが迷惑だと思う様になっていた為、罪悪感をめっきり感じなくなって来たので、更に言いました。

義姉と義母が旅行に行ったら良いんじゃないですかね?と。

義姉からのそれに対する返答はなく…( ̄▽ ̄)

相手がどう思っているのかは分かりませんが、もうストレスを溜めたくないので、これからは遠慮しないで言いたい事は言おうという気持ちになりました。

いくらいい人でも一緒に住むウ内に義母の事はぶっちゃけてウザくて嫌いになったのですが、
義姉の事は特に嫌いではありません。

でも、どんな理由であれ最終的に義母に関係するような私にとってイヤな行動を取り続けて来るのなら、
もうシンドくて、
これ以上我慢をしたくないのでズバッと色んな事を言っていきたいと感じたのです。

事実、義母が旅行に行けばいいじゃないと言った時は、胸のつかえが取れた様な気持ちになりました。( ̄▽ ̄)

いっその事、義姉が義母とこの家で住めばいいんじゃない?とすら思います。
義母に関わるのがイヤなのです。
毎日でもお墓詣りに行けばいいし、好きなだけ、汚れた下着やらパジャマやらシーツやらを下洗いなしでガンガン同じ洗濯機で回せばいいのです。

何回入浴しても垢や汚物が毎日浮いてくるお風呂の湯船に浸かって入浴すればいいし、
病院に付き添って医師の診断を何も聞かずに言われるがままに食べたいと言うものを食べさせて糖尿が悪化して合併症を併発し、
その介護に追われてみたら良いんじゃないかな?

とか、思います。

目下、毎月義母に会いに来て下さる分には何とも思わなくなりました。

そのままの生活のままで居てくれるなら、まだ日々のストレスを抑えて義母との同居生活を続ける事が出来るかも知れませんが、
何らかの刺激を与えて来るならば、もう耐えられないので私の精神を自衛すべく、イヤな言葉を吐かなくてはならなくなる様な事もあるのだろうな…と思うのです。

以前、私は一度主人の前で爆発をしています。
もう、耐えられないのです。
願わくば、このままで居てさえくれれば良いと思います。

そうでないなら、もう知らぬ。

私に感謝の言葉が述べられる心の余裕がある様に踏み込まずに親戚関係を維持出来たらなぁと思う。

来月も来てくれるけど、来る事自体は歓迎しています。
ただ、その日は私が六本木に出掛ける予定の日になったしまったので、また勝手に洗濯機を回されたり、飾っているマグカップでお茶を淹れて飲んだりしないかなどの不安があります。。。

勝手に家の物を触らなければドンドン来てくれても構わないんですけど。
ああ。何かホント、憂鬱だなぁ。

どうか、私の心の余裕を奪って爆発させない様に少しは気を遣って下さいな
ウチって貴女が普段住んでいる家では、無いよね?
(コレは過去日付での最新記事更新のシリーズです。)

ねぇ、学生の夏休み突入前の三連休って、要るのぉ?
とか思うのは私だけかな。。。( ̄▽ ̄)★

夏休み+三連休とかになる訳だから親達にとって苦痛な人は苦痛の様な気がして。
ぶっちゃけ、私は苦痛派です

夏休み入ってからがお休みだと日曜祝日が休みの大人にとっては子供達と遊んでやったりしながらの時間を過ごせるのでイイかも、と妄想。( ̄▽ ̄)

でもマァ私もこの歳になると一ヶ月なんてアッと言う間に終わっちゃうので夏休みがあろうが無かろうが関係ない様な気もしています。
仮に娘が家に毎日居ても、今の所は毎日何かをして遊ぶだろうし、
自宅学習と学校が出す夏休みの宿題と公文の宿題なんかに取り組んでいると何だかんだで物凄く忙しいのです。

なので、大きな問題はなく…。

話は戻ります。

この三連休。
私は特に何もしませんでした。

て言うかね。
私が三日間共、グータラ過ぎたんですぅ
もう、我ながらそんな自分に引くとゆ〜ね…。

子供の事はほぼ、主人に丸投げで寝暮らしていました。
それでも月曜日は祝日だけどゴミ収集の日でもあったから、私も流石にエンジンが掛かるだろうと思っていたんですよ。

でも結果、掛からなかった
何か。(ポンコツっぷりが凄まじいネ…)

そしてそんな風に私がグータラだった以上に甲斐甲斐しく主人がフルに働かされるとゆ〜、彼にとっては地獄の三連休だった事と思われます。

一方娘はと言いますと、奴は奴なりに最近知恵をつけまして私が寝床で惰眠を貪っているとコレ幸いとばかりにワザワザ起こしには来ません。
せっかく寝てる鬼をムザムザ起こしたくない心境なのでしょう。( ̄▽ ̄)

