医療ヨガのブログ

若さと健康を維持する医療ヨガのブログです。大阪府摂津市のはしもと内科外科クリニックでは、院長の橋本和哉氏が考案した「医療ヨガ」を患者さん中心に一般の方向けの講座として毎月行なっています。医療ヨガ講座担当各インストラクターや橋本ドクターの原稿を載せています。


テーマ:

先日、医療ヨガインストラクターがまた一人誕生しました。

その時の裏話をします。


医療ヨガ講座で、医療ヨガインストラクター養成では
参加者に実際に教える訓練をしてもらい、チェックします。


Oさんは、しっかりと解説、実習指導されていました。


医療ヨガインストラクター合格おめでとうございます!


という訳ですが、普段私(橋本)はNPO癒しと健康ネットワークのスタッフでもあり医療ヨガインストラクターのスタッフに養成を任せています。


今回は認定なので、私も参加してチェックしました。


本当にOさんは、しっかりと解説、実習指導されていたのです。

合格です。


後でスタッフに聞いた話では、Oさんはこれまで指導していたどの回よりも

良かったそうです。


さて、ここから裏話です。

Oさんはたまたまその日、かなり早い時間に来られました。


たまたまその日は、気の検討会があり、
またたまたま、その日は
良いお水を作る検討をしていました。


そこへOさんは来られ、そのお水を飲む事が出来ました。

Oさん自身もそのお水を飲む事で元気が出てきたそうです。


指導している時のOさんは、張りのあるしっかりとした声、
落ち着いた物言い、指導も適切でした。


もちろんOさん自身が努力し勉強してこられた実力あってこそですが、
あのお水の効果も確かにあったと思います。


Oさん指導風景

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨日(28年3月26日)は、NPO癒しと健康ネットワークの定例プリュネル講座でした。

今回は簡単な動きだけで、いろいろな心理的問題が解決する、
エネルギー心理学講座を行いました。

今回扱った心理療法には、
TFT(思考場療法)
ブレインジム(動きによって脳を活性化させる)
臨床動作法
で、動きの基本として、
タッピング、八の字の動き、眼球の動き、筋収縮弛緩、などがありました。

一通り、基本の動きの後は応用です。

電磁波障害。トラウマ、怒りなどでしたが、身体の動きとイメージで
改善するのを目の当たりにして驚きました。

動きで気に流れが生じ、マイナスエネルギーが排出されたように思われました。
一方、ヨガも動きを伴います。

特に医療ヨガでは気の流れが改善し、不要な気を排出することにも優れています。

例えば、うつ伏せで弓なりになって反らすポーズでは、手足の先を伸ばして、
マイナスエネルギーを排出します。

猫のポーズから頭を真っ直ぐにして腰を捻るポーズでは、内臓から頭に向かって
マイナスの気が排出されます。

となると、イメージとヨガよってトラウマや感情などの心理的問題も
制御できるのではないかと考えます。

実はトラウマをヨガで改善させる施設も既にアメリカなどであります。
その本を読んだことがあるのですが、まだまだ速攻で改善できるわけではありません。

ヨガによって心理的問題を速攻で改善させる技術を作れるのではと、
昨日の講座を体験して、淡い期待を抱いたのであります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2月の中旬頃に、特に遠方の方からの参加のために、
医療ヨガの連続講座をしました。

診療の合間を縫って様子を見に上がって来たときのことです。

ヨガの指導が終わったと言うのに、
なんだか気のエネルギーの流れがよろしくないのです。
その場でその事を伝えたら具合悪いかと考え、
インストラクターの担当者に後にそのことを伝えたところ、
実習生が指導していたため、くつろぎのポーズを充分にできていなかったそうです。

なるほどと思いました。

実習生とは言え、その方の多くは、既に現場で指導している立場の方もおられます。
そのような方でも、ひょっとしてくつろぎのポーズを十分に
理解されていないのでは思
いました。

動きを主に教えていると、くつろぎのポーズなどの休むポーズは、
ついおざなりになる傾向があります。

しかし、もう一度私はお伝えしたいです。
くつろぎのポーズは休みというほど、薄い内容ではなく、
ヨガはくつろぎのポーズをすることが1連の目標であり、
くつろぎのポーズがうまくできるために他のポーズをやっていると言っても、
過言ではありません。


それほど、くつろぎのポーズは大切なのです。

では、なぜ大切なのか?

もしあなたが、拙著、「若さと健康を取り戻す医療ヨガ」(春秋社)を
持っておられるのであれば、ぜひ   ページを参照ください。


簡単に言うと、末梢組織では、
毛細血管はとても細くて血管の中を血球がやっと通れる位なのです
ちょっと血液が鬱滞するとか、脱水で流れが悪くなるだけで、
途端に酸素や栄養分が組織に行き渡らなくなります。

ポーズをとって力を入れている時も同じです。
あるいは筋肉が緊張して硬くなってる時も同じです。
酸素や栄養分は末梢組織に行き渡りません。

筋肉の緊張が解け、全身がリラックスできたときに初めて、
酸素や栄養靴が行き渡り、末梢組織が生き生きとしてくるのです。

ではもう一度お伝えします。

ヨガでは、最終のくつろぎのポーズがうまくできるようにするために行うのです。
くつろぎのポーズがうまくいったとき、全身の末梢組織に酸素や栄養物が
しっかりと行き渡り、
末梢組織が甦るのです。

さらに医療ヨガでは、さらにリラックスできるよう、
身体の各部位に意識を向けて、力が抜けていく~と誘導しています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。