白髪は輝く冠・白髪は美の冠

多くのブログの中から貴重な時間を割いて、

お立ち寄りいただき、ありがとうございます。

日々のニュース関連や聖書の音信等を気ままに書いています。


『この戦争で世界は一変した』

100年前,何千万人という若者が,自国での安定した暮らしを
後にして,出征しました。
愛国主義の波に押されて志願したのです。1914年に米国の一志願兵は,
「前途に待ち受けている素晴らしい日々を思うと,胸が躍り,幸せです」と書きました。
しかし,そうした熱意はすぐ悲痛に変わりました。

国々の大規模な軍隊がベルギーとフランスで
何年間も動きが取れなくなるとは,だれも予想していませんでした。
その戦争は,当時“大戦争”と呼ばれ,今日では第一次世界大戦として知られています。
この戦争は,死傷者の数からして確かに大戦でした。幾つかの推定では,死者が1,000万人,
手や足を失った人が2,000万人にも上った,とされています。

その戦争はまた,大失策の結果でもありました。ヨーロッパの政治家たちは,
国際的な緊張が世界的な抗争へとエスカレートしてゆくのを阻止できなかったのです。
そして恐らく,さらに重要なのは,“大戦争”が大きな傷跡を残したことでしょう。
世界は様々な面で一変し,その影響が今日にまで及んでいるからです。



“過ちを重ねて信頼が損なわれた"

第一次大戦が勃発したのは,数々の誤算があったからです。
「諸王朝の没落―旧秩序の崩壊 1905年–1922年」(英語)という文献には,
ヨーロッパの指導者たちは「夢遊病者」のように行動し,「1914年のあの平穏な夏,突然,
破滅という岩につまずいた」と説明されています。
オーストリア皇太子が暗殺されて数週間もたたないうちに,ヨーロッパの主要な列強すべてが,
自らの意に反して戦争に突入してゆきました。戦闘が始まって数日後,ドイツの首相は,
「一体どうしてこんなことになったのか」と尋ねられて,残念そうに,
「だれか知っている人がいればいいのだが」と答えました。
その戦争に至る幾つもの重大な決定を下した指導者たちは,結末がどうなるか,
全く知りませんでした。しかし間もなく,ざんごうの中にいた兵士たちは,現実に気づくようになりました。
政治家に失望させられ,聖職者に欺かれ,司令官にだまされたことを悟ったのです。
どうしてそう言えるでしょうか。


“世界の上に立つ政治家,聖職者,司令官"



政治家は,「この戦争によって,より良い新世界への道が開かれる」と約束しました。
ドイツの首相は,「我々は,平和的な産業の生み出したものを守り,偉大な歴史の遺産を守り,
自分たちの将来を守るために戦っている」と言明しました。米国の大統領ウッドロー・ウィルソンは,この戦争は「世界を民主主義にとって安全な所とする」という受けのいいスローガンを掲げることに一役買い,英国の人々は大戦を「戦争を終わらせるための戦争」と考えたのです。
それらはみな,間違っていました。


聖職者は,熱意をこめて大戦を支持しました。
「コロンビア 世界の歴史」(英語)という文献には,
「神の言葉の守護者たちは戦いの音頭を取った。国を挙げて戦った結果,
国民全体が憎しみを抱くようになった」とあります。
そして聖職者は,憎しみの炎を鎮めるどころか,あおりました。
「キリスト教の歴史」(英語)
という本には,こう述べられています。
「聖職者は,キリスト教の信仰を国家主義に優先させることができなかった。
大体においてその気がなかった。大部分は安易な逃れ道を選び,
キリスト教を愛国心と同一視した。
あらゆる教派のクリスチャンの兵士は,救い主の名において殺し合うよう強く勧められた」。


司令官は,「短期間で簡単に勝利を収められる」と約束しましたが,実際にはそうではありませんでした。
しばらくすると,相対する軍が膠着状態に陥り,その後,幾百万人もの兵士が,歴史家の言う「人の肉体と精神が耐えてきた試練の中で
最も残酷で大規模と思われるもの」に直面しました。
非常に多くの人命が失われていたにもかかわらず,司令官は部下たちを
敵陣の有刺鉄線や機銃掃射に向かって送り出しました。ですから,
あちこちで兵士が反乱を起こしたのも意外なことではありません。
第一次世界大戦は社会にどんな影響を及ぼしたでしょうか。
ある歴史書には,「その大戦によって……当時の人々の心と人格も焦土と化した」という退役軍人の言葉が引用されています。
実際,大戦の結果,幾つもの帝国がそっくり消滅しました。
その悲惨な戦闘は,人類史上最も流血の多い世紀への序幕となり,革命やストライキも,ありふれたことのようになりました。
大戦によって世界がすっかり変わったのはなぜでしょうか。大戦は大規模な事故にすぎなかったのでしょうか。
それらの答えを知れば,将来について何か分かるでしょうか。


