四月ももう後半に突入しちゃいましたネ〜。
春なのに、暑かったり寒かったり、落ち着かない四月です。

で。関東地方は、今夜から嵐なんですって。
明日は、子供が行事予定あるのに嵐とか
雨天日延べだから、雨が降っちまったら中止なんだろうなぁ。。。

…3月はワタクシ、更新後の日々にも色々とこなした予定がありました。( ̄▽ ̄)
内容の密度が濃くてもう過去記事更新する気力がないので後ろ髪を引かれますが、潔く流します

ウチの娘も二年生になりました。
2年ごとと決まっているので今回のクラス替えは無いのですが、
まさかの担任交代があり、娘共々戸惑いの新学期スタートでした。

公立小学校は全国区からの転勤がある事をこの度知りまして、正直ビビりました。
私が小・中学生の頃は、市内の転勤がポピュラーなのかと思っていたので

かくして娘の元担任は他学年を受け持つ事となり、新たに某区内小学校からやって来た先生が担任になりました。
若い男性の先生で、同じ小学校にいらした先生でも無かったので、情報は皆無。
正直、申し訳ないけど不安でした。
低学年のウチは小学校をよく知る女性の先生が担任である事が望ましかったなぁ…。

先週、初保護者会とクラス懇談会がありましたが、私のマジヤバなポンコツ頭が予定をスッカリ失念していて、開始告知の1時間過ぎて気付いて慌てて来校するとゆ〜、
手痛い失敗をやらかしました…

不幸中の幸いで、懇談会の後半に滑り込む事が出来、担任のI先生に実際お会いする事がギリギリ叶いました。
実物の印象は想像していたより全然悪くなかったのですが、
学校の授業が始まり、チラホラ私の中では気になる面が出て来ました。

ホラね、ヤッパリ学校をよく知らない先生が担任を持つとご自身が慣れるまで私事でバタバタしてしまって、
仕事が何処か疎かになっちゃうんだよォ〜とか、思っちゃいます。

ぶっちゃけて言うと娘は今年、どちらかと言うと外れだったなぁと。。。
担任が誰になるのかも運だから、娘には運がなかったのでしょう。
…それにしても、まだ何も分からないのに結構、ボロクソで最悪な保護者ですね〜( ̄▽ ̄)
しかし私は男性が基本苦手なので、偏見でカナ〜リ厳し目になっております。
主人がね。
私が何の根拠もないウチから想像でキツイ意見をビシビシ語るので、怖がってます。w

…個人的には、先生にとってもハズレな生徒が居るだろうという事で、
感じるのは自由でお互い様なのかな…と。

娘本人は最初、元担任と離れた事がショックで凹んでいましたが、新たな先生にはモウ慣れた様で。
私は学校には基本的に期待をしない様に努めているので、
余程コレは…と思う事以外には、学校で起こる事については最低限の事しか口出しをしない様に決めており、
故に彼女が自発的に自分なりに先生の良い所を見付けて、上手く生徒として関わろうとしているみたいで、それは何よりだと思っています。

私がこれまでに感じた先生への認識による今後の対策の考案は、以上です。
悪い人では無さそうだが、前担任よりも目配りが行き届かない性格っぽい。
気を付けて直せるタイプでは恐らく無さそうなので親目線としてのスルースキルを高くする事が今後は必要である。
学校での事を気にするのは意識的にやめて、様子を見ながら家でのサポート強化にて、2年生を凌ごう…と思います。

娘が本当にうっかりタイプなので、私のイライラが募りそうです。
つか現時点、募りまくってます。
も〜、人生ままならない!
分かってるけど、何かこの所、イライラするんだゼ…。

どうしてそこで、ハイと直ぐにやれない?
やっちまえば、終わる事だろうに!と。
この所、鬼化してばかりです。
求め過ぎなのかな?
今の所、簡単な事しか言ってないと思うのに。。。

今、どう娘に関わって、どう私自身が生きれば良いのだろう?と、考えさせられる事が多いです。
そして、イライラするのです。

長い目で見られない母親の子供として生まれた娘の不幸。
もっと、気持ちに余裕のある優しい母親の元に生まれてくれば良かったのにね…

とにかく、失礼ながら親目線では子供が余り頼れなさそうな朗らか系先生の担任なので、
家庭ではその分、娘に対して私が嫌われ役を担う事になりそうです。
せめて親の目の届かない学校では、癒されておいで〜。( ̄▽ ̄)

春休みを経て学校も休み、公文も続けて二回分休みだった間に、
一切国語に取り組む時間が持てなかった為、娘は漢字や平仮名、片仮名を幾つか忘れておりました
算数ばかりやり過ぎたなぁ…。

反面、ミッチリと取り組んだ数育会のプライベート教室用プリントが、とても良かったです。
週2で通わせている公文が、その性質的に勉強を塾丸投げ出来ない環境にあって、
学校授業を自力で身に付ける能力が弱目な為、家庭での自主学習が娘的には必要なのですが、
それを補うのにとても良い教材だなぁと教えていてしみじみ感じます。

子供の教育方針は人それぞれだと思うのですが、私としてはヤハリ、
まずは人間として学生をやんなきゃいけない事を考えると、小さい頃から勉強する事に慣れておく方が良いのかな?と思いました。
まだ年齢的に幼い子供は自由に遊ばせたい気持ちも強くあるんだけど、
結局のところ、学校って知識を学ぶ所じゃないですか?

勉強に重きを置くのを優先させた方が良いのかな?と思ってしまったり。
子供の育て方って、どうしたら良いのか本当に悩みますね…

地頭さえ良ければ遊んでても全然構わないと思うんだけど、娘の場合、地頭的な洞察力を欠くとゆ〜か。
なので、遊びに100パーセントうつつを抜かして基礎的な面が付いて行けないと学校に通う意味って…?とも思うし。。。

近所の子達は自由に遊んでるんで、一緒に遊ばせたい思いもある中で、
物凄く悩みます。
みんな、勉強しなくて学校の授業は分かるのかな?
二年生で習う九九とか、
いずれ習う割り算とか、考え方を定着させるのがメッチャ難しいと思うんだけどなぁ

んで、三年生から早くもアルファベットも習うんでしょ?
大丈夫なの?出来るの…?ってゆ〜、不安しかない。
娘の負担が増えるんだろうなぁと思うと、学年を重ねていくのがこの先、気が重いばかりです。

親として人生は勉強だけじゃないし、出来なくてもイイよ!とスッパリ割り切る事が出来ないので、
取り敢えず習った事は、理解出来る様に勉強をしとけって思います。
でも、勉強が分かるからと言って勉強が好きになるタイプでもない娘っぽいので、
放置した方が良いのだろうか?

も〜、知らないわよ?
と、投げやりになる時もあったり。

ああ、親業。
ぜ〜んぶ、投げ出したいっ!

勝手ながら、思い通りにならない歯痒さに翻弄されまくっております。
こんな時、私も育てられてるって実感しますね。
エゴに走らない親にならなきゃいけないのは、苦行です。

でもさ。
私がエゴに走った分だけ、子供は心を殺されていくんだよね。
もういっそ、自分が人生一からやり直す方が楽だよ。。。

小学生活を送る子供の子育て一つでこんなに苦しんでる親なんて私だけなんだろうか?
私は愚かなんだろうか?
悩む日々です。
時間だけが刻々と日々、過ぎて行きます。

何か必要以上に焦るし、辛いなぁああああ


AD

バタバタ。

今日も晴天なり╰(*´︶`*)╯♡
そんな陽気に誘われつつ、そっと家を抜け出して西荻窪に行って来ました。

ギャラリーカドッコさんにて、大好きなハンドメイド作家さん達が挙って素敵作品を販売するリカシツトショシツズコウシツ2とゆ〜イベントの開催初日だったからです。

私のお目当ての作品が幾つかあり、それを目指して参りました。

ただ。
行きも帰りも、地元中継駅までの道路がいつもより、とても混んでいました。
何でこんなに混んでんの?と不思議がりながら向かい、帰りに初めて、
あ、三連休かと気付く。

イベントも大盛況でした。
さすが、人気作家さん達が集うイベントだけありまして、予め参加者が多い場合は入場整理を行い、入場は抽選で整理券番号順に行われるとの事でした。

整理券配布の直前の時間にお越し下さいとの事だったのでその時間に着く様にと予定を立てたものの、
乗る予定だった電車の時間を勘違いして少し早目に西荻窪の駅に到着してしまいました

取り敢えず、様子見してみようと向かったのですが、早目に行ってみると皆様ルールを守る方達ばかりの様で、まだどなたもおられない様子。

なので、近所西荻窪の見つけたとても趣のある趣味的な喫茶店にお邪魔してカフェオレを飲みつつ時間を潰す事に。
その時に頂いたカフェオレはとても本格的で美味しかったです

告知の時間の十分前になったので向かうと、30名程のお客さんが既に並んでいらしていて、
慌てて私も列の最後に並びました。
時間になると、スタッフの方が出てみえて、入場整理券の抽選を行う事にしますとお知らせ頂きました。

その時点での先頭と最後尾の方がジャンケンをし、後ろの方からの順番で抽選が始まり、
私の番になって引いてみると、
何と、三番

お風呂洗い迄は出来ていたけど、洗濯物も中途半端で家を出て、夜は夕飯作りの為の下準備も待っている。
早目に帰って家事もしなくてはならなかった。
なので、超、嬉しい

12:00に開店。
一番目の方から順番に入場が始まるので、その時間まで再度時間を潰してから舞い戻りました。

無事に買い物を済ませ、お会計スタッフだった孔雀洞さんが対応して下さりました
お忙しいからスッと帰らなきゃと思っていたのですが、思いがけずお会計の間に少しだけお話する機会に恵まれたのがとても嬉しかったです

モチロン、孔雀洞さんのブローチも買わせて頂きました
西荻窪のSEIYUで、二品程の買い物もしてみたり。
でも、私の並んだレジが新人さんでトロくて対応も慣れていない様子に軽くイラっとしてしまいました
そして、最初に並ぼうと思っていたレジのお兄ちゃんの方がテキパキお客を捌いていて、チョット後悔の気分になったりもして

でもまぁ、概ねルンルン気分で後は帰るだけだと思っていたのですが、私、少々やらかしちゃいました
…その時、丁度総武線の電車が上り下り共に同じ時間の到着で、
よく確かめずに来た電車に乗り込んでしまい、それが反対方向の電車だったんですねガーン。

で、二駅過ぎた辺りでやっと気付いて乗り直したものの、20分程、帰宅時間がズレる事に。
また、総武線から中央線に乗り換える駅でホームを間違えてしまう大ポカも重ね、最悪な事に。
しかも、正しいホームに戻って乗って着いた先の乗り換え駅の電車が遅れていました…

何とか地元中継駅に着けたので、駅ナカのミスドでお昼ご飯を食べ、
車に乗り込んでサッサと帰宅…と思ったのに、

混んでる!!!

