フィギュアでせどりはできるのか?!儲かるのか?!

2児の母が専業主婦ながら果敢にせどりをする
毒にも薬にもならないフィーリングブログ


テーマ:
こんちくわ、とろこんです。ええ。とろこんですぞ。

さて、一応せどりブログですが私の人生の大きな部分を成す子育てに関しても
書きたいと思っておりますので書くよ。せどりは体調が良くなってきたので
ボチボチ在庫を増やしているよ。売上はまぁそれに比例しつつw

さてさて、昨日は地域の夏祭りでした。役員である私は、朝から出ずっぱり。
息子も途中から参加してきて、近所の子達と楽しく遊んでいました。

旦那と娘は用事があって昼から居なかったため、息子の様子を見る人は居ませんでした。
友達数人と水鉄砲で追いかけっこをしていたのはチラッと見えました。

夕方になり、よその子が私に「息子くんが○○くんを水鉄砲で殴って血が出てる」と
言いに来ました。店の売り子をしていた私はすぐに行けず、用事から
帰ってきた旦那に様子を見に行ってもらいました。

で、戻ってきた旦那や、周りの子から話を聞くと、

帽子をかぶった子が血を出している。
息子にやられたと言っているが、息子は追いかけたりはしたものの、殴ってはいないと言う。
水鉄砲(100均で売っているようなスケルトンプラスチックのもの)で殴ったにしては
傷が深く(帽子の上から血が出るほど殴るってよっぽど)、大人が見てもやや不可解。
別の子に聞くと、自転車に乗ったその子をうちの息子が追いかけて、
息子が押した形になって転んで怪我をしたと言う。
ただ、その子は転んでいない、息子に殴られて血が出た、と言う。
大人の目撃者がおらず、子供だけの言い分のため、正直どれが正しいのかはよくわからない。

で結局、2針を縫う怪我だったようで、その日の夜に菓子折りを持って謝りに行きました。
最初、電話で謝ったときは向こうのお母さんもちょっと怒ってた感じでしたが、
直接お伺いするとお茶を出して頂いて、「子供同士のことですから。今度から気を付けてね、
これからもよろしくね」と言ってくださいました。本当にご家族の方も品のある良い方で、
今回はラッキーでした(この言い方が良いかはアレですが、謝罪を受け入れて頂いたことだけでも
ありがたいと思っております)。

息子は、追いかけて泣かせたことは認めたものの、殴ってはいない。自分が見に行ったときには
もう血が出ていた。と一貫して自分がやったとは言いませんでした。
私はそれを信じたい。
向こうの親も、同じように自分の子供を信じていると思います。

なので、今回は、「泣かせてしまって嫌な思いをさせたことで、怪我をしたときに
息子の名前が出たんだよ。向こうが嫌がっている時点でやめておけば
こんなことにはならなかった。また、自分が気がついていないだけで、
当たって怪我をさせたのかもしれない。何も関わりが無かったら名前が出ることも
なかっただろう。人を怪我するまで殴るなんて息子くんがやるとは思っていないけど、
調子に乗っていたのは事実でしょ。だから、それを謝りに行こう」
と話をしました。

正解はわからないのです、「息子はやってないって言ってるだろ!」と
強く言える人間でも無いですし、向こうに嫌な思いをさせたのは事実だろうし、
何が相手と息子にとって一番良かったのかは正直わからないのですが、
私たち夫婦が出した答えは上の対応でした。

学年が一つ違いで、家も近所、登校班も今年は一緒。これからも顔を合わせる人たち
だから、出来れば上手くやっていきたいと思い、とにかく謝ることにしました。

息子にとっては納得はいかないのかもしれません。。どうしてやってないって言ってるのに
謝らなきゃいけないんだ、と・・・。なので、殴ったことに関しては、やっていないと言うのだから
謝らなくていいよ、と言いました。ただ、嫌な思いをさせて、それがキッカケで
怪我をしたかもしれないから、それを謝ろう、と言いました。

気分も沈みましたが、本当に相手の方が良い方だったので、救われた気分になりました。
息子にも、「今回は許してくれたけど、次回は無いよ」と言う話もしました。
いい人たちだったから息子がまぁ良いやみたいな考えになってしまったら困るので。。。

難しいですね、子育て。
色々あると落ち込みますし、正解が載ってる教科書があるなら欲しいですねw

今回はこんな感じ。備忘録として書いておきました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。