こうして彼らはそのつるぎ(剣)を打ちかえて、すき(鋤)とし、そのやり(槍)を打ちかえて、かま(鎌)とし、国は国にむかって、つるぎ(剣)をあげず、彼らはもはや戦いのことを学ばない。
聖書(イザヤ書2:4)

そして、彼らはその剣をすきの刃に、その槍を刈り込みばさみ(鋏)に打ち変えなければならなくなる。
国民は国民に向かって剣を上げず、彼らはもはや戦いを学ばない。

聖書(イザヤ書2:4)

国連の庭にはさまざまな国々から寄贈された彫刻や彫像が並んでいます。そのひとつに
「剣を打って鋤の刃にしよう」があり、1959年に当時のソビエト連邦から寄贈されました。
これはエフゲニー・ヴチェティチが製作した男性のブロンズ像で、一方の手にはハンマーを持ち、
もう片方の手には剣を持ち、鋤の刃に作り変えています。これは戦争を終わらせて、破壊の道具を人類の幸福に役立つ創造的な道具に変えたいという人々の望みを象徴しています。



【クリック】
国連本部 United Nations
http://www.unic.or.jp/untour/subswo.htm







NEW !
テーマ:
「日本の借金1000兆円」はやっぱりウソでした~それどころか…なんと2016年、財政再建は実質完了してしまう!
この国のバランスシートを徹底分析

【クリック】
http://goo.gl/5Hbwse

一部引用


滑稽すぎる 「日本の財政は破綻する」論


バランスシートで見ると、日銀の量的緩和の意味がはっきりする。

政府と日銀の連結バランスシートを見ると、資産側は変化なし、負債側は国債減、日銀券(政府当座預金を含む)増となる。つまり、量的緩和は、政府と日銀を統合政府で見たとき、負債構成の変化であり、有利子の国債から無利子の日銀券への転換ということだ。

このため、毎年転換分の利子相当の差益が発生する(これをシニョレッジ〔通貨発行益〕という。毎年の差益を現在価値で合算すると量的緩和額になる)。

また、政府からの日銀への利払いはただちに納付金となるので、政府にとって日銀保有分の国債は債務でないのも同然になる。これで、連結ベースの国債額は減少するわけだ。

量的緩和が、政府と日銀の連結バランスシートにおける負債構成の変化で、シニョレッジを稼げるメリットがある。と同時にデメリットもある。それはシニョレッジを大きくすればするほど、インフレになるということだ。だから、デフレの時にはシニョレッジを増やせるが、インフレの時には限界がある。

その限界を決めるのがインフレ目標である。インフレ目標の範囲内であればデメリットはないが、超えるとデメリットになる。

幸いなことに、今のところ、デメリットはなく、実質的な国債が減少している状態だ。

こう考えてみると、財務省が借金1000兆円と言い、「だから消費増税が必要」と国民に迫るのは、前提が間違っているので暴力的な脅しでしかない。実質的に借金は150~200兆円程度、GDP比で30~40%程度だろう。

ちなみに、アメリカ、イギリスで、中央銀行と連結したネット国債をGDP比でみよう。アメリカで80%、65%、イギリスは80%、60%程度である。これを見ると、日本の財政問題が大変ですぐにでも破綻するという意見の滑稽さがわかるだろう。

以上は、バランスシートというストックから見た財政状況であるが、フローから見ても、日本の財政状況はそれほど心配することはないというデータもある。



こうしたからくりは、予算資料をもらって、それを記事にするので手一杯のマスコミには決してわからないだろうから、今コラムで書いておく。

いずれにしても、政府と日銀を連結したバランスシートというストック面、来年度の国債発行計画から見たフロー面で、ともに日本の財政は、財務省やそのポチになっているマスコミ・学者が言うほどには悪くないことがわかるだろう。