連休のせい…?
早く帰りたいのにィ〜
と思いながらも、注意を払いながら行儀よく順番を守って車を走らせていたんです。

なのに、なのに。

左側の左折専用道路からワザと直進して、直進専用の真ん中道路にオイシイ場所から割り込んで来る車のお陰で、変わるまでがやたら長い信号を3度程見送る羽目に陥りました。

混んでいる時の確信犯的な割り込み車、マジ許すまじ。
知らずに舞い込んでもイライラするのに、許せん

てゆ〜か、明らかに真ん中だけこんなに混んでて列になってる車の間に割り込める神経が分からない。

私は知らない土地でそうなった時、泣く泣く左折するタイプなので、
ホント、分からない。

図々しい人は車運転すんなボケェ!
とか思う。
割り込みする人は、密かに人からそんな風に憎まれている事を少しは知るといいと思うよ( ̄▽ ̄)

そんなこんなで、何とか帰宅を果たし、夕飯の下準備をして、
使った調理器具を一旦食洗機に掛け、洗濯物を干す前に買って来たものを取り敢えず整理していたら、玄関のチャイムがなった。

何…?
と面倒に思いながらもインターフォンに出ると。

…私は主人の元に嫁に来てから、毎年引き継いで主人宅の年賀状を書いているのですが、
その中の1人で毎年年賀状をくれるから返してるIとゆ〜人が義母を訪ねて来たのでした。

この方、以前もウチの留守中に義母を訪ねて来たり、電話に留守録メッセージを残していたりしていた方だったの名前だけは知っていたのですが、
でも、主人方の誰の知り合いかが分からなかったのです

主人が義母の知り合いではないかと言うので、義母に聞くと、
義母は知らない覚えていないと言う。

私が知る訳もなく、訪ねて来る程の間柄なのに何故誰も知らないのか理解に苦しんでいた。

怪しいのは義母の線が有効だったのだが、まぁ分からないものは分からないもので放置していたが、
この度、私が対応した事で義母目当てだと言うことが分かった。
Iさんはカナリ高齢のお婆ちゃんで、話している事もあまりよく分からなかった。

私が毎年その人に宛てて書いていた年賀状は義母が出していると思っていた様で、
義母に聞けば分かるという様な事を繰り返して言うので、
失礼ながら…と、義母がもう覚えていない事を伝えて、どういった関係なのかの聞き取りをした。
ただの親切心からだったが、段々会話の中で、市議会議員の選挙の推しメンの話を始めたので、
うわぁ。と思い、更に私が何度も覚えていないと言っても何かシツコク食い下がって来るし、
義母も居やしないのに中々帰らないしまた来るとか言い出すしで、段々と対面するのも面倒くさくなって来た。

それでなくともバタバタしている最中なので、ぶっちゃけモウ帰って欲しくなり、冷たく適当に切り上げてしまいました。( ̄▽ ̄)
何度もワザワザ訪ねて来て下さったのに申し訳なく思う気持ちも微かにあったけども、
全く義母本人が覚えておらず、主人も誰なのか知らない様なので、さして親しくも無さそうだと勝手に判断する。

やたらとまた来ると言っていたが、真に受けてイチイチ相手にしていると何となくややこしそうなので、
来年からのこの方への年賀状は控えようと密かに思った次第です。

はぁ、メンドくさい。
大体選挙なんか、よく知らない人に勧められて票を入れる訳ないじゃん。
一人一人のたかが一票の重み、舐めんなと思いました。

AD
昨日、記事の更新時間の関係で書けなかったんですけど、地味に見続けていたフジの夜ドラ、嫌われる勇気が遂に終わっちゃいました〜
何となく、寂しい気持ちに。

ストーリー自体へ別段、無茶苦茶ハマるとかはなかったんですけど、
アドラー心理学を知る切っ掛けとなったのは大収穫のドラマだったので

…先月に私はアドラー心理学の考案者であるアドラーさんの著書を結局、上下巻共に購入致しまして、
実は既に結構早い段階で読み干しています。
その内容が私にとって、とてもシックリと胸落ちするモノであり、上巻に引き続いて下巻も購入し、
そして全てを読み終えてから改めて買って良かったなぁと思えた。

私が日常的に心の中で抱える負の感情コントロールは、こういった書物の情報を得たからと言って即トレース実践して行動する事で収まる程に簡単な問題ではないのだけれど、
読んだ事によって参考になったと思え、ソレを心掛け様と思えただけでも、随分と心の負担は軽くなった様に思えます。

マァ情報を実として身に付けるに至る迄には、まだまだ修行が必要だとは思いつつ…。

こうした自分の中から生まれ出たモノでない種類の、外付けの理論を知識に入れて心掛ける事によってもしも容易に人格が変わるのなら、
現在世界に散らばっているモラハラやDVする暴言・暴力人間達がこの世の中から消えるのもさぞや、早かろうと思ったりもする訳です。

稀な事だと思うけど、そういったケースの人々が幾ら自らカウンセリングを受けてみても、
心の奥底に根付いた病気は厄介で根深い病気に思える。
だからこそ、自分に苦しんでいる人も居るのだと思うのですが、
もし良くなるにしても、人格形成を見直し構築していく為には、長い時間がそれなりに必要なのではないかと思うんですね。。。

だからひとまず心の気付け薬的に、
こういった情報を自分の中に少しずつでも上手く取り入れて気持ちを楽にする事から問題を紐解いて行けたらなぁと心を健全に開放してやれる日が来る可能性がある事を夢見てみたりするのです。

更に通してあのドラマを見てみて、良いなと思えた事もありました。
自分に対して起こる困難や悩みを女刑事安堂役の香里奈さんが、
一貫して『自分の課題』と表現する事。
自分の課題は、自分の力で乗り越えるしかないというアドラー心理学の根本的な考え方が清々しくて好きでした。

他にも、
『それは貴方の課題であって私の課題ではありません』と、その人が抱える問題にキッチリと線引きをする所もとても良かったですね。
心に大変心地よく響きました(*´︶`*)

確かに自分の抱える課題を人の物と混同して考えてしまうと、
余計にこんがらがってしまって、糸が複雑に絡まるばかりだなぁと納得出来ます。

自分の抱えきれなくなった問題を人のせいにして、見ないフリをして自分を保つ事、
人の為と言いながら、結局は自分の為に動いている事は人間にありがちなのかも…?と考える。

そうしない為に、キチンと今の自分の課題とは何なのかを知って、
それが心の苦痛を伴う事であっても、逃げずに自分の弱さに挑んで課題を克服する事で一つ、
自分の足で立って行ける心の強さを得る事が出来る。

そんなメッセージをストーリーに込めてあのドラマは放送されていたのかな〜なんて風に解釈をしてみたり。

ともあれ、アドラー心理学は素敵な概念だと思います。
そんな概念を知る事が出来て、ドラマにはとても感謝です。

私は随分長い間こんな大嫌いな自分なのに生きていかなきゃならない事を拷問の様に感じ、何かある度に苦痛だなぁ生きる事から早く逃げたいのにと思いながら、
でもだからといって自分で死ぬ訳にもいかず、イヤイヤながら生きてきました。

ただふと、お天気の良い日に道を歩きながら思った。

じゃあ私は、一体、どんな風に生きれば満足するのかなぁ?と。
究極の論理。
世界を自分の思い通りに動かせでもしたなら、果たして幸せなのか?

42年間生きてきて、そんな私の経験から考えてみるに、
例えばじゃあ、そんな人はこの世に存在するのだろうか?と考えを巡らせた時、
え。そんな奴、居なくね?
と、なった(笑)

単に普通の一庶民で、人類の裏世界的な知識がないから、思いつかないだけなのかも知れないけど。

分かりやすい所で、例えば世界の大国であるアメリカやイギリスの大統領なんかを思い浮かべてみる。

う〜ん、何か皆んな、それなりに大変そうである

日本でも何処でも、政治家の任期が切れれば候補者が立つのだから、
需要はあるのかも知れないけど、職務は大変そうですよね。
代表として人の上に立てば、沢山の立場の人々から色々言われるし…。

過去に舛添元都知事も暴かれた範囲でものすご〜く好き勝手都民税を私用に使い込んでいたけれど、
結局、辞任に追い込まれた。
現都知事になってから、一般都民の耳には、とんと何の情報も入らなくなったが、
もしまだその影で他の人よりはいい生活を保っていたとして、腹黒い自分を抱えて生きるのも今後何かと大変そうな気がしてしまう。

人が過分な名誉を保ち続けるには、それなりの努力が必要なのだと思う。

次に、富。
お金を持っているから幸せになれるだろうか?

お金はその性質から常に流れるものであり、ソレを手元で流動させながら保つのには実は高度な技が要るのではないか?
ただ持っていても無意味なお金は、限りある富であるから当然の事ながら、使えば無くなる。
使って無くなったお金は新たに稼がなければならず、この世界不況が慢性化する世の中では、余程の手腕が無い限り巨額の富を稼ぎ出すのは至難の技である事の様に考えられる。

そんなお金を稼がねばならない仕事を回すお金持ち達は、確かに贅沢も出来るんだろうけど、その代償としてボーッとはしていられないのではないだろうか。

財産を狙われる場合もあるだろうし、セキュリティにも過分に気を配らなければならない。

ある意味、精神的にとても過酷だ…。

他にも、元々の身体能力が高ければ、幸せなのだろうか?
アスリートを職業とする人々にも、人間である限り等しく老化は訪れる。
そうなると、全盛期を誇った身体能力は徐々に失われ、活躍は難しくなるのではないか。
そうなった時の自分を果たして受け止められるのか否か。

…結局の所、どんなに恵まれた環境にあると思われる人々も状況がそうであるだけで、
その心一つでもしかしたら幸せにはなれない所まで行き着いてしまう事もある。

対して何らかの病気を抱える人は不幸なのだろうか?
思う様にお金を稼げず貧乏な人は、それだけで不幸なのだろうか?
確かに、持っている人と比べるといった視点だと、そう思えるかも知れない。