とどのつまり、家長なのに娘の下僕と化しているパパのみが起きてくれている方が都合が良いのです。
我が娘ながら恐ろしい…
普段、優しきパパに対しての遠慮が無さ過ぎです。

でも、それを知りながら動こうとしない私が一番邪悪な汚点な訳ですけれども。
ただ言い訳をさせて頂くと、つきのものがね
イヤ、只の言い訳です。。。

連休中は初日の土曜日を除き、朝昼晩の全てがコンビニ弁当含む、外食になりました。。。
真ん中の日曜日に主人が娘を遊ばせに連れて行こうとしてその2人で外に繰り出したのですが、
ご近所に差し掛かったところで保育園の時のお友達がお祖父ちゃんのお宅へ遊びに来ている事を知り、
そのまま急遽お友達と遊ぶ事になってパパは身柄解放となりました。

そこで娘が遊んでいる間に彼は床屋へ行った模様。
それから庭の草むしりを自主的に行い(働き者!疲れてるって普段から零しているのに、何故労働の為にそんなにアクティブに動けるのかがクズの私には理解が出来ず、役に立たない尊敬の念を密かに抱くのです。)、その後いつの間にか娘達に強請られて隣町にあるダイエーの遊び場に2人を連れてったとのLINEメッセージが私の元に送られて来ていました

私はと言うと。
その時、大爆睡をぶっこいており…。
正に、オマエ、逝ってよしな状態。

ごめんなさい。
ただひたすら、ごめんなさい

この調子で月曜日も、私が何にもしなかったのです。

もぅただただ、申し訳なさが募るだけの三連休でしたとさ。
(只今、過去日付で順番に新記事をジワジワ更新中〜♪)

今回は特に変わった事件も予定もなく終わった火曜日を飛ばして、1日分空いての更新です☆( ̄▽ ̄)

…本日は私が、足揉みのKMRさんにてプレミアムコースを受ける為に予約を入れていた日でした

先週の40周年記念式典では、とても素敵な時間を過ごさせて頂いたお礼にと、
私が過去に贈った方々からは大好評を頂いたお花通販のお店画像誇る薔薇を届ける手配をした後日の予約だったので、ドキドキしながら国立市へ向かったのですが…

以前私は種類と本数の違いがあるものの、店舗の移転時にお祝いとして同じお店から薔薇を贈った事がありまして、
正直、またか…芸がないなぁとか思われていたらどうしようなどと内心色々考えてしまっていたりしたのです。。。

先日のパーティに参加した時の事を記した記事に、どんな風に飾って下さったのかの画像を一足先にご紹介したのですが、
この日の私はKMRさんに訪れる迄の間、まだ現物を目にしていない状態だったので非常に不安でした

ただ、薔薇を扱うお店のご好意によるサービスで、お店から出荷前の状態の薔薇の画像をメールで送って下さる様に希望していたので、
その画像は手元にありました。

こんな感じだったみたいです

{70514785-A13F-432B-A356-9B56E2733C3A}

(※二枚送って下さったのを私が画像編集アプリを使用して貼り付けて背景の壁紙もお借りしています。

このままでもヤッパリ綺麗…
今回も喜んで下さると良いなぁと、祈る様な気持ちで向かいました( ̄▽ ̄)

ドキドキしながら玄関口に着くと、そんな私の杞憂は吹き飛ばされる位、
この日お会いしたスタッフの皆様から、口々に喜んで頂けたと感じられるお言葉を頂戴して、贈って良かったと、とても嬉しかったです

いつもの様に案内されたプレミアムルームの真ん中にあるテーブルの上に院長先生が活けて下さった薔薇が飾られていました。

実物…。
メッチャ茎の背が高い!(笑)
大輪の薔薇の花がそれぞれに咲き誇っていて、存在感が半端無い…

そんなに広いお部屋でもないので、フットバスを受けるのに椅子へ座ると距離が近くて余計にそんな風に感じたのでした( ̄▽ ̄)

迫力だなぁ…と思いましたが、スタッフさんにも見事な薔薇だと喜んで頂けてヨカッタヨカッタ

その後はルームにてフットバス & ローラーを掛けてくれて、次に施術ベッドに横たわって足首までのパラフィンパックをお願いする間の優雅なひと時を自分が贈ったw薔薇と共に過ごしました( ̄▽ ̄)☆

