医療ヨガのブログ

若さと健康を維持する医療ヨガのブログです。大阪府摂津市のはしもと内科外科クリニックでは、院長の橋本和哉氏が考案した「医療ヨガ」を患者さん中心に一般の方向けの講座として毎月行なっています。医療ヨガ講座担当各インストラクターや橋本ドクターの原稿を載せています。


テーマ:

6月は
インドのアーユルヴェーダ医学の教授、ジョーシ先生

Dr. Sunil Kumar Joshi

Professor of Government Ayurvedic college and Hospital Gurukul Kangri. Haridwar
に来日して頂き、マルマセラピー講座をして頂きました。

Dr.ジョーシ教授も、これまで以上に熱心に教えてくれたように思います。

スタッフにはセルフマルマセラピーを指導する実力ありと判定して頂き、Dr.ジョーシ教授からセラピーマルマセラピストの認定証を頂きました。

この認定証に恥じないよう今後は日本におけるマルマセラピー普及の体制を作り、普及活動を強化する予定です。
ぜひ認定証が貰えるくらいマスターして貰えたらと思います。

さて、ヨガをされている方でもマルマというポイントについてはお馴染みない方も多いと思います。

マルマはエネルギーのポイントで東洋医学の経穴(ツボ)に似ています。
しかし、経穴とは位置が違うし、指圧する方向も違うので、別物と考えられます。

そこではマルマは身体のエネルギ通路であるナーディの集まる所とされています。
エネルギー通路は東洋医学では経絡がありますが、これもナーディとは走行が違い、別物と考えられます。

ナーディの中でも、ヨガで有名なのは脊髄を上下して伸びるイダとピンガラです。左右の鼻を別々に押さえて呼吸するハタ呼吸法は、この2つのナーディを意識して作られています。

さて、今回のマルマ講座でも、マルマを刺激するヨガのポーズが紹介されました。

座位で蓮華座だけでも会陰のマルマを刺激します。
握り拳をお腹や下腹部に当てて、息を吐きながら前屈するポーズでもマルマを刺激し、腸管の動きを良くします。

身体を伸ばしたり捻ったりすることもそれに関連するマルマを刺激することになります。

ヨガの動きもマルマポイントから見つめなおすと新たな発見ができそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、医療ヨガインストラクターがまた一人誕生しました。

その時の裏話をします。


医療ヨガ講座で、医療ヨガインストラクター養成では
参加者に実際に教える訓練をしてもらい、チェックします。


Oさんは、しっかりと解説、実習指導されていました。


医療ヨガインストラクター合格おめでとうございます!


という訳ですが、普段私(橋本)はNPO癒しと健康ネットワークのスタッフでもあり医療ヨガインストラクターのスタッフに養成を任せています。


今回は認定なので、私も参加してチェックしました。


本当にOさんは、しっかりと解説、実習指導されていたのです。

合格です。


後でスタッフに聞いた話では、Oさんはこれまで指導していたどの回よりも

良かったそうです。


さて、ここから裏話です。

Oさんはたまたまその日、かなり早い時間に来られました。


たまたまその日は、気の検討会があり、
またたまたま、その日は
良いお水を作る検討をしていました。


そこへOさんは来られ、そのお水を飲む事が出来ました。

Oさん自身もそのお水を飲む事で元気が出てきたそうです。


指導している時のOさんは、張りのあるしっかりとした声、
落ち着いた物言い、指導も適切でした。


もちろんOさん自身が努力し勉強してこられた実力あってこそですが、
あのお水の効果も確かにあったと思います。


Oさん指導風景

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日(28年3月26日)は、NPO癒しと健康ネットワークの定例プリュネル講座でした。

今回は簡単な動きだけで、いろいろな心理的問題が解決する、
エネルギー心理学講座を行いました。

今回扱った心理療法には、
TFT(思考場療法)
ブレインジム(動きによって脳を活性化させる)
臨床動作法
で、動きの基本として、
タッピング、八の字の動き、眼球の動き、筋収縮弛緩、などがありました。

一通り、基本の動きの後は応用です。

電磁波障害。トラウマ、怒りなどでしたが、身体の動きとイメージで
改善するのを目の当たりにして驚きました。

動きで気に流れが生じ、マイナスエネルギーが排出されたように思われました。
一方、ヨガも動きを伴います。

特に医療ヨガでは気の流れが改善し、不要な気を排出することにも優れています。

例えば、うつ伏せで弓なりになって反らすポーズでは、手足の先を伸ばして、
マイナスエネルギーを排出します。

猫のポーズから頭を真っ直ぐにして腰を捻るポーズでは、内臓から頭に向かって
マイナスの気が排出されます。

となると、イメージとヨガよってトラウマや感情などの心理的問題も
制御できるのではないかと考えます。

実はトラウマをヨガで改善させる施設も既にアメリカなどであります。
その本を読んだことがあるのですが、まだまだ速攻で改善できるわけではありません。

ヨガによって心理的問題を速攻で改善させる技術を作れるのではと、
昨日の講座を体験して、淡い期待を抱いたのであります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。