けれど。
比べて不幸と想像される様な病気を持った人でも、お金が無い人でも、
この世を捜せば、日々、幸せそうに暮らしている人も居る。

どんな状況に身を置いても、
例えば家族に恵まれていたり、支え合える存在が居るなどする事で、幸せにはなれるんだという風に思えた。

限りある命に、自分がどれだけ幸せな気持ちになれるかを見つける事で、
もしかしたら自身のこれからの生き方を決める事が出来るのかな?
なんて思う。

マァそれも結局は、思うが易し、行うは難し。。。なんですが(苦笑)
そんなに簡単に心根を変えるとか、無理だわな〜

目の前のホントしょーもない出来事にアホみたいに激怒して怒り狂ったりする様な人間だもの。

ああ、大きな人間になりたいですよ。
なれるものなら。
私だって、些細な事で心を乱してのたうちまわりたくなんてない。
先程ツラツラと思いを巡らしたみたいに、本当の意味での幸せになりたいんだもんっ

…その足がけとして、私の場合はアドラー心理学を参考にする行動を取り敢えずの選択にしたいです。

どうせなら、マイナス思考グルグル人生なんかより、少しでも幸せな心をゲットしなきゃ!
そうしたら、生きるのがとても楽になれる様な気がする。

人間のあらゆる本能欲や怒りに翻弄されていては負の感情しか寄って来ないから、危険。

足るを知り、自律の精神を確立してこそ人の和を作り、
自分の周りでの居心地の良さを整える事で、どんな状況下でも心が満たされる事が出来るのかも…?
とか考えてました(笑)


AD
今日は良い天気になりました
残念ながら、夕方辺りからからは曇り始めましたが、
昨日が日中イマイチ振るわない感じの空模様だったので、何だかとっても嬉しかったです(笑)

さて。
昨夜は娘の足揉みは小休止。
何故なら、大元のKMRさんで揉んで頂いたからです。。。

前回、娘が派手に騒いでしまった為に心配をしていた私だったのですが、
ヤハリ、娘の態度がいたく院長先生の心を傷付けてしまっていた様で。
通わせて頂いた時に対策を練りまして、取り敢えず今回から少し軽めのチェックに留めて頂く様な方針になりました。
何だか、とても申し訳なかったです。

まだまだ精神的に子供の娘には、足揉みは早かったのかも知れません。

でも、その分も副院長先生にはガッツリ時間分施術をして頂きました。
S先生の施術は、いつも思うんですけど、繊細な動きで見てるだけでも、とても好き
この度は、ありがとうございました。

院長先生にもキチンと最終チェックをして頂き、
少し気になるよとゆ〜場所は、ツボを押さえてサッと施術して頂きました。

娘にはKMRさんからお借りした児童書を読んで気を紛らわせる様に工夫をしていたのですが、
キリが悪い所で途中で場所移動をしなければならなくなったりして、
その度に声を上げて不満を示すのでソレがあたかも拒絶の様な印象を与えてしまい、
何となく泥沼感が付いて回る羽目に…

も〜、頼むよニーナ…。
これ以上、院長先生にマイナス印象を与えないで〜
慌てて私から説明をしておいたけど、どんよりした雰囲気は拭えず。
気まずかったです。

帰る際に皆様に向けて明るく挨拶をする様に促して、ちゃんと出来たかな?とは思いつつ、フォロー出来たかどうかは謎です。。。

ともあれ、今夜は足揉みを決行します。

そして、本日のお話です。
私はカナ〜リ久しぶりに、地元に一番近い都会街へ繰り出しました。( ̄▽ ̄)

数ヶ月ぶりに行うミュゼの方での、胸部分の脱毛の為です。
ついでに、その街のとある高島屋内にある某ブランドのお店にも寄る予定を立てていました。。。

もう3月も半ばに差し掛かりましたが、今月が終わると来月から新年度が始まりますしね。
本年度は姪っ子ちゃん妹のNちゃんが新卒で会社に就職をするので、
お姉ちゃんのAちゃんの時と同様に今回もそのブランド製のキーケースをお祝いに渡そうと考えていました。

そしてミュゼの予約時間よりも微妙に早く街に着いてしまった為、
この時間を利用してチラッと覗くだけ覗いてみようかなと考えて先に高島屋の方へ向かってみました。

実は、予め地元AEONのブランドセレクトショップで値段を調べていた物を正規直営店だったら幾らなのかな?と調べる積もりだったのですが、
何と値段は全く同じでした
セレクトショップで買っても特に安くは無いんかいっ!と思うと、じゃあコチラで買う方が良いのでは…?と気持ちが傾き始め…。
まぁ、イオンでなければWAONカードは使えず、そうなるとWAONポイントの支払いが出来ないので、ショッピングポイントは付きませんけどね。。。

ただ、当然の如く取り扱っている種類はこちらの方が断然、多い。

キーケース一つ見てみても、フェミニンでメチャクチャかわいいデザインのものがズラリと取り揃えられており、
店内をフラーッと見ていたら店員さんが声を掛けてきて下さったので、幾つかの中から選んで購入する事にしました。
今回買ってしまえば、姪っ子ちゃんのママである義姉が来週、我が家に来てくれるのでその時に渡して貰える様に頼む事も出来ます

ただ、元々そんなに時間に余裕があった訳では無かったので、
ウダウダしているうちに脱毛予約の時間がドンドンと迫って来てしまい、
焦った私は店員さんにひとまずお会計を済ませ、私の用事が済んだら再び取りに来ると伝えました。

が、ネームイニシャルを箔押ししてくれるサービスが出来ると案内を受け、それをお願いするに当たって手続きをしていると又、時間が…

そんな風にバタバタしながらも何とか一旦の手続きを無事に終え、ダッシュでお店を後にする事に。
全て私の都合で店員さんは一切悪く無いのに何故か私にお詫びをして下さりながらダッシュでお見送りして下さったのが不謹慎にも何だか、笑えてしまいました( ̄▽ ̄)w
大した上客でもなく、デパートを訪れるには些か見すぼらしい私だったのに、とても真心篭った接客をして頂けて温かい気持ちになります。

さて。
取り敢えずは、ミュゼです。
場所はそんなに離れてはいないものの、陸橋の歩道は微妙に遠く、目前にあった地上の歩行者信号が青に変わるのを待つ間に予約時間になってしまいました

ヤバイ!
と焦りながらダッシュで向かうと、3分の遅刻

受付に名前と予約時間とお詫びを伝えると、お待ちしていました!との事。
お電話も入れて下さった様で大変申し訳なかったです

でも胸だけの部位なので、施術は十分も掛からない内に終わりました。
ミュゼの施術スタッフさんも高速で施術して下さったもので、その掛かった時間の短さにちょっとビックリでした(笑)

スグに着替えを済ませてミュゼを後にし、再度、高島屋のブランドショップへ。

最初に来た時に発行して貰っていたお買い上げ伝票を入口に立っていらした店員さんに渡すと、
店内のソファで待つ様に促されました。
暫く待つとスグに先程の店員さんがみえ、私が席を外している間にイニシャルを入れようと思っていたけれど、
依頼指示を入れた位置が曖昧なままだったので確認してからと思ってまだ終わっていないと説明を受けました。

確かに、右側に入れて貰う積もりで指してココ!と言った時に、
左ですね!時に何度も言うので、右側では?と思ったものの、私と向かい合う店員さんから見ると左側なのでいっか。と突っ込まずに流したんですけど、
そのせいで引っかかってしまった様です。

どうやら右側が正しかったみたいで、だったらあの時にキチンと指摘しておけば良かったかも…と、反省。
私には、こんな感じでついつい相手に一切を任せてしまう悪い癖があるのでソコは直さないとです

さてさて。
そんなこんなで改めて、イニシャルの刻印を待つ間、煌びやかな空間に並べられた品々が気になり、
ソファ辺りにあった商品を色々見て回りました。

その中で一際私が目を惹かれたのが、お靴達ハイヒール

ブランドのお靴は、ブランド価格で市販のそれらよりも高価ではあるものの、
お鞄程には高くなく、私にも辛うじて手が届く範囲の様に、無理矢理 錯覚してしまう…

でもそこら辺一帯、値段が分かる様に示されていないので、どうなのかな〜?と思いながらウロウロしていました。

ところで、そんな私と向かい合わせのソファにやって来て座った1人の男性客が居ました。
ソファがここにしか無いから、他人同士なのに同じエリアで待ち時間を過ごさなければならないのか〜と、気まずく思いながらお靴を見ていると、
店員さんがやって来ました。

素敵に仕上げて下さり、感謝のとオッケーの意を伝えると、プレゼント用にラッピングを施して下さる為に、また奥へ。

で、再びお靴やって鞄を見ていて、ヤハリ気になったのがキュートなスリッポンでした。
スリッポン、かわいくて好きなんですね。
今履いてるお靴もソロソロ草臥れて来てるしなぁ〜と、逡巡。

すると、ラッピングを終えた店員さんがみえました。
とても、キュートな姿になっていて、テンションが上がります(笑)
で、あのスリッポンのお靴が気になるんですが、お幾らですか?
と、値段を聞いてしまいました。

すると、良かったら試着をしてみられますか?と勧めて頂き、試しに履かせて頂ける事に
一度、23センチを試し履きしてみるものの、チョトきつい。
で、更に23,5センチを履くと、ジャストで良い履き心地

え〜いと、コレも自分用に買う事にしました。
貯金あるとコユ時に衝動買いが出来て、便利ね〜。

…またコツコツ貯金しなきゃ

で、店員さんはそのお靴の為のお会計とラッピングをしに再び奥へ行かなければならなくなり、
その分の待ち時間が延長される事になりました。

暫く1人でソファに座る間、スマホを開いて見ていたんですが、
先程から座っていらしたお向かいの男性客が、担当の男性店員さんと話している声が至近距離なので、聞こえて来ます。

さて、ここで問題です。
その時に、私が…ん?と思った会話は何でしょうか?

男性客:では、商品は自宅に送って貰えますか?
店員さん:はい。ただ、その場合は送料が掛かりますが
男性客:大丈夫です。
店員さん:ではお会計なのですが。700万になります。(ボソボソっと)
男性客:はい。あ、どれ位で届きますか?
店員さん:お作りするのに、1ヶ月半ほど掛かるかと思います。
男性客:分かりました。

(私:…
……
………ん?