にもかかわらず、日本の財政は大変だ、財政再建が急務、それには増税というワンパターンの報道ばかりである。軽減税率のアメをもらったからといって、財務省のポチになるのはもうやめにしてほしい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
2016-03-28の追記


『ヘルプマーク』からのお知らせ。

「見えない障害」ヘルプマーク普及への課題


義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見­からは分かららなくても援助が必要な方が身につけるヘルプマークを紹介

宇都宮市では、障がいのある人が外出先で困った時に、周囲に支援を求めるためのツール­として「ヘルプカード」配布しています。 そのPRイベントとして、「ヘルプカード」をテーマにしたフラッシュモブ(The Beatlesの「HELP!」に合わせ、集団が突然ダンスを始める)と、「ヘルプカ­ード」の使い方に関する寸劇を開催しましたので、その様子を紹介します。




ヘルプマーク




ヘルプカード





AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

【クリック】 トンプソン真理子 (著)
リーキーガット症候群:あなたのその不調の原因は腸の”漏れ”にあった!
一部引用

リーキーガット症候群という言葉を聞いたことがありますか? 
リーキーガットは、直訳すれば”漏れる腸”、この聞き慣れない言葉は、実は私たちのとても身近にある症状で、程度の差こそあれ、現代日本人の70%がこの症状になっていると言われています。 これは、原因不明の不調やさまざまな慢性病、アレルギーなどの自己免疫疾患、ガンや糖尿病にもつながっていく見逃せない腸の病態です。まだ日本では医師さえもあまり分かっていないこのメカニズムを、本書ではあなたに分かりやすく解説して、その原因は何か、どのようにしたら正常な腸に戻せるかまでをお教えします。 体はすべてつながっており、体の指揮・運営を司っている中心器官が「腸」なのです。 腸を治せば、体全体が健康になるーーこれは、21世紀の常識となっていくでしょう。 本書には、そのためのノウハウを満載しており、あなたが自分自身の体と向き合い、医者に頼らずに自分の生活習慣を見直しながら自身を治すきっかけとなるはずです。


ー目次ー 

はじめに 
リーキーガットってなに? 
小腸を理解する 
腸内フローラについて 
リーキーガット症候群が起こす症状・病気 
リーキーガットになる原因 
リーキーガットの陰にディスバイオーシスあり、ディスバイオーシスの陰にカンジダ菌あり 
リーキーガット症候群のさまざまな診断 
リーキーガットを治す 
実際にリーキーガットを治していく -実践編- 
プロバイオティクス 
リーキーガットを治すサプリメント 
抗酸化物質で酸化ダメージを減らす 
デトックス:毒素をどう取り除いていくか 
ローテーションダイエット 
一生を通じての健康的食習慣 
ストレスマネージメントでリーキーガットにならない 
あとがき 
参考文献 


崎谷博征医師より (あとがきの抜粋) 

私が現代医療に臨床医として携わって20年が経過しようとしています。医療の世界でもテクノロジーがこの数年間でも著しく発達してきました。しかし、ガン、自己免疫疾患、認知症などのいわゆる「慢性病」は減るどころか、増加の一途を辿っています。なぜ医療の発達にも関わらず、慢性病は増加しているのでしょうか? 

その答えのひとつがこのトンプソン真理子さんの『リーキーガット症候群』にあますことなく綴られています。 
いま、慢性病は慢性炎症の結果起こることが明らかにされています。 
それであれば、全身のいたるところで慢性炎症を引き起こす「腸の透過性亢進」、つまり「リーキーガット」が慢性病の大きな原因になることは想像に難くありません。 

これほどまでに現在までの研究と臨床結果を組み合わせると「クリアーカット(crystal clear)」な慢性病とリーキーガットの関係が日本ではまったく触れられていない事実に、私は4年前の当時、驚愕しました。そして、このことを早く伝えなければと、拙著のいくつかでも紹介いたしました。それでようやく、この4年の間にジワジワ「リーキーガット」という言葉が日本でも拡がってきた印象があります。 

トンプソン真理子さんの『リーキーガット症候群』は、私がいままで見てきたなかで最も包括的で分かりやすい解説書になっています。まったく医学の知識のない方でも気軽に読める楽しい内容になっています。この本を読まれて、健康になった方は是非、慢性病でお悩みになっている親しい方にお勧めして頂ければと思います。 

















AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。