それからは、いよいよ足揉みの施術タイムに突入
私の激痛との闘いで、踏ん張りどころでもあります。。。

お馴染みの準備揉みは毎回指名でお願いする和智院長の懐刀である、裕貴先生です。
男盛りのイケメン独身!
本日もよろしくお願いします

と、ご挨拶しつつ裕貴先生も薔薇について触れて下さって、KMRのスタッフの皆さんによる細やかな気配りが本当に嬉しかった私です

準備揉みはいつも、時間を掛けて行って下さるので様々な話が弾みます。
裕貴先生の施術なので(笑)会話中に不意の激痛で私の言葉が出ない時も多々ありますが、
概ね和やかに過ごさせて頂いております

お陰様で最近は大昔の頃よりも随分と痛みにマジ泣きする様な事は無くなりました。
(痛いんですけどね足の指先とか、ビクってなりながら我慢する事が出来ず、くぐもった呻きを指毎に漏らす程。)

よぉくよーく凝り固まった老廃物を足全体から揉み流して頂いた後は、
個人的なトイレ休憩を挟んでの真打ち、院長先生による華麗なる足揉みタイムに突入します

痛い。
痛いですっ!ムチャクチャ。
でも、この痛みは私の老廃物が生み出している痛みなので、自業自得痛。

この日もどっしりとした安定の深い技術で足を揉み、私の足から可能な限りの老廃物を流し出してくれました。
この時に内心、先生とはもっと話したいのに、施術が痛過ぎて話す余裕も出ないのが目下の悩みですよね( ̄▽ ̄)

この日は、何と!!!
パーティの日にお渡しした手土産と後日の薔薇のお礼にと、
院長先生から直々にKMRさんの40周年の記念オリジナルグッズを頂いてしまいました〜っ

こ…こんな一介の末端会員でしかない私なのに、貴重な限定品をお礼にだなんて、何て律儀で良い方なんだろうと思うとホントに感動。
何だか、ウルウル来ます!

じ、自慢しちゃっても良いのカナ?デレデレ

こんなん↓です

{2349B86D-82C9-484E-AD0A-3478371B0096}

素敵な深い濃紺の特注マグ
私はピンクも好きなんですけど、ブルーも好きな色だし、コレにはKMRさんのロゴが入っててカワイイ

院長先生!何よりお気持ちと、そして素敵な品物もとても嬉しかったです

いつもながら、足揉みのコースも天下一品。

足揉みの施術中は激痛を耐える時間でもありますが、足が終わった後にベッドで横たわっていると足先から小川の様にフワーッと血流が良くなっている様な感覚があります。

それがとても心地良くて好きなんですよね。

最近は裕貴先生の準備揉みの時にもソレを感じる時があって、ここの先生方は皆さん日々研鑽なさっていてスゴイなぁと思うのです。

足揉みの後は、元美容部員さんでもいらした院長先生のプレミアムなマッサージがあります。
このプレミアムコースは、この美容中心か足揉み中心かが選べるのですが、
私はどうしても院長先生の足揉みに比重を置いてしまうのでそちらが中心と希望をしてしまい、その分短くなってしまうのですが、それでもこの時間も至福の時間…。

指先から両腕までの範囲と耳ツボや頭、顔のマッサージ迄先生の持ち前の性格を表す様な繊細な動きで足揉み施術の後の時間一杯に癒してくれるんです。

今回は前回迄とは少し内容が異なっており、それもまた良かったので嬉しかったです

今後とも、末長くお願いが出来たらなぁと思うばかりです
また来月受けられるのが楽しみだなぁ

そう言えば、膀胱の反射躯は相変わらずプクッと膨らんでいますが、
今迄は浮腫んで平らだった私の土踏まずに徐々にではありますがアーチ状の括れが出来て来たんですよ。

樫木先生のスタジオCで正しく動きを修正して頂きながら気持ち良く体を動かし、
そうしてKMRさんで裕貴先生にバッチリ準備揉みをして頂いた後、引き続き院長先生直々に足揉みをして頂いて老廃物を流して頂く事で体に溜まった頑固な汚れを地道に浄化出来ているのかなと思うと、
感謝の思いが尽きません。
これからも通えるだけ、通わなくてはっ!

…その後は施術が全て終了し、次回の予約を取ってから国立駅へと向かいました。
そこで駅ビルのノノワにて家族の夕飯惣菜を買って帰ったのですが、
少食・偏食の娘が食べられそうな新食材が見付かりました。

試しに買って帰った所、気に入って残さず食べてくれたので、
足揉みで国立駅へ行った時の娘の夕飯のおかずはコレだ!と思いました

新たな発見が出来て良かったです。
今日もとても良い1日でした