さぁて。何処だったでしょう〜?( ̄▽ ̄)/笑

…ぃやあ。
スゲーな。
何か、住む世界が違う人って居るもんなんだなぁと思いました(笑)
さすが東京都!
何か面白くなってきて、顔がニヤけてしまいました。

その後、その男性客は暫くソファに居ましたが、途中でソワソワし始めてトイレに行ってくるとお店を出て行きました。
暫くして私の担当の店員さんが戻っていらして、お会計を済ませて商品を受け取りました。

お靴も私用なのにラッピングをして下さっていて、テンションが上がりましたが、
姪っ子ちゃんへのプレゼントだけだと高島屋の袋に入れて下さる予定だったのですが、
靴の箱がデカイ為、大きいサイズの紙袋に纏めて入れて下さったのが、
そのブランドショップのロゴがデカデカと入った紙袋で…

車で来ていれば気にはならなかったけど、これを持って歩いて街で1人ランチしたり、
田舎町へ向かうローカル線電車に乗るのかぁ〜と思うと普段ブランド物を買いつけていない小心者の私は無駄にドキドキしました。

袋スキーなので嬉しいんだけど、ハラハラ。。。

その後、店員さんに見送られながらお店を出るとデパートからも出て、
近くのカフェで唯一空いていたのがカウンターの方の席で、そこに座ってキッシュランチを食べました。

カウンター席ならば幾つも空いているのに、すぐ右となりの席に私と同じくピンで入って来たオバちゃんが座り始め、落ち着きませんでした。

空いてるんだから、一つ空けて座るとかさぁ。。。
と不満に思いながら、サッサと食事を済ませて駅ビル内の商業施設へ。
幾つかある総菜屋さんを覗いて、今夜の夕飯を買いました。

それから商品とお弁当を持ちつつ、何となく落ち着かない気持ちのまま電車で帰宅。
駐車場から車に乗り込んで運転をし、そのまま市役所の出張所を目指しました。

今日は地元の役所から毎年、高齢者市民である義母に宛てて市のゴミ袋が一定数貰えるのですが、
その配布期間だったのです。
義母は自らゴミ捨てなどをしないので、そのまま私が預かって、義母の部屋に置いてある紙おむつゴミを入れるゴミ袋等に活用し、
他にも家庭ゴミを捨てる時に利用させて頂いています

それから家に帰宅してから買い物の証拠を上手にw隠滅し、ユッタリと過ごしました。

マァそんな感じで、思いがけず無駄な散財をしてしまったものの、
気持ちがリフレッシュされて個人的には、とても楽しい1日でした。

本日は昨日に引き続いてまた、六本木へと足を運んだ私です照れ

本来、昨日は樫トレ少人数制への予約をしていたのですが、12:00開始の所を14:00開始と勘違いをしていて、悲しき無断キャンセルとなってしまい、誰も得しない結果を招いてしまいました。
赤江さんのご厚意により、急遽空き枠のあった14:10〜の樫トレグループトレに改めて参加をさせて頂けたものの、
元々の予定では、樫トレグループトレは本日の予約のトレが私の参加する事の出来る、リニューアル後初のグループトレになる筈だったのです。

でも昨日の初になる筈だった少人数制トレへの参加の方も、
数あるメニューの中から特に私の好みの組み合わせでチョイスをして、
それぞれに参加が出来る様に予定を組んでいて、実は受けられる事をカナリ楽しみにしていたのです。
でも、自分の大ポカのせいでグループトレが重複してしまって

…グループトレも大好きだから良いのですが、今月の少人数制の枠を逃してしまったとなると、ヤッパリ切なさが残っていたのです。
何とか、今月の少人数制で空いてる枠は無いものかとスタジオCのブログ記事を開いて捜してみるも、
全て、キャン待ちの文字。。。

しかも、参加出来そうな予定日には、私の方にも悉く既に何かしら予定が入ってしまっていて、展望は絶望的。
不注意から迂闊に逃してしまった魚はデカかったのです。

今月から施行されたスタジオCトレメニューのリニューアルとは。。。
今迄はテーマ毎に分かれた内容が、それぞれにそのまんまトレメニューとして名付けられてスケジュール発表されて実施されていたけれど、
どうやら今後は、参加定員を少人数とグループに分けて行い、
更に従来の予め厳密に定められていたテーマをその日その日で樫木先生が参加メンバーの様子を見ながら提案する動作に変化させながら臨機応変な指導対応される内容に変わった模様。

つまり、その時になるまでメンバー側からは内容がどんな風になるかは分からない仕様になっている様なのです。
なので、例えば私が昨日受けた内容がそのまんま今日も実施されるのか、
それとも変わるのか、それも見当がつかないとゆ〜、ドキドキワクワクの、開けてビックリ玉手箱状態…

故に私も、今日のメニューはどんな感じなのかな?と思いながら向かう事に。
本日の開始時間は、14時からでした。

しかしその前に。
ひとつ私にはお楽しみがありました
それは、昨日から泊まりがけで上京しているお友達のTJさんと約束していたランチの予定…

先月も一度、約束してトレを一緒の時間に合わせて受けつつアフターにスケート遊びをしようと訪れたミッドタウンにて、お茶もご一緒した日があったのですが、
その時、TJさんと共に歩いたミッドタウンが、二人とも実はとても気に入ってしまったのでした(笑)

色んなお洒落なお店があって歩くだけで楽しかったし、食べ物が美味しそうで入ってみたいなと思わせる飲食店もズラリ。
なので、今日もそこでランチをしたいね〜なんて話が上がっており、楽しみにしていたのでした。

私は今朝、可能な限り早い時間に六本木を訪れ、TJさんと待ち合わせてミッドタウンを歩きました。
最初、TJさんのお友達の紹介で良かったお店に行く予定だったのですが、
行ってみると、既に満席で入店するのに人が並んでしまっている状態。。。
少し並んで待ってみたものの、二組目の順番だったにも関わらず一向に列が動く気配が無かった為、私は14時からのトレの予定もあって泣く泣く断念する事に…

代わりに、そのスグ隣にあったレストランで、HAL YAMASHITA東京とゆ〜お店が入店出来るとの事だったので、急遽そちらへ移動をする事にしました。

迷いに迷って選んだメニューが、

名物 神戸牛 新和食赤味噌トマトビーフシチュー

気になる内容は…
◆おばんざい
◆神戸牛 新和食 赤味噌トマトビーフシチュー
◆大葉ご飯 
◆ほうじ茶のデザート
でした

神戸牛、ウマ〜!
ビーフシチューのお野菜も、ウマ〜!!
飲み物も頼んだらそれなりのお値段になっちゃいましたが、美味しかったからまぁ、妥当( ̄▽ ̄)www

何だろう、個人的にはヒルズよりもミッドタウンの方が好きかも。
姪っ子ちゃんがヒルズ方面で働いていますが、ミッドタウンの方だったら良かったのになぁ。。。とか勝手に思ってみたり。
素敵なリッツ・カールトンもあって、何だかウットリします

また絶対来たいね!次回会えたら、違うお店でランチ巡りしようねと話し合ったりして、とんでもなくテンションも上がりました。

ミッドタウンがあまりにも楽しく、ついユックリし過ぎてトレ時間が迫ってしまったので、
バタバタと忙しなく駅でTJさんと挨拶をしつつ、別れました。
ついでにまた来月も、会う約束をしました。
勿論というか、またまたミッドタウンの予定です(笑)

それからスタジオCに急ぎ向かうと、今回の参加者の中で馴染みになったCさんとSさんに遭遇しました
そして、一緒に新たに入荷したイリグさんのウエアを物色し楽し過ぎて所、
普段使いにも向いているデザインで、とても柔らかくては着心地の良いパンツを発見!

Sサイズ表記にビビりながらも諦めきれずに試着をしてみた所、
…イイ!

試着したパンツはグレーだったのですが、もしバックの布カラーがブラックの組み合わせのSサイズがネットショップで入手可能であればそれを購入したいと赤江さんに伝えてから、スタジオの階下へ。

先生と庭山さんにご挨拶を済ませてから席を取り、更衣室で着替えてからの、トレ開始。

今回のトレは昨日とは内容が違っており、少人数制の内容を彷彿とさせられるメニューでした。
椅子を使ったエクササイズ、個人的に私は好きです

昨日より難しくて、その分充実感が半端ない感じが、もぅ最高でしたっ
昨日の筋肉痛が残っていて辛い時もありましたが(笑)、振り返ればアラ、水分補給タイムが一回しかなかったかも??と気付く程、
今回、いつも以上に熱の込もったご指導頂けたのかと思うと、光栄至極…

ここに来てやっと、少人数に参加出来なかったモヤる気持ちが浄化された様な気がしました。( ̄▽ ̄)

…美味しい食事と素敵なミッドタウンでTJさんと共に過ごした楽しいひと時、
そして価値ある素晴らしいメソッドの指導の元で体を気持ち良く動かした事で、
負の感情は完全にどっかへ吹き飛んだみたですデレデレ

今回もトレ終わりに先生とのツーショット写真を撮らせて頂いて先生や庭山さん、赤江さんともお別れのご挨拶を済ませ、
CさんとSさんと共に途中まで帰り道をご一緒させて頂きました

更にこの日はお仕事がお休みだと仰るSさんとは、私がお誘いして、再びミッドタウンにてお茶をして帰る事になったのです。
またミッドタウンにいける!と、そんな下心も満々(笑)

Sさんがとても性格と気の良いお優しい方だったので、私のワガママにお付き合い頂いて、一緒に過ごすお時間を少しお借りする事が出来ました。

この時にお茶にお付き合い頂いたのは、前を通りがかって以来、以前から気になっていたお店。
チョコレートのお店のJEAN-PAUL HÉVIN(ジャン=ポール・エヴァン)です

主にチョコの販売を行うお店ですが、隣には喫茶室があって、チョコケーキやホットチョコなどの飲食が出来るのです。
バレンタインに高価な自分用チョコを好んで買って一気に食べ尽くす程のチョコ好きには堪らないカフェ

提案したら、快くお付き合い下さったSさんはマジ天使

そして、今回私が選んだのがジャンドゥーヤなチョコケーキ、ドゥジャ
美味!
激しく美味!!
もう、昇天しそうな位の激しい美味しさにスッカリ魅了されてしまった私だったのでした(笑)
一緒に頼んだカフェオレも絶品

絶対また行きたいお店になっちゃった
そこでお茶しながら、Sさんと語らったひと時も、楽しくて至福
穏やかで優雅な時間が持てて超絶ハッピーですっ!
Sさん、ありがとう。
本当に、ありがと〜うっ!!!

帰りに向かいの店舗で様々なチョコを物色した後に、私は食べたのとおんなじケーキを買う事に。
コレは是非、最近チョコ好きが発現してきたらしき娘とシェアして食べたいです
(全部はやらんのか…。そうか。)

Sさんも二個買っていらっしゃいました照れ
何はともあれ、とっても充実な時間を過ごせました

が、最後の最後で、帰宅がカナリ遅くなっちゃったのです
珍しく、いつも利用する地元中継駅迄運んでくれる私鉄が、病人の為だとかで遅れてしまい、
それでなくても遅目の到着予定だったのに更に遅くなってしまって焦りまくりでした。

駅ビル内のケンタッキーでビスケットにナゲットとスマイルチキンを足部分指定で一本買い、
駅前のファミマでお弁当とおにぎりを買い、作る時間のない、今夜の夕飯。。。

大急ぎで帰宅して、皆んなにご飯を食べて貰ってから娘の宿題のチェックをしてから娘が先に就寝しました。
ジャーにご飯が無くなったので、お釜に水を張り、暫く放置です。
こびり付いた米をほとびらかしてからお米を洗ってジャーでタイマー予約をセット!

今夜もグッスリと寝入った娘の部屋に侵入し、足揉みを決行。
最初は控え目にしてみたけど、寝ながらも痛いのか足を逃して拒否してくるので、
終いにはガッツリやりました。

今夜も目を覚まして号泣していましたが、嵐の波が過ぎ去るとケロっとしてくれ、
喉が渇いたと水を飲みに自分でトコトコとリビングへ向かいました。

寝ていた間に帰宅をしていた主人と会えて話が出来て嬉しそうだったニーナ。
癒されて良かったネ

しかし毎晩、痛い思いをさせているので私は嫌われてしまうのではないかと少し不安もあったりするのですが、
足揉みの間は抵抗しまくるものの、終われば普通に接してくれるので、
意外と子供の愛情って太いんだな〜と、思いました。

他人だったら何でもない様なしょうもない事でも、縁が切れる時はアッサリスパッと切れちゃったりするけど、
小さい子供の親に対する愛情って、そう簡単には切れなくて、何か深いなぁ…と。
何だかシミジミと、凄くありがたい事なんだなって気付く。

世の中には、そうである事が当たり前に思いがちで、ついつい気にも止めずに流してしまうけれども、
少し立ち止まって考えを巡らせたら実はとんでもなくありがたい事が沢山沢山、あるんだよな〜って思いますね


いつかは、終わる生。

テーマ:
昨日の私。
娘の本年度の学童説明会があったので参加し、夕飯を作ったぐらいの活動した位で、他は通常運転にてノホホンとした日常生活を送りました。

変わった事と言えば、その説明会の間に学童関係者やその参加者や一分間の黙祷を捧げた事でしょうか。

正直なところ、昨日があの日であった事をその時まで、忘れてしまっていました。
お恥ずかしい話なのですが、正確な日付で過去に起こった事を覚えておく事が苦手なトリ頭で…
あまつさえどうりで最近のテレビで震災の特集をしているな〜等と不届き千万な事を考えていたりしました。。。

何しろそんな体たらくだったので、昨日の日付での震災の事に触れつつ記事の更新を今更しても自分の中で白々しく思えまして、
今回は控えようと自粛する事にしました。

…引き続き昨夜も、娘の夜の足揉みは決行しています。
主人の会社は少し前から土曜日がお休みになりましたが、主人は流石に私服でですが、土曜日も毎週自主的に出社をしています。

そんな状態なので定時に出社しなくても良く、帰りもいつもより早目に退社する事が出来るのです。
なので娘の希望により、この日は学童の送り迎えを主人がしていて、
昨日も娘と共に平和に帰宅しました。

で、私が作るのに随分と手間取ってしまったが為に、いつもより遅い時間に出来上がってしまった夕飯を食べた後、
娘と私が入浴を済ませてから、娘が今夜はパパと寝たいと言ってパパのベッドに向かった様です。

暫くして主人のベッドへ私が行ってみると、娘も主人も既にグッスリと寝入っていました。
そこへ乱入して娘の足揉みを開始すると、程なくして激痛に目を覚ます娘。
つられて主人も目を覚まし、暫くの間、娘にとっての拷問的儀式が続きました。

施術の実行中と終了後、与え続けられる痛みに怒り狂った娘に蹴られまくりましたが、黙殺。
暫くしてから気持ちが落ち着いた後、主人のベッドに寝転がったまま、小さくママお休み〜と声掛けしてくれました。

振り返れば本当に、我が家にとって平和な1日でした。

…でも、こんな日常を送れる毎日を過ごすのは、当然の事ではないんですよね。

改めてあの震災で亡くなった方には心から、ご冥福をお祈りさせて頂きたいです。


…あの日。
天災により沢山の命が突然失われる事態に陥りました。

どうしても普段からずっと意識し続ける事は出来ないでいるけれど、
昨日も今も、今の所は生かされているにも関わらず、それが実は当たり前の事ではないと、
こういった節目の時に改めて気付かされます。

震災の後も、アメブロが切っ掛けで知り合って交流していた方が子宮癌で亡くなっていた事が分かった経験があります。
つい先日、娘と同級生のお友達のお母様も恐らくは交通事故で亡くなられた事を知りました。

そこで、人はいずれは死ぬ生き物なんだと認識するのです。

私も家族も、老衰以外で突然に死ぬ可能性が等しくあって、
生かされる事は当然でなかった事を知る。

私はいつ、どんな形で死ぬのだろう?
娘は?
主人は…?

こればかりは不治の病であるとでもいう風にハッキリと判明しない限りは幾ら考えても分からない事ですが、
そういった意識を持つ事も大切なのではないかと気付かされました。

与えられた死する迄の時間を本人なりに意味のある様に、大事に生きていけたらいいなと思います。

もしかしたら明日、死なないとも限りませんしね。
でも、身近な人がこの世から去ると考えると、どうしても切なくなってしまいます。
割り切れる類の事ではないですよね。

取り敢えず、今夜も娘に足揉みをしました。
娘が痛がって号泣するのも、怒りを燃やすのも、生きていればこそ。
何だか意識すると今迄とは違った風に見えてくるので不思議ですね。

日中は、主人が娘とデートしてくれました。
映画を観て、食事をしたりした様です(笑)
何だか、ラブラブな父娘です。
ホッコリします。

私は単独で六本木に向かわせて頂き、樫木先生のグループトレを受けて参りました。
本当はお昼からの少人数制を予約していたにも関わらず、
開始時間をスッカリ勘違いしてしまって、参加をし損ねてしまったのですガックリ

ただ幸いな事に、次の時間のグループトレの枠に空きがあったので受付の赤江さんにその枠を勧めて頂いてトレーニング自体は受けられたけれど、
偶然この日にツートレを受けていたお友達のTJさんの話によると、その前の少人数は結構ハードで、内容の濃いものだったとかで、参加する気満々で向かったにもかかわらず受けられなかった事へのショックを禁じ得ません。

こんな風に勘違いポカミスで身を焦がす程の後悔を味わうのもまた、生きていればこそ。

己の頭のポンコツさ加減には戦慄が走りますが、コレも人生の自己責任ですよね。

ぁあ、重い…。
自分には自分の存在が重過ぎて、多々、操縦仕切れず事故を起こします。
もぅ生きるの、頓挫しそう。

こんな生き方があってして、果たして良いものなのだろうか?

考えてしまいます。

手押し車的な、キツさのある人生を生かされるの、いとツラし。

(弱音で終わる。)

えっと。
今月もLINEゲーム、ディズニーツムツムのイベントが始まりましたね。( ̄▽ ̄)
今回はアナ雪イベントです。
コレがチョイスされたのは、先日ディズニーアニメの映画が民法電波にて初放送されたからだろうか?

モアナなんたらとかゆ〜新映画も今日からかな?映画館で見られるのに、アナ雪イベントなんだね〜。

ツムツムのイベントが始まると私はそのイベントミッションを全て終わらせる迄スマホに取り憑かれるので昨日は1日の時間をほぼ無駄に費やしてしまいました

でも!(笑)
昨晩は辛うじてカレーを作りました。
私、カレーの時はフィスラーの圧力鍋を毎回使います。
性格がマニュアル人間なので、圧力鍋にオマケとして付いてきたレシピ通りのカレー。
一切アレンジはしません。(…出来ません

数年前に、ディノスのテレショップの紹介に踊らされてマンマと購入した圧力鍋でしたが、
カレーの時に大活躍!(笑)
よって、もうコレ我が家のカレー専用機と断定してしまって良いでしょう。

とは言え、カレーを作る為にのみw使う時にはいつも思うんですけど、物凄く使い易くて手軽で便利
買って良かったと思える数少ないw商品でした

この圧力鍋カレーは、すぐに作れちゃうし(当家比)、硬い根菜類も短時間で柔らかくなる…
こんな道具が世の中に存在するなんて、幸せ
と、圧力鍋自体の売りを考えたら至極当然な事なんだけど、その便利さに幸せで震えるワタクシでありました。

お陰で若干の時短になったはものの、相変わらず、1日の時間をだらしのない使い方をしていたが為に夜には押し押しのタイムスケジュールになりました

でもそんな中、昨晩の娘のお勉強タイムは娘の公文の宿題は終わっていた為、学校の宿題を一緒にするのみで済んだのにはホッとしてます。( ̄▽ ̄)
そして、早くも一昨日の昨日で数育会から注文した教具と問題プリントの追加が宅配で届けられました。

お勉強タイムが終わった後に娘の部屋で届いた中味を全て確認してみたのですが、
木製タイルは2セット共にバラの一単位が沢山入っているだけで、
十単位や百単位の棒タイルは入っておらず、それらは使う大人がセルフでボンドとかを使ってくっ付けて棒タイルを作ろう!となっていたので、二種共を買う必要なかったかも…?と軽く後悔してしまったのでした(苦笑)

他方で、紙のタイルの方は超絶、秀逸!
数育会のサイトで基本的な使い方を動画紹介しているとゆ〜ので、それも事前に視聴していましたが、
当然なんですけどそれと全く同じ物(笑)で、
数字の位の考え方を理解して貰うのに説明しやすそうだと思いました。

娘に見せてみると、意外な反応が。

ソレ、おんなじ奴が学校にあったよ!

って。
思わず私、え〜?!て、なりました。(笑)

コレは数育会の専用教具って書いてあったのに、関東の小学校でも教材として使用されているなんて、正直驚きです。
学校にもこんな風に浸透しているんだなぁ…と、嬉しくなりました。

少し前、思考がこんがらがって分からず、110という数字を書けなかった娘でしたが、
これらを活用する事で数字や算数を理解し、親しんでくれるといいな〜と思ったのでした。

春休みから、頑張ろっと

…さてさて。本題です(笑)
一昨日、娘を足揉みをお願いしに国立のKMRへと連れて行ったんです足

定期的に通わせてはいるものの、娘の昼間の尿漏れの方は相変わらずで、
最近では毎日、220ccの量をカバーする尿漏れパッドと厚手のおしっこトレーニングパンツを併用していてもかなりの量を漏らしてパンパンに染み込ませて家に帰ります。。。

意識して学校の休み時間に毎回トイレに行く時は漏らさずに済む様なのですが、
言い返せば、常に意識しないとトイレに行けない様で、
彼女の生活のデフォルトに組み込まれていない感じです。

普通の大人の人の感覚なら、時間が経ってトイレに行きたくなると何かに集中していても行かなきゃとゆ〜、
トイレ以外で用を足す事が禁忌的な感覚が自然と備わっていると思うのですが、
娘の場合は、特別に意識する様に努めて無理に行こうとしないとダメみたいで、いちいち煩わしい部類の位置付けなのでしょう。
結果的に行くのを忘れ去る感じなのです。

前回足揉みに行った際、私と比べて娘の方がずうっと健康な足をしているのに、不具合がある事が不思議なくらい。
でも、ヤッパリ膀胱の反射躯が硬いので、KMRに通う合間にも毎晩、
私が足の裏を揉んであげて欲しいと言われていました。

その後、私も娘の部屋で一緒に寝てほぼ毎晩、コッソリと娘の足裏を揉んでいました。( ̄▽ ̄)
深夜はグッスリと眠っているので、布団の中で騙し騙しやると最初はビクッとしてスーッと無意識化で足を逃がそうとしたりするものの、結構起きないもんだな…と隙を見てガシガシ揉んだりしていました。

でも、段々と寝ながらも泣き叫ぶ様になって、そうなると主人が何事かとやって来て、この頃は夜中にいちいち説明するのも面倒なので、中断して終了。
そんな訳で、最後の方はあんまり時間を揉めなくなってしましました

で、一昨日です。
いつもの様に連れて行ったら、指名担当のS先生の施術の時は娘が痛がるとそれなりに手加減をして下さるので我慢が出来たのですが、
いざ本丸の院長先生のチェックの段階になると、嫌がってしまって、怖い怖いと連呼。
終いには暴れて泣き叫び、触らせなくなってしまいました。
院長先生も、一旦引いてしまって

娘にしてみたら、自分が選んだ訳でもないのに貴女の為よと無理クリ連れて来られ、
毎回、理不尽な痛みを甘んじて受けねばならぬ言い様のない気持ちは痛い程分かるものの、
毎回、トイレで用を足せない・膀胱の反射躯辺りが唯一硬いのは娘の抱える不具合の事実。

別の改善方法を捜してみるも、それが手術的や検査に行き着くとなると、
結局の所、痛みは伴っても、より無難な方法を試してみるしかない。。。

娘は非力な女の子なので、暴れる力は力一杯でもまだ弱いのですが、
号泣絶叫とジェスチャーと言葉であんまり激しく抵抗するので、院長先生にも失礼で何だか居た堪れなくなりました。
気にしないで頂けるといいのだけれど、ヤッパリ気分は良くないですよね…
私のエゴに付き合わせてしまって、ただただ申し訳ない思いです。

この時はS先生の協力もあって、何とか終わりました。
その後で、左足の膀胱の反射躯に芯が残ってるから、家でも毎晩揉んであげてと言われたので、再度、揉む事を決意し直しました。

終わった後、娘の気持ちが中々治らず、その場に残って八つ当たり大爆発。。。
施術台の下に入り込んで寝転び、ギャーギャー泣きながらの寝転び地団駄。
もう、暫くほっとくしかない状態…

まぁ、娘なりにホントに頑張ってたんですよ。
院長先生の施術は痛いので、恐怖が入ってしまったみたいなので、
S先生がいい!と言ってしまってS先生を困らせ、院長先生にも非礼を働いてしまったのですが、
S先生がいいといった限りは、頑張ろうって思ったらしく、S先生に少しの間変わって痛くても、凄く耐えようとしているのが分かりました。

でも、最終的に院長先生が診て下さった時の痛みのゲージの振り幅の方が大きかったみたいで、
もう耐えきれなくてタガが外れた感じになって。

自然に近い形で改善させたいだけなんですが、幼い娘に理性を働かせろと言っても無理な事も分かる。
KMRさんにとっても娘にとっても、双方に嫌な気持ちにさせてしまって、何だか、苦しいです。

取り敢えず、暫く発散した娘の気が済んだ所で帰宅しました。
次回は、いざとなるとダメな可能性が高いけど、せめて言葉で、院長先生のチェックの時間の大切さや必要性を説得しながら帰りしました。
これからママが毎晩ニーナの足を揉むよ、とも。

理性では納得してくれてる感じだけど、感情的にはそう簡単ではない様です。
ゴメンね〜

その晩は駅ビルのノノワでお弁当を買って帰って1日が終わり、
娘が寝てから、足揉みに挑みました。

しかしその夜はスグに痛みで大絶叫。
泣き叫ぶも、スグに終える訳にも行かず、主人が会社の接待で遅くなって不在なのを利用して、執拗に揉みまくりました。

最終的に目を開けて起き上がり、ママ止めて!ママ痛い!!と泣きながら懇願する事態に陥りながらの終息。
暴れるから、揉みにくい…。
コレだけやってしまったからには効果が無いと困るんだけど、私の揉み方で大丈夫なのかな?

翌日の夜も、娘が寝た後に足裏を揉みました。
昨日は主人が普通に帰宅して夕飯のカレーも食べたので、家に居ました。

台所を片付けて私が寝る前に、夜中に悲鳴が聞こえると思うけど、無視しててね。と声を掛けると、
何で?と問われ、説明しました。
無視ニーナの足を揉むから泣き叫ぶと思う、と。

で、娘の部屋に入り、ベッドの上で足揉みを開始しました。
揉み初めてスグに激しく痛がり、大絶叫で泣き叫び、両足をバタつかせて足を逃がしながら嫌がる娘。

それでも負けずに揉んでいると、ギャーギャー喚きながら全身で嫌がり、
とても揉みにくくなりました。

途中で無視し切れなくなった主人が部屋に登場。
気心の優しい人なので来られずにはいられなかった心配の気持ちが分かるんだけど、
やはりパパが来てしまうと娘の気が散ってもっと取り乱してしまうので、
邪魔だなぁと思いつつ、娘の脇で励ます主人には、そのまま好きな様に振舞って貰いました。

そこで思い浮かんだのが、さながら出産してる最中のママの横に連れ添う旦那の図w
娘の場合、パパに対する甘えがベースがあるので逆効果になる感じで、
邪魔じゃないのかな?って、思ったのです。

改善を目的とした足揉みの実行を娘の様子を見て、ただかわいそうだと思われるのも憚りになるし。
…ソロソロいいかな?と思って終えた後、寝込みに激痛を味あわされ、延々と揉み続られた怒りを爆発させる様に大絶叫しながらの怒りの蹴りを私に向かって繰り出してくる娘。

せめて落ち着くまで一緒に居て慰めてあげたいと思っているらしき主人でしたが、
もう終わったから寝るので、電気を切って部屋から退室して貰ってい?と、サラッと伝えてそうして貰いました。

その場に残された娘は大号泣をして暴れるけど、やはり夜は徹底して眠いのか、結構、そのまま寝てしまうのです。
ココで下手に構ってしまうと神経が昂ぶるだけで逆効果。

この日も暫く寝転がり蹴り攻撃を繰り出して来ましたが、
私がそのまま消灯して暗くした娘の部屋で、ベッドの頭と反対側に潜って隅っこでジーッとしていたら間も無く眠りの淵に落ちていきました。

しかし、毎晩、コレかぁ。。。
その内、トラウマにならなきゃいいけど。
来週また足揉みの予約があるんだけど、大丈夫なのかな
耐性が段々と薄くなって来ている様な

身体のお悩み改善は1日にしてならず。
悩みは、尽きません。
昨日は、宅配ラッシュでした( ̄▽ ̄)
ぜ〜んぶ、見事に私が頼んだものwww
無駄遣い癖、相も変わらず健在でありますっ!真顔
(ダメじゃん。)

てゆか唐突な話、チラッとやっちゃっても良いでしょうか?

先日ね、恵比寿のお料理教室 トレフルキッチンさんへお友達のKさんと共に行ったんです。
只今産休中の坂部先生の代わりに2月から期間限定で始まった教室メニューの中で、
アシスタント磯ちゃんさんによるカフェメニューを教わったのですが…。

その日に味わったカフェメニュー(⬇︎)は、とても美味しくて大満足でしたラブ

{42783B1E-051A-4FBB-943B-C61F56545028}

{79B77756-5701-4C89-A1D0-76C2E78A6890}



{1AE4CAC5-0EEB-4A8B-8223-75B7D132EFC2}

{32B7EC8F-9D2B-436D-85CD-3C52D134D426}

このカフェメニューは、フレンチトースト二種です。
しかし、家で作っても若くない家族と若過ぎる家族の組み合わせで味わうには少ぅし出し辛くて、
タイミング的にいつ出しゃいいのか考えあぐねており、まだ作れていません…

でですね。
その時に私、メモを取る為のペンを忘れてしまいまして、人様にお借りしたんですよ。
そのペンってのが、えらく可愛らしくってですね
よくよく見れば、マリークヮントのデイジーちゃんのデザイン!

マリークヮントは、大昔の私的旧石器時代に愛用していたメイク用品やカバンなどを扱う大好きだったブランドで、
そのデイジーデザインのペンがっ!
と、お借りしながらも密かに内心、大興奮(笑)

で、帰宅して忘れられなかったので検索をしてみると、
それは2015年に発売済みのハイテックC×マリークヮントデザインのコラボラインナップのカラーボールペンでした。

え〜?
そんな昔に発売されたものならば、もう売ってないよね
と未練がましい気持ちで検索をしてみたら、何か、まだ売ってるみたい?

でも、本体と替え芯としてオレンジとバイオレットが辛うじて楽天やAmazonで、しかも別々のショップに残っているだけで、
フルセットのリフィルは入手絶望…?
と思いつつ、けど本体があるからいっかとAmazonで気軽に購入したんですね。

この時、ペンが一本700円っていうから、てっきり標準装備でリフィルも何本かは装着されているものと思っていたんです。。。
念の為、別々のショップでオレンジ二種とバイオレットのリフィルも注文し…。

でも、出来ればフルセット欲しいなぁと思って更に検索したら、
Amazonで一件、見つけた!
でもプレミア付いてるのか、定価を遥かに上回る、あり得ない価格…

しかし私。
アホだから、1日迷ってこちらも注文手続きをしたんですね。。。

後日、いち早く、ペンが届きました。
わーい!と、開けてみると、リフィルが一本も付いていない、空の本体ペンのみ

えええ?コレで700円?!

あり得なくね?…と。

後で楽天を見てみたら、検索ワードが正式名称だったからか、前回探した時はヒットしなかったのに同じ様なデザインのペンが出るわ出るわ…
リフィルは無かったけど、ペンは、ほぼ適正な定価。

ヤラレタ。
Amazonのショップ、あかん。

で、昨日は宅配水や定期便の卵通販に加えて、個別にバラで頼んだリフィルが続々と届いたのです。
ただ、おや?
リフィルのセットだけ、まだ?
と、届かない事に不信感を抱いてAmazonで履歴を見たら、
納期1ヶ月間の表示。
気になるなら出品者へ確認してね扱い。
そう言えば、ショップからの対応メールがここからだけ、来てなかったなぁと、メールを見直して改めて認識。

え〜?
あり得ない高価で一個マーケットプレイスで出品してたぢゃん
と、クレカ決済の連絡メールはシッカリとクレカ会社からきていたので、大分動揺。
Amazonには保障があるらしいので、大丈夫とは思いながらも、
そのショップにフォームから問い合わせてみる事に。

で、改めて同じ商品を検索すると。
同じ商品が別のマーケットが、今回私が注文した高額代金の更に三倍以上の値段で出品してやがる。。。

ドユコト??
偶然にしては、タイミングが〜。。。
流石に、もうそれを買おうとは思いませんでしたが。

不信感が更に募って一晩、モヤモヤ。

そして今朝、ショップから返答がありました。
在庫管理が出来ておらず、完売品だった…と。
キャンセル扱いになりましたが、入手出来る気満々だった為、ガッカリからの、何か腹も立ってきて、
2つのマーケットに対して未だ不信感もそのまま継続中。。。

今や、このペンはボッタクリ目的の出品物の対象になっていたものだったのか。(遠い目)
しかし、もう誰も買う奴は居ないだろう。
私のチャレンジひた価格だけでも、買おうと思う様なバカな人が他に居るとは思えなかったので。。。

はぁ…。

冷静になると、
買えなかったから良かったものの、完全にお前アホやろ…って思える決断をしてしまってました。
いやホンマ、安定・鉄板のアホ人間です。

で、複数の宅配便の中に、そんなアホな私のイタイ買い物の荷物が混じる中、
マトモな品物が1つ。

それは通販物以外で私が待望していた品でした。

数学で育ちあう会(数育会)さんからの、教材プリントでした

待ってた。コレ、待ってたの〜!!!!

土曜日に振込予約したばかりなのに、もう届く様に発送をしてくれたんだ
と思うと、凄く嬉しい

…夜寝る前にドキドキしながら開けてみると、大きくAとBにカテゴリ分けされた学習プリントがメール便の包みにドッサリ入っていました

他にはそのAとBの指導解説書と、過去に発行された読み物から抜粋したエッセイなどを編集して作られた小冊子に、
紙のタイルシールなど。

早速、指導に必要かなと思われる物を全て、昨夜から今朝に分けて熟読。

改めて、スタッフの方の掲げる理念にはとても賛同出来ました。
コレで家庭学習をガッチリ進めて行けたら、お勉強自体、好きになるんじゃないかな〜?と、
私自身も小学生からやり直せそうな気に満ち満ちてきたのです。

俄然、ヤル気出てますっ!(笑)
でも、密かに期待をしていた木製タイルは別売り教具扱いだったので、
改めて注文しなけりゃ手元には届かない事を知り、少しションボリ。

なので今朝は、その別売り販売教具の幾つかを注文するのと、
取り敢えずAの問題のみ、全て復習用に用意したいと考えて追加をお願いする事に決め、
2、3細かい問い合わせついでに事務所へ直接電話を掛けてみる事にしました。

…実際、どんな事務所なんだろ?
淡く抱いていたイメージ予想に反して、ごくごく普通のオジさんの声と喋り方で、対応して下さったのはOさんと仰る方でした。

思っていたよりもサッパリとしたやり取りで用件を告げ、承諾して頂き、問い合わせにもお答え頂いた感じです。
何か、官足法の本部事務所とかを彷彿とさせるイメージ。
官足法の事務所とか行った事ないけど、サイトを見たり、通販した時の感じが何となくですが、似てた気がしたので。

取り敢えず、その教具が届けば準備は万端。
水道方式での娘の家庭学習がいつでも始められる体制に入ります。

ワクワクしますが、実はドキドキも半分

実際、始めてみないと分からない事ですが、娘が勉強に取り組む為の時間の振り分けをどうしよう。

ちゃんと馴染んでくれるのかな?
嫌になったりせず、続けて出来るのかな?
とか、
遊びの時間もちゃんと取らせてあげたいし…。
とか。

別に娘は週2日は公文に通っているので、その宿題との兼ね合いがちゃんと調整出来るのかとか、
よく分からない問題が山積みに思えて不安のドキドキです。

でも、スタートするって決めたからには、走ってみるしかないんですよね。

どうか娘の負担とならず、今後のお勉強や学校生活の助けとなります様に
祈る気持ちで、春休み前くらいからスタートの予定。

果たしてアホ過ぎる私でニーナのホスト役が務まるのか?!
ヤル気もあるけど、ドキドキが激しいです。

プリーズ、救心〜〜〜!!!

(…アナタ、知ってる?救心。まだあるのか?救心。)

日本の暦は1〜12月が一年とゆ〜数え方と、4〜3月の昨年の平成28年(2017年)を取って年度毎の数え方がありますよね〜。

会社やお店などにお勤めの社会人の人々にとっても決算期に入るので、様々なシチュエーションで年度末の数えは身近なモノだろうなと思います。

そして今も昔も、学生にとってもソチラの方が最も身近ですよね〜照れ
ウチ娘も平成29年度である4月から、新たに二年生に進級します。

昨日、娘の小学校で一年生最後の保護者会がありました。
保護者会の後は、各クラスに戻って保護者と担任とで茶話会もあり…。
先日その出欠票を学校に提出する際に、
子供が二年生になった一年間のクラス役員で予め希望を記入出来る欄があったんです。

前回の記事でも、この役員に関して起こった出来事を思いっ切り愚痴を交えて書いた(笑)んですが、
その時に私が書いた希望は他に成り手が居なかった様で、スンナリと通りまして、
私はクラスのとある役員に決まりました。( ̄▽ ̄)

でも、ウチのクラスでは、他の役員の希望を書く人が定員より少なかった様で、今回の保護者会の後に決まらなかった役員を決める話し合いが行われたものの、
残りの二席を残した所で中々決まらず、
この後に教室で行われる茶話会の席に持ち越しになったのです。

当然の如く私は立候補で決まったので、この話し合いの輪からは免れる事が出来たのですが、
それぞれにきっと、何かの事情を抱えていらしての事だとは思いつつ、
それでも立候補しないまま断り続けなければならない雰囲気の中での役決めは気持ち的に嫌なもんだろうなぁ…と思いながら見守っていました。

欠席で、この場に居ない保護者の方もいらっしゃるから、少数の参加者の中で決める事には不公平感もありますね。
穿って考えれば休んだもん勝ちで、居る人だけが気まずい思いをするのもどうなんだろ?って気持ちが無きにしも非ず( ̄▽ ̄)

純粋に保護者として何かの役をやらなきゃならないなんて面倒だからパスしたい気持ちをグータラな私なんかはヒシヒシと感じるし、
他には両親共に仕事が忙しくって無理だと思う方、
今回は、兄弟が在学中で、そっちのクラスで役員になったから今年は被っての役員は絶対に無理!とゆ〜人も居たり。。。
まぁ、後者は仕方がないと思う。

でもねぇ。
ベビーブームで子供がワンサカ居た昔と違って少子化の昨今。
娘の学年は、1クラスが30人に満たない3クラスしかありません。

小学校での役員は一年間活動するクラスで七名の役員が必要で、更にPTA役員もあったりして、
必ず1人一回は役が巡って来る事を皆んな知っている筈なんです。
事前のアンケですら、役員が決まらない状態で二年生でしょ。
この先、どうなるの…?と思わざるを得なかったり。

…結局ひと役が決まらなくて後日、役員が決まった私を含む人々と、
兄弟の組で役員になった人、
一年生で役をされた方以外のメンバーの子供が学校でクジ引きをして決める事になったんです。
決まった人は、必ずやって頂きます的な感じになりました。

だったら強制的に役名を書く形で保護者会の出欠を出した方が賭けに出る形で負ける可能性があるよりも幾分かマシだったのでは…?
とか密かに思えたり。

役員を先延ばしにしようと考えている皆さんは今後、どうされる心積もりなんだろう?
三年生になるとクラス替えがあります。
クラス替えになると、役員の経験者の振り分けがまた変わり、
やらなかった人に関しては、その年は絶対にやらなければならない状況に追い込まれたりする事もありそうです。
逆に、やった事ない人々が集まるクラスになれたらそれはそれで平和なのかも…?
 不公平感満載ですけどねw

取り敢えず、私は娘が高学年になった年の役員が御免なので、来年度も何かしら役員をやろうかな?と思っています。
流石に2度も済ましちまえば、お鉢は回ってこないだろうとゆ〜小者で、こすい考え( ̄▽ ̄)www

まぁ、頑なに初回すら拒否続ける保護者も出て来る可能性もあるかもですが…
そうなったら三回とかやんなきゃいけないのかな〜?

あ、今…妄想の中で、フザケンナって思っちゃった。(笑)

つかね。
妄想ついでに先々をネチネチと考えるんですが。

私達親は、子供を産んで義務教育で学校に通わせるんだから、ある程度は致し方ない事もあるのでは?って思う。
それも含めて親の役目ではないのかと。
忙しいから無理って拒むなら、そもそも、こ〜ゆ〜行事を含めての子育てでもあると思うし、
子供を持つ事自体が、その人にとってはもう無理…だったのでは?と。
僭越ながら思う訳で。

親に向いてない人間性であると、色々悩んでいる私なのですが、
産んだからにはその子供はいずれ学校に通わせなければならない事は明白な事実であり、
その学校で役員をやらなきゃいけないのも、学校に通わす親の役目であると腹をくくるしかない気もしてみたり。

仕事を持っててそんなん出来るか!と、思う気持ちも感情として分かるんだけど、
こういった学校行事の造り手を担う役員をやる事も子育てに含まれる、親の仕事でしょ?
そこはやらなきゃいけないのではと考えます。

昨年、役員をされたお父さんが保護者会で仕事内容を紹介して下さったのですが、
その中で私は仕事を休んでミーティングに行く日もありましたって発言してて、このお父さん、全うしてんな…と、思いました。

人それぞれに自分の状況が違うと思うので、日々の生活に追われて居る人にとっては、
え〜、そこまでしなきゃいけないの?仕事場に迷惑は掛けられないじゃん!無理だよって考えもあるのかも知れませんが、
それはモウ子供を持ってしまったからには、仕方のない事なのではないかと思ってしまいました。

考えてみれば、一年間なんて結構アッと言う間ですよね。

役員になったせいで仕事を休んだら、職場で嫌味を言われるかも知れない。
兄弟が学校で被れば、その人数分の回数、役員をしなきゃならなくなり、
そうなると更に職場で肩身が狭くなって憂鬱でたまらない立場の人も居るのかも知れないけど。
でも、子どもを持ってしまったからには、覚悟決めないといけないのでは?と。

自分の子供が全員巣立ってしまう間の苦行です。
一生続く苦痛でもないし、子供が学生の間くらい、最低限の事だけでも、やって済ませちゃえばいいのに。

まぁ、他人の生き方の事なんてどうでもいいっちゃ、どうでもいいんですが、
学校生活を進める上で役がある以上、決まらないと困る人も居る訳で。
最初から、出来ないって思ってやらない考え方が何か、嫌だなぁと思った訳です。
保護者会に休んだ人も含め、潔く諦めて義務は遂行して欲しいなぁ〜。

来年度、特に仕事が出来る訳でもない不器用で人間的にも底辺な私ですが、
なけなしの力を搾り出して精一杯、役員仕事に貢献しようと思っています。
私に限って言えば、人間力が低くて子育てがダメダメな分、どこかで頑張らないとね。

…てな訳で。初っ端から鼻息荒くして、偉らそ〜に意見を語り散らしちゃいましたが。( ̄▽ ̄)

その事以外にも、進級を見据えた残り少ない一年生の学校生活の事や春休みのお話に加え、
29年度の予定表も頂いたりした保護者会の後は和やかに茶話会に突入しました。

一年を振り返って、参加者である親御さんがお茶を飲みお菓子を摘みつつ、一人一人が子供の話をして、
担任の話もあってつくづく思った事。

ああ。
この一年、短かったなぁ〜

ねぇ。一年生、もう終わるの?
娘、二年生になるの?
なって、果たして大丈夫なの?
学生の本分である勉強が、この先ドンドン難しくなるのよ…?

    コ ワ イ … ! 滝汗(誰よりも私が。)

何ならもう一年、一年生をやっても良さそうな気もする程、何だか全う出来た気がしない。

怖い。
怖いよ〜っ!!!
望んでなくても、時は一分一秒、今も刻々と過ぎてるんですよね。
ぁああ!一年なんてホント、アッと言う間だと思う。

役員より何より、そもそも大元の基礎である娘の成長がとてもとてもとても、心配です。

二年生もクラスが持ち上がりではあるけど、先生は変わる可能性もあるんだって。
うおお、頑張れよ〜!!!
所詮外野からしか、親は応援出来ない。

くぅ、モドカシイ。
親やるって、こんなにもこんなにもこんなにも、大変なんですねぇ。。。

あらゆる事で、悶えちまうわっ!
…えっとお。

告白します。

私、今日(も)信じられない程、グータラしちゃいました。。。

対して何故か休日になると、矢鱈と至れり尽くせりな感じに動き始める主人。
今朝は先に起きて、朝風呂を終えてもまだ私が起き出しておらず、
あまつさえ恐ろしく寝坊しているとゆ〜のに…ですよ?
(仕方ないから)朝ご飯、買ってこようか?って声を掛けてくれたりするのです。
昨日はとてもと〜っても!不機嫌全開だったのに、この変わり様。
一体全体どうした事か?

しかし、とてもありがたかったので全面的にお言葉に甘える事に。
(…おいっ!)

で、主人がご飯を食べて娘を伴い会社へと休日出勤をした後も私、引き続きムッチャ爆睡。
お昼過ぎて起き出して、義母と横並びに座りつつ、レンジで温めたお昼のお弁当を食べ、スッカリ遅くなった入浴の介助をした後に再びグータラ。

その内に主人から帰るコール的な連絡がLINEメッセージで届いたので、
そこで初めて急に洗濯と風呂掃除に手をつけ始めるといった、後手後手の対応に。

洗濯の作業を完全に終えてから今晩食べる夕飯作りに取りかかると同時に主人が1人で自宅の玄関先へ帰宅。
娘が居ない事を尋ねると、こらまた、ご近所にお住いのお友達の祖父母さんのお宅にお友達のMちゃんが遊びに来ていないかチェックすべくお邪魔しに行ったとの事
ホンマに奴は友達スキーだなぁ…と、つくづく同じ血を感じてしまう

なので、夕食作りを続行。
娘の帰宅後に食事作りの目処がある程度着いた所でAEONに連れてって貰おうと思いながら黙々と調理作業に勤しみました。
途中で娘とMちゃんがやって来て我が家で遊んだりしつつ5時半過ぎになると彼女らは別れて、
6時過ぎに主人に頼んでAEONへ連れて行って貰いました。

ちびまる子ちゃんを見る見るぅ〜と、ゴネ続ける娘をレグザのタイムシフト予約でちゃんと見られるから行こう!と、無理矢理に説き伏せて( ̄▽ ̄)出発〜。
そして、以前目星を付けていた娘用花粉症ガードの眼鏡を買うべくJINSに向かいました。

お店でkids用のメガネのカラー4色を舐める様に試し掛けて買ったのはブルーのフレームのモノ。
デザインも中々キュートでスタイリッシュ
バッチリ似合っていてカワユ
(はい、親バカ発動!!

そして次に向かったのは、我が家の愛犬チワワのちわたん(仮名)用のご飯。
phコントロールライトの2キロ入りゲト!
そこからスタバへ寄って、娘が飲みたがった子供用オレンジジュースを購入ついでに私も、ほうじ茶ティーラテをグランデサイズでお持ち帰り購入

それから主人と娘に通路にある休憩用ソファで待って貰いつつ、
私だけAEONスーパーの方へ向かって娘用晩御飯のレーズンパンと唐揚げをピックアップしてから、
更にタニタ食堂のレトルトご飯に夕飯に必要な野菜のレンコンを掴んでお馴染みのセルフレジへ。

WAONカードでお会計を済ませてから戻ると、主人も追加で惣菜が欲しかったからスーパーの方へ買い物に行きたかったのに、
これじゃ2度手間じゃんと呆れられ、それに詫びつつ、仕方なくそれと入れ替わりに買い物が済むまでソファで娘と待つ事になった私。

その途中でふと、先程買って娘が持っていた筈の買い物袋が見当たらない事に気付いたので、
ね、さっき買ったメガネは〜?と問うと、ハッとなった娘が慌てて来た道を駆け戻って行ってしまいました。

アラ?いつもみたく待つのが面倒でパパに託したんじゃなくて何処かに忘れてたのカナ?
と呑気に思ってその方向を見詰めながら、じきに戻ってくるだろうか…と、その場で娘を待っていると、
わりと直ぐに、入れ替わりみたく主人が戻ったので、取り敢えずその経緯を話すと、すぐさま彼は娘の後を追って行ってしまいました。。。

なので私も後を付いて行ったけど、歩くのが早い主人の姿は速攻で見えなくなってしまったのでした。
けどまぁ、恐らく2人が向かったのはスタバだろうな〜と思いながら歩いていると、
無事合流出来たらしく2人仲良く連れなって戻って来る姿を発見。

手には忘れていたと思われる紙袋を持っていたので、ひとまずホッとしました。
案の定、娘がスタバのソファに忘れていて店員さんが預かってくれていたらしいです。
良かった良かった

それから、そのまま皆んなで帰宅し、私は買って来たレンコンを使ってのご飯作りの続き再開。
仕上げを最後まで一気に終えました。
その間に娘には、昨日今日とお友達と遊んで散らかしたオモチャのある部屋を片付ける様に指示し、
並行して作っていた本日のご飯が出来上がったのは昨日より少し遅い時間となった8時過ぎ。

そこでちびまる子ちゃんの過去録画を再生させつつ全員で夕飯を摂り、
最後に娘には花粉症の内服薬を飲ませて、点眼・点鼻薬も何とか本日回を無事に終える事が出来ました。( ̄▽ ̄)

点鼻薬は毎晩スゴク嫌がるので、終わった後でもシツコク昂ぶる感情を宥める為に、気分の変わるらしきアニメ番組を見せます。
今夜は昨夜放送されたアナと雪の女王のタイムシフト録画を再生。
昨日は途中で眠くなって寝てしまった為に最後まで見られておらず、
また最初から嬉しそうに見ていた娘。
でも、再び途中で寝てしまいました。。。
まぁ、そうなるよね〜( ̄▽ ̄)
そうして意識のなくなった娘は、主人がお部屋に連れてってくれました。

さて。

午前中はほぼ生きている意味ってある?と問いたくなる程にダメ過ぎた私でしたが、
そのツケ払いみたく夜には家事仕事が溜まっていたので、それなりに働かざるを得ませんでした
…夕飯で汚れた食器や調理器具類を全て3回程に分けて稼働させた食洗機で洗い切り、
米を洗って炊飯器の炊飯予約もセット。
朝焼く朝食用のお魚の干物も冷蔵庫に移して解凍しなきゃね

それらを全て終えた後、ヒッソリと入浴をしてからの〜就寝☆

う〜ん、何だろうなぁ。
悪い意味で、よくこんなんで生活回せてるよなぁ、自分。
綱渡り人生だと、自分でも思うわ〜。。。

あ、明日は保護者会です。
四月から2年生の娘のクラスの役員に立候補しておいたんだけど、決まるのかな〜?

クラスが別の保育園時代のママ友さんと以前、3人で打ち合わせていて広報委員しようかって話を約束してたんだけど、
1人は亡くなられ、
1人は自治会の方の組長を今年やる事になったから出来ないと言われ、
棒を飲んだ様な重苦しい気持ちになっています。。。

人間、生きてくのは1人だよね〜。
いい教訓。
取り敢えずママ友付き合いには一切期待をしない。
今後もなるべく繋がらない様に断っていこうと思っています。

何かね、小さいお子さんを遺してお亡くなりになられた方の事を考えると悲しくてショックな上に、
もう一方の方も、物事を軽く考え過ぎじゃないの?と、価値観の違いを感じてしまってモニョってます。

断るにしても連絡、遅くね?
何なん?と、今回は密かにカナリ強烈に根に持ってまして。
もう、あの人はフェードアウトじゃあああああ

大事ではないのカナ?と、思う事を全て後手後手に話してくるあの大雑把な感じが、
神経質で狭量な私には合わないんだと今回でつくづく思い知りました〜。

と、ヤな感じで締めくくる今日の記事
ブラック、出たね〜。
気分悪かったら、スミマセン